【会員限定】今夜、何かが起こる!?
  • 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

30の商品が見つかりました。  1-30件を表示

Astell&Kern

AK UW100MKII 【IRV-AK-UW100-MKII】

総合満足度

4.0

高音の質

4.4

中音の質

4.4

低音の質

4.2

細やかさ

4.4

迫力

3.8

音場

4.0

遮音性

4.1

音漏耐性

4.6

シングルBAの繊細サウンド

非常に解像度感のある滑らかな音です。逆に迫力は弱めだが、シングルBAでこれは優秀ではないでしょうか。
小型のドライバーによって機能面で優秀になった、と思いきやノイキャンも外音取り込みも相対的に優秀と感じませんでした。dacの部分に体積を割いたのでしょうね。AKらしいtwsです。

あいく さん

(2024/01/31)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

音が良い。気持ちいい。

デザインとてもかっこいい。ただし取り出しにくいので要注意(店頭でかなり苦戦した)。

音は爽やかかつ力強さもあり、解像度高めでかなり好み。ネガティブな点は特に見当たらず、聴く曲を選ばないクオリティがあると思う。同価格帯のSvanar Wireless LEと並び立つ感じだけど、値下がりした分かなりお得な気がする。

ノイキャンはほどほどで、強い期待が無ければOKかなという感じ。ノイキャンより音質で選びたい人向けかなという感じ。

3万円台の定番品は多いけど、けっこうおすすめな一品です。

ぽつ さん

(2024/01/26)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

パッシブNCの効き目良好

ANC搭載のメイン機が修理行きになり、サブ機として購入した。

店頭での試聴機ではイヤーピースの装着感がイマイチだった為、sednaearfit for ASMRを併せたが、0.5〜1サイズ下げると耳道に圧迫感なく良好な遮音性が得られた。
音質面について、モニターライクというレビューが多い中、1BAにしては低域も必要十分に出ており、非常に満足できた。for ASMR使用の場合、高域が少し持ち上がりすぎる感も否めなかったが、大きくバランスを崩すほどには感じられなかった。定位感も解像度が高すぎないためASMR音源を長時間聴いても疲れにくく感じた。

難点として以下の2点が気になった。
①ケースから若干の取り出し難いこと
②外音取り込みは中の上程度の性能に感じられたこと

メイン機との使い分けが出来そうな商品であり、総合的に満足している。

因幡兎 さん

(2024/01/17)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

5.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

スタイリッシュかつ高音質

見た目が特徴的でスタイリッシュなワイヤレスイヤホン
AKから出ていることもあり音質はとても良いが、モニターライクな音質だと思うので低音や高音にフォーカスした音が好きな方にはススメ難い。

個人的には操作性にも癖を感じるため機能性も求められることの多いワイヤレスイヤホンというジャンルでは人にススメ難いが音質は非常に良いので一度視聴だけでもして欲しい製品ではある。

昼寝好き さん

(2023/11/24)

1

満足度

3.5

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

3.5

音場

4.5

遮音性

3.5

音漏耐性

4.0

color:規格なし

スタイリッシュなデザイン

筐体はスタイリッシュなデザインで、音もバランスよく聴き疲れしない音に感じました。
ワイヤレスなので外出時に重宝すると思います。

daiten さん

(2023/11/17)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

ワイヤレス屈指のモニターライクサウンド

五角形の筐体が特徴的な本機だが、意外と装着感は良好。ただ大きいので目立つ、重さゆえに長時間の使用では疲れるといったワイヤレスあるあるの課題も。

機能面も外音取り込み、ノイキャン、アプリによるイコライザー、マルチポイントと充実していて不足はない。ただノイキャンの効きは少し弱め。嫌な音だけをなるべく自然に取り除いている印象。
逆に外音取り込みは自然で優秀。

最たる特徴は音質で、解像度がワイヤレスの中では非常に高い。特に中高域の繊細さはピカイチ。低音域は量感は少ないものの、タイトで締まりが良い。
モニタライクで、どんな楽曲もそつなく鳴らしてくれる。

ワイヤレスでモニター寄りなものは他にVictorのFX150Tがあげられるが、あちらと比べると
高音域の質
解像度
ノイキャン、外音取り込みの自然さ
で勝る一方

低音域の質
空間表現
定位
価格
で劣る。

ワイヤレスで音を一つ一つ聞き分けしたい、と言う方に最適な機種だと思います。

りたる さん

(2023/11/16)

満足度

4.0

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

3.0

音場

3.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

見た目以外の個性が薄め…?音は良い

筐体が非常に特徴的でいいですね。所有欲は満たされると思います。
中高域の解像度が高めで、バランスよく音を鳴らしてくれる、よくできたBA1基のモニターライクなサウンドです。

しかし「これなら有線イヤホンでいいんじゃ…?」という感じが強いです。良くも悪くも有線のよう。
モニター用途で、無線であることと外音取り込み機能をバッチリ活かせる人は…あまり多くはなさそう。

PoPopo さん

(2023/10/31)

満足度

3.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

4.0

color:規格なし

モニターサウンド

クリーンなモニターサウンド
激しいめな音楽だと刺激が少ないが、ポップスや室内楽、小編成のジャズなどは良く合う。
解像度が高いので通常のロックやオーケストラなども十分に楽しめる。
AKっぽく音場は広くないが、そもそもワイヤレスで音場が広いものは少ないので相対的に狭いとは思わない。
音はかなり良いと思うのだが、イヤホンの大きさは使う人を選びそう。
重さもそれなりにあるし、耳奥にイヤーピースを入れ込むタイプなので物理的な疲れが発生しやすい。
他にネガな点として、ケースから取り出しにくいこと、通話音声が貧弱なところがある。
値段の全てが音質に全振りしたように思えてそれがとても潔く感じた。

まだら さん

(2023/10/30)

満足度

4.0

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

無評価

color:規格なし

ナチュラル

印象としてはボーカルがナチュラルで聴きやすく、全体に精細ですが聴き疲れしにくいTWSだと感じました。
ただイヤホン筐体が大きくてノズルも長いので自分にはフィットしにくかったです。
念のためにも試聴(試着)は必ずされたほうがよいと思います。

和を さん

(2023/10/30)

満足度

4.0

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

無評価

color:規格なし

ピアノがきれい

コーデックがAACでの試聴です。
フラットで中域が聴きやすいイヤホンで、ワイヤレスイヤホンにありがちな低音ドンドンではありません。
低音が不足しているとは思わないのですが、人によっては物足りないかもしれません。このへんはアプリで調整できるのかもしれないのですが、試聴時にアプリとイヤホンが繋がらなかったのでちょっと分からなかったです。
歌ものだと中央にVoがあって、ハイハットやバスドラなどはその少し後ろに配置されます。
高音は精細でキレイでハッキリと聞こえてきますし、低音もよく聴くと音色が表現されていて良いです。
ただエッジーな音ではなく繋がりの良い音なことと、音場があまり広くはなく奥行きもあまりないので、一つ一つの楽器を聴きにいこうとするとやや意識の集中が求められます。
(aptxで聴けはまた変わるのかもしれません)
個人的にはピアノソロがおすすめで、ピアノの音が美しくて本物っぽく聴けたのが良かったです。

uni0.5 さん

(2023/10/30)

満足度

4.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

3.5

音場

3.5

遮音性

4.0

音漏耐性

無評価

color:規格なし

滑らか

akということでクッキリとしたシャープな音をイメージしていたのですが、意外にも滑らかな音でした。
ケースも本体も大きくてANCもないというのが使いにくいところですが、音質にこだわり人にはそれでも良いのかもしれませんね。
個人的には音質を少し犠牲にしてでもANCをつけて欲しかったです。

SBs さん

(2023/10/30)

満足度

4.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

3.5

音場

3.5

遮音性

4.0

音漏耐性

無評価

color:規格なし

繊細サウンド!

クラシック音源で視聴しました。
本機はBA1つでフルレンジを担います。
ドライバーがBAのため繊細なサウンドです。
音場は狭めのためオーケストラを好んで聴かれる方は別のイヤホンを探した方が幸せになるかも。
オケ以外は耳元近くで繊細で美しいサウンドを奏でてくれます。
ぜひぜひご視聴ください。

クラシック大好き さん

(2023/10/29)

満足度

4.0

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

3.5

音場

3.5

遮音性

3.5

音漏耐性

無評価

color:規格なし

Astell&Kernの音質重視TWSの第2世代機は、ブランドらしい繊細な音質に進化。

試聴レビューとなります。
環境は以下の通りです。

接続端末
Androidスマートフォン(Xperia)

音源
J-PopやロックのFLAC

なお、試聴時に対応アプリケーションのインストールや設定は行っておらず、試聴機そのままの状態であるため、標準設定とは異なる可能性がある点についてご留意頂ければと思います。

【音質】
帯域バランスは中域~中高域が多めに感じました。

低域はタイトで沈み込みはやや浅くあっさりとしていて、量感としては物足りなさを感じる方もいらっしゃると思いますが、腰高に感じるといった事はありませんでした。

中域はドライめで、ボーカルの帯域を得意としています。
どちらかと言えばボーカルに主眼を置いていると感じますが、軽快に鳴らしてくれる楽器隊の質感も決して悪くありません。
中低域から中域の下あたりの帯域に、一部で少しだけウエットさを感じる部分があった事も記載しておきます。

高域はある程度の伸びの良さはありますが刺激が抑えられており、粒立ちを感じられる傾向です。
超高域のような帯域は弱めですが、少なくとも私の聴覚ではボーカルや楽器隊の倍音に必要な帯域が出ていないという事は感じられませんでした。
個人的にはもう少しエッジ感や鋭さが出る帯域が出てほしいなと思いましたが、輪郭が甘いという事はありません。

解像度は高めでスピード感もありますが、リラックス出来る感覚もありました。
音場は横の広さは一般的なTWSと同程度で、奥行き感は少なめです。

音色としては明るく全体的にはドライな傾向で、無機質さがある訳ではないもののやや「モニター的」な部分もあります。

【音質面での比較】
同時に試聴した訳ではありませんが、軽くAK UW100(以下、先代)との音質面での違いについて触れておきたいなと思います。

先代と本機はスペック面ではほぼ同一ではあるものの、音質については進化しているという印象を抱きました。
具体的には、先代は全帯域の中でも中域~高域が籠もっていて見通しの悪さがありましたが、本機ではそれが解消されています。

低域の質感も本機の方がよりタイトで私には好印象でしたが、広がりを重視される方には先代の方がお好みに合うかもしれません。
全体的な見通しの良さや分離感を重視される場合には本機で、空気感を重視される場合には先代といった違いがあると思います。

【仕様・機能性】
本機は先代と同じBA型ドライバーを1基と、Qualcomm社の「QCC5141」をBluetooth SoC(以下、BT SoC)として採用しているだけではなく、外部DACとして旭化成の「AK4332ECB」を搭載しています。
多くのTWSではBT SoCに内蔵されているDACで変換を行いますが、本機ではAK4332に転送されてから変換を行うようになっており、音質を重視した設計・仕様です。

機能性については、4つのモードがある外音取り込み(対応アプリで切り替え)と2台までのマルチポイント接続の他に、「aptX Adaptive」に対応しています。
イヤホンの操作についてはタッチパネルで行う仕様です。

ノイズキャンセリング(以下、NC)については、流行りのアクティブ・ノイズキャンセリング(以下、ANC)機能ではなく、次項で述べる「パッシブ・ノイズ・アイソレーション」(以下、PNI)を重視しているようなので、ANC機能が必須な方にとっては残念な仕様かもしれません。
推測ではありますが、音質への影響を考慮しての事だと思います。

【装着感・その他】
本機は筐体がやや大きめで、私の耳では装着時に重量感はないものの少し圧迫感がありました。

先述の通り本機はANC機能ではなく、イヤホンの筐体やイヤーピースでの密閉によって物理的に遮音性を高める、「PNI」を重視した設計となっています。
筐体で支えるというよりはイヤーピースで支えるという感覚を抱いたため、サイズの選定がとても重要ですす。

本機は防水性能に関して公式の情報がなく、後継機では「IPX4」程度の防水に対応して欲しいなと思います。
再生時間は本体で約9.5時間、充電ケース込みでは約29時間となっており、高音質や高機能を売りにしているハイエンドTWSとしては長めとなっています。(特に本体のみの再生時間)

【総評】
Astell&Kernらしく音質を重視したTWSが、ブランドらしい音質に進化した製品だと言えます。
同ブランドの音質イメージとしては、個人的には「厚みよりも繊細さ」だと思っているのですが、本機ではより繊細さを体現したような音質になっています。

筐体のデザインは格好良いですが、充電ケースからの出し入れが若干しにくく感じた事と、「PNI」のためとは思いますが筐体がやや大きめな事は改善点かなと感じました。

音質的には先代から正当進化したと感じますので、先代がお好みに合わなかった方には特に、本機をご試聴してみて頂きたいなと思います。
是非お試し下さい。

masa さん

(2023/10/29)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

ナチュラルなサウンド

味付けの少なめなナチュラルサウンドで人によって好みの差はあると思います。個人的には好みな音です。
見た目の高級感や音質など、価格通りのクオリティを持っていると思います。
モニターライクなサウンドが好きな方は選択肢の一つには入ると思います。

たまご さん

(2023/10/28)

満足度

4.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

試聴レビュー

音質はTWSの中でも上位レベルだとは思いますが使い勝手の部分が他のTWSよりは劣っているなと思いました。

コンソン さん

(2023/10/28)

満足度

3.5

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

3.5

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

家での普段使いTWSとして

タイトルのとおり、家で過ごす時の普段使いとして良い製品と感じました。

理由としては本体のみ約10時間の長時間再生、パッシブノイキャン重視の設計で耳への負担が少ない、aptX Adaptive対応なのでBT-W5などと併用して低遅延高音質で楽しめること。

音質もニュートラルでスッキリめなので、聴き疲れしにくいとおもいます。

L さん

(2023/10/27)

満足度

4.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

バランスの良い音

バランスが良く聴きやすい音でした。
接続などは大手メーカーのものに比べると少し不便です。

aota さん

(2023/10/27)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

高解像度

卓越した解像度と音楽の微細なニュアンスを捉える能力において魅力的です。豊かでクリアな音場、広いダイナミックレンジ、そして細部への留意が、音楽を楽しませてくれます。

トシキ さん

(2023/10/25)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

音質での大躍進があるが、まだまだ課題の多い2代目

友人から借りて視聴させていただきました

初代も聞いた事ありますが、同じドライバー構成ではありますが音質がかなり変化しました。
MKⅡはバランスのとれたオールマイティーな印象を持ちました。同価格帯のsony mx5に比べるとこちらの方が好みです。
ただ、煌びやかな高域が特徴的だった初代の面影はなく、チューニングなども刷新されていると思います。
また、接続は安定して使えています。
操作画面などは変わっておらず、少しクセがあります。
次世代には音質面以外にも期待したいです。

ゆか さん

(2023/10/24)

満足度

4.0

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

5.0

color:規格なし

よりニュートラルな音へ

装着感や遮音性は従来のものとあまり変わりません。
音質はよりニュートラル、モニターライクで聞き疲れしない音質となってました。

あゆたん さん

(2023/10/24)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

ちょっとグレーっぽくて良いよね

AK UW100MKII 戦国時代のTWS大将の風雲児
素晴らしい音質です。ワイヤレスでありながら機能を音質に全振りしていて痛快です。
密閉性を突き詰める事によって、音質面で不利なノイキャンを排除しています。その為に、究極の音質と装着感を手に入れる事ができます。

外見から想像する以上に装着感がよく、遮音性能はトップクラスと言えるでしょう。
音質面では、SoC制御ではんなくDACチップを搭載し音をそのまま制御して生音感が抜群です。
一聴では、他のTWSの様な「派手なサウンド」ではないのですが、よくよく聴いてみると、音の諧調や繋がりがシームレスで、まるで有線イヤホンかのようです。

先入観を持たずに有線派の人にこそ聴いて頂きたいモデルです。

まるこめ さん

(2023/10/23)

満足度

4.5

高音の質

4.0

中音の質

3.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

TWSの高級機としての有力な選択肢の1つにはなるが

TWSを買い換えたいと思い、視聴しました。
比較したのは、SONY、SENNHEISER、BOSEと本機です。
私はノイキャンバリバリのものが第一優先だったので、最終的には購入には至りませんでしたが、聞いた音の中では一番好きでした。
AK特有の音のこまやかさはTWSの中でもトップだと思います。
高級TWSを検討する際に、音を重視する方は是非一聴が必要だと思います。
iPhoneでも音はよかったです。あとは少々筐体が大きいのですが、つけたときの感覚もそれほど重さは感じなかったです。長時間いい音を堪能したく、ノイキャンはそこそこというあれば十分という方には一番良い選択肢だと思います。

ほうちょく さん

(2023/10/22)

満足度

4.0

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

3.5

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.5

color:規格なし

高い解像度とナチュラルなサウンド

タイトルのとおりです。無色透明なワイヤレス・モニターサウンドと宣伝していますが、まさにそのとおりだと感じました。
一方でパッシブノイズアイソレーションは、特段高性能という印象はありませんでした。他のカナル型製品と同等、必要最低限の遮音ができていると思います。

tamagouji さん

(2023/10/21)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

無評価

color:規格なし

前作と同じ素材、同じデザインとは信じられないほど変わっていた。より解像度が上がり、接続の安定性も上がった気がする。何より以前のケースはとがっているところの塗装が取れやすかったのでそれを克服した。素晴らしいです。値上げもしてないし!

昇格者ちょむ さん

(2023/10/19)

満足度

4.5

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

性能が上がり個性が下がった作品

接続方法:iPhone13proよりのAAC接続
視聴曲:視聴曲:Stellar Stellar - From THE FIRST TAKE(星街すいせい),結束バンド「ラブソングが歌えない」,Michael Jackson「Beat it」
日頃使っているTWS(比較対象):AK UW100 (先代),Technics AZ80,audio-technica ATX-9

15分程度のインプレッションです

待望の次世代機種ということで早速視聴しました
結論から言うと弱点を補強して、個性が薄まった機種というところです

1BAの特徴ある音場と圧のある低域という先代の音質傾向とは全く違い、より一般的な高価格帯のTWSの音質に近づいた印象です(良い方向で)

しかし、その反面、競争力を失ったと言えます。
先代の面倒なところであったペアリング、設定リセットのUIが改良もされておらず、円安も相まって、買い替える理由が特に見当たらないです

エージングでの変化を期待して後日また視聴しようと思います

kunpe さん

(2023/10/17)

満足度

4.0

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

ハイクオリティオーディオメーカーならではの音

デザインもとてもかっこよく、クオリティの高さが伺えます。所有欲も満たしてくれます。
音は、とても透き通るようで、試聴しただけでもとても欲しくなりました。解像度がとても高く、細かい音まで把握しやすいのでとてもよかったです。

タカしん さん

(2023/10/17)

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

AKらしくない堅実なイヤホン

・音の傾向
繊細、粒立ちが良い、クール、第一印象は前作と大きく変化は無く、進化した部分として、楽器の質感に変化を感じました。連続する楽器の音を、潰れず表現することは前から出来ており、不満としては、沈み込むような深い低音や、天井を感じさせない伸びやかな高音、感情豊かに全体を彩る中音、そう言った音楽が楽しくなる要素が欠けていると言った印象が、前作の印象です

「原音に忠実な音楽を届ける」と言う理念を掲げるだけはあり、音の破綻や妙な味付けはありません。ただ無色透明と言うか、モニター用途ともリスニング用途とも言えない微妙な音色です。

そう言った弱点に変化があり、高音域の表現力が一段増しています。細やかだけでなく、しっかりと伸びと欲しい所まで伸びる余裕のある音になりました。
BAドライバー1機の苦手分野である低音域も、淡泊だった音色に響きが若干追加され、粒立ちの良さを崩さずに、音の余韻を楽しませてくれるように変化を感じます。

全体の音のバランスを変えず、余裕のある音色にレベルアップしたことが実感できました。

・機能面
徹底して機能を省いて音質全振りではあるものの、最近のAKらしくないと言うか、DACをこれでもかと乗せる脳筋と言ったイメージとは裏腹に、シンプルな構成でイヤホンを作り上げています。もしくは技術的に難しいのか。
小型化を実現させてはいますが、いまだ装着感は他メーカーに及ばず、機能面での評価はワイヤレスイヤホンの中では最低ランクと言えます。

・総評
値段やコンセプトから期待して聴くと、少しがっかりすると言うか、淡々とした音色に初見ではつまらないと感じるかもしれません。しっかりと聴き込み、AKの目指した音と自分の求める音が合致するかどうか確かめてから購入すべきです。
他メーカーには無い唯一無二の音色ではある為、今まで満足できるワイヤレスイヤホンが無い場合にはいい選択肢になるかもしれません。

Hp さん

(2023/10/17)

満足度

3.0

高音の質

4.0

中音の質

3.5

低音の質

3.0

細やかさ

4.0

迫力

3.0

音場

3.5

遮音性

3.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

個人的にはお気に入りです

音質に関しては素人なのであんまり参考にはなりませんが…

使用環境
主にスマホ(Android)でストリーミングサービスを利用。

外観・装着感
筐体が大きめなので耳が小さいは人は可能であれば実機を確認した方が良いかと思います。
(sony wf-1000xm4よりちょっと大きく感じるくらいです)
重さに関してはそこまで気になりません。
イヤーピースは5サイズ同梱されているのでまず困ることはありませんが、イヤーピースを他の物に変えたい場合は充電ケースが割と浅めなので選択肢が限られそうです
私はNUARLのMagic Ear+7に変えています。
あとケースからちょっと取り出しにくいです。

Bluetooth接続
aptX adaptiveで接続してますが比較的安定しており、人が多い状況で試してはいませんが途切れるようなことはほぼありません。

バッテリー持ち
片方が極端に減るようなことも無く、普通に使用する分には問題ないかと思います。

遮音性
ANCが付いているものよりは劣りますが、余程うるさい場所でなければ気にならないレベルです。

アンビエント機能・マイク
ほぼ使っていないので省略します。

音質
イコライザーオフで聴いてみましたが、変に味付けされておらずモニターっぽく全域綺麗に解像度も高く鳴らしてくれます。
音場については縦は狭く横にやや広い感じです。

アプリ
プリセットのイコライザーが6種類+ユーザー設定を3つ保存出来るのとDACフィルターが4種類あり、鳴らし方の幅が結構広く感じました。
DACフィルターについては英語表記ですが波形と共にAKMのサイトに記述があったのでそれを参考に選びました。
(聴きながら好きなの選べばいいんですけどね…)
タップ操作の設定も可能です。

気になったところ
イヤホンを充電ケースに戻すと充電が完了するまでケース前面のLEDが明滅を繰り返します。(見なければいいだけですが)
アプリで音声ガイダンスを日本語に設定したらめちゃくちゃアニメ声でした(笑)
気にする人は英語にすれば問題ないかと思います。
あとは専用アプリから他のアプリへの切り替えが上手くいかず、毎回ホームに戻してから切り替えしなきゃいけない点くらいです。

総評
多少気になるところはありますが、そこに目を瞑れば自分好みの音を鳴らしてくれるいいイヤホンだと思いました。
これからも愛用していこうと思います。

0-0 さん

(2023/10/17)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

3.5

音場

3.0

遮音性

3.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

中高音がキレイな音

高音が細やかでキレイな美音系に感じました
最近の電子音楽との相性が特にいいように思います
私は耳が小さいので長時間つけていると耳が痛くなりますが、普通ならば装着感も遮音性も高いと思われます
ケースのデザインが前作よりもシンプルになり、より好みなデザインになったなぁ…と思いました。

ほいほい さん

(2023/10/16)

満足度

4.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

3.0

音場

3.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

音質面では進化。

以前、AK UW100を所有してましたが、片側が充電し辛くなり、残念ながらお蔵入り。今回のUW100MKIIも最初は片側充電しない事象が発生。このTWSは新品購入か、中古の場合はeイヤホンさんとか、サポートしてくれる小売りから買った方が良いと思います。
先ず本体、イヤホン本体が相当取り出し辛く、これは要改善レベル。また本体も相当大きく、私の耳ではなかなかフィットしませんでした。耳の小さな女性では必ず一回装着した方が良いです。
音は解像度が高く、音場は狭い。BAドライバそのままの特徴かと。低音の沈み込みなど期待しない方が良いですが、UW100より自然なモニターっぽい音は個人的に好きです。アプリの出来も及第点は持ってます。
音の進化はしっかり確認できましたが、出音以外の競争力が難しい立ち位置なTWSと思います。

TK1103MKII さん

(2023/10/09)

満足度

4.0

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

3.5

遮音性

3.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし