• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

78の商品が見つかりました。  1-40件を表示

SENNHEISER

IE 900

総合満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.6

迫力

4.3

音場

4.5

遮音性

4.2

音漏耐性

4.3

素晴らしい音のチューニング。リケーブルで本領を発揮する。

eイヤホンにて、一日中ミドルクラス帯を聴いて周りましたが、ie900が圧倒的でした。他のイヤホンとは格別音場が広いためか、はじめは音が遠いと感じます。低音は引き締まって、ボアつきません。中音は低音にかぶる気配を見せずある程度存在感があります。高音に関しては、何処までも伸びていくような音はしませんが、音割れすることはないし、刺さることもないです。

上流音源?dapやDac などに厳しいかなーといった印象で、自身の音楽機材をよって評価が分かれると感じました。
私の所有しているa8000と比べてみると
Ie900はしっとり系で暗め、ウォーム?のような印象で、聴いていて疲れないです。
a8000は中高音がキラキラしており、中音はあまり出ておらず解像度も高くありませんが、音の中は自然なまでに優れています。音はクールのような感じで、ie900と比べるとカリッと少し乾いた音がする代わりに聞いていて疲れます。

音の再現度はie900が圧倒的で、自ずとie900のほうが使用している時間が長いことに気がつきました。

ずっと聴いているせいか最近はie900の音に慣れてきて、飽きを感じていました。そこで、SNSで評判が良かったbrise audioのbsep for ie900をレンタル試聴してみました。はじめのリケーブルでしたので期待度が相当高かったと思いますが、それを優雅するほどの変化がありました。リケーブルすることで、ボーカルが一歩近く感じ、低音がより一層深くなり、高音も少しだけ伸びていくような音になりました。私は、純正ケーブルの音は隣で演奏している曲を壁越しに聴くのに対して、リケーブルすることで壁をぶち壊して、直接聴いているかのような感覚に似ていると思います。それほどの変化があり、結構なお値段はしますが、それほどの価値は十分にあると思います。

音質以外で言えば、
Ie900をオーディオに興味のない友人に聞いても、せいぜい高くて5万円だろという意見しか言われなかったので、高級感などはないと思います。しかし、普段使いする私にとってそれはメリットの一つで、普通に使っても盗られる気配すら感じません。他イヤホンに比べて筐体が小さく、寝ても邪魔になりませんし、軽いおかげで耳が痛くなりにくいです。冬は金属筐体のせいで冷たいですが、a8000と比べるとまだマシです。付属品に関して言えば、イヤーピースは異常なまでに完成度がゴミです。ie100proと比べても傘の部分が薄く作られており、付属のイヤーピースで聴くと音がスッカスカになります。あれでokサインを出したのは理解ができません。その部分が残念というだけであとはほど完璧だと思います。

T4 さん

(2023/02/01)

6

満足度

5.0

高音の質

3.0

中音の質

4.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

ゼンハイザーの集大成

イヤホン・ヘッドフォン界でベイヤーダイナミックと並びドイツを代表する巨人、ゼンハイザーのフラッグシップで、勿論圧倒的な完成度を誇ります。深い低域、透明なボーカル域、伸びる高域のいずれもが高レベルでそれらが高次元で融合しています。オールマイティなジャンルにマッチするその汎用性の高さも素晴らしいです。現在この価格帯付近では、SonyのIER Z1RやミドルハイエンドのDark Skyがあり、また上の価格帯では人気のLEGEND X等が競り合っていますが、本機の魅力はそれらに勝るとも劣らぬ素晴らしいもので、今後もハイエンドIEMの代表格であり続けるだろうと思います。

もろ さん

(2022/12/23)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

完成度の高いIEMでした

先日試聴した際のリアリティーがあるという感覚がまだ残っています。一瞬現実のものかと錯覚するくらい細かいところまで音が出ていて、そこら辺の密閉型のヘッドホンより空間的な表現がされているイヤホンでした。初めて高級機に手を出す方や買い替えを検討している方に一度は聞いていただきたい商品です。

Ryou さん

(2022/12/22)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

一度でも聞いたら凄さが分かってしまう

タイトルのままです。当たり前のことなのですが聞けば分かります。
というか、聞いたら凄さが嫌でも分かってしまうと思います。
もう、何も言う事はありません。聞いたら何も言えなくなってしまいました。

こんな気持ちになるなら試聴しなければよかった。
明日からもやし生活です。

774 さん

(2022/12/03)

2

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

ずっと聴いていたいと思える音を奏でてくれるイヤホン

使用環境など:主にiPad Proから有線でiFi-Audio xDSD Gryphonに繋いで、4.4mmバランス接続で聴いています。(XBase+等はオフ)Apple Musicで2010年代〜現在の邦楽を主に聴いている人の感想です。
デザイン:アルミハウジングがかっこよくて、自分好みのデザインです。愛着が湧いてます。
高音域:煌びやかで主張はあるのに刺さることなく、とても綺麗に鳴ります。ハイハットとシンバルの音が好きになりました。
中音域:ボーカル等凄くクリアに聴こえます。細かなニュアンスも分かりやすいです。
低音域:めちゃくちゃ質の高い引き締まった低音を出します。多すぎず少なすぎず絶妙な量感です。
解像度:見通しが良くて透明感を感じるくらい高いです。それゆえか音がめっちゃ滑らかです。
分離感:1音1音追うことができます。
音場:サウンドステージが広くて閉塞感を全く感じないです。
音色:ウォームではなくクール寄りです。また、柔らかいか硬いかで言ったら、少し硬い寄りです。
装着感:イヤホン自体が小さくて軽いので、耳が痛くなりにくいです。イヤピが合えばかなり良いフィット感が得られます。
遮音性:ノイキャンTWSと比べると外音は聞こえますが許容範囲で、静かな場所では十分に音楽に浸れます。シリコンイヤーピースでもカナル型なのでバスや電車でも使えるレベルの遮音性はあると思います。フォームタイプならより遮音性が高まります。
音漏れ:自分が聴いている音量では音漏れは気にしないで良いレベルです。
イヤピース:付属のシリコンイヤーピースはクセが強いですが、このイヤピのときの音が1番好みなので自分はこれを使っています。付属のフォームイヤピースはシリコンイヤピより遮音性が高く、装着も普通の感覚でいけます。特に理由がない場合は付属のシリコンイヤピを強くおすすめします。
ケーブル:不満を感じないので付属のものを使用しています。
その他:先月ある日突然片方から音が出なくなったため交換対応していただきました。経験上ゼンハイザー製品はめっちゃ壊れやすいと思います。2年保証があるのが救いですね。
総評:各音域のバランスが良い+完成度が高く、迫力があるのに繊細さも兼ね備えています。キレがあってビシッとした音を出すイヤホンです。値段も高いけど、満足度もめっちゃ高いです!正直コスパは兄弟機のIE300の方が高いと思いますが、買って損はないと思います、是非!

※個人の感想なので、参考程度にしていただけると嬉しいです。

ますく さん

(2022/07/18)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

買う前にはぜひ試聴を

買う前にはぜひ試聴を!
と、書いて居ながら今までのヘッドフォン、イヤフォンは全て未試聴なんですけどね。
一番近い日本橋店への往復でそこそこのケーブルが買えますわ。
んで、突撃しては玉砕して買い取りに出して資金が減っていくという悪循環。

Sennheiserで持ってるのはHD800Sぐらいになりました。あHD650DMAAは息子に取られました。

10種類ぐらいイヤーピースを買って試してみたけど、どれ一つ私の耳にはフィットしないか、
コンプライで押し込んだら、どうやっても思っていた音と違ったり。
この機種ほどフィット感が大事なIEMも無いんじゃなかな。

イーイヤホンさん、広島にも来てね!商圏が狭いけど。

JERRY さん

(2022/06/06)

1

満足度

2.5

高音の質

2.0

中音の質

3.0

低音の質

3.5

細やかさ

3.0

迫力

3.5

音場

3.5

遮音性

3.5

音漏耐性

3.0

color:規格なし

凄まじい透明感

iPad Pro 12.9 2世代とiPhone6sで、Brise AudioのFlex001にリケーブルをして聴いています。

タイトルの通りです。圧倒的で凄まじい透明感です。高域がどう、中域がどう、低域がどう、と分析することもできるのかもしれませんが、とにかく、空気が澄み渡っていて透明感がすごいです。本当にそこで聴いているような音です。他のイヤホンも聴きますが、IE900を聴くと別のイヤホンは迫力も透明感も欠け、デジタル臭さがあります。

巷でブームだったことをきっかけに店頭や他の家電量販店で試聴を数十回行いました。気づいたら、凄まじい透明感に気がつきました。で、名古屋店で中古が出ていたので購入しました。

本当に、一聴してわかる透明感、解像度です。

分析的に行くなら、音域は特定の域に特化しないフラットさと自然さ、音場は狭くも広くもないと思います。IE300はウォームな感じでしたが、IE900ははっきりくっきりとクールに鳴りますね。ただ、冷たい印象や強さやいかつさは全くありません。完成されているためだと思います。

みなさん、とてもとても、本当に良いものですよ!

ご参考までに。

ふつうにふつうのサラリーマン さん

(2022/04/27)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

3.0

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

ie600 と比較

ie600所有でそちらにレビューあげてます。
本機は友人が所有しており、3日程借りて聴き込みました。勿論エージング完了後のものです。
なお、本機もie600と同様エージングが必須です

低音域から高音域までフラットでとても聴きやすいです。歯ぎしり音も上手く処理しています。
決して広大な音場を構成している訳ではありませんが、窮屈な感じは一切ありません。

ただ私の所有イヤホン20万台2本と、40万弱のempire ears ODINに買い足して使い分けるには、面白みに欠けます。優等生すぎると言ったところでしょうか。
価格的にも半値のie600 の方が面白みがあると思いました。
ie600 とie900を手に持ったところ明らかにie600 がずしりと重みを感じます。誰かのレビューで手に取っても重さの違いは分からないと書いてありましたが、本当に両方を比べたのかと勘ぐりたくなります。
たった2gだけie600が重たいのですが、ie900は4gでie600は6gです。1.5倍重いのです。手に取ってその重みが分からない筈はありません。
ie600の方が重たい分耳に入れた後のズレは少ないです。また、筐体の種類が違うため重くなっていますが、その分外遮音性は高いです。

これから20万までで高級イヤホンを初めて買う方には、ベストの選択肢だと思います。4月から値上げしたのは痛いですが。
私がその立場なら、頑張って64AUDIOのnioと相当迷うと思いますが。
少なくとも20万弱の価格帯にある、MEST2より完成度は遥かに高いです。
MEST2は購入しました。10日程で手放しました

納品が見えない問題はありますが、待つかいはあると思います。

たま さん

(2022/04/07)

1

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

ここまでイヤーピースによってキャラ変えるイヤホンある!?

結論から言うと、IE900はイヤピによって相当キャラ変する凄いイヤホンです。
例えば、
付属の標準シリコンイヤピ→高音域部分がとても煌びやかに響き、遠くからドンっと重低音がとてもキレ良く響きます。
標準ウォームイヤピ→シリコンより重低音が近くでドンっと響きます!
JVC Spiral Dot ++→主に高音域がとても煌びやかに響きます。
(ちなみに、SFの場合は標準シリコンと似た響き方がして、無印の場合は全帯域がバランスとキレ良く響きます)
Audio-Technica→全体的に固く締まった音を聴こえさせる印象が強いです。(Finefitの場合は全帯域がバランスとキレ良く聴こえさせ、SOLID BASSの場合は名前のごとく重低音が近くでドンっと響く印象が強いです)
AZLA SednaEarfit→無印の場合は重低音が近くでドンっと響きながらも全帯域がとてもキレ良く響かせます。(僕は標準シリコンと同じぐらい好きな組み合わせです)
一方、Lightの場合は全体的にもっと柔らかく響き、どっちかというと高音域に特化していってる印象が強いです。
といった感じになります。

僕の場合は、ゼンハイザーのイヤホンで重低音がガッツリ響きながら、全帯域(特に高音域)がとてもキレ良く響くイヤホンがあったら良いなという思いがあって、このIE900を見つける事ができ、購入しました。
それが何カ月と使い続けていくうちにこのレビュータイトル名のような事を書く事態になるなんて考えもしませんでした。
でも、それぐらいとんでもないポテンシャルを誇る最強かつ唯一無二のイヤホンです。

音の特徴をざっくりまとめると、ピアノ、ギター、ヴァイオリン等がとても煌びやかに響き、ベースが地を這うがごとく重低音が響き、歌も細かいニュアンスまでしっかりと拾ってくれる、といった所です。
また、使い方によっては個人的に音楽試聴だけでなく、モニターイヤホンにも向いていると思います。
あと、スマホにもガッツリ使え、ゲームをするのにも使ってます!!

IE900の魅力にとりつかれたらもう離れなくなりますが、標準シリコンで聴く際は必ず深く付け過ぎないようにして下さい。
でないと、重低音を堪能する事が出来ません。
さらに慣れも必要なので、自分に向いている付け位置を探して下さい。
そして、標準ウォームを用いる場合は長時間使うと耳に負担がかかるので、シリコンタイプのイヤピとセットで使う事をおススメします。

値段は16万円とかなりお高めですが、もうとにかくこのIE900を買って本当に良かったです!!
もし、全体的にキレのある音、かつ重低音をガッツリ聴きたいという方には絶対におススメです!!

Sadowberg さん

(2022/02/19)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

1DDの圧倒的最高峰!ただし、イヤーピースは自分に合うもので試してください

お店で初めて視聴したときは、「つけ心地はめちゃくちゃ良いけど、ゼンハイザーのフラグシップの音質はこんなもんか。。。スカスカ」でした。


ある日eイヤホンスタッフの方のレビューを拝見し、自分の愛用しているイヤーピース:ジェル入りイヤーチップ細め@Mに変更して視聴したところ、激変しました。良い意味で、完全に別モノでした。

広い音場、締りがよく心地良くアタック感のある低音、
低音と高音に埋もれないキレイな中音、
澄みきったスーッとヌケが良い高音、
そのすべての要素が、不快感なく破綻することなく、
高い解像度のまま繋がり良く音楽を聴かせてくれました。

普段64audioのU18s、Tia Trioを愛用しておりますが、
艶や熱、濃度はマルチBAやハイブリッドに敵わないですが、
IE900でしか味わえない気持ちよさを感じたため、購入してしまいました。

なお、つけ心地は、64audioもとても良いですが、
私にとっては、それ以上でした。何時間つけていても全然疲れません。
本体も写真でみるよりずっときれいでカッコよいため、所有欲も満たされます。

デフォルトで付属ケーブルも良かったですが、購入後に
ONSOの「06シリーズ 4.4(5極)-MMCX(L/R, 2021 model)」に
リケーブルしたところ、もともと超ハイレベルな音質がヴェールが剥がれたように更に向上しました。

1DDを購入したのは本当に久しぶりです。めちゃくちゃオススメです。

Byacco さん

(2022/01/11)

3

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

結局ゼンハイザーが最強でした まる

3年ほど有線イヤホン沼にハマり、Victorやソニー、empire ears等いろいろなメーカーのイヤホンを購入してきましたが、どれも惜しい感じで、しっくり来ていませんでした。

そういえばゼンハイザーの有線イヤホンは聴いた事なかったなと思い、こちらのイヤホンを試聴したところ「あ、これだわ」と一瞬で分からされ、購入しました。
付属のケーブルが硬めでタッチノイズがあるところ以外は満足しています。

※4.4mmバランス接続の感想です。

高音:不足なく綺麗に鳴ります。とてもクリアで、刺さりはありません
中音:埋もれずに鳴っています。ボーカルが近く生々しさがあります
低音:結構出てます。ボワつきはなく、ボンボン弾んでる感じです
解像度:高いです
迫力:低音寄りなので、曲の盛り上がる場面は爆発力があります
音場:広めです。スピーカーのような鳴りです
遮音性:家でしか聴いてませんが、周りの音はそこそこ聞こえます
音漏:音漏れはあまりないです
つけ心地:めちゃ軽いです

スイマ さん

(2022/01/10)

3

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

3.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

最高峰

まずは聞いてみてくださいと言いたくなるイヤホンです。
値段が高いので、なかなか手に取りづらいのですが、
凄く優秀なイヤホンです。
廉価版でも作っていただければ、うれしいと思います。

blackrome さん

(2022/01/09)

2

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

オールラウンダー

ゼンハイザーの最新フラグシップですが、最近のトレンドに合わせ解像度がとても高いです。
基本的にどの帯域においても必要十分でオールラウンドに使用できるイヤホンだと思います。
また、ゼンハイザーらしく聞き疲れしない優雅な音質です。
中古が安くなってきたら購入したいです。

snow さん

(2021/12/23)

3

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

ハイエンドイヤホンの入門機

環境:New Hiby R6
今年に入ってからオーディオにハマり初めて10万越えのイヤホンを購入しました
当たり前ですが今まで使ってきたイヤホンとは比べものにならないクオリティの高さです
アーティストの息遣いや喉が震える様子が想像できるほどリアルで歪みがありません
楽器の音もボーカルに潰れることなく心地よく聴くことができ、情報量が多いにも関わらず一日中聴いてたいと思えるイヤホンです
この価格帯のイヤホンはこのジャンルによっては相性が良くないなと思うのもありますがこれは全ての音源で90点を出してくれる万能機だと思います
純正ケーブルの硬さなどが気にならない人ならバランス接続のケーブルが標準でついて20万を切るのは凄い
個人的には来年までにもう1本音の傾向が違うのを買うつもりですがIE900だけは一生手放すことなく使っていきます
特にハイエンドで自分のリファレンス(基準点)の音が欲しい人にオススメします

2022/1/12追記
あれからDAPをHIBY RS6、ケーブルをBSEP for IE900- 5極Φ4.4mm、イヤーピースをSednaEarfit Crystalに変更して使用しています
以前の環境よりグッとリスニング向きの音に変わり、自分の好みの音を探す楽しみがある素晴らしいイヤホンだと感動しています

タカ さん

(2021/11/13)

5

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.0

color:規格なし

流石の技術力

購入してもうすぐ1ヶ月です。
eイヤホンさんで他メーカーのハイエンドイヤホン聴き比べてみましたが、改めてこのイヤホンの凄さがわかりました。DD1発でこの解像度、分離感、見通しのよさ…BAドライバー搭載していないのが不思議で仕方ないです。付属のイヤーピースでは少し不充分だと思われた低音もイヤーピース変えることで厚みとキレがある質のいい低音になります。

私は曲によって接続端子を変えるので、端子替えたいときにプラグ付近で変換出来たら尚良しでした。

音に関してはこれ買っとけば後悔しないと思います。サブイヤホンを意気揚々と探しに行ったのに、このイヤホンの凄さがわかっただけでした笑

音育1年生 さん

(2021/11/07)

6

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

フラッグシップ機として恥じない素晴らしさ

Sennheiser IE300を購入後、相当、酷評なレビューをしました。しかし音の広がりなどは正に新時代のIEMと呼ぶに相応しい出来で、このあたりIE80/800シリーズとは一線を画す方向性を指し示すものと思いました。
暫くの間はIE300で我慢しようと考えてましたが、IE900を試聴してその出来上がりの素晴らしさに圧倒され、即時購入を決意。
IE300では装着性良好、但し分解能・音の繋がりが悪いと書きましたが、このIE900はその全てが完璧にできておりシングル・ダイナミックドライバー機としては、Dita Dream、Final A8000を超えた新時代の完成度と感じました。
見た目も触った感じの質感も高級機と呼ぶに相応しいもので、唯一の弱点はアンプ側の弱さがそのまま露呈してしまうくらいの表現ができてしまうことくらいでしょうか。スマホに接続しても、駆動力の弱さがそのままでてしまい安価なDAP/ポタアンを用いてもホワイトノイズが目立ってしまい、満足できないと思います。
個人的には据え置きDACのRME ADI-2 FSを使用して実力が引き出せるレベルが要求されるIEMと感じました
DAPではSONY NW-WM1A/NW-ZX507の4.4mmバランス接続くらいの再生条件くらいは欲しいところ。
その代わり再生側さえ揃えば、IE900はその素晴らしさを如何なく発揮してくれるものと思います。
尚、IE300と同様に他社製イヤーピースが使えます。Final Type-Eが個人的には良い装着性が得られました。

TK1103MKII さん

(2021/11/03)

5

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

惜しい

eイヤホンで購入しました。

音質は最高です。
最高以外の言葉が見当たりません。
この価格でこれ以上の音質のイヤホンは存在しないと思います。

残念なのが1点だけ。
純正のケーブルが硬く、タッチノイズが大きい。
これが無ければ満点でしたが、惜しい。

オプションでこれを改善した純正ケーブルを別売りしてくれると嬉しいです。

now さん

(2021/08/22)

5

満足度

4.5

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

[試聴]IE800と比べて

普段はIE800とDX160で音楽を聴いてる人が、DX300との組み合わせで試聴してみた感想です。バランスとアンバランスで聴いてみました。店員さんにわざわざボンド剥がして頂いて申し訳無かったです。
 IE800から明確に進化していると感じます。使ってるDAPのグレードが全く違うので正確な比較とはいきませんが、一番最初に感じたのは高音域が刺さりません。IE800はサ行が結構キツい印象でしたがIE900は音量をどこまで上げても刺さらず、IE800よりも更に透明な音でした。
 中音はIE800との違いはそこまで無いように思います。綺麗です。低音は若干IE800より弱くなっている気がしました。よりニュートラルになった印象です。
 迫力は低域が個人的に物足りなくて、迫力不足に感じました。空間を震わせながら滲むような低音ではなく、シャープな塊として広がる低音といった感じなので、仕方ないのかなと思います。
 音場はIE800より上下に広がっています。そのおかげか音の臨場感はぐっと上がった感じがします。左右の広がりはほとんど変わらない印象です。
 遮音性はシュア掛けなのである程度高いと思います。音漏はひとりだったのでよく分かりませんが、感覚としては漏れてる気配はありませんでした。
 一番驚いたのがバランス接続でした。アンバランスに比べて明らかに透明度、というより純度が上がりました。ボーカルの声はゼロ距離かと思うくらい近くで聴こえます。サランラップが2枚被せられていたのを取っ払ったような爽快感というか開放感というか、例えが絶望的なんですけどそんな感じでした。ただ、アンバランスでも物足りなかった低音がより影が薄くなった気がしました。バランスはより中高域特化になる印象です。自分の聴き慣れた音源を用意出来てなかったので、また今度用意して聴いてみたいと思います。
 総じて低域が少し物足りない以外は最高のイヤホンだと感じました。社会人になったら、最初の散財はこれに確定しました。

※2021/12/25追記
マイDAPがM11 plus ltd SSになり、バランスで聴いた際の評価を新たに反映しました。数ヶ月かけて5度ほどeイヤを訪れ、さまざまなイヤホンやDAPやヘッドホンを、高価格帯から低価格帯まで試聴してきました。その度にIE900の音がチラついて、結局IE900のコーナーに戻っていました。僕のオーディオ旅の終着点はこれなんだと確信しています。

木綿たむ さん

(2021/08/16)

5

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

価格に見合うハイエンドモデル

まず筐体の高級感がすごいです. 他のイヤホンとは一線を画すもので, 少し重いのですが耳掛け部分にワイヤーがあるため外れたりすることは少ないと思います.
音質は, モニターライクでありながらずっと聞いていられるような印象を受けました.
高音域はしっかりと鳴っていて, 頭打ちになっている部分などは感じられなかったです.
低音域は強すぎないながらも十分な存在感を持ち, 中音域は少し控えめと言った印象です.
高額なイヤホンは一部クセのあるものがありますが, IE900はいい意味でクセがなく, 値段に見合ったバランスの良いイヤホンだと思いました.

Xion さん

(2021/08/08)

4

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

最初聞いた衝撃が忘れられなくて購入!

6月頭にe-イヤホンさんにIE300を購入しに行った際に試聴してみたところ、流石フラッグシップだな〜すげぇ!!って衝撃を受けたのですが、高額の為断念。その後IE300→IE500proを購入したのですがやはりIE900の解像度や中高音の美しさ、それを邪魔しないが物足りなくもなく丁度いい上質な低音が忘れなくてこの度購入に至りました。
iPhone11にDAC(UA2やfiioQ3)で鳴らしていますが十分過ぎます。イヤーピースはファイナルEタイプが個人的におすすめです。

あきふみ さん

(2021/07/31)

4

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

SENNHEISERの新たなフラッグシップ機で、ダイナミック型イヤホンの新たな名機が誕生。

試聴レビューとなります。
環境は、DP-X1AにFiiO Q5(AM3D装着)をデジタル接続し、音源はロックやJ-POPのFLAC(ハイレゾ含む)です。

【音質】
帯域バランスはフラットで、強調された帯域やピークは感じられませんでした。
音源や上流の音を誤魔化さずにそのまま出してくるので、音源や上流の質が悪いと、低域が暴れたり膨らんだり高域が粗くなったりするため、「なんだこんなもんか」と言った印象を持つ事があるかと思います。(私自身、普段の試聴曲の中ではそのような感想を抱く楽曲がありました)

味付けは少なくモニター的な鳴り方をしていて、良質な上流と音源が揃った際には、とても素晴らしい音を聴かせてくれます。
私の環境では上流側が力不足のように感じられましたが、それでも良い音源で試聴すると「このイヤホンは凄い!」と思わせてくれました。

低域好きの方よりは中高域~高域好きの方に合うと思われます。
重く深い重低音を出すタイプではなく、量感はそこまで多くないものの、タイトで芯がある低域を鳴らしてくれます。
超低域の量感は決して多くありませんが、分離感や解像度の高さがあるため、キックやベースといった低域の存在感はしっかりとあります。
中域はボーカルや楽器隊を俯瞰的にみられる距離感で、繊細で非常に細かく滑らかながらも粒子感があります。
中高域~高域は、中域と同じく繊細でとても伸びやかで、天井がとても高く「伸びていく」というよりは、「伸び切る」といった印象です。

音場は広く、私が特に感じたのは上下(縦)方向の広さで、前述の高域の伸びによる天井の高さは素晴らしいです。
左右と前後は広いものの、「物凄く左右が広い!」等といったことはなく、全体的に俯瞰的な位置感で鳴っており、定位感を掴みやすいです。

【その他】
本機はフラッグシップ機らしく製造にも拘りが詰まっていて、アルミブロックからの削り出しで製造しているため、とても高級感があります。
付属品として、2.5mmと4.4mmのバランス接続用ケーブルが最初から同梱されているのは、ケーブル着脱式を採用しMMCXを謳っていながらも独自端子で、他社製リケーブルとの互換性がないという点を考慮すると、バランス接続前提の方にとってはとても有り難い事だと思います。

【総評】
タイトル通りとなりますが、SENNHEISERの新たなフラッグシップ機で、ダイナミック型イヤホンの新たな名機となる製品だと言えます。
上流や環境を選ぶ「王様」的な側面を持ち合わせていますが、音質的には非常に繊細で滑らかながらも非常に細かい粒子感があり、ハイハット等の金物系の粒立ち感はとても素晴らしいですし、無理なく破綻がない音を出してくれます。

私が聴いた事があるダイナミック型イヤホンの名機としては、
DITA DREAM(初代)
HIFIMAN RE2000
Campfire Audio LYRA(初代)
が真っ先に思い浮かびますが、本機は新たな名機として記憶に刻まれました。

心から、是非1度ご試聴頂きたいなと思います。
是非お試し下さい!

masa さん

(2021/07/31)

6

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

正統進化

DAPはWM1Aを使用しております。

IEシリーズのフラッグシップとして発売された本機ですが、タイトルの通り、今までのIEシリーズが正統進化した機種であると感じました。

分厚く腰の据わった低域と、芯のある高域のゼンハイザーらしい音を継承し、従来の機種と比較してやや中音域が前に出ているように感じ、どの帯域の音もしっかりと聞くことが出来ると感じました。

あと音場が広めに感じました。

全体としてモニター傾向でストレスなく聞くことが出来る逸品です。

やま さん

(2021/07/31)

4

満足度

4.5

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

color:規格なし

ゼンハイザーの低音

ゼンハイザーの新しいフラッグシップイヤホンはどんな音だろうかと意気込んで試聴しました。最初は個性があまりないと感じました。しかし他のイヤホンを試聴してもう一度IE900を聴くと、その魅力の虜になってしまいました。
IE900の魅力はちょうどいい低音です。高解像度すぎず、ドライすぎず、ぼやけすぎない、かなり高い質の低音を聴かせてくれます。
ずっと長く使っていたくなるような、自分のメインとなるようなイヤホンを探している方にはおすすめのイヤホンです。

ぽんぽん さん

(2021/07/30)

2

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

癖になります

低音のしっとりとした質感が素晴らしいです。
低音の解像度の高ささすがゼンハイザーです。
癖になりますのでぜひ試聴ください。

クラシック大好き さん

(2021/07/30)

2

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

無評価

color:規格なし

イヤピース選定で聴き方が変わる

(視聴のみ)
1度目の試聴で納得がいかず2回目の試聴時にイヤーピースやアンプを色々変えて再度試聴してきました。

結論から言うとイヤーピース等でかなり音のキャラクターが変わるイヤホンだなと2度目の試聴で改めて思いました。

純正で付いてるフォーム系のイヤピースだとモニターライクな感じになり、どの帯域が突出するわけでなく高解像感で広大な音場と定位をそのままに、非常にフラットで音源の全体を把握しながら一つ一つの音を聴き取るのに良かったです。

持参したいつも使ってるシリコン系のイヤピースで聴いたらガラッとキャラクターが変わり、かなりリスニングなイヤホンに変貌しました。
おそらく奥までしっかり挿入でき、きっちり密閉できたらかと思いますが、バランス的には俗に言うドンシャリ方向になり、低音の深さと迫力、高域の非常に煌びやかで伸びのある音になりビックリしました。
またその低域と高域の質感がとてもよく、『この音の出方は素直にすごい!』『流石フラッグシップ機の作り込みの音!』と思いました。

リスニング的に楽しく聴くなら私はこちらのシリコン系イヤピースに変えた方をオススメしたいです。
どちらにせよこのイヤホンですごいのが、どのイヤピースを使えど、本来持ってる解像感、広大な音場、音のつながり等々、このイヤホン良さをそのままにイヤピースの選定で好みの聴き方にできるところです。
本当に元の作り込みが素晴らしいんだなと感じてしまいました。

是非試聴時には色々なイヤピースを変えてみて欲しいです。
また、かなりポテンシャルがありポタアンなど色々試した分だけ発見が多くて、楽しめるイヤホンでもあると思いました。

ひろしげ さん

(2021/07/30)

3

満足度

4.5

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

買ってよかった

試聴もせずに購入しました。箱出し後では、なんかあまりはっきりした音が出ていなかったが、エージングを200時間行った後では、低域から高域まできれいな澄んだ音に変わり、聞き惚れています。ダイナミック型ではゼンハイザー、BA型ではwestoneが好みで、交互に使用しています。最後にIE900を購入したので、もうこれでイヤフォンスパイラルに終止符を打ちます。IE900とW80両社共に素晴らしい。買って良かったと思います。

kenken さん

(2021/07/30)

3

満足度

4.5

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

4.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

他に類を見ない圧倒的な低音!

視聴機でのレビューです。
DAPはshanling M6 pro
以前から同メーカーのIE400proを愛用しており、どこまで音の変化があるのか期待していました。
視聴前にまず目に止まったのが筐体の美しさ!アルミニウム削り出しで波紋のように段がついてる様に感動しました。また触り心地も大変よいです。
音を鳴らすと、IE400proとはもう別次元の音が飛び込んできました。特に低音!IE400proより更に沈み込んでいるのですが、その音は上品というか濁りのなり澄んだ低音が鳴っているのです。
他、中高音も1DDの音らしく一体感がありゼンハイザーの本気を感じました!!
後、残念だったのは他機同様、独自MMCXで気軽にケーブル変更ができない点と、仕方ないですがかなりの高額ということ。ただコストパフォーマンスは悪くなく、手に入れるときっと満足できるイヤホンだと思います。

ねこむら さん

(2021/07/30)

2

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

ゼンハイザーフラッグシップの底力

視聴でのレビューになります。

音の傾向はゼンハイザーらしいモニターライクな音ですが、弱ドンシャリよりかな?という感じもします。
もちろん、このような音なので一聴して楽しい!と思うような音ではないのですが、聴けば聴くほどこのイヤホンの良さがわかってくる、スルメイヤホンだと思います。

インパクトは少ないと思いますが、フラットが好きな人、ゼンハイザーの音が好きな人は、やっぱりフラッグシップの本機を一度は聴いてもらいたいと思います。

本当に良い音しています。

白米 さん

(2021/07/30)

3

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

聴いた瞬間の「‼︎」って大事

今まで10万オーバーのイヤホンも色々と聴いてきましたが、高額イヤホンというだけで身構えてしまっているかもと気付かせてもらった気がします。
評価しようにも値段から贔屓目になってしまった部分もあるのかもしれない。ただこのIE 900は最初の1発目に「これイイ!」という衝撃が走ります。
情報量の多さ、各音域の充分な出力、でも押し付けがましくない自然さ。ずっと使い続けたくなる満足度の高さ。
さすがゼンハイザーですね。

全くマッスル さん

(2021/07/29)

3

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

低域の“質”がたまらない

しばらくイヤホンから離れてヘッドホンんを楽しんでおりましたが、久々気こちらのイヤホンを聞いて以来、eイヤホンに訪問するたびつい聞いてしまうくらいには好みの音質でした。
 このイヤホンを簡潔に説明するなら、フラット系で弱ドンシャリという感じです。ちかい傾向のイヤホンはいくつか所有してきましたが、その中でこのイヤホンが抜きんでているのは低域の質感です。高解像度ではありながら、タイトすぎず、かつボヤけているわけでもない本当に絶妙な具合のチューニングで癖になる音質です。
 一般的な金銭感覚でいえばかなり高価なイヤホンだと思いますが、華夏うなりの価値は十分にあると思いますし、いろいろな高級イヤホンを所持している方でも使い分けることができるようなイヤホンだと思います。試聴だけでもしてみることをお勧めします。

オデ初 さん

(2021/07/29)

5

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

5.0

color:規格なし

フラグシップ機

まず見た目がアルミを切り出した感じのデザインで
高級感あってかっこいいですね。
製造もドイツで行われているようでさすがフラグシップ機って
だけのことはあります。
中音、高音域はクリアな感じで鳴ってくれますし
重低音もしっかり鳴ってくれます。
楽器それぞれの音の粒がしっかり聴こえるので
臨場感が半端ないですね。
変にリケーブルしたりするよりかは僕はこのままの
イヤホンで十分だと思います。
ゼンハイザーのクラフトマンが調整してくれた音なので。
音に関してはプロ仕様ですし、文句のつけどころのないイヤホンですね。

するめ さん

(2021/07/29)

2

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

音質の境地 新たなフラッグシップ IE900

非常に完成度の高い良い(e)イヤホンだと思います。

繊細さ、伸び、滑らかさ、透明感、どれも花丸のさっぱりしたクリアな高音域です。
BA多ドラにも負けないくらいの高解像度、シルキーでバランスの良いサウンドで、本当にDDなのか?と感じてしまいました。

男性ボーカルの力強く張りのある歌声や、女性ボーカルの繊細で美しい歌声、そしてボーカルの息使いや、楽器の弦を弾く音などの細かな音までしっかり表現してくれるパキッとした中音域です。
若干ボーカルが遠い感じですが、その距離感が情報量の多い曲でもボーカルが潰れないのに一役買っていると思います。

迫力があり、深くと言うよりは凝縮されたような鳴りの聞き疲れしない低音域です。
音に厚みがあり迫力のある音で、他の音域とぶつかる、潰れるといった感じが全くありません。濃密で深い低音、というよりは凝縮された質の良い低音という感じです。

どの音域も非常に高い完成度で感動しました。
さらにこれらの音域一つ一つがお互いを邪魔することのない分離感に余裕のある広い音場、バランスが良く、ざらつきのないクリアですっきりしたサウンド、この値段が安く感じてしまいそうで恐ろしいです。

※付属のイヤーピースは傘の部分が柔らかく、あまり遮音されている感じがありませんでした、自分のイヤーピースを使って聞くことをお勧めします。

これがSENNHEISERの新しい「いい音」
新たなフラッグシップにふさわしい、素晴らしいイヤホンだと思います。

DAN さん

(2021/07/29)

5

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

ゼンハイザーのフラッグシップ

eイヤホンさんで試聴、ハウジングはIE300と同じ形でかなりコンパクト、小さくて装着感も優秀でした。
ノズルは標準的な大きさだったので大抵のイヤーピースはOKでした。(スパイラルドット++を付けて試聴しました。)
音も迫力がありつつ、こだわりが詰まってるのもあり高解像度で切れ味の良い音でした。
音の分離感が優秀で、ボーカルが引っ込まずに全てを鳴らしてくれるのでかなり高性能なイヤホンなんだと価格だけではなく音質でも実感しました。

ドット さん

(2021/07/29)

1

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

正統の再臨

試聴での感想です。個人的に本機と比較したいのがCampfire Audio(CA)のLYRAです。他社製品ですが2015年にゼンハイザーの前フラグシップIE800を超えるイヤホンとして開発されたものになります。CAの代表Ken Ball氏はIE800の音にほれ込み、バランス化などの改造を繰り返しALO audioのケーブルに合う最初のイヤホンとしてLYRAを生み出しました。LYRAはIE800に差し迫る音に加え、IE800の欠点であった装着感を改善、リケーブルを可能にしました。IE800のリケーブルや耳掛けができたらいいなと多くのユーザーが思っていたことを、数年前に他社のCAが実現しました。そして9年の時を経て満を持してゼンハイザーは自社でこのIE900を発表しました。
まず外観の特徴としてアルミ削り出しの際にできた曲線をデザインとして生かしています。これはCAのフラグシップであるSOLARISを彷彿させるデザインです。SOLARISはPVDコーティングがなされていますが、IE900はとくにコーティングがされていない為より曲線のデザインが目を引きます。この流線形のデザインは見た目だけではなく、フィット感にも良い影響を与えています。また、付属のケーブルもSONYのIER-M7、M9、Z1Rと類似しており、取り回しやすさとマイクロフォニックノイズ対策は完璧です。余談ですが、Ken Ball氏は来日した際にはいち早くZ1Rを購入して自慢していました。次に内部構造に目をやるとトリプルレゾネーターチャンバー/アコースティックボルテックスと物理的に空気の流れをどうコントロールするか綿密な調整が行われています。これはSHUREのローパスフィルターやCAのT.A.E.C、64 AUDIOのtiaなどその他メーカーにおいてもドライバー以上に重要な要素として取り入れられている技術です。IE900はIE800の正統進化であると同時に、他社の製品の研究も行い、上記のような良いところを取り入れたモデルといえます。
前置きが長くなりましたが、肝心のIE900音質はIE800を超えた素晴らしいものになっています。私はCAのLYRAの熱心なファンですが、初めてそれを聞いた時と同じような興奮がありました。ダイナミック1発とは思えない解像度と、本当に心地の良いサウンドを提供してくれました。どの帯域が強調されているわけではなくバランスが良い音で、なおかつ聞いていて楽しいサウンドを実現しています。ゼンハイザーは、古くさい感じがするのかコアなポータブルオーディオファンは意外にスルーしている傾向があるように感じます。この音を聴かないのはもったいないです。ぜひ音のオーソリティーが切り開いた新次元の音を体感してください。

こあらっこ さん

(2021/07/28)

3

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

ゼンハイザーのフラグシップイヤホンとしてはイマイチ

ダイナミック1発なのに価格が高いです。
振動版の形状や素材を凝ったものにしたのだろうか...
ほぼ同価格のHD800を初めて聴いた時の感動と比べるとイマイチに感じました。
また、傷がつきやすいので外観を気にされる方はコーティング必須です。
ネガティブな感想ばかりになってしまいましたが、小型で耳へのおさまりも良く、全帯域過不足なく鳴らしてくれる点は優秀です。
私なら同価格帯の違う機種かもう少し出してカスタム作りますが、
IE800の音が好きでグレードアップしたい方にはオススメしたい品です。

どんちっち さん

(2021/07/28)

満足度

3.0

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

3.5

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

裏地に凝る!シンプルイズベストイヤホン

・推しポイント
自然かつ音場も広く、シンプルかつ飽きないデザイン、小さめの耳の方にもしっかりとフィット
1ドライバーとは思えない音場の広さ。
幅広いケーブル仕様。

・比較の私的感想
「今回は濃い音で有名?」なJHのイヤホンと比較して見ました。
比較し、単的感想はこのイヤホンは正確な音作りで、モニターライクなイメージでした。自然な音作りかつ音場も広い、正確な音、それに聴き疲れなく聞こえる事、この事から音楽制作などにも使える様な音作りだと感じました。業務用と言っても差し支えないレベルで、一音一音楽しみたい方にピッタリなイヤホンだと感じました。
私的イヤホンの中の一丁羅になりえる存在。

音楽比較
クラッシックやヒップホップなど多種の曲を聞いてみた所、全て鳴らせていたので万能型と言っても過言じゃないかなと思いました。

気になった点
楽しい音を追い求めて聴くと失敗するかも知れません。ただ音質に関しては、繊細で自然な音づくりな為に人によって意見が割れそうなイヤホンだと感じました。

イヤホン買いたい.... さん

(2021/07/27)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

ゼンハイザーの新フラッグシップイヤホン

最近は流行に乗ってワイヤレスイヤホン ばかり買っていたのですが、久々にフラッグシップの有線イヤホンを購入しました。
ワイヤレスは便利で移動中に手軽に音楽を楽しむという目的は達成出来たのですが、落ち着いた場所でよりしっかりと音楽を聴きたいという時にワイヤレスでは不満が出るというかそもそも聴く気が起こりませんでした。
有線イヤホンで昔みたいに音楽にどっぷり浸かりたいなと思っていたら、ゼンハイザーからie900が発表されて気になっていました。
ゼンハイザーではie800がお気に入りでしたが、破損やケーブル硬化で何個も買う羽目になりました。
ie900の第一印象はモニター的というか昔の禅のヘッドホンみたいな感じで地味な音色だなと感じました。
音の傾向はフラット寄りの弱ドンシャリで少し低域強め。
音に癖が少ないです、イヤホン側で音に個性を付加しないタイプです。突き刺さるような高音域や地割れのような低音域はありませんが、それらの刺激の強い別のイヤホンを使った後にie900を使っても地味に感じるのでは無く、それらの刺激の強い音のイヤホンがいかに癖の強い音を出していたのかを思い知らされます。ie900の音は何といいますか落ち着いた大人の音といいますか奇を衒わなくても真面目にやってれば良い音鳴らせるんだよというのが伝わってきます。
クラシックやロック系のライブ音源では臨場感があり、聴いてるとコンサートホールに居るみたいです。ピアノ、クラシックギター、アコースティックギターもとても良い鳴り方です。寝ホンとしてクラシックを聴く時、ワイヤレスだと最低音量くらいまで落としていたのですがie900だと音が心地良いのか、かなり音量を上げてしまいます。
ボーカルは美音系では無いのですが、声の細かなニュアンスが良く聴き取れます。まったく同じ曲のオリジナルとカバーで、今までずっと数年以上もカバーの方がいいなと思っていた曲があったのですが、ie900で聴くとオリジナルの方が良く聴こえたのです。カバーを歌っていた歌手も声質などが好みで大好きなアーティストだったのですがオリジナルの歌手の歌声に秘められた様々なテクニックや込められた感情の様な物がie900だと感じ取れて評価が逆転しました。これはちょっと不思議な体験でした。
ぶっちゃけ、ie800は高音域が刺さるイヤホンでした。ie800sも同じで刺さり具合は全く変化ありませんでした。ie900は刺さりが無い訳では無いですがie800よりもかなり抑えられており、私的には気にならないレベルに到達しました。
中音域も癖が無く良い感じです。私は自分で演奏することもあり、エレキギターの音にかなりのこだわりがあるのですが、高価格帯のイヤホンでも中音域に癖がありギターの音が台無しの物も結構あります。ストラトをマーシャルに繋いでるのにレスポールをメサブギーに繋いだような音のするイヤホンはマジ勘弁です。ie900は中音域も自然で本来の音色にそこそこ近い鳴り方だと感じました。線の細い中音域は少し補完する気配がありますが。
ケーブルのタッチノイズはありますが耳掛け式の採用によりie800よりは改善しています。
遮音性と音漏れはie800と同程度か、微かにie800の方が良かったかもしれませんが、ie900もダイナミック型にしては良い部類です。
音場はie800より奥行方向に広がっているのを感じます。左右方向はほぼ同じくらいと感じました。ただ、私はie800の音場が広大と思ったことは無いので。
ie900が万人にお勧めかと聞かれると困ります。モニター調で地味系が基本キャラクターで、そこから聴き込むとゼンハイザーの開発者が各音域の欠点を地道に時間を掛けて全て潰した様な真面目な音が見えて来ます。
音色の傾向から、すぐに絶賛を受けるようなタイプのイヤホンでは無いと思いますが、時間を掛けて高評価を勝ち取って行くイヤホンであるのは間違いなさそうだと思います。

よっしー さん

(2021/07/27)

6

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

SONYよりこちら!

Z1RやSONYのイヤホンはなぜか耳に全くfitしない。
SONYの殆どのイヤホンを買っては聞き比べしたけど
ほぼ100%耳に合わない。

どんなイヤーピースをはめてもダメ。

でもこのゼンハイザーは小型で軽くしかも剛性があるので
殆どの人にフィットすると思われる。

そしてそのフィット感から得られる、超高音質を
十分に堪能出来る逸品。

耳が痛くなることもなく、イヤーピース選びも楽で非常に満足しています。

全体的に調和の取れた原音好きにはたまらない逸品
ドンシャリ系ややたら高音が刺さることもなく

原音のいい音が、非常に心地よい。
変な加工された音より、素直な音の方が耳にも脳にも良い。

そんな印象を受けたイヤフォンです。
SONYの最上位イヤフォンがメルカリで出品される訳が分かりました。

それだけ耳に合わない人が多い。

かつたん さん

(2021/07/27)

3

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

3.5

音漏耐性

4.0

color:規格なし

自然な真ん中の音

アンドロメダとTZ700を気分で使い分けしてるのですが、その中間のモニターっぽい音質のイヤフォンを探すべくめぼしいモデルを試聴(DAPはFIIO M15)。これは自分的にかなり気になる音でした。特に突出した音域があるわけではないが、全ての音が互いを邪魔することなく広めの音場に響き渡る。高温の少し柔かめな響きが特に好みだが、特徴のあるモデルが好きな方には物足りなさを感じるかもしれない。フィット感は自分には問題なかった。デザインはもう少しシンプルな方がいいかな。
ケーブル変えて是非バランスで聞いてみたい。。。

うりずんug さん

(2021/07/26)

満足度

4.0

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

4.5

遮音性

3.5

音漏耐性

無評価

color:規格なし

プレミアム低音イヤホン

試聴した感想です。
まず音質面で感じたのは、圧倒的な情報量の多さと
その音の一つ一つが混ざることなく、クリアですっきりとした印象。
ベースやバスドラムの低音域はしっかりとした厚みを表現し、
低音好きでも満足できる重厚感。それにも関わらず低音の輪郭が
ダブついた感じや、他の帯域を邪魔してしまうようなことがありません。
中高域には、クリアで耳に張り付くような滑らかさがあり
自然で、聴いていて非常に心地よいサウンド。エフェクトの残響感や
ボーカルの細かな表情も、はっきりと表現してくれます。
まさにハイエンドに相応しい製品ではないでしょうか。

唐揚げとチャーハン さん

(2021/07/26)

満足度

3.0

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし