• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

3の商品が見つかりました。  1-3件を表示

HIDIZS

AP80SS

総合満足度

4.5

サイズと音質のバランス

現在自分がメインで使用しているのはQP2Rですが、外出用にコンパクトなサブ機が欲しくて購入しました。
まず、サイズが絶妙です。ハーフパンツのポケットに放り込めるほどには十分コンパクトでありながら、タッチ操作に支障をきたさない程度の画面サイズは確保されています。操作体系はよく整理されていて、画面下部と左側からのフリップでそれぞれ主要な設定変更ができるようになっています。私は楽曲をフォルダ管理しており選曲はブラウジングで行います。プレイリストは2ステップで放り込んでいけるので、作りやすいです。
ラインアウト設定で2ステップでヴォリュームマックスにできますが、アンプのジャックを抜くと通常ヴォリュームに自動で戻ってくれます。アンプとの組み合わせで使用する場合この機能は有難いと思いました。(一般的なのでしょうか?)
音質については、QP2Rに慣れた耳だと低音と高音に強調感がある比較的硬質な音と感じました。特に高音はイヤホンによってはかなり刺さる感じです。敢えて、CL750で聴くとかなり派手です。例えば、UM-PRO50など中低音寄りのウォーム系のイヤホンと合わせると中庸で聴きやすくなると感じました。解像度は必要十分と感じますが、オーケストラ楽曲など音数が多いと少し整理し切れていないと感じました。ポップスやロックは迫力があって楽しく聴けます。このサイズから出ているとは思えない良い音と感じます。
コンパクトなので、外部アンプと組み合わせる使い方もやりやすいです。HUMのようなコンパクトなアナログアンプとの組み合わせると(それでもQP2Rよりコンパクト)、FOSTEX T60RPなどもしっかり鳴らせます。トランスポーターとしてmojoと組み合わせると中音域に厚みのあるmojoの音がコンパクトに楽しめてなかなか良いです。
ワイヤレス接続は屋外では試していませんが、室内やカーオーディオとの接続は問題ありません。HibyMusicというアプリと連携して、iPhoneから操作できます。電車の中などではiPhoneを操作していることが多いので、DAPを取り出さなくても操作できるというのはなかなか便利です。
アルミ筐体モデルとの違いですが、若干SSの方が音が重厚という感じがしました。分かる人には明確に分かるのかもしれませんが…。
初めから画面保護フィルムが貼られていますが、防汚仕様ではないようで指紋などの汚れがつきやすくちょっとストレスです。私は別売りのフィルムに張り替えました。
今後Pro版もでるかもしれませんが、可搬性に優れ音質もよいポータブル機として、大変満足しています。

水色PANDA さん

(2020/07/10)

満足度

5.0

color:規格なし

小型DAPながら侮れない性能♪

今まで所謂高級DAPも使用してきましたが、如何せんそのようなDAPは筐体が大きく、持ち運びには程遠い仕様になっていました。自宅使用メインでは高級DAPも良いですが、気軽に持ち運べて音楽を楽しむには小型のDAPが欲しいと思うようになりました。クラウドファンディングでHidizs社がAP80のバッカーを募集しているのを知り、正式に国内代理店より発売になるのを待ち、この度AP80を迎い入れることとなりました。Hidizs社のDAPは過去にAP200を所有していたのもあり、値段以上にしっかりとした音作りをされていたので、今回のAP80も楽しみにしておりました。ただ、AP200やAP60など過去の製品に於いてFWの更新が滞り放置気味になっているのは懸念材料としてありました。今回はHiByの日本代理店を務める飯田ピアノ様が同じくHidizsの代理店に就いたことで多少安心できるかなと思いました。

【操作性】
AKシリーズを彷彿とさせるボリュームノブと3つの物理ボタンから構成されます。画面は小さいながらも高精細でタッチ感度も良好。アルミニウムモデルに於いて一部SNSでボリュームノブが取れる事象が報告されていましたが、私のSSモデルは問題ないように思います。電源SWを兼ねたボリュームノブはアルプス社製とありますが、あまりクリック感が良くなくスムーズさには欠ける印象です。側面の物理ボタンは早送り/再生・停止/逆送りの配置で分かりやすいですが、純正のレザーケースを装着するとボタンが埋もれてしまい、若干押しにくい感じはします。

【画面表示(UI)】
前記でも触れましたが液晶画面は高精細でタッチ感度も良好、操作性は良いと思います。基本的にHiBy社の開発したHiBy OS(Linux版)を搭載しているので、以前所有していたHiBy R3とUIは共通で使いやすいです。好評を得ているHiBy Linkにも対応しているので、本体は鞄やポケットにしまったままで手持ちの携帯から操作出来るので便利だと思います。HiBy R3との違いとしてはFMラジオが聴けたり、歩数計が実装されていたりですが使う頻度としては低いかなという印象です。現FWではラジオの表記が「ラジオー」だったり(笑)、歩数計のカウントが謎だったり、ツッコミどころはあるのはご愛嬌で。

【音場】
この価格帯としては広くもなく狭くもなくといった印象です。ただ最初に所有したAP80のアルミニウムモデルと比べると、ステンレスモデルはより音楽的な鳴り方をします。音の余韻といいますか、そういった表現能力はステンレスモデルのほうが優れていると思います。

【音の解像度】
これは通常のアルミニウムモデルとステンレスモデルで明確にはっきりと違いが現れます。ステンレスモデルのほうが音に厚みがあり低域から高域までの分離も良く、尚且つ高解像度。音に艶も出ますのでDAPとしてワンランク上の機種になったかのようです。通常のアルミニウムモデルでも駆動力の高いしっかりとしたサウンドですが、筐体の素材の違いでここまで違うとは驚きでした。ちょっと値段は張りますが、小型DAPでもよりしっかりとした本格サウンドを楽しみたい方にはこのステンレスモデルは強くお勧めできます。

最後に、3万円前後でステンレス筐体を採用しているDAPはこのAP80SSのみで唯一の存在です。音のみならず筐体がステンレスになったことで、通常のアルミニウムモデルにはない高級感とプレミア感が得られます。現在純正のレザーケース(ブラウン)とfinal E5000の組み合わせで使っていますが、AP80SSは筐体の工作精度も高く所有欲を満たしてくれる小型DAPとしてはかなり満足度の高い機種ではないでしょうか?つい先日AP80のカッパーモデルも発表されましたので、今後も楽しみなDAPだと思います。

のんびー さん

(2019/03/31)

2

満足度

5.0

color:規格なし

ポータビリティと音質のイイとこどりなDAP

DAPを持ち歩きたいんだけど、かさばらないちょうどいいサイズのDAPを探していたところこのAP80に出会いました。
サイズ感としてはSDカードを入れる透明のケースくらいの感覚でしょうか。かなり小さいです。重さも他のDAP機種と比べてもかなり軽い方の部類になるようで、持ち歩く際のストレスはほとんど無いと感じました。
有線での感想になりますが、音質はステンレスモデルの本体の影響もあってか高音はスパッとキラッと、低音がドシッとした音のイメージがします。聴きこむというより楽しく聴けるタイプの音ですね。Bluetooth機能もあり、ハイレゾ相当の音源も飛ばせるaptXも搭載されています。私はワイヤレスでは試していませんので気になる方はご視聴してみてください。。
個人的に相性のイイ曲は、例えば女性ボーカルもののJロックや、エレキギターが協調されている曲、JASSやアコースティックな曲なんかもとてもよくマッチしているんじゃないかと思います。
操作性の方も申し分なく、かなりサクサクと動いてくれます。APPLE製品なんかのフリック感に慣れている人にも使いやすい操作感です。EQや再生設定も多数用意されていて自分好みに音質を変化できるのもいいところですね。アルバムのアートワークなんかもキレイに描写してくれるので満足度はかなり高いです。
唯一気になる点は、音楽を再生していて途中で聴いている曲の一番冒頭に戻りたいときに←左向きの矢じるしを押しても冒頭に戻らず、1つ前の音楽が再生されてしまうことです。設定を変えてはみましたが解決策が見つからなかったので気になる方は確認してみてください。

総じてこの製品はDAPとしてイイところばかりでした。超手軽なサイズでかつ音質も妥協したくない方にはぜひおすすめです。

DAP探し太郎 さん

(2019/03/30)

1

満足度

4.0

color:規格なし