• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

19の商品が見つかりました。  1-19件を表示

Cayin

N6ii DAP/A01

総合満足度

4.5

重厚感のあるデザイン

音はケインという感じでかなりいいです。まあ値段がこれぐらいするんで当たり前ですけど、あと所有欲満たされますね

ノン さん

(2020/10/13)

満足度

4.5

color:規格なし

音は文句無し

SONYのZX300からの鞍替えです。
4.4バランスをメインに使ってるので、2.5のDAPは試聴しませんでしたが、4.4搭載のミドル上~ハイ下クラスのDAPの中では、音場の好みはあるにせよ、解像度も高く、音質はトップクラスではないでしょうか。E02も捨てがたかったのですが、悩みに悩んでA01を選択しました。
バッテリーはさすがにSONYには負けますが、それでも許容範囲です。
残念な所は、中華DAPあるあるですが、システムの甘さでしょうか。文字化けが半端ない。曲全体の1割もないですが、それでもさすがに日本も市場の対象なら、文字化けは0になるように頑張ってもらいたいものです。
あとはUIの使い勝手がもう少しよくなればいいですね。そこはSONYに軍配が上がります。でも音だけはホントにいい。更なる沼にはまること間違いナシです。

とっぴー さん

(2020/10/11)

満足度

4.5

color:規格なし

バランス型かな

AKのSE100と共に自分の主力DAPでした。
SE100が解像度に全振りだったのに対しこちらはウォームさも持ち合わせ、鳴りっぷりもこちらの方が上で一芸型のSE100とバランス型のN6iiと使い分けが面白かったです。
操作性も優秀で特にカードの読み込み速度は驚く程速く全くストレスを感じません。
(2000曲以上入ったカードでも1分未満で完了。Fiio M15では10分以上かかりました。)
デジタルフィルターの違いは正直自分にはよくわかりませんでしたが気分次第で変えてみるのも面白いのではないでしょうか。
ただ、各所で散見されている電源が入らなくなるトラブルに自分も見舞われました。
購入後3週間でトラブル発生で修理に6週間かかったのはさすがにイラッときましたが中華DAPでは当たり前の事でしょうか?自分にはよくわかりません。
残念ながらM15試聴時の衝撃(特にパワー面)にやられて即購入を決断し、資金調達のために現在は手放しておりますがそのうち中古価格がこなれてきたら再度購入を検討するかもしれません。

かずくん さん

(2020/10/11)

満足度

4.0

color:規格なし

購入してよかった!

色々試聴し実用性でA01を購入。決め手推しの声が綺麗に聴こえるというシンプルな事ですが一番重要な事です。操作性もかなり良く、反応もとても速いと思います。筐体も美しく(個人的主観です)、マザーボードを交換して音を楽しめるというのも大きなポイントです。これからも大事に使っていきたいと思います。

kogun さん

(2020/10/10)

満足度

4.5

color:規格なし

マザーボード交換が面白い

何と言ってもこのDAPの長所はオーディオマザーボードが交換できることにあります。
2020/10/02現在、マザーボードは4種類あり、どれも4万円前後で販売されています。4万円でミドルハイクラスのDAPを買えると考えたらとてもお得じゃないですか?

linn さん

(2020/10/02)

満足度

5.0

color:規格なし

3.5mm、4.4mmと使い勝手が良い

※試聴のみのレビューです。

E01マザーボードとの比較になりますがA01も中低域の表現に優れていて侮れないと感じました。
特に低域の解像度の高さは同価格帯のDAPと比較しても差別化されているような質感の高さが良いです。
3.5mmアンバランスと4.4mmバランスと需要の高い2種類の接続が可能な点含めてアンバランス接続とバランス接続を楽しみたい方におすすめのDAPです。マザーボード交換も楽しめるため、A01を買ってもE01、E02を買い足したくなるような魅力的なDAPです。

つちー さん

(2020/10/02)

満足度

4.0

color:規格なし

初のdap

ボーカルがとても艶があり最高です。
中域の量感が多いのでイヤホンなどの相性はありそうですが、ポータブルでこの音が出るのか‼︎と思えた音でもあり最高です。

カルビ さん

(2020/10/02)

満足度

5.0

color:規格なし

癒し

自分のことを音楽が優しく包み込んでくれて言葉じゃ表せないような気持ちよさがあります。

つぶ さん

(2020/10/01)

満足度

4.5

color:規格なし

総じて優秀なDAP

ウォーム系の高解像度な音で、音楽を楽しく聴きたい方におすすめしたいDAPです。音場もかなり広い印象で、Android対応なので手軽なDAPからステップアップする機体として良い選択肢だと思います。
しかし、本体が重く分厚い点は携帯する上で少々厄介になりそうです。

アルファ さん

(2020/01/14)

満足度

5.0

color:規格なし

Cayin期待の新星

AK4497EQを搭載した本機はウォーム寄りの聴いていて心地のいい音を鳴らしてくれます、またDACボードの交換が可能で色んなタイプの音を楽しめるのも本機の魅力的なポイントです、アンプモジュールを搭載したiBassoのDXシリーズより個人的には音の変化の幅が大きいと感じました(T01を試聴しての感想)、操作性も悪くなく音質も良く15万クラスのDAPの中では1番バランスが取れているのではないかと思います、今後も様々なDACボードが展開されていくようなので楽しめるDAPなのではないかとおもいます。

しばけん さん

(2020/01/08)

1

満足度

4.5

color:規格なし

視聴

1aを持ち歩いてたまたま見つけたので比較します。まず、音の指向はあまり変わりません。2つとも柔らかい音質傾向だと思います。UIに関しても同じくらいです。さらにどちらも4.4mmバランスに対応しています。しかしn6には面白い機能があります。それが、マザーボード交換機能です。今回は一つのものしか聞けませんでしたが機会があれば別のものも聞いてみたいです。マザーボード交換で音の指向が変わるのであれば安い値段でdapの使い分けが可能になると思います。今後もどのようなマザーボードが出るのか楽しみです。

snow さん

(2019/12/31)

満足度

5.0

color:規格なし

cayinの初のマザーボード交換

マザーボードがそっくり替えられるDAPとしては、どのメーカーより初!
10万を超える高額なものですが、それ以上に満足できることは間違いないできです。
音の傾向は、マザーボードをかえることでかなりかえることがでます。バランスも4.4mmをつかってあり安心してつかえます。
スマホともBluetoothでリンクさせることで遠隔操作もできたりと、出し入れの面倒くささも解消できます。
音も、A01でもかなりいい音をならしてくれますよ。
10万をこえるDAPをお探しひとなら選ぶ価値のあるものだとおもいます。

まさP さん

(2019/12/10)

満足度

5.0

color:規格なし

N5iiからの買い替え

圧倒的な音のパワーを感じる事が出来ます。
これはボリュームが取れるとか取れないとかの出力的な意味では無く、可聴域のボリュームでしっかり音の力強さを感じる事が出来ます。
ズッシリと沈み込む力強い低音と、ボリュームを上げても無理している様な印象を受けず耳に刺さらず伸びる高音、広がりを感じ分離感のある中音。
他のDAPは幾つか試聴しましたがあまり音の差を感じる事が出来ませんでしたが、明らかに別格の音を鳴らしてくれたのがこの機種でした。
動作もAndroidにしてはもたつく事なく動作し、Amazon MUSIC HDのハイレゾ再生にも最近対応したのでストリーミング再生も使えます。
ただし、バランス接続時にネット通信を行うとノイズが乗るため他の音楽配信サービスを使用するにしてもダウンロード視聴は必須でしょう。
マザーボードに関して、T01はA01に比較して低音が強いと評判でT01の方が人気の機種ですが実際に増えているのは中音域です。
T01の方が中高音域の厚みが強いので低音が強めに感じますが、低音の締まりはわずかにA01に軍配があがります。
T01はダイナミックの音の特性に近い気がするのでダイナミック機と相性が良さそうで、A01はBAのタイトな低音と相性が良いと思われます。

Ruby さん

(2019/12/09)

満足度

5.0

color:規格なし

購入して約3か月。

音や操作性、見た目は凄くいいです。
タイトルに書いたように、購入して約3か月で急に電源が入らなくなりました。
Twitterのフォロワーさんも1か月程前に同じ症状で修理にだしてます。
たまたまハズレを引いたのか、いい機種なので残念です。

トロ☆ さん

(2019/10/09)

満足度

2.0

color:規格なし

ちょっと不安な中国メーカー製だけど出来映えは合格点!

■まえおき
本製品を購入する少し前に先行してiBasso AudioのDX220も購入しています。
そのレビューも既に投稿していますので興味があればご参照ください。
ただし、私にとってDX220の音質は悪くなかったものの、ファームウェアやその他の出来映えは落第点であり、やや嫌味で辛口のレビューになってしまっています。

■再生音に関して
本製品の音質は、AK4497の特長をうまく再現した旭化成DACファンを裏切らない音だという気がします。
もう少し付け加えると、全体の音調はSONY WALKMAN NW-WM1Aに近く透明感のある(S/Nの良い)感じですが、WALKMANがフルデジタルアンプで音のフォーカスを正確に合わせ輪郭を際立たせたややタイトでクールな傾向の音であるのに対して、本製品の方はアナログアンプを活かして全体的にふくよかさを出し音場の広がり表現を重視したウォーム傾向で、そこにAK4497らしい透明感ある艶やかな味わいを加えた音に仕上がっていると感じます。
そして、こうしたアナログ的な要素を充分に引き出しながら、デジタルらしい解像感も味わえるよう上手く調整し、非常にバランスがとれていると感じました。
iBassoのDX220と比較すると、DX220はややアクの強い個性的な音作りで楽曲によっては善し悪しが分かれそうなところがありますが、本製品の方はどの楽曲を聴いても気持ちよく不満を感じさせない、常にハイエンドらしい良質な音を提供してくれる上品/気品さがあるような気がします。
簡単に言うと、DX220と本製品はほぼ対照的な音作りをしていて、購入者によって好みが分かれる同価格帯のライバルと言えるでしょう。
(ただ、私のようにその両方を手に入れる欲張り者がいるかもしれません)
本製品は、カスタマイズされたAndroid-OSを採用しており、以下の2種類のミュージックプレーヤー・アプリがインストールされています。
・Cayin Music
・Hiby Music
この2つのアプリによる再生音を比較すると少し違いがあるのがわかります。
Hiby Musicの方は、再生音に若干デジタル臭さみたいなものが滲み出てきて全体的にモヤモヤした付帯音(違和感)を感じます。
また、再生音データのサンプルレートをユーザー設定で固定にする機能(サンプルレート変換)が備わっています。
Cayin Musicの方は、そう言った違和感は一切無くスッキリとしていて音源の音がストレートに伝わるような感じなので、私はこちらを常用しています。
ちなみに、Hiby Musicの音の違和感はWALKMANの「ソースダイレクト」をOFFにしたときの違和感に似ています。
さらに、過去にCOWONのプレーヤーを使用したときにも同じような違和感を感じました。
おそらく、これは昨今のプレーヤー機能がデジタル技術に頼りすぎていることによる弊害みたいなものだと思っています。
それ故に、本製品が2つのアプリを選択できることと、WALKMANの「ソースダイレクト」をON/OFFできることは、私にとって有意義なことだと思っています。
COWONのプレーヤーでは、そう言った切替ができなかったので違和感に耐えきれずすぐに手放した経緯があります。
もし本製品がHiby Musicだけだったら同じくすぐに手放す運命になっていたかもしれません。

■デジタルフィルター設定に関して
PCM用に計6種類の設定がありますが、
フィルターの名前に「Sharp」が付いたものは、音の輪郭がやや強調され全体的に硬質で派手目なサウンドになります。
また、中高音がエネルギッシュなESS社のDACチップのサウンド傾向に近くなるとも言えます。
「Slow」が付いたものは、全体的にしっとりと落ち着いた軟質なサウンドになり、低音がより深く量感が増すような感じになります。
さらに、「Short Delay」が付くと音の立ち上がりが変わるようですが、私個人としては音の輪郭がややブレたような不自然さを感じるのであまり好みではありません。
サンプリング周波数が192kHzを超えるような超ハイレゾ音源を聴く、または長時間ゆったり気分で聴くときは、フィルター設定を「Super Slow Roll-off」か「Low Dispersion Short Delay」にするのがオススメです。
以上を参考にいろいろ試してみてください。
DSD用に関しては、私自身がPCM派でDSD音源をほとんど使用しないのでノーコメントとなります。

■良い点
iBasso(DX220)をはじめ中国メーカーのプレーヤーは、楽曲選択メニューにおける日本語の漢字を含むアーティスト名などのリストの並び順がまったくバラバラ(英語名のものと日本語名のものとがゴチャ混ぜ)で使い勝手が悪いものが多いのですが、本製品はけっこう規則正しく(英語名のものと日本語名のものとが完璧に分かれるようにまとまって)リスト表示されます。
さすがに、SONYのWALKMANみたいなレベルにはいきませんが、日本向けローカライズとしてこの点は高く評価できると思います。
DX220に比べて、バッテリー容量は大きく長持ちで不満は感じられません。(その分サイズは少し大きいようですが)

■気になった点
購入後すぐにPCMデータ用デジタルフィルターの設定に間違いがあることに気づきました。
AK4497のフィルター設定は計6種類の仕様だが、プレーヤーの設定はなぜか計7種類あること。
具体的には、「Super Sharp Roll-off」というフィルターはAK4497には存在しないにもかかわらず、プレーヤー上の設定には誤って余分に存在するということです。
これは完全に設計ミスであり、すぐにこのことを販売代理店のサポートに連絡しました。
iBasso(DX220)の場合とは大きく異なり、こちら(代理店)はすごく丁寧な対応ですぐにメーカーへ取り次いでいただいた結果、メーカーも素直に認めた上でファーム修正対応に至りました。

■まとめ
私は旭化成のDACが好みで目当ての本製品を購入したわけですが、音質はその期待を裏切ることなく良かったと思っています。
前述の気になった点を見つけたときは、iBasso(DX220)のときのことがよみがえり不吉な予感がしたのですが、今のところおかしな点はそれだけのようです。

★追記★最新ファーム情報
上記「気になった点」の件は、最新ファーム(Ver.1.18)で修正対応されているのを確認しました。
また、購入後使い込むようになってから高速充電すると本体がかなり熱くなり、高速充電しながら再生していると本体側面の操作ボタンが反応しなくなるような不具合(システムの一部が熱暴走で機能不全?を起こしたような)を感じておりましたが、最新ファームでは高速充電時の発熱も抑えられそのような不具合は未だ発生しておらず、この最新ファームで改善されたような感じです。

Banjo さん

(2019/09/18)

3

満足度

3.0

color:規格なし

ガゼットで遊び尽くす

使用環境が、イヤホンはbluetoothでTM2に接続してB3など、ヘッドホンはデジタル接続でHugo2経由のCZ-1などです。
この使用状況に最適と思われるDAPとしてN6iiを選びました。
bluetoothはver4.2ですが、接続安定性は抜群に良いです。秋葉原の歩行者天国でも途切れることはありませんでした。
デジタル接続は今までDPX1AとHugo2をUSB接続させていました。N6iiもUSB接続で聴いたところ、確かに解像度の高い良い音なのですが、DPX1Aとは大きな差は無いなぁと思っていました。しかしながら、N6iiには同軸接続できることを発見。専用のケーブルを購入し同軸接続したところ驚きました。音に立体感というか奥行きが生まれ、音のレベルが2段階ぐらい上がったように感じました。
ただ同軸接続には一つ不満があります。96khzまでは問題ないのですが、192khzやDSD2.8になると音飛びが発生します。これはケーブルに由来します。現行N6iiで使える同軸ケーブルは一つしかありません。メーカーさんには線材をグレードアップした同軸ケーブルを発売してもらいたいものです。
マザーボード交換というN6ii最大の利点を利用していない自分ですが、十分満足しています。

マングス善治 さん

(2019/08/07)

満足度

5.0

color:規格なし

高解像度のアナログオーディオっぽい音がいい

音のことは素人なので感じたまま書きます。

店舗で試聴して即決めました。
さすがオーディオ機器メーカーが作ったDAPって感じでしょうか。
最近のデジタルの軽い音でスマホの音を
ブラッシュアップして良くしましたではなく、
ちゃんとしたオーディオの音がします。

以前N5を使ったことがあり、その時もアナログオーディオっぽい音がいいと思いましたが、
今回はその音がさらにアップグレードされ
デジタルの分析的な高解像度に落ち着いて長時間聴けるアナログの音が
上手く合わさって聴いていて楽しくなると感じました。
ジャズにとっても合っていてずっと聴いていたくなりますが、
普段は音楽ストリーミングでポップスを多く聴いているけど、
生楽器だけでなくシンセサイザーなど電子楽器の音にも凄く合うと思いました。
まぁ、オールジャンル行けますね!

操作感は普段アンドロイドスマホを使っているので全然迷いませんでした。
Cayin Musicもすぐ慣れるので使いやすかったです。
iPhoneを使ってた方は慣れが必要かも知れません。

ストリーミングはApple MusicとSpotifyを試しましたが、
Spotifyの方が軽くサクサク動いたので、Spotifyを使うことにしました。
だからと言ってApple Musicの動きが悪いわけではなく、
あえて比較するとってことなので、Apple Musicも普通に使えます。

シングルエンドとバランスのチューニングの差はほとんどないと感じました。
DAPに寄っては音が全然違うのもありましたが、
個人的には同じ音が出るのがいいのでこれも良かったです。
シングルエンドの音に左右の分離が少し明瞭になり
音場が少し広がった感じですかね。

そして、革ケースとガラスフィルムが付いてるのもいいですが、
2.5 → 4.4変換プラグまで付いていてとても良かったです。
手持ちが全て2.5だったのですぐバランスで聴けて助かったです。

長々と書きましたが、買ってとても満足しちゃいました。

いちたろ さん

(2019/06/28)

3

満足度

5.0

color:規格なし

とにかく凄いです!

色々DAPを所有してるんですけど これは凄いと感じました。
アンバランスで聴いててもそこそこ音場も広いですし。
さらに4.4バランスに変えると WM1Zより広く感じました。
そして 解像度も高い 今まで所有してたDAPでも拾えなかった音が拾えてる! そして艶感もあり 操作性もサクサクでストレスフリーです。更にバッテリーもそこそこ持つ。 今後 交換用オーディオ用マザーボードも出る予定なのでこの先も楽しみですね。購入して正解でした。

コロ さん

(2019/06/21)

3

満足度

5.0

color:規格なし

現状満足度個人的No.1。可能性は無限大!!

利用履歴、SR15→AP80→N6iiの順です。普段利用してるイヤホンはHP-NHR31です。
本機の音の特徴は明らかに中低音域、低音域、重低音域の濃厚さです。利用してすぐに感じたのがまず音の迫力。
元々楽器隊(とくにドラムとギター)を意識して聞き、それに負けないボーカルの迫力があるかというのを重要視しているのですが、SR15はボーカルが強く楽器が負けており、AP80は楽器とボーカルの比率がフラットでそれぞれ少し不満を持ちながら使ってました。
しかしN6iiは明らかに楽器の響きが強く濃密に表現されそれに対してボーカルが負けず力強い、WM1Zの音表現にチューニングを低音域に振ったイメージでした。
音のイメージとしてはボーカルを全面に出しそのすぐ斜め後ろに高音域が2つあり低音域を出す楽器がかなり後ろから扇状に音を出してるイメージで音場は広く感じました。解像度も高く、割れて雑音のようになっていたところも1音1音しっかり鳴っています。
そして、最大の特徴はオーディオマザーボードが交換できること。マザーボードが変わればチューニングも変わるでしょうからそこも楽しみです。
現状このDAPより好みの音を出すものがないのでいい買い物だったと思います。
無理やり難点を言うなら、大きさに対してちょっと重いことでしょうか。
中音域以下の音が好きな人には絶対におすすめしたいDAPです。

ドバウィ さん

(2019/06/06)

7

満足度

5.0

color:規格なし