• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

3の商品が見つかりました。  1-3件を表示

TRUTHEAR

ZERO 初

総合満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.3

低音の質

4.3

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.2

音漏耐性

4.2

聴きごたえが程よくあるリスニングイヤホン

安定・無難な音質のイヤホンを求めている人向け
筐体のビルドクオリティーと音質のバランスが良い

◆音質
ほんの少し低域寄りに感じるが、マイルドで聴きやすく、サウンドバランスは整っている。音の芯は太く程よい聴きごたえがあり、刺さりなどはない。

音場の広さや定位の掴みやすさは普通

神崎 さん

(2023/12/21)

満足度

4.0

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

3.5

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

color:規格なし

コスパの良いイヤホン

どの帯域も非常にハイレベルで原音に忠実に鳴らしてくれるイヤホンです。
音場の表現もよくクリアな音質をしています。
この価格帯ではありえなかった音質で非常にコスパが良いです。

aota さん

(2023/12/20)

満足度

4.5

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

ゼロから始まるオーディオ

<音>
エントリーの枠で限界まで「音」に拘った”いい音”


<良い点>
●ZERO(初)という名前の通りメーカー処女作だが、音は海外レビュアーのCrinacle氏監修 初っ端から気合入りまくり
●非常にカッコいい見た目 フェイスプレートがマジョーラになっていて、見る角度によって青から紫に変化したりする マジョーラゆえに写真よりも実物の方が遥かにカッコよく見えるので、是非実物を見てほしい
●付属の簡易スタンドを組み合わせてアクセサリー箱をアートとして飾れるという遊び心がある ちなみにアートに書かれている女の子の名前は SHIROI (漢名は「白」)という看板娘らしく、メーカー公式HPにてプロフィールまで用意されている 気になる人は公式HPをチェックすべし
●付属品も豊富で交換用ノズルフィルターなども付属している ケースもシンプルながら人工皮革で見た目の高級感がある 中国メーカーには付属品やらパッケージングやらをやたら拘るところもあるなぁと感じる
●いい音のセオリーに従って作られたような超優等生サウンド 音の発色、輪郭やディテール、響きの柔らかさと解像感、分離、音の抜けの度合い全てが人の手でコントロールされているような、放置されている部分がないような隙の無さがある 空間表現力は置いておいて、「音」の質だけで言えば1.5~2万円のミドルクラスイヤホン並みにある エントリーイヤホンを悩んでいる人には、是非この音を聴いてみてほしい


<悪い点>
●低域の定位と広がり方を意図的に弄られているのを強く感じる 円筒のように縦に長く、密度の高い塊のような定位と展開 低音の柱が音場の中央を下から上へ突き上げてくる感じで、リアリティ無視のリスニング特化な鳴りだと思う 「他の音を極力邪魔せず、輪郭がはっきりして存在感のある強い鳴り」を実現するために改変している感じ きちんと低域の「音」が綺麗に、かつ力強く鳴っていて質自体はとても高いが、低域の分布に感じる違和感をどうしても拭いきれない それは楽曲次第なところもあり、演奏系のものを聴くと違和感強め、ポップス・エレクトロニカ系だと違和感少なめ 個人的にエレクトロニカ系の低域としてピッタリに感じる
●エントリーモデルにしては本体が少しデカい 樹脂製なので軽いが、耳にイヤホンを着けている感は出やすい 寝ホンもかなり厳しい 少しデカい方がイヤホンをしっかりホールドできて好きという人にはよさそうだが、耳が小さめの人は注意


<総評>
音の輪郭やディテールを鮮明に描きつつも滑らかで聴き心地の良さを求める、真面目にいい音のセオリーに従っているような感じを受ける この価格にしては「音」にほぼ隙がなく、エントリークラスの音質追求型としてはとてもよく出来ている 「音」だけなら2万円のミドルクラスイヤホンとも対等に渡り合えるほど が、「音」の追求のために空間を一部変に弄られているような違和感を感じられる機種でもあり、そこに違和感を覚えてしまうと良さが低減してしまう弱点がある 良くも悪くも低域に癖を感じる機種なので、自身がよく聴く音源を使って試聴をするのがベター だがエントリーモデルとしては、「空間」も一緒に拘るよりただ「音」に注力した方が魅力的な機種が生まれるのかもしれない、と本機の音を聴いて感じた 正直難しいことを意識しなければ「もうこれでいいじゃん」と思えるほどに音に強い説得力がある 言い換えれば、それだけの実力を持っている

本体の見た目からビルドクオリティ、付属品、音など総合的に見ても、7000円なら十二分に価格に見合う超優良機 処女作と思えない完成度は流石のCrinacle氏監修といったところか 今時の曲にも合いやすいので、オーディオライフのスタートを飾るイヤホンとして、自分はこれを推薦したい 新興メーカー製品だからと言って舐めているととんでもない目に合うぞ本当にマジで

音と関係ないところだが、取説、保証書入れ用のアクセサリー箱をアートとして飾れる遊び心も結構面白い こういうのもコンプリート要素として他のイヤホンを購入するきっかけの1つになるかもしれない

tsurikinoko さん

(2023/08/15)

1

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

3.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし