• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

2の商品が見つかりました。  1-2件を表示

e☆イヤホン・ラボ

Obsidian Screw4Mini(SONY MDR-MV1/M1ST対応)

総合満足度

3.0

MDR-MV1との相性は最悪です

MDR-MV1のための購入しました。
上流環境はFerrumのDAC/アンプや、Hiby R6 IIIのような比較的ニュートラルな音の傾向にあるものを使用しています。

【ケーブル】
長さ1.6mは絶妙な長さです。
ただしケーブルは非常に細く両側の端子の根本もそれほど保護されてないので耐久性に不安が残ります。


【音質】
音は解像感を高いと感じさせるために中高音寄りのチューニングをしているだけなので、ややシャリつくような粗が目立つ音になっています。このための音のバランスが悪く、音の厚みや空気感も損なわれ、MDR-MV1の強みである定位や空間表現も損なわれます。

音楽や動画を楽しむために致命的な粗がないかを確認するためにlove solfegeのBABELという曲を使うのですが、Obsidianで聴いた場合はちょっと吐き気がするような音、定位になりました。線材の品質やチューニングに問題がある銀メッキの銅線にありがちな音質です。

ちなみにSONY純正のMUC-S12SB1も持っていますが、こちらは音のバランスが良く、解像度も高く、音の厚みや空気感も表現できています。明らかにケーブルとしての基本性能が違います。このため音楽の色々なジャンルと相性が良いだけではなく映画などの動画でも活躍します。
またBrise AudioのMDR-MV1専用ケーブルの場合はさらに解像度や音場などが向上するため、より空間表現に優れた音を楽しむことができます。


【総評】
MDR-MV1は音の基本性能の高さ、音のバランス、定位や空間表現に優れたヘッドホンですが、Obsidianの中高音寄りにして解像度を強調するようなチューニングはその良さは台無しにしています。こういう音が好みなのであれば、そもそもMDR-MV1よりもずっと安くて良い選択肢があるでしょう。

SONY純正のMUC-S12SB1は販売を終了しているものの中古で15000-20000円程度で購入できるため、このObsidianに16000円出すのであればそちらを購入することを個人的には強くお勧めします。(私はMUC-S12SB1の中古をeイヤホンで14000円程度で購入しました)

お金をかけずにバランス接続をしたいのであればSONY純正の「MDR-1AM2付属バランス接続ヘッドホンケーブル」が2500円で購入できるためこちらがおすすめです。音質はそこそこですが、バランス接続の恩恵は受けられますし、音のバランスや定位などがObsidianのように大きく崩れることはありません。

やいち さん

(2023/09/03)

3

満足度

1.5

color:160cm 4.4mm5極

大正解でした

MDR-MV1からZX-707へのバランス接続を検討していたところ、
こちらのレビュー動画を参照して購入を決めました。

結果、大正解でした。
スマホからハイレゾ鑑賞に一歩足を踏み入れたばかりで、
リケーブル自体が初めての経験だったのですか…こんなに変わるのですね。
解像度がよりクリアになることで、音場も一層広がりが感じられるようになり、
このヘッドホンの特性がより際だったように感じられました。

ケーブルも細く柔らかくて取り回しがよく、ストレスなく使えています。

よい出会いをさせていただき、
おかげさまでオーディオ沼にハマることになりそうです。

くまねこ さん

(2023/08/13)

5

満足度

4.5

color:160cm 4.4mm5極