1. トップ
  2. 特集ページ

有線イヤホンを手軽にワイヤレス化!Bluetoothレシーバーおすすめ7選

bluetoothレシーバー特集 アイキャッチ

イヤホンジャックのないスマートフォンでどうやって音楽を聴けばいいかわからない!とお困りの方が多いはず。現在はワイヤレスイヤホンが主流ですが、手軽に高音質で聴く方法として「Bluetooth(ブルートゥース)レシーバー」という選択肢があります。

コチラの記事ではBluetoothレシーバーとはどのような製品なのか?どのBluetoothレシーバーを選べばいいのか?イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」が詳しく解説していきます。

Bluetoothレシーバーとは?

バッテリー切れ

はじめに、Bluetoothレシーバーとはどのような製品なのか?を解説します。

イヤホンジャックがないスマホでも聴ける

iPhoneにイヤホンを刺せない

Bluetoothレシーバーを使えば、スマートフォンとレシーバーをワイヤレスで接続でき、イヤホンジャックがついていなくても有線イヤホンで音楽や動画を聴けます。

いま使っている有線イヤホンで音楽を聴きたいけど、イヤホンジャック変換アダプターを使うと、ケーブルが邪魔でスマートフォンの操作がわずらわしい!と感じることがあると思います。

そんな時にBluetoothレシーバーを使えば、スマートフォンに直接イヤホンを刺すことなく、快適に音楽を楽しむことができます。

ワイヤレスで有線イヤホンを”高音質”で聴ける

スマホとBluetoothレシーバーを接続

Bluetoothレシーバーは内蔵しているDACチップやアンプが、スマートフォンより質の高いものが採用されていること多いです。グレードの高いBluetoothレシーバーであれば、ワイヤレスながらもスマートフォン以上に高音質で聴くことができます。

DACとは・・・「Digital to Analog Converter」の略称。デジタル信号(データ)をアナログ信号(音・音声)に変換する機能を備えています。

お気に入りの有線イヤホンを、より高音質で聴きたい方はBluetoothレシーバーを。さらに高音質で聴きたい方は音楽プレイヤーの導入もおすすめです。

専門店スタッフ厳選!おすすめ音楽プレイヤーランキング
e☆イヤホンにて各店のスタッフがひとつひとつの音楽プレイヤーを聴きこみ採点をおこない、ランキング形式で打ち出した大人気コンテンツです!音楽プレイヤーを選ぶ際のひとつの基準となると思いますので、是非こちらをご参考にしてください!

マイクを搭載していないイヤホンで通話ができる

Bluetoothレシーバー

Bluetoothレシーバーによってはマイクを搭載している製品もあり、リモコンマイクのついていない有線イヤホンでもハンズフリーで通話ができます

「お気に入りのイヤホンで通話ができたらなぁ」と考えていた方は、ぜひ導入してみてください。

Bluetoothレシーバーの選び方

ここからは、Bluetoothレシーバーはどこに注目して選ぶべきか?詳しく解説していきます。

対応コーデックをチェック

コーデックとは、音声を圧縮する方式の名称です。コーデックによって音質の劣化や音の遅延に違いがあります。

コーデック一覧はコチラ!

コーデックの名前特徴簡単な説明
SBC遅延を感じる
標準的な音質
A2DP対応のワイヤレス製品すべてが
必ずSBCに対応している
AACSBCより遅延が少ない
データの変化が少なく
SBCよりも高音質
iPhoneで主に対応しているコーデック
aptXSBC,AACより遅延が少ない
CD音源相当(48KHz/16bit)の
高音質再生が可能
Androidで主に対応しているコーデック
aptX
HD
ハイレゾ相当(48kHz/24bit)
の高音質再生が可能
SBC、AAC、aptXを上回る高音質コーデック
aptX
LL
(Low Latency)
aptXよりさらに遅延が少ない
40ミリ秒未満という低遅延を実現
(SBCの遅延は170〜270ミリ秒)。
音楽ゲームができるほどの低遅延コーデック
LDACハイレゾ相当(96kHz/24bit)
の高音質再生が可能
Android8.0以降で主に対応している
aptX HDを上回る高音質コーデック
コーデックはプレイヤー側とイヤホン側が両方対応している必要があります。

たとえばBluetoothレシーバーがSBCLDACに対応していても、プレイヤーがSBCにしか対応していなかった場合、再生はSBCコーデックで行われます。ちなみにiPhoneはSBC,AACのみに対応しており、aptXなどの高音質コーデックでは聴けません。iPhoneでBluetoothレシーバーを使って高音質で聴きたい場合は、AACに対応しているかチェックしましょう。

対応スマホやプレイヤーをお持ちで、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質で音楽を聴きたい方は、「aptX HD」または「LDAC」に対応しているBluetoothレシーバーを選ぶことをおすすめします。

Bluetoothバージョンをチェック

バージョン特徴
ver1.0普及バージョン
Ver1.22.4GHz帯域の無線LANへの干渉対策
Ver2.0Ver1.2の約3倍のデータ転送速度
(最大3Mbps)強化
ver2.1ペアリングの簡易化。
マウスやキーボードのバッテリー寿命を
最大5倍延長できる省電力モードが追加。
ver3.0従来の約8倍のデータ転送速度(最大24Mbps)を実現。
電力管理機能を強化し省電力化を向上。
ver4.0従来のバージョンより大幅な省電力化
家電製品などに搭載されたセンサーとのデータ通信向け
ver4.1端末との通信干渉を抑制、データ転送の効率化、
自動再接続機能、直接インターネット接続機能、
同時に2台接続できる機能などの追加
ver4.2端末との通信速度が最大2.5倍に高速化
消費電力の抑制
ver5.0Ver4.0よりデータ転送速度が最大2倍に高速化
ver5.1方向探知機能を追加

Bluetoothレシーバーは、バージョンが4.0以上であれば音途切れが発生しにくい傾向です。

バージョンが5.0以上だと、通信がより安定し消費電力も抑えられます。最新バージョンを搭載したBluetoothレシーバーを選ぶと、音途切れが少なく、バッテリーも長持ちするため快適に運用できます。

バッテリーの持続時間をチェック

 

バッテリー切れ

Bluetoothレシーバーを選ぶ際、バッテリーの持続時間もチェックしておきましょう。目安としては最大7時間以上再生できる製品であれば不便なく使えます。

最大再生時間が短いと、気がついたらバッテリーが切れており、スマートフォンにもイヤホンジャックがついていないため、音楽を聴けない状況になってしまうことも。

そのようなことにならないよう、できるだけ再生時間の長い製品を選ぶようにしましょう。

音質を取るか、サイズを取るか

Bluetoothレシーバー サイズの違い

Bluetoothレシーバーは手のひらサイズの製品から、ポケットにギリギリ入る大型サイズの製品など大きさはさまざま。

コンパクトなモデルだと出力が少なく、大口径ドライバーのイヤホンやヘッドホンなどは駆動しにくいですが、持ち運びやすく運用しやすい。大型モデルだと持ち運びにくいですが、出力が高くイヤホン・ヘッドホンも十分に鳴らし切れます。

お使いのイヤホン・ヘッドホンや、音の好みによってどの製品を選ぶべきか異なりますので、最適なBluetoothレシーバーを選びましょう。

中にはバランス接続に対応した製品も

バランス接続

さらに高音質化を目指したい方は、バランス接続に対応したモデルがおすすめです。

バランス接続はL側とR側に対して別々のアンプを使うことによって、さらに高出力かつ高音質にできます。

バランス接続端子とシングルエンド端子

左、2.5mm4極バランス端子 右、3.5mm3極アンバランス端子

バランス接続で駆動させるためには、イヤホンジャック部が「2.5mm4極」などの専用端子で接続しないといけないため、使えるイヤホンが限られたり、専用ケーブルに取り換える必要があります。

おすすめのBluetoothレシーバー5選

ここからは、数あるBluetoothレシーバーから特におすすめのモデルを、e☆イヤホン梅田EST店イヤホン担当の「ミツカン」に実際に聴いてレビューしてもらいます。

ミツカン

◆スタッフ名:ミツカン(@eear_mitsukan 

梅田EST店のミツカンです!好きな音楽ジャンルはロックで、L’Arc~en~Cielを崇拝しています。

愛機:MAVERICK Ⅲ DX160

FiiO「μBTR」

FiiO μBTR 商品画像

音 質
3.5
携帯性
4
バッテリー
4
拡張性
4
Bluetooth再生時間マイク質量
4.19時間13g
コーデック端子出力チップ
SBC/AAC/aptX3.5mm10mW(32Ω)
CSR8645
ミツカン

ミツカン

数あるBTレシーバーの中でも、比較的安価なこちらのレシーバー。「ワイヤレスだし、安価だし音の劣化がすごいんじゃない?」と思われがちですが、そこは全く問題なし!

 

所謂ドンシャリと呼ばれる傾向の音で少し荒っぽい音にはなりますが、癖のあるサウンドではなく音場もそこそこ広いので、どのジャンルも卒なくこなします。ロックなどバンド系をよく聴く僕は、iPhone直挿しよりもμBTRを通した音の方が好きでした。

 

再生時間も1時間の充電で9時間と長めで、AACやaptXといった主要コーデックにも対応しています。1台持っていれば大活躍してくれること間違いなしのエントリーモデルです。ワイヤレスに興味がある方はμBTRを選択肢に入れるのもアリだと思いますよ!

HiByMusic「W3」

HiByMusic W3 商品画像

音 質
4
携帯性
4
バッテリー
4
拡張性
4
Bluetooth再生時間マイク質量
5.0最大11時間×19.5g
コーデック端子出力チップ
SBC/AAC/aptX,
aptX LL/aptX HD/LDAC/UAT
3.5mm32mW(32Ω)AK4377
CSR8675
ミツカン

ミツカン

デザイン性と機能性を兼ね備えたBTレシーバーが登場!

 

音質は中高域が綺麗で、特にホーン隊や女性ボーカルなどと相性がいいように感じられました。音の出方が少しFiiO製品たちと似ているかなという印象です。こちらのW3にも専用アプリもあり、イコライザーで音質のカスタマイズも可能です。

 

カラーバリエーションも豊富な5色展開で、ファッショナブルに使うこともできるのは他のレシーバーには見られない1つの大きな魅力なのではないでしょうか。

 

リーズナブルにファッショナブルに良い音で音楽を聴きたいのであれば、もはやこれ一択かも…!

FiiO「BTR3K」

FiiO BTR3K 商品画像

音 質
4.5
携帯性
4
バッテリー
5
拡張性
4.5
Bluetooth再生時間マイク質量
5.0最大11時間23.5g
コーデック端子出力チップ
SBC/AAC/aptX/
aptX LL/aptX HD/LDAC
3.5mm
2.5mm4極
78mW
(32Ω バランス出力時)
25mW
(32Ω シングルエンド出力)
AK4377A×2
CSR8675
ミツカン

ミツカン

BTR1Kの後継機、BTR3Kが登場!前モデルから大きくパワーアップした本機。なんと2.5㎜バランス出力が可能となりました!

 

音質も解像度が高く、特に中高域の伸びが各段に良くなってます。FiiO特有の柔らかさも感じるサウンドで、聴き疲れのしにくいサウンドだと感じました。

 

同じくFiiOから出ているBTR5との比較もされそうな本機。全体的なサウンドの解像度や音場の広さはBTR5に軍配が上がりますが、本体のコンパクトさやコストパフォーマンスはこちらが優れているように感じました。

 

専用アプリで細かなカスタマイズにも対応しているので、何から何まで充実していますね。エントリーモデルとしても、ステップアップとしてもオススメできるレシーバーです!

FiiO「BTR5」

FiiO BTR5 商品画像

音 質
4.5
携帯性
4
バッテリー
5
拡張性
4
Bluetooth再生時間マイク質量
5.09時間43.7g
コーデック端子出力チップ
SBC/AAC/aptX/
aptX LL/aptX HD/LDAC
3.5mm
2.5mm4極
240mW
(32Ω バランス出力時)
80mW
(32Ω シングルエンド出力)
ES9218P x2
CSR8675
ミツカン

ミツカン

遂に来た!BTR3の後継機!前モデルと比べるとかなりパワーアップしているBTR5。なんと2.5mmのバランス接続が可能となりました。

 

音質は前作のBTR3の音の柔らかさと滑らかさはそのままに、BTR5はそこから解像度をさらに上げた印象です。比較対象としてスペックが似ているES100が挙げられそうな本機ですが、音の傾向や出力の高さがそれぞれ異なります。

 

そして、本体に採用されている有機ELディスプレイで、現在の本体の状態を視認できるので操作性もアップしました。

 

専用アプリで細かい設定なども自分好みにカスタマイズでき、主要コーデックも網羅。あらゆる面において死角が見当たらない本機。Bluetoothでステップアップを考えている方、要チェックですよ!

RADSONE「Earstudio(ES100)」

RADSONE Earstudio ES100 商品画像

音 質
4
携帯性
4
バッテリー
5
拡張性
5
Bluetooth再生時間プロファイル質量
4.214時間A2DP, AVRCP, HSP,HFP24g
コーデック端子出力チップ
SBC/AAC/aptX/aptX HD3.5mm
2.5mm4極
3.2Vpp(バランス出力時)
6.4Vpp(シングルエンド出力)
AK4375a×2
CSR8675
ミツカン

ミツカン

ワイヤレスレシーバーもここまで来たかと驚かされるこちらの製品。なんと驚きの2.5mmバランス接続ができます。

 

サウンドも本当にワイヤレス?と疑いたくなるほどの音の良さで、重心は少し低めですが、かなりクリアでメリハリのあるサウンドを鳴らしてくれます。レシーバーとプレイヤーのボリュームがそれぞれ独立しているので、音量もしっかり確保できます。


また専用アプリをダウンロードすればイコライザ等の更に細かい設定をすることも可能です。
バッテリーは14時間と長く、コーデックも主要なものが幅広くカバーされています。

 

本体も非常に小さく軽いので、付属のクリップを使って服などに止めていても全く気になりません。唯一の心配は紛失かも??利便性と音質を兼ね備えたこちらのレシーバー、是非1度ご試聴ください!

audio-technica「AT-PHA55BT」

audio-technica AT-PHA55BT

音 質
4.5
携帯性
4
バッテリー
4
拡張性
3.5
Bluetooth再生時間マイク質量
4.28時間28g
コーデック端子出力チップ
SBC/AAC/aptX/LDAC/LDAC3.5mm25mW(32Ω)ES9118
ミツカン

ミツカン

あの大手メーカー、オーディオテクニカよりワイヤレスレシーバーが登場。

 

AT-PHA55BTは、なんと出力抵抗値モード切り替えスイッチがついており、ドライバー特性に合わせた出力レベルを選択できます!それぞれ試してみましたが、確かに音の出方が全く変わる…!サウンドは音場が広くなり、さらに下からグッと持ち上げたようなパワフルかつ、綺麗な音を鳴らしてくれます。純粋に音が良くなったなと感じられる優れものですね。

 

ボリュームもレシーバー側で32段階の調整が出来るので、細かく設定できるというのはプラスポイントではないでしょうか。

 

他に特別な機能はいらない、ただただ音質を向上させたいと思っている方には、是非ともお勧めしたい製品になっていますね。

iFi-Audio「xDSD」

iFi-Audio xDSD 商品画像

音 質
5
携帯性
3.5
バッテリー
4.5
拡張性
4
Bluetooth再生時間マイク質量
非公開8時間×127g
コーデック端子出力チップ
SBC/AAC/aptXIP6726gDSD1793
ミツカン

ミツカン

これまで紹介してきたレシーバーの中でも、あらゆる面において一線を画すxDSD。

 

まず音質ですが、非常に高い解像度をもっています。またどこかの帯域を部分的に強調するのではなく、あくまでモニターライクに鳴らしてくれるので聴きやすさもありますね。パワーも申し分ないので抵抗値の高いヘッドホンも余裕で音量が確保できます。(ボリュームの操作ミスでイヤホンを壊さないように注意!)

 

また一見するとちょっと重そうに見えますが、重量が127gと非常に軽いので持ち歩いても煩わしさを感じることはなさそうです。

 

屋内では有線接続で、屋外ではワイヤレスに。音質に一切の妥協をしたくないオーディオファンへ是非オススメしたい1台です。

まとめ

今回ご紹介しましたBluetoothレシーバーをまとめるとコチラ!

FiiO「μBTR」➡お手頃価格のレシーバー

HiByMusic「W3」➡カラバリ豊富な万能機

FiiO「BTR3K」➡バランス接続対応レシーバー

FiiO「BTR5」➡BTR3Kよりさらに高出力・高音質

RADSONE「Earstudio(ES100)」➡ハイレゾ級にアップコンバート&バランス接続対応

audio-technica「AT-PHA55BT」➡イヤホンに合わせて出力の切り替えができる

iFi-Audio「xDSD」➡音質・出力共にトップ、サイズも大きい。

その他のBluetoothレシーバーはこちら

以上!おすすめのBluetoothレシーバーのご紹介でした。

「どれを選んだら良いのかわからない」「持っている機器と接続できるか不安」という方は、イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンにお気軽にお問い合わせくださいませ。

店内画像

東京・名古屋・大阪にあるe☆イヤホンの実店舗では、Bluetoothレシーバーを含め、さまざまなポータブルオーディオ製品を自由に試聴ができます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

見出しに戻る