1. トップ
  2. 特集ページ

【イイ音持って出かけよう!】おすすめのポータブルアンプ(ポタアン)を専門店が厳選!

ポタアンを購入しようと思っているけど、どのポタアンを選べばいいのかわからない!

そんなあなたの悩にお応えし、こちらの記事では初心者からオーディオファンまで幅広くおすすめのポタアンをご紹介します。

ポタアンデビューを飾る最初の一機目にぜひ参考にしてみてください!

この記事を書いた人
かじかじ

e☆イヤホンマーケティング担当。元梅田EST店店長。オーディオ歴12年、オーディオ販売歴9年という生粋のイヤホンマニア。ポータブルオーディオに使った額は総額100万近く。

かじかじをフォローする

ポータブルアンプ(ポタアン)とは

ポタアンとは『ポータブルヘッドホンアンプ(PortableHeadPhoneAmp)』 を略したもので、ポータブルと名のとおり持ち運びができるようコンパクトな設計。

バッテリーは充電式がほとんどですが、スマートフォンの普及にともないスマートフォン内部のバッテリーから給電することで充電が不必要。

プレイヤーから直接デジタル信号を入力しポタアン内部でアナログ信号へ変換し、高音質を楽しめるタイプの製品も少しずつ増加しています。

また、ポタアンを接続することでプレイヤー単体では本来再生ができない高品質な音声ファイルを再生でき、手持ちのスマートフォンやプレイヤーを手軽にグレードアップできます。

 

ポータブルアンプ(ポタアン)の機能

一口に『ポタアン』といっても大きさも機能もさまざまです。ここではその機能の一例をご紹介します。

【リモコン】
スマートフォン向けのリモコン機能搭載のポタアンならスマートフォン本体に触れずに再生停止/曲送り・曲戻し/ボリュームの操作ができます。

【ハイレゾ対応】
スマートフォン単体では再生できない音源でもポタアンをつなげ専用のアプリを用いることで再生できるようになります。

【バスパワー駆動】
スマートフォンのmicroUSB端子やLightningコネクタからの給電で充電を必要としないタイプです。

また、ポタアンの内部でデジタル信号をアナログ信号へ変換し、より高音質な音声を楽しめます。

 

ポータブルアンプ(ポタアン)の選び方

小さいものではコイン大から、大きいものでは手の平以上のサイズがあります。

アンプは電力(ひいては電池)が重要となるので、大きい筐体のほうが、電池を多く積むことができる分、音質面で有利です。

最終的に出てくる”音”は、もちろんアンプだけで決まるものではなく、イヤホン・ヘッドホン(アクセサリも含め)との、総合的な組み合わせで決まります。

低音重視のイヤホンに、低音重視のアンプをつなげ、低音バリバリの音に仕上げることもできます。逆に、高音重視のアンプならば、低音一辺倒から、バランスのとれた音へと変化するでしょう。

もしかしたら、組み合わせによっては、望んだ音を得られないかもしれません。しかし、そのような試行錯誤を繰り返して、自分好みの自分だけの音を探すことが、ポタアンの醍醐味といってよいでしょう。

 

おすすめのポータブルアンプ(ポタアン)

FiiO Q3

FiiO Q3 商品画像

音 質
4
携帯性
4
バッテリー
3.5
拡張性
3
梅田EST店
エリーナ
Twitter

前モデルのQ1MarkIIとほぼ変わらない重ねやすい薄いボディー、さらさらしっとりになった触り心地、ゆっくり回っていく大きなダイアル、TypeCとLightningの専用接続ケーブル、”ポータブル”としての実用性を突き詰めたQ3が登場しました。

 

大きく丈夫なボリュームダイアルのおかげで、じわじわと音量を上げていけるのが個人的にとてもうれしい改善点。自分にとってちょうどよい音量にしっかり合わせることができます。

 

一聴して驚いたのはその低音力。試聴には高音域の再生が得意な機種を用いましたが、「あなたこんなに貫禄あったのね」と驚くほどの音を見事奏でてくれました。

 

ズシンと落ちるのではなく、ドゥワッッと広がる広がる独特な力強いベース音とどこかあっさりとした余韻は癖になります。ボーカルもオーケストラも太く芯をもって鳴り、余計な響きをつけずに鳴り終わります。中・低音の邪魔することなく、”土台”となるよう調和されていました

 

BASS BoostをONにすると若干ボーカル帯域が締まったようになり、よりストレートに低音が響き渡るように変化しました。

 

解像度がえらい高いイヤホン・ヘッドホンで試聴するとその独特さがハッキリとわかると思います。

Q3 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

iBasso Audio DC03

iBasso Audio DC03 商品画像

音 質
4
携帯性
4.5
バッテリー
3.5
拡張性
3.5
秋葉原店
かっしー
Twitter

スマートフォンを手軽に高音質化するために、これ以上のアイテムはないといっても過言ではありません。

iBasso Audio DC03は高品質なシーラス・ロジック社製DACチップを搭載したUSB Type-C to 3.5mmイヤホンジャック変換アダプタです。いわゆる、イヤホンジャック非搭載のスマートフォンで有線イヤホンを使うときに必要なアレです。

 

最新のスマートフォンはイヤホンジャック非搭載のものが増えてきました。これらのスマートフォンで有線イヤホンを使うときは変換アダプタが必要です。DC03を変換アダプタとして使用することで、高解像度で迫力のある音が楽しめます。また、出力の高さは特筆すべきものがあり、大抵のイヤホンを駆動できるパワーは魅力的です

 

実際に聴いてみると、イヤホンのポテンシャルをフルに引き出してるなと思いました。鳴らしづらいイヤホンでも音圧を感じられて、聴いていてゾクゾクしました。DAPではなくスマートフォンでこれを体感できるのは時代も進化したなと感心します。

 

差し込むだけでスマートフォンを本格的なDAPのように変えてくれるDC03は、あなたのリスニング環境のレベルをさらに引き上げてくれることでしょう。

DC03 商品ページはこちら

ユーザーレビューはこちら

中古で探してみる

iBasso Audio DC04

iBasso Audio DC04 商品画像

音 質
4
携帯性
4.5
バッテリー
3.5
拡張性
3.5
名古屋大須店
マロン
Twitter

iBasso AudioのDACアダプタに4.4mmバランスジャックタイプが登場です。

 

端子はUSB Type-Cになりますが、カメラコネクションキットを使用し、試しに自分のiPhone XSで聴き比べをしてみました。端末にもともと付属していた変換アダプタのみでつないだ状態と、DC04をつないだ状態での比較になります。

 

まず一聴して感じたことは、音全体がバランス重視にシフトし、音に滑らかさが出ました。
解像度も向上し、より明瞭にクリアに音を拾うことができます。音圧に押され、やや潰れ気味だった下の帯域の細かい輪郭もしっかりと聴き取ることができました。音が横にすーっと広がり空間的ゆとりも持つように変化した印象です。

 

4.4mmバランスジャック搭載なので、バランス端子イヤホンの入門のお供におすすめしたいです。

DC04 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

ikko Music Patch ITM05 DOCK SET

ikko Music Patch ITM05 DOCK SET 商品写真

音 質
4
携帯性
4.5
バッテリー
5
拡張性
5
名古屋大須店
もりぞー
Twitter

ikko の新DACアンプは、一見変わった形をしていますが、端末の下部にケーブルが伸びるタイプの既存商品とは異なり、接続時には端末の背面に位置するような構造になっています。

 

アンプ本体には初めから固定用テープが付いているので、端末に固定も可能です。表面はウレタン製でやわらかく、本体の部分が若干の厚みになるので接続時にはとても手馴染みが良く、持ちやすいです。

 

3.5mm端子、2.5mmバランス端子だけでなく充電端子も搭載されているので、充電時にわざわざアンプ部分を外す必要もありません。

 

音質的には、本来の音を損なわずに解像度がグッと向上し、メリハリの効いた音に変化します。推奨インピーダンスは600Ω、もちろんハイレゾ音源にも対応しているのでどのイヤホン、ヘッドホンでもお使いいただけるかと思います。

 

付属のITM05 用ドックユニットを使えば、タブレットやパソコンとも接続可能でドックユニットにはマイク機能まで搭載されているので、外では携帯で、家ではドックで、のように使い分けも可能です。

 

2粒どころか3粒も4粒もおいしいと思える、利便性に長けた機種です!

Music Patch ITM05 DOCK SET 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

ikko Zerda ITM03

ikko Zerda ITM03 商品写真

音 質
4
携帯性
5
バッテリー
5
拡張性
4
名古屋大須店
おーちゃん
Twitter

CS43198というAstell&KernのSR15やSR25にも搭載されているボーカル表現に素晴らしいDACが使われていて、バッテリーの寿命を最小限に抑えることで商品の寿命を最大限まで伸ばしてくれます。

 

音質は全体的に暖かく中低域の音がかなり強力で、ボーカル表現に優れているDACを使用していることもありボーカル全体が細部まで聞こえます。男性ボーカルは繊細ながらも力強さのある音で、女性ボーカルは弱い声や音の輪郭、その周辺を鮮明にやわらかい音で表現しています。

 

低音はソフトでしっかり聴こえボーカルとの相性が抜群ですがはっきりした低音を聴きたい方にはおすすめしにくいです。各楽器が聴き分けやすく自然で、ピアノなど伸びの表現のキレイな楽器と相性がよいとおもいます

 

解像度は楽器とボーカルをかなり正確に聞き分けるのに適した広い音場で音の太さや細さ密度感も絶妙で、かなり高いと思いました。

 

素晴らしいコスパで、中低音の明瞭さ、低音のコントロール、丸みのある高音域でボーカル好きにはたまらなく、スマホやタブレットで普段聴く音楽を大幅にパワーアップしてくれます。

Zerda ITM03 商品ページはこちら

ユーザーレビューはこちら

中古で探してみる

iFi-Audio hip-dac

iFi-Audio hip-dac 商品画像

音 質
5
携帯性
5
バッテリー
5
拡張性
5
秋葉原店
ベスト
Twitter

クセがなく、ありのままを演出・表現するポタアンです。非力なスマートフォンやパソコンでは、薄くなりやすい低音域から中音域の間を完璧に補ってくれて、ストレートに音の迫力を感じられるようになるのでリスニングに没頭できます。

 

「XBassⓇ」を利用することで低音域の量感を増幅させ、音抜けのよい開放型や低域の量感の少ないイヤホンやヘッドホンでもバランスが崩れることなく補ってくれます。

 

さらに、4.4mmm5極のバランス出力が備え付けられており、シングルエンドに比べさらにパワーが向上し、より低音域と中音域の迫力が強くなります。どちらがいいわけではなく、音色は変わらないので普段から3.5mmをご使用されている方はそのままでも音質の向上は感じると思います。

 

また、初めてバランス接続をお試しいただくための商品としても優秀だと思います。まさに1度で2度おいしいポタアンです。

 

他の機器への接続もしやすく、iPhoneと接続する際は、Lightning – USBのカメラアダプタのみで接続できます。接続時のケーブル全長が長くなりにくいので取り回しが良好です。

hip-dac 商品ページはこちら

ユーザーレビューはこちら

中古で探してみる

Lotoo PAW S1

Lotoo PAW S1 商品画像

音 質
4
携帯性
4.5
バッテリー
3.5
拡張性
3.5
名古屋大須店
みやぞん
Twitter

本体へイヤホン直刺したときと比べ、出力に余裕ができるため高音のささりが抑制され、全体的に音がマイルドになったように感じました。

 

イヤホンだけだはなくヘッドホンでも試しましたが、ゲイン機能も搭載しているのでしっかり余裕をもって鳴らしてくれます。

 

特に気に入った点はプリセットイコライザ機能です。細かい設定はできませんが、さまざまなジャンルに合わせて数多く準備されています。特に私が気に入った設定はjazzですね。楽曲のバスドラムのキック音がより芯のある音になるのが気に入りました。

 

スマートフォンだけではなくパソコンでの使用もできるので、ご自宅でも外出先でも場所を選ばず使えるのもグッドポイントです!

PAW S1 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

さいごに

以上、e☆イヤホンがおすすめするポータブルアンプをご紹介しました。

ご紹介した商品は、e☆イヤホン各店で試聴いただけます!!

※一部製品サンプルのご用意がない店舗もございます。

ぜひ、圧倒的高音質を店舗にてご体感ください。

見出しに戻る