1. トップ
  2. 特集ページ

【2024年4月最新】おすすめのポータブルアンプ(ポタアン)特集 イイ音持って出かけよう 専門店スタッフが厳選

おすすめのポータブルアンプ(ポタアン)特集

ポタアンを購入しようと思っているけど「どのポタアンを選べばいいのかわからない……」そんなあなたの悩にお応えし、こちらの記事では初心者からオーディオファンまで幅広くおすすめのポタアンをご紹介します。

ポタアンデビューを飾る最初の一機目にぜひ参考にしてみてください!!

【イヤホン・ヘッドホン専門店】e☆イヤホン

e☆イヤホンは、日本初&日本最大級のイヤホン・ヘッドホン専門店です。全国に4店舗(秋葉原店、大阪日本橋本店、名古屋大須店、仙台駅前店)とWeb通販を展開しています。ポータブルオーディオ取り扱いアイテム数は25,000を超えます。お気に入りの1台がきっと見つかるはず!

イヤホン 高額買取

ポータブルアンプ(ポタアン)とは

ポータブルヘッドホンアンプとは、名前のとおり持ち運びができるコンパクトなヘッドホンアンプのことで、通称「ポタアン」とも呼ばれます。
スマホ・オーディオプレーヤー・PCなどに接続すると、より高音質な音楽を楽しめます。ヘッドホンアンプの役割は、音楽データの音声信号を増幅させる事。
スマホなど音楽を再生する機器と、イヤホン・ヘッドホンの間に接続して使用します。ポタアンを使用すると音の増幅だけでなく、迫力のある高音質なサウンドも味わえます。

ポータブルアンプ(ポタアン)の機能

一口に「ポタアン」といっても大きさも機能もさまざまです。ここではその機能の一例をご紹介します。

【リモコン】
スマートフォン向けのリモコン機能搭載のポタアンならスマートフォン本体に触れずに再生停止/曲送り・曲戻し/ボリュームの操作ができます。

【ハイレゾ対応】
スマートフォン単体では再生できない音源でもポタアンをつなげ専用のアプリを用いることで再生できるようになります。

【バスパワー駆動】
スマートフォンのUSB-C端子やLightningコネクタからの給電で充電を必要としないタイプです。

また、ポタアンの内部でデジタル信号をアナログ信号へ変換し、より高音質な音声を楽しめます。

ポータブルアンプ(ポタアン)の選び方

小さいものではコイン大から、大きいものでは手の平以上のサイズがあります。

アンプは電力(ひいては電池)が重要となるので、大きい筐体のほうが、電池を多く積むことができる分、音質面で有利です。最終的に出てくる”音”は、もちろんアンプだけで決まるものではなく、イヤホン・ヘッドホン(アクセサリも含め)との、総合的な組み合わせで決まります。

低音重視のイヤホンに、低音重視のアンプをつなげ、低音バリバリの音に仕上げることもできます。逆に、高音重視のアンプならば、低音一辺倒から、バランスのとれた音へと変化するでしょう。もしかしたら、組み合わせによっては、望んだ音を得られないかもしれません。しかし、そのような試行錯誤を繰り返して、自分好みの自分だけの音を探すことが、ポタアンの醍醐味といってよいでしょう。

イヤホン 高額買取

おすすめのポータブルヘッドホンアンプ

FIIO (フィーオ)「BTR15」

出力端子入力端子出力レベル
3.5mmシングルエンド
4.4mmバランス
USB Type-Cバランス
340mW+340mW(32Ω負荷時)
50mW+50mW(300Ω負荷時)

シングルエンド
125mW+125mW(32Ω負荷時)
15mW+15mW(300Ω負荷時)
フォーマットDAC電源/バッテリー
PCM:384kHz/32bit、DSD256(Native)ES9219MQ x2最大約8時間

4.4mmバランス接続対応したBlutoothレシーバー。音は輪郭のハッキリとした硬質な印象で、分離感に優れています。有線イヤホンをコンパクトな環境で外に持ち出したい人にオススメ!

BTR15 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

FIIO (フィーオ)「BTR7」

出力端子入力出力レベル
3.5mmシングルエンド
4.4mmバランス
Bluetooth 5.1
Type-C
(USB DAC機能)
3.5mmシングルエンド: 160mW
4.4mmバランス: 320mW
フォーマットDAC電源/バッテリー
PCM384kHz/32bit
DSD256(Native),
DSD128(DoP)DSDの再生可能
MQAレンダラー機能搭載
ES9219C x23.5mmシングルエンド:約9時間
4.4mmバランス:約8時間

「FIIO BTR7」は同社のフラグシップポータブルプレイヤー「M17」を彷彿とさせる本体デザインが特長のBluetoothレシーバーです。Bluetoothレシーバーの中では本体が大きめではありますが、手に持ってみると、細身で軽いためポケットにいれても邪魔にならないと感じました。

肝心の音質に関しては、1つ1つの音をしっかり聞き取れる解像度の高さが好印象でした。全体的に明瞭感が増し、各パートがどの位置に配置されているかまでハッキリと分かるような見通しの良さが特徴的でした。

機能面においてはボリュームが再生機器側と連動しておらず、細かな調整が利く点が好印象でした。また、Qi規格の無線充電対応が個人的にはとても嬉しいく感じます。使用しないタイミングで、ケーブルの抜き差しをせずに置くだけで充電できるのはとても便利なものです。

Bluetoothレシーバー派やスティック型DACアンプ派の方はもちろんのこと、最近完全ワイヤレスイヤホンをメインに使っているという方にも是非試聴していただきたいオススメの商品です!

(スタッフレビューより引用)

2023年4月に数量限定カラーである「White」が登場しました。白く電着塗装されたアルミニウム合金製シャーシに、コーティング処理を施した筐体は、心地よい手触りと高い耐久性を備えています。また、側面の物理ボタンのカラーリングには、アクセントとして鮮やかなブルーを採用しています。
BTR7 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

FIIO (フィーオ)「Q15」

出力端子入力端子最大出力
3.5mmシングルエンドヘッドホン端子
4.4mmバランスヘッドホン端子
USB Type-C
RCA同軸デジタル入力端子
バランス:1,610mW (32Ω,THD+N<1%)
アンバランス:625mW (32Ω,THD+N<1%)
フォーマットDAC電源/バッテリー
USB入力時:
768kHz/32bit、DSD512(PEQ使用時 PCM192kHz/24bit)
RCA同軸入力時:
192kHz/24bit、DSD64
AK4191EQ+AK4499EX
約9時間(UACモード/バランス再生時)

AKMフラッグシップチップ「AKM4191+AK4499EX」を採用。「デスクトップモード」で最大1600mWの出力!「フォーンモード」に切り替えるとQ15の内蔵バッテリーで駆動させることも可能です!

Q15 商品ページはこちらお得に買えるかも!中古を探す

FIIO (フィーオ)「Q11」

出力端子入力出力レベル
3.5mmシングルエンド
/同軸デジタル出力兼用端子
4.4mmバランス
USB2.0 Type-C端子165mW
(シングルエンド/32Ω負荷時/THD+N<1%)

650mW
(バランス/32Ω負荷時/THD+N<1%)

75mW
(バランス/300Ω負荷時/THD+N<1%)
フォーマットDAC電源/バッテリー
最高 PCM384kHz
/32bit、DSD256
CS43198シングルエンド:約13.5時間
バランス:約13時間

「Q11」の注目ポイントは最大650mWの高出力。大きさは前モデルのQ1とそこまで変わらず、高出力でありながら持ちやすいサイズに収まっています。

音を聴いてみると、最初に低音のインパクトが前に出てきます。出力が高く、音が目の前に迫ってくるようで、ドライバー数の多いイヤホンでも駆動力が足りないと感じることはありませんでした。包み込むような低音と、耳に残るように立つ音の輪郭がとても心地よく、バンドサウンドや、電子音楽といった中高音が際立つイメージで相性がいいように感じました。

サイズもコンパクトかつ高出力、高音質でコストパフォーマンスに優れたDACアンプ。初めてのポータブルDACアンプをお探しの方などにおすすめです。

(スタッフレビューより引用)

Q11 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

FIIO (フィーオ)「KA13」

出力端子入力端子出力レベル
3.5mm シングルエンド
(S/PDIFデジタル出力と排他)
4.4mm バランス
USB Type Cアンバランス出力
170mW@32Ω
バランス出力
550mW@32Ω
フォーマットDAC電源/バッテリー
最高PCM384kHz/32bit、DSD256(DoP)CS43131 × 2USBバスパワー駆動

パッと見たときに思わず「かっこいい……」と口から零れそうな男心をくすぐるデザインです。中にある基盤がチラッと見えて底に光が漏れ出てる感じもカッコイイですね。

音質に関してはかなりスッキリとした印象です。全体的にキレのある音に変化するので、電子音楽などに向いているようなイメージです。バンドサウンドの楽曲を聴くと、ボーカルを軸に音と音の間が空くような感覚で、音場に余裕が生まれ、楽器の音をより聴きやすくなったように感じました。

また、側面のスイッチでデスクトップモードをONにすると、音に厚みが増して、1音1音がより立体的な音へと変化します。低域の押しが少しアップしたようにも感じられるので、楽曲だけでなく、映画やゲームなど迫力が欲しいときにも嬉しい仕様かもしれません!

膜が一つ払われたようなクリア感と迫力、どちらも楽しめるスティック型DACアンプです。ぜひお試しください!

(スタッフレビューより引用)

KA13 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

FIIO (フィーオ)「KA5」

出力端子入力端子出力レベル
3.5mm シングルエンドヘッドホン
/ 同軸デジタル出力兼用端子
4.4mm バランスヘッドホン
USB Type Cアンバランス出力
136mW@16Ω
122mW@32Ω
13.5mW@300Ω
バランス出力
154mW@16Ω
265mW@32Ω
54mW@300Ω
フォーマットDAC電源/バッテリー
デジタル入力:
PCM 768kHz/32bit,
DSD256
デジタル出力:
PCM 192kHz/32bit
CS43198 × 2USBバスパワー駆動

KAシリーズの中では初めてゲインやフィルター、音量などがひと目でわかるOLEDディスプレイを搭載。サイズはコンパクトで、3.5mmと4.4mm端子を備えたスティックDACとしては最小クラスです。

最大265mw(バランス出力、32Ω負荷時)という出力を誇り、鳴らしにくいとされるヘッドホンやイヤホンでもしっかりと駆動しやすいと思いました。

音質としては非常にクリアでナチュラルです。音場は縦にも横にも広く見渡せるほど透き通っています。また、音がシャープな粒立ちをしているのでクールに聴こえます。どんな音源でも綺麗に、かつ素直に表現してくれる優等生タイプのスティックDACだと感じました。

また、バランス接続で聴いてみると、より分離感や定位がハッキリとして非常に聴きやすくなりました。

満を持して登場した、綺麗な表現で使いやすい万能DACです。是非ご試聴ください。

(スタッフレビューより引用)

※2023/7/7にWhite&Blackのカラーバリエーションが登場しました!

KA5 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

iBasso Audio (アイバッソ オーディオ)「DC-Elite」

出力端子入力端子出力レベル
3.5mmシングルエンド
4.4mmバランス
USB Type Cアンバランス出力
162mW@32Ω
バランス出力
280mW@32Ω
70mW@300Ω
フォーマットDAC電源/バッテリー
PCM:最大 768kHz / 32bit
DSD:Native DSD512
ROHM BD34301EKV
USBバスパワー駆動

iBasso Audio「DC-Elite」は、手のひらサイズでミドルハイクラスのDAPのような音を楽しめるスティック型DACです。

金属特有の手触りで高級感があり、所有欲を満たしてくれそうです。アナログボリュームはしっかりとクリック感があり、ポケットの中での誤動作の心配もありません。

音は力強さをはっきりと感じられるサウンドです。低音域から高音域まで全ての音をとらえることができ、分析的な聴き方ができつつも、1つの音楽としての自然さを持ち合わせています。音場は広めで、ボーカルはやや引いた印象を受けました。

スマートフォンやDAPでサブスク音楽配信サービスを使用している方に強くオススメできる商品です。外出時に小型DAPを使用している方も1ランク上の音楽体験ができること間違いなしです!

スマートフォンとケーブルで接続するだけでこの音が楽しめることに驚きました。是非ご試聴ください!
(スタッフレビューより引用)

DC-Elite 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

 

Astell&Kern (アステルアンドケルン)「AK HC4」

出力端子入力端子出力レベル
3.5mmアンバランス出力 (3極)
4.4mmバランス出力(5極GND結線)
USB Type-C
(UAC 2.0 / UAC 1.0 切替可能)
2Vrms(アンバランス) /
3Vrms(バランス)
フォーマットDAC電源/バッテリー
PCM 最大 : 384KHz/32bit
DSD 最大 : DSD256
(11.2MHz/1bit) ステレオ
AKM AK4493SUSBバスパワー駆動

UAC2.0/UAC1.0切替機能を搭載で、ゲーム機などにも接続可能!音は全体的に硬質な印象を受けるものの、パワフルで繊細さも感じられるサウンド。どの楽曲ジャンルにも合う高音質なUSB-DACです!

AK HC4 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

iBasso Audio (アイバッソ オーディオ)「DC04PRO」

出力端子入力端子出力レベル
・3.5mmシングルエンド
・4.4mmバランス
USB Type-C3.0Vrms(32Ω負荷)
4.0Vrms (300Ω負荷)
フォーマットDAC電源/バッテリー
DSD:Native DSD 256(DSD11.2MHz)
PCM:最大384kHz / 32bit
CS43131 × 2USBバスパワー
駆動

4.4mmバランス出力対応ポータブルUSB-DAC/AMPです。Ricore製アンプチップ「RT6863」をデュアル構成で採用し、4Wayフルバランスアンプ回路を構築することで極限まで歪みを抑制しています。

入念に設計されたアナログ回路と組み合わせることで解像度に優れたクリアで暖かみのあるサウンド体験で、スマートフォンでの音楽体験をより昇華できます。Gain設定は「Low」「Medium」「High」の3段階を専用アプリケーション「iBasso UAC」内の設定から自由に選択することができ、幅広い製品との接続で最適なボリュームコントロールをサポートします。

コンパクトな設計の中でiBassoの高水準な電源技術を踏襲し、オーディオプレーヤーに引けを取らないダイナミックでパワフルなサウンドを実現しました。

DC04PRO 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

iFi-Audio (アイファイ・オーディオ)「GO link」

出力端子入力端子出力レベル
3.5mm ステレオ端子USB Type-C ≧1.5V/70mW@32Ω
≧2V/14mW@300Ω
フォーマットDAC電源/バッテリー
DSD256
PCM32/384
MQA レンダラー
Bit-Perfect DSD
& DXD DAC by ESS
USBバスパワー
駆動

ファットな中低域が最高に心地良いUSB DAC。iFi-AudioのGOシリーズに、高音質スティック型USB-DACアンプ「GO link」が加わりました。

まず、GOシリーズはスマートフォンと組み合わせで使うことを考慮して作られており、GO linkも同様にスマートフォンとの相性が良い製品です。Ligitning変換も付属しているので、様々な方に買ってすぐに使っていただけます。

まず聴いてみて驚いたのが、音ごとの粒立ちの良さ。大げさにキラキラさせるわけではなく、全体をダイナミックかつファットに奏でています。個人的に好みだったのが、低域、特にベースラインの鳴らし方、動きの立体感と、キックのアタックの抜けの良さ。ジャンルはベースミュージックやクラブミュージックに抜群の強さを発揮してくれる気がします。

音の低位が良く、棲み分けが上手なので、ヴォーカルのユニゾンや、ギターのハーモニクス、中域のシンセなども、より綺麗に、エフェクトも艶やかに表現してくれる印象です。

(スタッフレビューより引用)

GO link 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

iFi-Audio (アイファイ・オーディオ)「xDSD Gryphon」

出力端子入力端子出力レベル
3.5mmシングルエンド
4.4mmバランス
Bluetooth 5.1, USB-C ,
S/PDIF同軸(3.5mm), 光(丸端子)
ライン入力(4.4mm,3.5mm)
バランス
>1000mW @32Ω
>74mW @600Ω
>6.7V max. @600Ω
シングルエンド
>320mW @ 32Ω
>40mW @ 300Ω
>3.5V max. @ 600Ω
フォーマットDAC電源/バッテリー
DSD 512/256/128/64
PCM 768/705.6/384/352.8/
192/176.4/ 96/88.2/48/44.1kHz
MQAフルデコード対応(~352.8/384kHz)
Bluetooth(~96kHz)
バーブラウン製
DACチップ
USB-C充電
(BC1.2準拠 最大1.9A給電)
優れた性能と機能性の良さでは定評のあるiFi-Audioより、ポタアン(ポータブルアンプ)がリリース!
まず特筆すべきは、アナログ、デジタル + Bluetoothなど、入出力の多さ。この価格、サイズでこの万能っぷりは本当に凄い。入力は、USB、S/PDIF、3.5mm、4.4mmシングル、Bluetoothで、出力は3.5mm、4.4mmシングルだけでなく、ライン出力も付いてるので、これだけ出し入れできるなら据え置きで使ってもいいくらい。コーデックも大抵のものは網羅しているので、スマホなどでストリーミング再生もできるのは嬉しいですね。気になる音質ですが、音場の広さと音の輪郭の明瞭さにはもう脱帽。音質は全体的に太くなるので、結果良い意味でフラット傾向、全ての音域が立っています。音の低位も非常に良いので、いろんな角度から楽曲を楽しむことが出来そうですね。正直、この価格帯では結構これもう完璧なのでは? xDSDとxCANの要素が一台で味わえるので、興味ある方は「買い」の一言。是非ご体感ください。
(スタッフレビューより引用)


xDSD Gryphon 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

水月雨 (MOONDROP) (スイゲツアメ ムーンドロップ)「破暁 – DAWN PRO」

出力端子入力端子出力レベル
3.5mm、4.4mm
USB Type-C3.5mm:2Vrms
4.4mm:4Vrms
フォーマットDAC電源/バッテリー
PCM(16Bit/44.1KHzから32Bit/384kHzまで)
DSD256
CS43131×2USBバスパワー駆動

低域はやや鳴りを潜め落ち着くものの、物足りなさはありません。分離感が上がり、空間もやや横に広がったように感じました。アニソンやPOPSといった楽曲と特に相性が良い明るい音色と、ボーカル中心に整ったサウンドバランスだと思います。

サイズ感は小型かつ軽量で使い勝手に優れています。また、4.4mmバランスにも対応しており使用できる機器の幅も広いです。さらに、ボリュームに関してはアンプ部を100段階で調整でき、最適な音量で楽しめます。

初めてドングルDACを検討している方や、バランス接続を試したい方、アニソンなどの楽曲をボーカル中心で聴きたい方にオススメです。
(スタッフレビューより引用)

破暁 – DAWN PRO 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

TANCHJIM (タンジジム)「SPACE」

出力端子入力端子出力レベル
3.5mm、4.4mmUSB Type-C4Vrms (BAL High) , 2Vrms (BAL Low)
2Vrms (UNBAL High) , 1Vrms (UNBAL Low)
フォーマットDAC電源/バッテリー
最大 32Bit/768kHz PCM
最大 DSD256
CS43131×2
バスパワー駆動

近未来なデザインでつい手に取りたくなる素敵なポータブルDAC。軽量でコンパクトな為、まさに持ち運びに最適。ビジュアルも相まってどこにでも持っていきたくなる相棒です!

出力端子は3.5mmステレオと4.4mmバランス端子に対応。ハイゲインとローゲインの調整が可能で、パワーは申し分ないですね。

実際に聴いてみた感想ですが、見た目通りのクリアなサウンド! くっきりハッキリと、音を純粋なものに“ろ過”してくれます。雑味がないため、ボーカルや楽器の音がとにかく際立ちます。個人的にはアコースティックで聴くのがおすすめです。

クールなデザインにクリアな音色で、外でも手軽に最高の音楽体験を!

(スタッフレビューより引用)

SPACE 商品ページはこちらお得に買えるかも!中古を探す

Audirect(エーユーダイレクト)「ATOM3」

出力端子入力端子出力レベル
3.5mmシングルエンドTYPE-C / Lightning16Ω:22mW
32Ω:62mW
600Ω:7.4mW
フォーマットDAC電源/バッテリー
DSD(最大512)
PCM(最大32Bit/768kHz)
ESS9280ACPROバスパワー
駆動

超小型高音質ポータブルDAC「Audirect ATOM3」は、そのキャッチフレーズ通り、高さが25mm、横幅11mm、奥行きも11mmと本当に小さく、スマートフォンに付けていても嵩張る感じや違和感はありませんでした。重量はわずか5gという驚きの軽さ。着けているのを忘れてしまいそうです。

Atomシリーズらしい低域は健在ですが、このATOM3はクールな音質ながら、全体を通して音にゆとりのようなものを感じました。傾向としてはドンシャリに分類されると思いますが、高域が嫌にシャリついたり、耳が痛くなるような音では無く、ハットやクリックなどは柔らかめに鳴るので、そこが非常に好印象でした。

3.5mmシングルエンドでコンパクトなType-C、Lightning端子のポータブルDACをお探しの方には自信を持っておすすめしたい製品です。

(スタッフレビューより引用)

ATOM3 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

Audirect(エーユーダイレクト) 「Atom mini」(Lightning、TYPE-C)

出力端子入力端子出力レベル
3.5mmシングルエンド ×1
※4極マイク付きイヤホンを
接続した場合マイク機能は
利用できません。
TYPE-C / Lightning16Ω:584mVrms
103db/THD+N)
32Ω:1.40Vrms
106.7db/THD+N)
600Ω:2.07Vrms
107db/THD+N)
フォーマットDAC電源/バッテリー
DSD(最大DSD512(DoP)
PCM(最大32Bit / 768kHz)
ESS Technology
ES9280AC PRO
バスパワー駆動

わずか8グラム!PCM 32bit/768kHz、DSD 512に対応した超軽量、超小型の高音質DAC。スマホで有線イヤホンを聴きたい時、イヤホンをさす穴が無いことが多いですよね。

そんな時にスマホ用の変換ケーブルをかませて、有線イヤホンを接続すると思いますが、そんな変換ケーブルにも違いがあります。どうせ変換ケーブルをさすならそこにもこだわってみませんか?
このAtom mini はスマホ用変換ケーブルサイズで音質の向上を期待できる小型軽量のDACアンプです。一般的なスマホ用の変換と聴き比べると、特に低音が聴きとりやすく、全体的に音のなっている空間を広く感じました。柔らかく、マイルドで聴きやすい音色なのでポップスや、ジャズ、クラシックと相性がいいでしょう。

(スタッフレビューより引用)

Atom mini 商品詳細はこちらお得に買えるかも!中古を探す

イヤホン 高額買取

さいごに

以上、e☆イヤホンが出先でも自宅でもいい音を手軽に楽しめる、ポータブルアンプについてご紹介しました。

ご紹介した商品は、e☆イヤホン各店で試聴いただけます。今回ご紹介した製品以外にも多数のオーディオ製品をお試しいただけますので、お気軽にお立ち寄りください!

また、WEB本店では各製品のレビューも掲載していますので是非参考にしてみてください!

 

見出しに戻る