1. トップ
  2. 特集ページ

【2022年12月最新】Austrian Audio (オーストリアンオーディオ) おすすめのヘッドホンをご紹介! 専門店が厳選

Austrian Audio オーストリアンオーディオ おすすめ ヘッドホン 特集

Austrian Audio (オーストリアンオーディオ)とは?

Austrian Audio(オーストリアン・オーディオ)は、2017年7月1日にオーストリアのウイーンで創業したブランドです。

過去、人気ブランド「AKG(アーカーゲー)」に在籍していた22名でコアとなるエンジニアリング・チームを構成。
現在もAKG時代の仲間達が日々入社しており、約28名もの元AKGの仲間達とウィーンの中心地でエキサイティングな新しい音楽ツールを創り出しているメーカーです。
こちらでは、そんなAustrian Audio(オーストリアン・オーディオ)が送り出す、様々なタイプの製品をご紹介。
あなたにぴったりな製品と出会えるお手伝いをさせていただきます。

【イヤホン・ヘッドホン専門店】e☆イヤホン

e☆イヤホンは、日本初&日本最大級のイヤホン・ヘッドホン専門店です。全国に3店舗(秋葉原店、大阪日本橋本店、名古屋大須店)とWeb通販を展開しています。ポータブルオーディオ取り扱いアイテム数は25,000を超えます。お気に入りの1台がきっと見つかるはず!

Austrian Audio 主な製品紹介

Hi-X50

高 域
4
中 域
3.5
低 域
4
解像度
4
装着感
5

今回紹介する中では唯一のオンイヤー型(耳を覆うタイプではなく、耳に乗せるタイプ)で、ほかのシリーズに比べて低音が豊かという印象で、オンイヤーならではの音の近さを感じる商品です。

Hi-X50の商品ページはこちら!

Hi-X55

高 域
5
中 域
4.5
低 域
2.5
解像度
4.5
装着感
4

オーバーイヤータイプのヘッドホンで耳を覆う為、より音に没入することが出来ます。

シンセやピアノ、ストリングスなど、上物に標準を当てている印象で、特に中高域が明瞭に聴こえました。中規模のホールで演奏を聴いているようで、生音や、ジャズ、ポップス、ヴォーカルものなどでも力を発揮してくれそうです。

Hi-X55の商品ページはこちら!

Hi-X60

高 域
4.5
中 域
4.5
低 域
4.5
解像度
4
装着感
5

フラット傾向なサウンドながらも、こちらも特に中高域の表現が得意な製品です。全体的にバランスが良いのでジャンルの得意不得意が少ない印象。マッドな塗装で高級感の漂うルックスも良いですね。低反発イヤーパッドで装着感も抜群です。

Hi-X60の商品ページはこちら!

Hi-X65

高 域
5
中 域
4.5
低 域
4
解像度
4
装着感
5

今回紹介する中では唯一の開放型タイプ。低音が豊かで音の抜けが良く、煌びやかな高域が特徴。広めのサイズで艶やかに鳴ってくれるので、低音好きの方以外にもおすすめ出来る製品です。

Hi-X65の商品ページはこちら!

Hi-X25BT

高 域
4.5
中 域
4.5
低 域
4
解像度
4
装着感
5

ワイヤレスヘッドホン「Hi-X25BT」は、疲れにくいナチュラルなサウンドで、音に癖が無いのでリスニングに適しています。音の定位が非常に良く、Austrian Audioらしい艶のある音質なので、モニターヘッドホンに適しているのではないでしょうか。約30時間の連続再生が可能なのも嬉しいですね。赤と黒カラーでデザイン性も抜群です。

Hi-X25BTの商品ページはこちら!

Hi-X15

高 域
4.5
中 域
4.5
低 域
4.5
解像度
4.5
装着感
4

これぞAustrian Audio、というようなサウンドで、音のまとまりが良い製品です。

無理に誇張せず、一つ一つの音をきちんと鳴らしてくれている、これが出来るヘッドホンは意外に少ないんではないでしょうか?作り手の思いをちゃんと音にしてくれるというか、楽曲のバランスをエゴなく整えてくれていて、空間系のエフェクト等もしっかり効き具合がわかる、まさにモニターライクな製品です。

Hi-X15の商品ページはこちら!

ま と め

Austrian Audioはミックスやマスタリング、中高域や音場を見るリファレンス機としての活用、モニターヘッドホンとして汎用性が高く、初心者から上級者まで、垣根無くお使いいただけるヘッドホンです。

最後に

 

e☆イヤホン 店内画像イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」ではその他にも多数のイヤホンを取り扱っています。

東京・名古屋・大阪にある店舗では、様々なポータブルオーディオ製品の試聴もできますので、気軽にお立ち寄りくださいませ。

見出しに戻る