1. トップ
  2. 特集ページ

【最新版】専門店が選ぶおすすめリケーブル MMCX編

イヤホンに付属するリケーブルから他社製のリケーブルに変えると様々な変化があります。リケーブルを選ぶ上で大事な4つのポイントと、SHUREやJVC、finalなどMMCX端子を採用したイヤホンにおすすめのリケーブルを専門店がご紹介!

MMCXリケーブルを選ぶおすすめのポイント

線材

一般的にイヤホン用のリケーブルには銅や銀、銀メッキ銅が素材として用いられます。OFC(無酸素銅)という表記やPCUHDなど製造メーカーによる商標が用いられることもありますが、多くは鋳造方法が異なる銅のことを指しています。(数字+N)といった表記は素材の純度を表す9(Nine)の数を略したもので、純度が99.99%だと4N、99.9999%だと6Nと表記します。

一般的に銅は低域の量感が多めで暖かな印象、銀は中高域が伸びやかでクールな印象、銀メッキはスピード感あふれる元気な印象が傾向として見られます。

取り回し・タッチノイズ

取り出したときにケーブルが絡まっていて、ほどいてからじゃないと使えないってことありますよね。硬さや重量はもちろん、線材を覆う被膜の素材やケーブルの編み方によっても取り回しの良さが変わっていきます。また、服にケーブルがこすれたときに「ガサゴソ」っと音が伝わってしまうタッチノイズの少なさもストレスなく使う上では重要なポイントです。

音質傾向

お気に入りのイヤホンの音をより自分好みのバランスにしたい、そんな要望を叶えてくれるのがリケーブルの醍醐味です。高域~低域の量感が不足していたり、過剰だったりする場合に調整が可能です。

お好みの音域バランスのものを見つければ、高域が刺さる、低域が分厚すぎるといったお悩みを解決してくれることも。

解像度の高さ

お好きな曲で鳴っている音をできるだけ聴きたい、より細やかな音を聴きとりたい、そういったときには解像度の高さが重要なポイントです。低域がボヤっとするというのもリケーブルで改善できるかもしれません。

上記の取り回しの良さ、タッチノイズの少なさ、解像度の高さ、高域・中域・低域の量の5つのポイントに加え、リケーブル担当のレビューをご参考に選んでいただければ、あなたがお探しのリケーブルがきっと見つかります。

 

ここからは、イヤホンヘッドホン専門店e☆イヤホンが、数あるMMCXリケーブルの中から、とくにおすすめのケーブルを梅田EST店中古担当「ミツカン」に紹介してもらいます。

ミツカン

 

◆スタッフ名:ミツカン(@eear_mitsukan

梅田EST店のミツカンです!好きな音楽ジャンルはロックで、L’Arc~en~Cielを崇拝しています。
愛機:MAVERICK Ⅲ DX160

予算1万以下で選ぶアイテム

UNCOMMON 3E-OFC

UNCOMMON 3E-OFC 商品画像

高 域
4
中 域
4
低 域
3.5
解像度
3.5
取り回しの良さ
4
タッチノイズの少なさ
4
梅田EST店
ミツカン
Twitter

今回ご紹介させてもらっているケーブルの中で1番お求めやすい価格になっていますが、侮ることなかれ。まず一聴した瞬間にわかる高域の広がりに耳を奪われます。横の広がりも感じられ、分離感も増すので、非常に聴きやすいサウンドになりますね。ボーカルも近くなるので、歌モノにもピッタリ。リケーブルのエントリーモデルとしては十分で、沼にハマるきっかけの1本になりそうです。

3E-OFC 商品ページはこちら

final ブラックケーブル

final ブラックケーブル 商品画像

高 域
4
中 域
3.5
低 域
3.5
解像度
3.5
取り回しの良さ
5
タッチノイズの少なさ
5
梅田EST店
ミツカン
Twitter

有名ブランドfinalから出ているシックなデザインの1本。finalらしい丁寧な高域の鳴りと強かな低域が特徴で、何よりケーブル本体がかなり柔らかく、タッチノイズも非常に少ないです。僕自身も好んで使ってますが、取り回しに困った事はありません。finalサウンドがお好きな方には是非試してみてほしいケーブルです。

ブラックケーブル 商品ページはこちら

ORB Clear force Light

ORB Clear force Light 商品画像

高 域
4
中 域
4
低 域
4
解像度
4
取り回しの良さ
4
タッチノイズの少なさ
4
梅田EST店
ミツカン
Twitter

Clear forceシリーズで感じられるアップグレード感を1万円を切る価格で味わうことが出来る1本です。低域がグッと持ちあがるようなイメージで、粒立ちの良さも感じられます。解像度も上がるので、お気に入りのイヤホンを更に良くしたい方にオススメです。

Clear force Light 商品ページはこちら

 

予算2万以下で選ぶアイテム

SoundsGood WhiteSnake

SoundsGood WhiteSnake 商品画像

高 域
4.5
中 域
3.5
低 域
4
解像度
4
取り回しの良さ
3.5
タッチノイズの少なさ
3
梅田EST店
ミツカン
Twitter

この価格帯では珍しい16芯ケーブル。銀メッキ線の特徴である高域の伸びの良さと16芯ならではの解像度の高さと音の厚みを感じることが出来ます。低域もドッシリしているので、ロックなどの元気のあるサウンドにピッタリです。芯の多さゆえに少し取り回しが悪いかなと感じることもありますが、それ以上に音の変化を楽しむことが出来る1本です。

WhiteSnake 商品ページはこちら

NOBUNAGA Labs 友禅 (Yuuzen)

NOBUNAGA Labs 友禅 (Yuuzen) 商品画像

高 域
4
中 域
4
低 域
4.5
解像度
4
取り回しの良さ
4.5
タッチノイズの少なさ
4
梅田EST店
ミツカン
Twitter

いい意味で銅線の特徴を裏切ってくれる1本。低域にフォーカスが当てられているのかと思いきや、低域のみでなく中高域の解像度も上げてくれる万能なケーブルです。サウンド全体に柔らかさもプラスされるので、耳にスッと入ってくるようになりますね。またケーブル本体も非常に柔らかいので、取り回しが非常に良いです。

友禅 (Yuuzen) 商品ページはこちら

ORB Clear force Nova 2nd generation

ORB Clear force Nova 2nd generation 商品画像

高 域
4.5
中 域
4.5
低 域
4.5
解像度
4.5
取り回しの良さ
4
タッチノイズの少なさ
4
梅田EST店
ミツカン
Twitter

Clear force Lightの上位モデルにあたる1本。更に上位モデルのClear force Ultimateと同じケーブルの「PT4」が採用されており、サウンドはClear force Lightの音を更にブラッシュアップした印象を受けます。低域の土台が更に密になり、各帯域の音もしっかり底上げしてくれます。お気に入りのイヤホンを更に良くしてくれること間違いなしのアップグレードケーブルですね。

Clear force Nova 2nd generation 商品ページはこちら

EFFECT AUDIO AresⅡ cable

EFFECT AUDIO AresⅡ cable 商品画像

高 域
4
中 域
4
低 域
4.5
解像度
4
取り回しの良さ
4
タッチノイズの少なさ
4
梅田EST店
ミツカン
Twitter

響くような低域と迫力が魅力的の1本です。まさしく一般的な銅線の特徴を体現したような鳴りをしていて、角が取れたような丸みのある音に変化するのも特徴的ですね。取り回しも良好で、使用中に困ることは無いのではないでしょうか。低域を求めるすべての方にオススメしたい1本です。

AresⅡ cable 商品ページはこちら

 

NOBUNAGA Labs 埴舂 (Uetsuki)

NOBUNAGA Labs 埴舂 (Uetsuki) 商品画像

高 域
4
中 域
4.5
低 域
4
解像度
4
取り回しの良さ
4.5
タッチノイズの少なさ
4
梅田EST店
ミツカン
Twitter

純銀線、銅線、金メッキ純銀線の3種類を1つにまとめるというなんとも贅沢な1本。音全体にメリハリが生まれ、金メッキならではの音の余韻と滑らかさを感じることが出来ます。全体的にはモニターライクな印象を受けますが、それぞれの線材の特徴を上手くミックスしている結果かなと感じますね。取り回しも非常に良く、使っている時に不便に思う事も無さそうです。

埴舂 (Uetsuki) 商品ページはこちら

e☆イヤホン・ラボ Obsidian

e☆イヤホン・ラボ Obsidian 商品画像

高 域
4.5
中 域
4.5
低 域
4
解像度
4.5
取り回しの良さ
4.5
タッチノイズの少なさ
4
梅田EST店
ミツカン
Twitter

クセのないスッキリとしたサウンドが特徴の1本です。ボーカルも近くなり、解像度も1段階上げてくれますね。Clear forceシリーズとはまた違った方向でイヤホンの良さを底上げしてくれる印象があり、聴き比べをしてみるのも面白いかもしれません。耐久性も非常に優れているので、長く相棒として使っていけるケーブルになるのではないでしょうか。

Obsidian 商品ページはこちら

おすすめリケーブルのまとめ

今回ご紹介したケーブルはe☆イヤホン各店にてお試しいただけます。

他にも実店舗では数千円のものから数十万円まで、幅広いラインアップをご用意。
一部製品を除いてすべてお試しいただけます。

あなたが普段お使いのリケーブル対応イヤホンと実際に組み合わせて、ベストな組み合わせを見つけましょう!

店舗情報はこちら

すべてのイヤホンリケーブルはこちら