1. トップ
  2. 特集ページ

専門店がおすすめする イヤーピースの選び方!イヤホンが落ちる、装着感が合わないを解消!

今回はイヤホンを買うと一緒についてくる先っちょのゴムの部分「イヤーピース」についてご紹介します。

この部分を変えるだけで、音もフィット感も変わるので、今お持ちのイヤホンがよく落ちるとか、もう少し低音が欲しいと思われている方におすすめですよ!

イヤーピースとは?

イヤーピースとはイヤホン本体についている先っちょのゴムのような物のことを指します。イヤーチップ、イヤーパッドと呼ばれることも。

イヤーピースはイヤホンと耳を密閉させ周りの音を遮断しながら、イヤホンから出ている音を歪みなく耳に伝える役目があります。

イヤホンの付属でS/M/Lの3サイズが同梱していることが多く、耳の大きさに合わせてサイズを変更すると、耳内で密閉され正確にイヤホンの音を耳に伝えやすくなります。

また、付属のイヤーピースから他社のイヤーピースに交換すると、イヤーピースの素材の違いや厚み、口径の広さによって遮音性や音質が変化します。

今使っているイヤホンが、低音が少し物足りないとか、高域が刺さるからもう少し抑えたいなと思うことがあれば、イヤーピースを別の種類に買い換えることによって解決できるかもしれません。

イヤーピースの種類

イヤーピースには大きく分けて「シリコンタイプ」「フォームタイプ」の2種類あります。それぞれタイプ別にメリット・デメリットをご紹介します。

シリコンタイプ

メリット
・フォームタイプに比べて音はクリア
・バリエーションが多い
・種類によってSSやLL等のサイズがある
・耐久性が高い
水洗い出来る
デメリット
・フォームタイプと比べると密閉感が弱い
・フィット感が合わない場合がある

シリコンで作られているため、耐久性が高く水洗いも可能で、長期間使用できます。

しかし、しっかりとサイズ選びをしないと耳にフィットしない可能性がありますので、自分の耳にあったイヤーピースを選ぶ必要があります。

▼動画でも紹介しています。

【入門シリーズ】08実はとっても奥が深い?!おすすめ『シリコンイヤーピース』をご紹介!【毎週火曜】

フォームタイプ

メリット
・低域の押し出しが強くなる
・フィット感が良い
・遮音性が高い。
デメリット
・耐久性が低い
・水洗い出来ない
・中高域の音が減衰しているように聴こえる

低反発性の素材で、本体を押しつぶしてから耳に挿入することによって耳の中で元の形状に戻り、耳にぴったりフィットするようになるイヤーピースです。

この低反発の素材によって、密閉感・遮音性も向上し、音がすこし中低域寄りになります。

お持ちのイヤホンが少し高域が強いとか、低域が弱いと感じる場合には、こちらのフォームタイプを使うことによって、ちょうど良い音質に変わるかもしれません。

反面、もともと低域の強いイヤホンを使っている場合は、音が少しこもった印象に聴こえることもあります。

その他に耐久性がシリコンタイプに比べて弱く、水洗いができません。定期的にイヤーピースの取り換えが必要です。

▼動画でも紹介しています。

【入門シリーズ】07イヤホンの先を変えるだけでフィット感が向上?フォームタイプイヤーピースの王様「コンプライ」をご紹介!【毎週火曜】

イヤーピースの選び方

イヤーピースがイヤホンに装着できるか

太いノズルのイヤホンに、細軸のイヤーピースは使えない

イヤホンごとにノズル径(イヤーピースを差し込むところ)が異なり、全て同じサイズのイヤーピースが対応しているわけではないため、イヤホンに合わせたイヤーピースを購入する必要があります。

シリコンタイプのイヤーピースであれば、「SHURE」や「Westone」など特別に細いノズル径でなければ、大体のイヤホンは使えることが多い傾向です。

フォームタイプのイヤーピースだと専用のサイズのものでないと、素材的に伸縮しないものが多く、サイズをきちんと合わせないと、イヤホンに装着できないということもあります。

特にコンプライのTシリーズ、Tsシリーズはサイズ選びがシビアになりますので、必ずイヤホンに合うかどうか確かめてから購入を検討しましょう。

フィット感は合うか

イヤーピースの最大の目的は「フィット感」を高めることです。

フィット感を高めることによって、イヤホンが耳から落ちる確率を軽減したり、イヤホンから出ている音を正確に耳に伝えることができます。

付属のイヤーピースですと、シリコンタイプのS,M,Lの3サイズしか入っていないことが多く、どれを使っても耳にフィットしないということがよくあります。

そこで他社製のイヤーピースを買い足すことによって、MSサイズやSSサイズ、低反発のフォームタイプなど自分の耳に合ったイヤーピースを見つけ出すことができます。

充電ケースに入るか(完全ワイヤレスイヤホンを使用している場合)

完全ワイヤレスイヤホンを使っている場合、イヤホンのノズルにも、自分の耳にもぴったりフィットしたとしても、充電ケースに収まらない場合は充電できず運用できなくなります。

完全ワイヤレスイヤホン向けに制作されているイヤーピースもありますが、そのイヤーピースを使っても充電ケースにおさまらない場合もあります。

イヤーピースが干渉して浮いてしまう。

ネットショップでイヤーピースを購入する際は、必ずイヤーピースが充電ケースに干渉しないか確認してから購入するようにお願いします

e☆イヤホンであれば、店頭にて自由にイヤーピースを試せますので、近隣にe☆イヤホンがある方は、ぜひ店頭にてお確かめください。

→e☆イヤホン店舗ページはこちら

ここからは、おすすめのイヤーピースをイヤホンタイプ別(完全ワイヤレスイヤホン、有線イヤホン)にご紹介させていただきます。

完全ワイヤレスイヤホンにおすすめのイヤーピース

完全ワイヤレスイヤホン向けに制作されたイヤーピースは軸の高さが浅めに作られているモデルが多く、充電ケースにいれても干渉しにくく設計されています。

しかしお使いの完全ワイヤレスイヤホンによっては、干渉する可能性もありますので、購入前に一度お店で装着するか、問い合わせて確認するなど注意が必要です。

SednaEarfit XELASTEC

SednaEarfit XELASTECは熱可塑性エラストマーという素材で制作されたイヤーピース。耳に装着すると体温によって耳の形に添って徐々に変形していき、自分の耳にぴったりフィットしてくれるイヤーピースです。

表面が滑り止めのような素材で、社会現象にもなっている「完全ワイヤレスイヤホンの落下」の危険性を大幅に防ぐことができるイヤーピースです。

SednaEarfit XELASTECの商品ページはこちら

COMPLY TrueGrip

完全ワイヤレスイヤホン向けに作られた、フォームタイプのイヤーピース。低反発の素材で作られており、お持ちの完全ワイヤレスイヤホンのフィット感をさらに向上してくれます。

音質に関しては高域が減衰しているように聴こえ、中低域が厚めの音に変化します。

使っているイヤホンが高域がきついとか、もう少し低音が出て欲しいと思った時にはこちらのイヤーピースを試すと、ちょうどいい音に変わるかもしれないです。

COMPLY TrueGripの商品ページはこちら

SpinFit CP360

CP360

医療用グレードのシリコンが採用された、完全ワイヤレスイヤホン向けイヤーピース。

シリコンの質が良く、耳にぴたっと密着してくれますが、耳に圧力がかからない設計になっており、長時間つけていても不快感がなく快適に音楽を聴けます。

さらにイヤピースの軸がくるくる回る構造で、耳の穴の形に合わせてしっかりと奥まで挿入できます。音質はやや中高域寄りにクリアなサウンドにしてくれます。

SpinFit CP360の商品ページはこちら

AZLA SednaEarfit Short

SednaEarfit Short

SednaEarfitシリーズは788名の耳形を分析し、設計されたシリコンタイプのイヤーピース。音の表現力に注力したイヤーピースであり、イヤホンの音の性質を、できる限り忠実に表現します。

完全ワイヤレスイヤホン向けにも設計されており、通常の「SednaEarfit」より充電ケースに干渉しにくい仕様になっています。

AZLA SednaEarfit Shortの商品ページはこちら

AZLA SednaEarfit Light Short

SednaEarfit Light Short

同じくAZLAより「SednaEarfit Light」 を完全ワイヤレスイヤホン用に設計したモデル「SednaEarfit Light Short」。

通常の「SednaEarfit」との違いとして 、傘の部分をより柔らかくし、耳への負担を軽減させています。長時間イヤホンを装着していても疲れにくい仕様になっているので、装着感で選ぶとすればこちらの「SednaEarfit Light Short」がおすすめです。

有線イヤホンにおすすめのイヤーピース

有線イヤホン用にイヤーピースを購入する場合、完全ワイヤレスイヤホンのようにケースに干渉することがないので、選択肢が増えます。有線イヤホンだと高音質のモデルも多いため、フィット感と素材で細かな音の違いを感じやすくなってくるかと思います。

 

Hi-Unit EPS-001

【送料無料】EPS-001(イヤピースお試しセット/4種4ペア/Mサイズ)

4 ブランドのイヤーピース(M サイズ)を 1 ペアずつ揃えたセット製品です。付属内容は

・ALPEX 「AEC-202」

・Crystalline Audio 「クリスタルチップス」

・final 「Eタイプ」

・SpinFit 「CP145」

のこちらの4種類。それぞれ性質や素材が異なるイヤーピースなので、このイヤーピースセット1台で、様々な音を愛用しているイヤホンで体感できます。

Hi-Unit EPS-001の商品ページはこちら

 

final Eタイプ

Eタイプ【FI-EPE】

シリコンタイプの中でも、特に低音がでやすいイヤーピース。

低音をもっと多くしたいけど、フォームタイプは苦手という方にはこちらがおすすめです。

購入時に付属でイヤーピースケースがついてきたり、SHUREのイヤホンなどの細軸に対応させるためのアダプターがついていたり、L/Rが分かりやすいように、左右で軸の色を変えたりと、ユーザーに配慮したパッケージングとなっています。

final Eタイプの商品ページはこちら

Comply T-400

Comply T-400

フォームタイプを採用しているロングセラーのイヤーピース。低反発性が一番強く、押しつぶした後もゆっくりゆっくり元の形状に戻っていきます。

この性質を利用して、押しつぶしてから耳に入れると、形が戻っていくときに耳にぴったりフィットするようになります。

フィット感と密閉度はイヤーピースの中でトップクラス。音質は中低域に厚みがでやすくなるので、お使いのイヤホンの中低域が物足りないなと感じたときは、こちらの「T-400」を使うと、ちょうど良いチューニングに変わるかもしれません。

少しフィット感が合わない場合は、丸型のアジア人向けにフィット感を合わせた「TSシリーズ」がおすすめです。

Comply T-400の商品ページはこちら

Comply Ts-400の商品ページはこちら

AZLA SednaEarfit

AZLA SednaEarfit

SednaEarfitシリーズは788名の耳形を分析し、設計されたシリコンタイプのイヤーピース。音の表現力に注力したイヤーピースであり、イヤホンの音の性質を、できる限り忠実に表現します。

先ほど紹介した「SednaEarfit short」より本体が長めで、安定したフィット感を得られます。

AZLA SednaEarfitの商品ページはこちら

番外編 オーダーメイドイヤーピース eA-R(エアラ)

eA-Rはハードタイプのアクリル製カスタムイヤーピースです。ユーザーひとりひとりの耳穴のかたちに合わせてオーダーメイドで作ることから、フィット感や遮音性が高いのが特長です。

さらに、イヤホン本体のドライバーが発するサウンドをダイレクトに鼓膜へ届けられるため、組み合わせるイヤホン本来の性能を味わいつくせます。

愛機のポテンシャルを引き出したい方はもちろん、「耳の穴が小さい」「耳の穴が大きい」などの理由で市販のイヤーピースではフィットしづらい、外れやすいという方にもオススメです。

eA-R(エアラ)の詳細はこちら

イヤーピースはe☆イヤホンで試着できる

こちらのイヤーピースですが、お伝えした通り、一度試着してみないとフィット感が合うかどうか分からなかったり、イヤホン自体が対応していないことがあります。しかし、e☆イヤホンならこちらのイヤーピースも自由に試着できます。

e☆イヤホン大阪日本橋本店 イヤーピースコーナー

それぞれの引き出しに、イヤーピースのサンプルがあります。

お手持ちのイヤホンで自由にお試せます。

様々なイヤーピースをご用意していますので

お気に入りのイヤーピースが見つかるまで

自由にお試しください。


以上おすすめのイヤーピースの選び方でした。

最後にまとめです。

イヤーピースの購入はこんな方におすすめ
・付属のイヤーピースではフィットしない
・もう少しだけ低音(または高音)が欲しい
・周りの音をもっと遮音したい
イヤーピース購入時の注意点
・イヤホンのノズル径によって装着できないイヤーピースがある
・完全ワイヤレスイヤホンはイヤーピースによって充電ケースに干渉してしまう

自分にあったイヤーピースを見つけて、素敵なイヤホンライフを送ってくださいね!