1. トップ
  2. 特集ページ

【2024年7月最新】おすすめのインナーイヤー型イヤホン7選 つけていても開放的 専門店スタッフ厳選!

スタッフ厳選インナーイヤーイヤホン

現在、主流のイヤホンは大きく分けて2種類、インナーイヤー型イヤホンと、カナル型イヤホンがあります。

特に、カナル型イヤホンをお使いの方が多いと思いますが、カナル型イヤホンをお使いの方で、こんなお悩みはありませんか?

・自分の耳に合うイヤーピースが見つからない
・長時間着けていると耳の奥がかゆくなる
・周りの音が聴こえなくて圧迫感を感じてしまう

と、そんな方に朗報です!AppleのiPhoneに付属していたイヤホンのような形状の、インナーイヤー型イヤホンを使えば、簡単に解決できます。

今回は、インナーイヤー型イヤホンの魅力とおすすめの商品を、イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」がご紹介します。

ぜひ最後までお付き合いください!!

【イヤホン・ヘッドホン専門店】e☆イヤホン

e☆イヤホンは、日本初&日本最大級のイヤホン・ヘッドホン専門店です。全国に4店舗(秋葉原店、大阪日本橋本店、名古屋大須店、仙台駅前店)とWeb通販を展開しています。ポータブルオーディオ取り扱いアイテム数は25,000を超えます。お気に入りの1台がきっと見つかるはず!

イヤホン 高額買取

インナーイヤー型イヤホンの特徴

開放的な装着感

インナーイヤー型は、耳の奥に詰めるのではなく、耳の入り口部分に引っ掛けるように装着します。

耳の穴が小さかったり、自分に合ったイヤーピースがなかなか見つからない時の救世主。それが「インナーイヤー型」です。

イヤホンを付けていても周りの音が聴こえる

インナーイヤー型イヤホンは、耳栓タイプのカナル型と違って耳の奥まで挿入しないため、イヤホンを付けていても周りの音が聞こえてきます。

外出先や電車内だと周りの騒音で音楽に集中しづらい、なんてこともありますが、今流行りの「ながら聴き」のように、周りの音を聞きながらBGM感覚で自分だけのスピーカーのように音楽を楽しめます。

自然なサウンド

インナーイヤー型イヤホンは耳をふさがないので、中音域から高音域にかけて自然なサウンドが楽しめます

音漏れが多少あるので、音量に気を配らなければなりませんが、音の生々しさはインナーイヤー型にしかない魅力です。

おすすめのインナーイヤー型ワイヤレスイヤホン

ここからは、インナーイヤー型有線イヤホンのおすすめのモデルを紹介します。

HUAWEI (ファーウェイ) FreeBuds 5

こんな方にオススメ!
・ノイズキャンセリング搭載のインナーイヤー型イヤホンをお求めの方
・着け心地とデザインにもこだわりたい方
高 域
4
中 域
4
低 域
4.5
解像度
4
装着感
4.5

インナーイヤーでノイズキャンセリング搭載!


丸みを帯びた形状は優しく自然な着け心地で、イヤーピースがない分、圧迫感を感じにくく快適な印象でした。本体は5.4gと平均的な重量ではありますが、このフィット感があることで、作業などの長時間の使用にもおすすめできると感じました。

 

そしてここが今回一番の驚き、ノイズキャンセリング機能が搭載されていること。インナーイヤー型は耳の穴を完全にふさがない形状なので、搭載されている機種がかなり限られてきます。搭載されているだけでも貴重な機種ですが、ノイズキャンセリングの効き具合にも妥協がないことに驚きを感じました。

 

音については、まさにカナル型とインナーイヤー型の良いとこ取りだと感じました。インナーイヤー型ならではの開放的な空間表現と、密閉性の高いカナル型のような、低音の確かな存在感が両立していました。さらに、付属のイヤーピースを装着すると耳への密着感と音の迫力が増し、没入感が高まるように感じました。

 

特に、女性ボーカルのアニメソングを聴くのにおすすめしたいです。楽器数の多い曲や、さわやかな曲調のアニメソングだと、よりこのイヤホンの低音感と豊かな空間表現を生かせると思います。

(スタッフレビューより引用)

HUAWEI (ファーウェイ) FreeBuds 5 商品ページはこちら

GLIDiC (グライディック) TW-4000P

こんな方にオススメ!
・イヤホンを着けたまま周りの音を聞きたい方
・装着感の良いイヤホンをお探しの方
高 域
3.5
中 域
4
低 域
4
解像度
3.5
装着感
5

ながら聴きで作業時間に彩りを


外観については「驚くほどコンパクト」が第一印象でした。そのサイズの詳細は、ケースがおよそ5cm(W)、イヤホン本体は約1.65cm(W)×約1.6cm(D)。ケースの横幅は乾電池くらい、イヤホン本体はおよそ一円玉1枚分ほどの極小サイズ。とにかくコンパクトなサイズなので、装着感は非常に軽やかでした。

 

片側5g程度の完全ワイヤレスイヤホンが多い中で、本製品は片側約3.5gと軽量かつ、耳の奥まで入れないインナーイヤー型なので圧迫感が少なく、長時間の使用でも疲れにくいため、作業しながらなどの使用にピッタリだと感じました。

 

このサイズ感が本製品の強い魅力ではありますが、個人的に気に入っているのは、付属のカラージャケットによる着せ替えができるところです。本体色がブラックの場合は”suna(ベージュ)”と”lemon(淡い黄色)”、本体色がホワイトの場合は”sakura(淡いピンク)”と”fuji(淡いパープル)”といった付属内容です。装着は簡単にかぶせるだけなので、その日の気分や、推しの担当色に変えたりしてみるなど、飽きずに楽しく使用できるところがとても魅力的に感じました。

 

肝心な音質については、全体的にバランスよく鳴る印象です。なかでも中~低音域の聴こえが良く、安定感がありシャカシャカしません。優しく聴き心地が良い音なので、何か作業をしながら音楽を聴きたい、一日の終わりにゆっくり音楽を聴きたいという方にオススメです!

(スタッフレビューより引用)

GLIDiC (グライディック) TW-4000P 商品ページはこちら

MEE audio(ミーオーディオ) Pebbles

こんな方にオススメ!
・耳にフィットするワイヤレスイヤホンをお探しの方
・軽くて使いやすいものお求めの方
高 域
3.5
中 域
3.5
低 域
4
解像度
4
装着感
4.5

今までになかった装着感と開放的なサウンド


耳の輪郭に沿って自然にフィットするデザインが特徴的です。イヤホン片側の重量はなんと約4g! この軽さなので使いやすさは抜群だと思います。

 

軽い装着感でありながらも、イヤホン全体で耳のくぼみにパチっと収まりやすく、安定感のある着け心地です。また、IPX4の防滴性能を搭載しているので運動時でも使用が可能です。

 

音質の方はどの帯域もバランスの取れたサウンドで、自然で開放的に感じられます。インナーイヤー型が苦手とする低域もちょうどいい量感です。耳の浅い所に乗せるようにつけると音が抜けてしまうので、耳の穴にしっかり差し込むと心地よく鳴ってくれます。

 

バッテリーの長さは本体で約8時間、ケースで約16時間となっており、合計はなんと24時間とバッテリーの持ちもバッチリです!

(スタッフレビューより引用)

MEE audio (ミーオーディオ) Pebbles 商品ページはこちら

JBL (ジェービーエル) TUNE FLEX

こんな方にオススメ!
・迫力のあるサウンドがお好みの方
・デザインにもこだわりたい方
高 域
4
中 域
3.5
低 域
5
解像度
4
装着感
4.5

おしゃれで利便性抜群!日常生活の新たな相棒


内部構造が見えるコンパクトな充電ケースが目を惹くこちらの製品。ケースだけでなく、イヤホン本体もスケルトンデザインとなっております!ガジェット好きにはたまりませんね……!おしゃれでカッコいいだけでなく、指紋などの汚れなども目立ちにくくなっています。

 

装着感も抜群で、耳にピタッと吸い付くようなフィット感で簡単にズレたり落下することはありませんでした。しばらく装着していても耳への負担や疲労感はなく、長時間の使用はもちろん、エクササイズなどでも使いやすいと感じました。

 

音に関しては全体的に距離が近く、元気で明るいサウンド傾向です。煌びやかできれいな高域は全体に明るいイメージを色づけています。中域は、ボーカルが一歩前に出ている印象で聴きごたえと解像度の高さが特徴的でした。低域はあまり主張することのないおとなしい印象でしたが決して弱いわけではなく、高域やボーカルを際立たせるように一歩引きつつもしっかりと鳴っている感覚です。

 

付属の2種類のイヤーチップの付け替えにより、「ながら聴き」ができる軽い装着感の「オープン型」と、遮音性が高く音楽に集中できる「密閉型」の2ウェイ仕様や、一方のイヤホンをケースに収納している状態でも片側のイヤホン単体で使用できる「デュアルコネクト」機能も搭載しており、用途やシーンによってお好きなスタイルで使用できる、自由度の高いおすすめの製品です!是非お試しください!

(スタッフレビューより引用)

JBL (ジェービーエル)  TUNE FLEX 商品ページはこちら
イヤホン 高額買取

おすすめのインナーイヤー型有線イヤホン

Pai audio PAI-FLAT

こんな方にオススメ!
・K-POP、J-Rock、テクノを好んで聴く方
・低音が効いた音楽を好んで聴く方
高 域
3.5
中 域
3.5
低 域
4
解像度
3.5
装着感
3.5

アグレッシブなサウンド


全体的にクリアな音質ですが、低域がしっかり太いサウンドが特徴。

 

とくにビートが効いたジャンルとの相性が良いと感じました。テクノポップのようなバスドラムが太く鳴る曲にこのイヤホンが適任です!

 

K-POPのBTS、NiziU。テクノポップはSnail’s House、J-RockはBLUE ENCOUNTなどのアーティストとの相性が良いと感じました。

 Pai audio PAI-FLAT 商品ページはこちら

FiiO FF5 Black

こんな方にオススメ!
・抜けの良い爽やかなサウンドがお好みの方
・広く響いていく低域が好みの方
高 域
3.5
中 域
4.5
低 域
4
解像度
4
装着感
4

いい音を長時間でも快適に!


・インナーイヤーの軽い着け心地
・抜けの良い爽やかなサウンド
・広く響いていく低域

 

上記の中に気になるものがあった方にオススメの製品、それが FiiO (フィーオ)「FF5」です!

 

装着感はインナーイヤー型ならではの自然なフィット感と開放感です。疲れにくく軽い着け心地で、耳に引っ掛けているだけのようにも感じるほど負担がなく安定感もあり、長時間の使用でも疲れにくいと感じました。

 

また、同社のFF3にも付属していたスポンジカバーに加え、FF5にはよりフィット感を向上するためのシリコン製リングが付属しています。お好みに合わせてフィット感を調整できるのは、インナーイヤー型イヤホンユーザーにとっては非常に嬉しいポイントだと思います。

音質に関しては、音がこもる感じが一切ない爽やかなサウンドでありながらも、豊富な情報量が印象的でした。

 

低域に関しては、過度な重たさや圧力はなく、全体に馴染むようなサウンドです。迫力のあるサウンドではありませんが、耳から頭に広く広がっていくような感覚で、聴きごたえはしっかりと感じられます。

 

中域に関してはボーカルの輪郭がハッキリしたサウンドが特徴的でした。抜けの良さはありつつも真っ直ぐなサウンドなので、言葉の一つ一つが聞き取りやすい印象でした。

 

高域に関しては、ほかの帯域とバランスを取りながら細かい音までしっかりと表現されており、後味のスッキリとした余韻まで楽しめるサウンドです。

 

音の抜けは良くても欲しい音は抜けていかず、長時間快適に音楽を楽しめるイヤホンです。聴き疲れしにくいイヤホンをお求めの方、インナーイヤー型イヤホンをお探しの方はぜひ一度お試しください!
(スタッフレビューより引用)

FiiO FF5 商品ページはこちら

NOBUNAGA Labs (ノブナガラボ) 「鶯」(MMCX対応)

こんな方にオススメ!
・開放的でスケール感豊かなクリアサウンドを味わいたい
・MMCXコネクタ着脱式をお使いの方
高 域
4
中 域
4
低 域
4.5
解像度
4
装着感
4

開放的でスケール感豊かなクリアサウンド


高品質のケーブルを多く扱う人気メーカー、NOBUANGA Labsより、MMCX対応インナーイヤー型イヤホンが届きました。

 

低音から高音まで伸びのある自然なバランスのサウンドを可能にする「大口径15.4mmダイナミック型ドライバーユニット」を採用。豊かな低域とスムーズで抜けの良い中高域、そして開放的でスケール感豊かなクリアサウンドを奏でます。
筐体にアルマイト処理を施した高剛性のアルミ素材を採用。軽量ながら優れた音響特性と高剛性を両立し、不要共振を抑制します。
MMCXコネクタは、NOBUANGA Labsリケーブル各シリーズで使用している高品質MMCXコネクタ「NLP-MMCX-DIY」を採用しているのも嬉しいポイントですね。

鶯(MMCX対応) 商品ページはこちら

イヤホン 高額買取

まとめ

以上、おすすめのインナーイヤー型の有線・完全ワイヤレスイヤホンをご紹介しました。

この記事でご紹介した商品は、e☆イヤホン各店で試聴可能です!!

店内画像

今回ご紹介した製品以外にも多数のプレイヤーやイヤホン、ヘッドホンを取り扱っておりますので、お気軽にお立ち寄りください!

また、WEB本店では各製品のレビューも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

見出しに戻る