1. トップ
  2. 特集ページ

完全ワイヤレスイヤホンが耳から落ちるのを防ぐ唯一の方法

Apple AirPodsを皮切りに、街中で見かけない日はなくなった完全ワイヤレスイヤホン。
ここ1年で性能も大幅に向上し、長時間の連続再生対応や音途切れを防ぐ技術も進歩しました。
その一方で、完全ワイヤレスイヤホンが登場してから現在に至るまで多くの方の頭を悩ませてきた“ある”問題があります。

動くと完全ワイヤレスイヤホンが耳から落ちる

完全ワイヤレスイヤホンが耳から落ちるのを防ぐには?

有線のイヤホンと異なり、本体にバッテリーやBluetoothアンテナ、充電機構も必要となる完全ワイヤレスイヤホンは筐体の形状に制限があります。指紋や虹彩のように、耳の穴は認証に用いることができるほど個人差があるといわれており、万人に完璧なフィットというのは難しいもの。ランニング中に耳から落ちてどこかになくしてしまった!そうなってからでは遅いですよね。

そんな耳から落ちる問題を解決する唯一の方法がずばりイヤーピースなんです。

イヤーピースとは

イヤーピース

イヤーピースとは、イヤーチップとも呼ばれ、カナル型イヤホンの先端に付属させて耳の穴とイヤホンをフィットさせるもの。いわゆる「イヤホンの先っぽ」「イヤホンのゴム」と呼ばれます。カナル型のイヤホンであれば、各サイズのイヤーピースが付属し、ご自身の耳のサイズに合ったものを選べばフィット感の問題が解決されます。

それでもなお、耳から落ちるという場合は別売りのイヤーピースを用いることで装着感の改善ができます。イヤーピースを使えば万事解決かと思いきや、完全ワイヤレスイヤホン特有の問題があります。

チャージングケースに収まらない

チャージングケース

完全ワイヤレスイヤホンは多くの製品が充電と収納を兼ねたケースが付属しており、本体を収める空間には限りがあります。別売りのイヤーピースを買ってフィット感が改善されても、本体がケースに収まらなければ充電が出来ません。

どのイヤーピースならケースに問題なく収まってフィット感も改善されるのか、イヤーピースを数多く取り揃えるイヤホン専門店で実際に検証しました。

完全ワイヤレスイヤホンが耳から落ちない!おすすめイヤーピース

▼今回検証を行った機種はこちら

チャージングケース内部のスペースが狭めであったり、イヤホンの先端部(ステム)が短い機種を中心に、人気機種を加えて選定しました。

以下では、耳から落ちることがなく、ケースに収まる完全ワイヤレスイヤホン用に開発されたイヤーピースを5種類ご紹介します。

Comply

Comply™ (コンプライ™) は、1990年に創立されたHearing Components社によって開発されました。
comply

コンプライのイヤーピースは、素材に伸縮性のある「低反発ポリウレタン」を採用することにより、耳の穴に合わせて形状が変化し高い遮音性を実現します。

TrueGrip

truegrip tg-200

TrueGripは完全ワイヤレスイヤホンに適合するように設計され、外耳道をシームレスに密閉して音と通話の明瞭さを向上させる独自のテーパーデザインを備えています。

ZOLO LibertyTE-D01gTE-D01dPowerbeats PROElite Active 65tUA SPORT WIRELESS FLASHWF-1000XM3TWZ-1000
対応可否
遮音性

Truly Wireless Pro

Truly Wireless Pro ザワイヤレス

Truly Wireless Proは従来のイヤーピースに比べ、約半分ほどの高さで作られています。さらに、特許技術SmartCore™を採用し、幅広い軸径の太さに対応します。

ZOLO LibertyTE-D01gTE-D01dPowerbeats PROElite Active 65tUA SPORT WIRELESS FLASHWF-1000XM3TWZ-1000
対応可否××
遮音性

SpinFit

SpinFit(スピンフィット)は2009年に台湾で誕生したイヤーピースです。
Spinfit

特徴としては360°回転する独自のクッション構造により、指向性の強い高音域の改善と遮音性向上による低音域不足の改善、快適な装着感で長時間のリスニングも可能となります。

CP100Z

CP100Z

SpinFitのスタンダードモデルCP100をベースに完全ワイヤレスイヤホン用に傘と軸の高さを合わせて開発されたイヤーピースです。

ZOLO LibertyTE-D01gTE-D01dPowerbeats PROElite Active 65tUA SPORT WIRELESS FLASHWF-1000XM3TWZ-1000
対応可否×
遮音性

CP350

CP350

NuForceと共同で開発されたCP350は、高さが6mmほどの楕円系で半傘のイヤーピースです。数あるイヤーピースの中でも非常に薄く、伸びやかな高音域が特徴です。

ZOLO LibertyTE-D01gTE-D01dPowerbeats PROElite Active 65tUA SPORT WIRELESS FLASHWF-1000XM3TWZ-1000
対応可否
遮音性

CP360

CP360

CP360は、医療安全性規格ISO10993を取得した医療用グレードのシリコンを採用しており、アレルギーが出にくく異物感が少ない非常に柔らかな質感です。イヤーピースの内側の軸が、外側の傘よりも奥まった位置にあるのも特徴です。

ZOLO LibertyTE-D01gTE-D01dPowerbeats PROElite Active 65tUA SPORT WIRELESS FLASHWF-1000XM3TWZ-1000
対応可否
遮音性

AZLA

「AZLA」は、ポータブルオーディオ業界で長年勤めたアシュリー・リー氏が中心となって2017年に設立した新たなイヤホンブランド。そんなAZLAが創業準備の段階から約2年間かけて、788人の外耳道を分析し開発したのが「SednaEarfit」です。
sednaearfit

素材には安全性の高い医療用高温硬化型液状シリコンを採用。2層構造の軸とホーン型のホール形状、そして優れた装着性能による高い遮音性が特徴です。

SednaEarfit Short

SednaEarfit Short
一般ユーザーからミュージシャンまでを対象にしたフィールドテストで音の表現力において最も高い評価を得た硬度のスタンダードモデルです。

SednaEarfit Light Short

SednaEarfit Light Short
音の表現が若干マイルドながら、長時間使用しても耳道への負担が少ない硬度のライトモデルです。

ZOLO LibertyTE-D01gTE-D01dPowerbeats PROElite Active 65tUA SPORT WIRELESS FLASHWF-1000XM3TWZ-1000
対応可否×
遮音性
今回紹介した5種類のイヤーピースは、e☆イヤホン各店でお試しが可能!
あなたが普段使っているイヤホンにイヤーピースを付けることができるので、商品を買う前に実際の使用感を試すことができます。
あなたの耳に適切なイヤーピースを使って、毎日の通勤や通学を快適に過ごしましょう。

店舗情報はこちら

すべてのイヤーピースはこちら