完全ワイヤレスイヤホンを選ぶポイント

    • 接続安定性

      完全ワイヤレスイヤホンを電車内や
      繁華街で使う際に最も気になるのが、
      音が途切れてしまうこと。
      途切れにくい製品を見極めるポイントとしては

      ・左右の通信を磁気で行い、水中でも安定している
      NFMI(近距離磁気誘導技術)

      ・比較的新しいチップである証拠のBluetooth5.0

      ・新技術True Wireless Stereo Plusに対応する
      Qualcomm社製完全ワイヤレス専用チップセットQCC3026搭載

    • 接続安定性
    • バッテリー

      勤務中や長時間の移動など、
      こまめな充電が難しい環境で
      重要になってくるのがバッテリー。
      チェックすべきポイントは

      ・本体のみでの連続再生時間。
      バッテリーの残量によって親機を自動で切り替える
      ロールスワッピング
      という技術を採用したものは7〜10時間の再生が可能に。

      ・完全ワイヤレスイヤホンは本体を収納するケース自体にバッテリーを搭載したものがほとんど。
      ケースに戻す際に自動的に充電を行うので何回フル充電でき、
      合計の連続再生時間がどれくらいかというのも重要です。

      ・充電を忘れていた朝など、ちょっとした時間に充電するだけで通勤通学時も音楽を楽しめる急速充電

    • バッテリー
    • 装着感

      どれだけ魅力的な機能を有していても、
      耳にはまらなかったり外れやすいのでは意味がありません。
      こちらの特集ページでは、
      すべての完全ワイヤレスイヤホンに
      装着写真を載せています。
      より細かなフィット感を調整するうえでのポイントは

      ・遮音性に大きく関係するイヤーピース
      多くがS/M/Lの3サイズを付属しており、
      中には標準のイヤーピースとは別に用途別のイヤーピースが付属しているものがあります。

      ・耳甲介艇とよばれる耳の窪みにはめてよりフィット感を高める
      スタビライザー・イヤーウイング

    • 装着感
    • 使い勝手

      毎日使うものは、使い勝手が気になりますよね。
      せっかくなら痒い所に手が届く製品を選びたいもの。
      あると重宝するポイントは

      ・コンビニなどのお会計時に装着したままでも会話が出来る
      外音取り込み機能

      ・最新のAndroidスマートフォンやノートPCと共通の規格USB Type-C

      ・ソフトウェアのアップデートや各種設定が可能な
      専用アプリ

      ・スポーツやトレーニング、DIYに必須な防水防塵

      ・音量操作や曲送りのしやすさに関わる
      ボタン・タッチセンサー

      ・持ち運ぶ上で重要なケースのサイズ感

    • 使い勝手

おすすめ商品一覧

AVIOT

TE-D01d

  • TWS Plus対応予定
  • 長時間再生(9時間)
  • 防水(IPX4)
  • 外部給電可能
音質にも妥協しないコストパフォーマンス抜群!

イヤホンブランド『AVIOT』から第二世代モデル
『TE-D01d』が発売となります!

処理精度と音質のよさに定評があるクアルコムのチップセット「QCC3026」が搭載され
高音質コーデックであるaptXをサポート。
高級感を感じさせてくれる光沢ある塗装のデザインはかっこよく
比較的リーズナブルな価格を感じさせません。

なんといっても『TE-D01d』は1,800mAhの大容量バッテリーが
モバイルバッテリーとしても活用できるのが便利ですね!

中高域の優しい表現と低域は軸がブレず
音の輪郭がしっかりしており、全体的に解像度が高く
ボーカルがとても近く感じます。
同社の『TE-D01b』と比べて、低域の表現が豊かになっています。
是非、聴き比べていただきたいイヤホンです!

  • 装着画像
    装着画像
  • Youtube
    youtubeサムネイル
  • ブログ
    ブログサムネイル
注目度
高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感
連続再生時間
最大9時間
ケース合計
最大100時間
Bluetooth
Ver.5.0対応
対応コーデック
aptX,AAC,SBC

カラー
バリエーション

    • 急速充電(10分で2時間再生)
    • 長時間再生(9時間)
    • 外音取り込み機能
    • カナルワークス監修
    史上最高レベルの装着感

    今回は本格派な佇まいです。
    まず、ケースがすごい小さいです。トミカぐらいの大きさです。
    イヤーモニターのメーカー「カナルワークス」監修ということもあって個人的にワイヤレス史上最高レベルに装着感がいいです。
    タッチ操作ではなく、誤作動の心配がないボタン操作が可能です。

    中低域寄りのサウンドで、全体的にウォームで聴きやすいです。
    ハリがあって量感があるのに鬱陶しくないですね。
    こういうのを豊かって言うんでしょうか。
    ボーカルは近くはないですね。まず低域がボッと攻めてきてあとから追従してくるようなイメージです。スピード感はそこまでなく、下からトルクがあってゆっくり抜けていく感覚です。

    何より驚いたのが9時間の連続再生機能ですよね。
    ここまで持つなら何も言うことなしです。
    機能、装着感、音質とコンプリートしていると思います。素晴らしい。

    • 装着画像
      装着画像
    • Youtube
      youtubeサムネイル
    注目度
    高 域
    中 域
    低 域
    解像度
    遮音性
    装着感
    連続再生時間
    最大9時間
    ケース合計
    最大25時間
    Bluetooth
    Ver.5.0対応
    対応コーデック
    AAC,SBC

    ZERO AUDIO

    TWZ-1000

    • TWS Plus対応予定
    • 長時間再生(7時間)
    • 防水(IPX5)
    • 専用アプリ(2019年春リリース予定)
    低音の匠が作る完全ワイヤレスイヤホン

    お求めやすい価格で、低音の扱いに長けるイヤホンを多く手がけるZERO AUDIO。

    同社初となる完全ワイヤレスイヤホンは
    これまた同社初のグラフェンコート振動板を採用しつつも
    ZERO AUDIOらしい輪郭が丸く充実した量感の低音と
    鮮やかに華を添える高域とのバランスを保っています。

    小ぶりなだけで装着感が良いとは限らないところが
    顕著に表れる完全ワイヤレスイヤホンですが
    人間工学に基づいたデザインは耳道に向かって斜めに入る、
    イヤーモニターのようなしっかりとした装着感。
    同カテゴリの製品の中でも指折りの遮音性です。

    そのままでも十分優れた装着感ですが、よりワークアウトなどで安心して使いたい方は
    付属のイヤーウイングを用いれば激しく動いても問題ありません。
    本体もケースも防水対応なのがうれしいところ。

    ケースは小さめで、上着の内ポケットに入れても膨らみが気になりません。
    磁石で本体の収納とパタッと蓋の開け閉めが行われます。
    毎日使う製品ならこういう細かなところがうれしいですね。

    QCC3026を搭載することによる二つのメリット
    ・単体での長時間再生
    ・接続安定性の向上(将来的にTWS Plusに対応)

    この二つだけでも十分買う余地がありますが
    イヤホンメーカーらしい音楽を楽しむことを重視した完全ワイヤレスイヤホンを
    毎日のお供にいかがでしょうか。

    • 装着画像
      装着画像
    注目度
    高 域
    中 域
    低 域
    解像度
    遮音性
    装着感
    連続再生時間
    最大7時間
    ケース合計
    最大28時間
    Bluetooth
    Ver.5.0対応
    対応コーデック
    aptX,AAC,SBC
    • 防水(IPX7)
    • 外音取り込み機能
    スポーツ時に快適!JBLとアンダーアーマーのコラボレーションモデル

    JBLとアンダーアーマーのコラボレーションモデルの完全ワイヤレスが登場しました!
    見た目だと大きく見えますが
    装着感は圧迫感を感じさせない装着であり、IPX7と防滴に対応してるので良いです◎
    バッテリーケースも高級感のあるアルミニウムでカッコいいです。
    トレーニング時の会話に便利なトークスルー機能の切り替えもL側本体をタッチする
    だけで切り替えもできるのでスポーツ時でも楽にできます。

    全体的にかなり引き締まりのある音で解像度も高く
    ギターなどの音がキレがあり聴いていて気持ちよくなります。
    ドラムなどの打ち込みなども重低音というほどではありませんが程よく出ています。
    是非、スポーツ用でお探しはこちらを検討してみては!?

    • 装着画像
      装着画像
    注目度
    高 域
    中 域
    低 域
    解像度
    遮音性
    装着感
    連続再生時間
    最大5時間
    ケース合計
    最大25時間
    Bluetooth
    Ver.4.2対応
    対応コーデック
    AAC,SBC

    NUARL

    NT01AX

    • TWS Plus対応予定
    • 急速充電(15分で2時間再生)
    • 長時間再生(10時間)
    • 防水(IPX4)
    NUARLから最新クアルコムSoC搭載完全ワイヤレス登場!

    イヤホン単体の連続再生時間も約10時間も再生でき、
    対応コーデックもaptX、AAC、SBCに対応し様々な
    デバイスに対応してるので高音質に音楽を楽しめます。

    ドライバも硬い炭素素材のグラフェンを振動板にコーティングされてるため
    高域の表現、自然な伸びのある音は良いです◎
    低域の沈み込みも程よく鳴らしてくれるのでバランス良くできてると思います。

    1万円台の完全ワイヤレスでお悩みの方は是非、こちらも候補に入れてみては!?

    • 装着画像
      装着画像
    • Youtube
      youtubeサムネイル
    注目度
    高 域
    中 域
    低 域
    解像度
    遮音性
    装着感
    連続再生時間
    最大10時間
    ケース合計
    最大35時間
    Bluetooth
    Ver.5.0対応
    対応コーデック
    aptX,AAC,SBC
    • 急速充電(15分で2.5時間再生)
    • 防水(IPX5)
    • USB Type-C
    • 3年保証
    遂にRHAから完全ワイヤレス初登場!!

    ケースはマットな質感であり、高級感を感じられます。
    個人的には充電口がtype-Cに対応してるのも地味に嬉しいところです。

    低域の迫力がけっこう強いと感じました。中低音がしっかりしており
    ボーカルも埋もれることがないのでスピード感のあるメタルやロックを聴くのが合うのでないかなと思います。高音も刺さることがないので全体的にバランスがいいです!
    前から見ても、装着時も耳から飛び出るような感じで装着感に不安を持ってる方もいるかもしれませんが、そんなことありません!
    しっかりと耳の奥にフィットするので耳から簡単に落ちてしまうということはないと思います。

    全体的にスペックも高く、メーカー保証も3年なので安心できます

    • 装着画像
      装着画像
    • Youtube
      youtubeサムネイル
    • ブログ
      ブログサムネイル
    注目度
    高 域
    中 域
    低 域
    解像度
    遮音性
    装着感
    連続再生時間
    最大5時間
    ケース合計
    最大25時間
    Bluetooth
    Ver.5.0対応
    対応コーデック
    AAC,SBC

    SONY

    WF-SP900

    • メモリ内蔵(4GB)
    • 防水防塵(IP65/IP68)
    • USB Type-C
    • 専用アプリ
    水にも強い、内蔵メモリ4GB搭載!

    SONYから内蔵メモリを4GB搭載し、IPX8相当の防水、海水対応に耐寒性能がついている
    完全ワイヤレスイヤホンが登場しました。
    装着感は耳から飛び出るような形状ではなく、耳に沿うような装着感でありスッキリしています。
    1BAのため、高音から低音までバランスよく鳴らしてくれます。
    低音好きな方にはやや物足りないのかなと感じます。
    外音取り込みははっきりと聞こえるので聞きやすいです。

    内蔵メモリの再生時もMusic Centerアプリで楽曲のリストを表示したり選曲することが可能であり
    L側のボタン3度押しでプレイヤー/ヘッドホンモード切り替え など操作が簡単なので使いやすいのもいいところです!

    完全ワイヤレスの進化も凄いなと思わせるような商品です!

    • 装着画像
      装着画像
    • Youtube
      youtubeサムネイル
    • Youtube
      youtubeサムネイル
    • ブログ
      ブログサムネイル
    • ブログ
      ブログサムネイル
    注目度
    高 域
    中 域
    低 域
    解像度
    遮音性
    装着感
    連続再生時間
    最大6時間
    ケース合計
    最大21時間
    Bluetooth
    Ver.5.0対応
    対応コーデック
    AAC,SBC

    カラー
    バリエーション

      audio-technica

      ATH-SPORT7TW

      • 急速充電(10分で45分再生)
      • 防水(IPX5)
      • 専用アプリ
      フィット感抜群!力強い音!!

      audio-technicaから初スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホンが登場しました!
      イヤホン本体は大きいと見た感じではありましたがそれを覆すような抜群の装着感です!!
      音量、曲送りなどの操作もタッチセンサーでの操作なので操作性は良いです。
      こちらの機種は中低音の音の輪郭がしっかりしており、スポーツ中でも気分が上がるような音作りです。
      比較的、高音もしっかり出てますのでバランスが非常にいいです。

      L側イヤホンを長くタップするとヒアスルー機能が起動し、かなり周りの音が聴きやすくなります。
      屋外でのワークアウトでも安心して使えると思います。

      スポーツ使用時にも出勤、通学でもトータルにオススメできる完全ワイヤレスイヤホンです!

      • 装着画像
        装着画像
      • Youtube
        youtubeサムネイル
      注目度
      高 域
      中 域
      低 域
      解像度
      遮音性
      装着感
      連続再生時間
      最大3.5時間
      ケース合計
      最大17.5時間
      Bluetooth
      Ver.5.0対応
      対応コーデック
      AAC,SBC

      カラー
      バリエーション

        • 急速充電(15分で45分再生)
        • 専用アプリ
        間違いなく語り継がれる名機

        待望のBoseトゥルーワイヤレス登場です!デザインかっこいいです!
        少し大きいかな?と見たときは思いましたが装着感がものすごくいいので違和感なしです。

        このイヤホン、強みが多すぎて個人的に最強なのでは?と思っております。
        まず音質はBoseの武器である豊かで上質な低域と透明感のあるボーカルが最高です。
        そして先ほども書いた装着感。これはトゥルーワイヤレスで最重要なポイント
        だと思いますが、激しい運動をしても落ちません。
        そして運動といえば汗!もちろん防水機能付きでIPX4に対応しているので安心です!
        しかも『イヤホンを探す』機能!イヤホンが最後にペアリングした場所を教え
        てくれたり、イヤホンから音を出すこともできるので
        『部屋が散らかっててなくしちゃたよ〜』という方も安心です!

        もうトゥルーワイヤレスの理想を体現したかのような製品となっております。
        ただし!音漏れがそこそこしますのでご注意を。

        ワイヤレスイヤホンをお探しの方は必聴です。
        聴けばわかる、欲しくなる(至言)

        • 装着画像
          装着画像
        • Youtube
          youtubeサムネイル
        • ブログ
          ブログサムネイル
        注目度
        高 域
        中 域
        低 域
        解像度
        遮音性
        装着感
        連続再生時間
        最大5時間
        ケース合計
        最大15時間
        Bluetooth
        非公開
        対応コーデック
        非公開

        カラー
        バリエーション

          • 急速充電(15分で1.5時間再生)
          • 防水防塵(IP56)
          • 外音取り込み機能
          • 専用アプリ
          迷うこともなくコレ!音のカスタマイズもできちゃう!

          JABRA完全無線イヤホンの第3世代「Elite 65t」の近未来的な外観から一転。文字通りアクティブなイメージが強い外観に変更されました。

          変更点は付属のイヤピースや、防水能力とフィット感の向上となっています。IP56となったことで直接噴流に対する保護が盤石になり装着しつつシャワーなども安心ですし、イヤホンのボディをマットな質感に変更したので滑りづらく手によく馴染む。
          そのおかげで装着感がとんでもなく良いです。上下左右に激しく頭を振ってもズレないうえ、
          しっかりハマった状態ですとノイズキャンセリング機能がついていないのに全く外の音が聞こえてこないので、音楽に容易に集中できます。

          その音がまた立体感の強いいわゆるハイレベルな音なんですね。
          各帯域の音がしっかりと分離していて、どこからどれくらいの強さでなっているのかがよくわかる。「Elite 65t」と比べても低音の量感は少なめで、ちょっとドライな印象ですが、見通しがよく輪郭は濃いので、ふとした瞬間に自分が聴いていた音楽にはこんなにも情報量が多く内包されていたのかと気づかせてくれます。

          動いているときは足裏の骨を通ってきてしまう音があり、少し派手に鳴らしたほうが聴こえが良いなんて方もいると思います「Jabra Sound+」という専用のアプリを使うことで自分好みにサウンドチューニングできるので、環境や用途で自分の最適にしましょう。

          片側に音量、曲操作のボタンが集約されているうえに、通話の際は周りの音をカットしてくれる高性能マイクがついていてプライベートや、ワーキング、マルチに使う方もこれで満足できるはず。オススメです

          • 装着画像
            装着画像
          注目度
          高 域
          中 域
          低 域
          解像度
          遮音性
          装着感
          連続再生時間
          最大5時間
          ケース合計
          最大15時間
          Bluetooth
          ver.5.0対応
          対応コーデック
          非公開

          カラー
          バリエーション

            • 外音取り込み機能
            • USB Type-C
            • 専用アプリ
            • 2年保証
            待望のトゥルーワイヤレス

            SENNHEISERから待望の完全ワイヤレス登場です。
            装着感はよく、ケースもコンパクトで、取り回しは素晴らしいですね。
            ペアリングはハウジングを5秒間タップ。結構しっかりとタップする必要があります。

            音質に関してですが、全体的にバランスよく出ています。
            低域は大人しめ、高域は管弦の伸びが少し苦しいです。
            ボーカルは聞きやすくて耳当たりは優しいです。
            良くも悪くも尖ったところがない普通にいい音だと思います。
            だからこそアプリのイコライザが活きると言えるでしょう。

            対応コーデック、装着感と優秀ですし、アプリで音質も弄れます。タップ操作も慣れれば便利。
            是非ご視聴ください。

            • 装着画像
              装着画像
            • ブログ
              ブログサムネイル
            注目度
            高 域
            中 域
            低 域
            解像度
            遮音性
            装着感
            連続再生時間
            最大4時間
            ケース合計
            最大12時間
            Bluetooth
            Ver.5.0対応
            対応コーデック
            aptX LL,aptX,AAC,SBC

            MASTER & DYNAMIC

            MW07

            • NFMI
            • USB Type-C
            • 2年保証
            持っていたいイヤホン

            AirPodsを皮切りに2018年は完全ワイヤレスの主流化が進んでいます。
            有線のイヤホンのように機能、デザイン、価格、音質と様々な
            目線から選べるようにまでなりました。
            接続の安定度から始まり、色々なベクトルで進化していきましたが、
            今回のMW07は「ラグジュアリー」。
            まずは鏡面仕上げのステンレスケース。
            オイルライターを開け閉めするような開閉時の感触はいつまででも
            触りたくなってしまいます。
            また指紋がくっきり付いてしまう鏡面のバッテリーケースですが、
            ピッタリサイズの専用ポーチが付属しているので傷なども気にせず
            鞄にも入れられます。
            そして宝石のような美しいフェイスプレートは今迄になく、
            一見イヤホンとは思えません。
            一方、筐体内側はソフトなフィンが付いており装着感も優しく
            安定した着け心地です。
            サウンドは、10丱スタムベリリウムドライバー搭載で、艶やかで暖かい音。
            低音の量感は少し多めですが主張し過ぎず解像度もしっかりしています。
            見た目と音質だけでなく、クイックペアリング機能、脱着時に自動で
            再生停止、NFMIでの接続と機能面も充実。
            高級感溢れるワンランク上の最新機種となっております。

            • 装着画像
              装着画像
            • Youtube
              youtubeサムネイル
            注目度
            高 域
            中 域
            低 域
            解像度
            遮音性
            装着感
            連続再生時間
            最大3.5時間
            連続再生時間
            最大14時間
            Bluetooth
            Ver.4.2対応
            対応コーデック
            aptX,AAC,SBC

            カラー
            バリエーション

              おすすめ関連リンク

              • 予算1万円以下から選ぶ!おすすめの完全ワイヤレスイヤホン
              • ワイヤレスイヤホンの正しい選び方
              • イヤホンジャックのないiPhoneで有線イヤホンを使う2つの方法
              • ながら聴きで新しい音楽体験

              おすすめ関連ブログ

              週間ランキング