• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

4の商品が見つかりました。  1-4件を表示

HIFIMAN

ANANDA

総合満足度

5.0

高音の質

4.6

中音の質

4.9

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.3

音場

4.1

遮音性

0.5

音漏耐性

0.4

すんごい綺麗な音

QP2Rとpoly持ってぷらぷら視聴して凄いの見つけちゃった感じです。
私的な感性ですがT1やT5pより解像感が高く、とにかく綺麗な音です。透明感が高い。10万でこの音出しますかとかなり衝撃的でした。DAPでこの音は反則ですよ。そして持ち帰りましたがUD-505で聴いたらまたびっくり。2、30万クラスと解像感が同等でした。分離良し、空間良し。とても綺麗な美音です。あまり似た音が無いです。唯一足りないのは抑揚や感情表現でした。まあそこが欲しい時はLCD-3とかedition5とか使えばいいだけなので。素直にDAP直刺しが良いかと。ただこれオープン過ぎてダダ漏れだしダダ聞こえだし、ポータブルする人はまずいないと思いました。家でゆっくり的なやつですか。うーむ、しかし家でゆっくり聴いてたら嫁にうるせぇと言われましたねやっぱり。先の方の言うこと聞いとけばよかったかな。どこで使うのが許されるのかわからない品です。いまのとこはみんな寝てから使ってますが。それでも10万クラスでは頭一つ抜けた存在です。鳴らし易さもピカイチです。

ひまりの父 さん

(2019/08/16)

9

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

0.5

音漏耐性

0.5

color:規格なし

隙のないナチュラルサウンド

嫌な音を全く出さず、装着感がソフトなのでいくらでも聴いていられる完成度の高いヘッドホンです。
眠い音というわけではなく、解像度が高いのに聴き疲れしない絶妙な塩梅。
刺激が欲しい人には物足りないかもしれませんが、視聴だけでもする価値があるのではないでしょうか。
音漏れが盛大に発生することだけは注意が必要です。

てきとう さん

(2019/04/23)

7

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

0.5

音漏耐性

0.5

color:規格なし

こいつは買いです

HIFIMANさんのヘッドホンが評判が良いときいて試聴してきました。

一言で音について述べると高域から低域まで隙がありません。解像度が高くキレッキレのため楽器もしっかり分離し、かといってその音が痩せ細るわけでもなく素直に抜けていき非常に良い音です。
平面駆動ドライバーというと低音がネックというかつまらない事が多いですがANANDAは量感としてはともかく不満のない、キレよくしっかりした低音を出してくれます。

重さとしてもそこまで重くなく装着感も柔らかいイヤーパッドやヘッドレストの形のお陰か非常に良いため家でゆったりリラックスしながら使うことができるでしょう。

欠点とも言えない欠点ですが、このヘッドホンは開放型のなかでも滅茶苦茶音漏れします。耳にスピーカーレベルでハウジングのあみあみから透けて見える程なので、奥方がいらっしゃる場合は要注意です。もう使わないで!と怒られないように気を付けましょう(笑)

3年ぶりくらいのほしいヘッドホン さん

(2019/01/06)

18

満足度

4.5

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

0.5

音漏耐性

0.5

color:規格なし

音が良くて駆動しやすく装着感も良い大変良く出来たヘッドホンです

開放型ですので遮音性はなく音漏れは盛大ですが、とにかく音が良いヘッドホンで、ポータブルデジタルオーディオプレイヤー(DAP)でも駆動できる使いやすさと装着感の良さもあり、この価格帯では出色の出来だと思います。

音質については低域~高域にかけてバランスがよく、音場も広く感じられます。一つ一つの音の分離がよく解像度の高い音なのですが、聴き疲れすることもなく、心地よい中~低域のおかげで気持ちよく音楽に浸ることができます。このくらい音の良いヘッドホンを買おうとすると従来は大変高額で、また据え置きアンプでないと十分駆動できないかったりするものでしたが、この価格帯でDAPで駆動可能、しかも平面駆動型というのは本当に驚くべきことだと思っています。それでも決して安くは無い値段ではありますが、それなりに駆動力のあるDAPやポータブルヘッドフォンアンプで十分楽しめますので、このヘッドホンを1本買っておけばアンプにそれほど追加投資しなくて済むことを考えると、やはりコストパフォーマンスは良いと言えると思います。

ケーブルはfinal D8000用やSONY製のMDR-Z7、MDR-Z1R用のもの、T1 2nd Generationのものが使えますので、リケーブルも色々と楽しめます。私はSONYのMUC-B20SB1 4.4mmバランスケーブルに武蔵野レーベルの4.4mm5極バランスメスプラグ→2.5㎜4極バランスL字プラグ変換ケーブルでOPUS#3で鳴らしていますが、ボリューム120くらいで十分音良く、また過不足無く鳴らせています。OPUS#3は10万しないDAPですので、HIFIMAN ANANDAとの組み合わせは値段的にもバランスが良く、お勧めの組み合わせです。据え置きですと、ACRO L1000も10万くらいですので、ACRO L1000との組み合わせも価格帯が同じで音も駆動力も申し分なくお勧めです。

このヘッドホンは作りがそれほど頑丈ではないので、音漏れや外音遮断性が皆無であることを考えると持ち運んで外で使うことには向いておらず、自宅での使用が主になると思いますが、エントリークラスではなく、10万円前後の価格帯で、外使いしないことを前提でとにかく音が良く鳴らしやすいヘッドホンを探しているなら間違いなくお勧めできるヘッドホンであると言えます。

はしもと さん

(2018/11/17)

24

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

0.5

音漏耐性

無評価

color:規格なし