• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

水月雨 (MOONDROP)

S8

生産終了品

水月雨 (MOONDROP)

S8

  • 新品

¥89,910 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

6972585500210

  • 在庫状況

数量

e☆イヤホン買取センター

買取価格

¥45,000 税込

上記、提示価格は買取上限金額です。
実際の買取価格は査定に準じます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細
  • レビューレビューあり

S8

  1. 斬新的な 8 ドライバー3 ウェイ設計
    低域は Sonion 37 シリーズの BA ドライバーを 2 基搭載し、ドライバーの筐体背面にポートを設け空気室を設置する独自設計を採用。
    通常の密閉型 BA ドライバーに比べ振動板の大きな振れ幅と自由な動きを確保し、オープン型 BA ドライバーよりも歪みの少ないクリアな音質で、
    ダイナミックドライバーのような低音域の深さとスピード感を両立させました。

    中域には好評を得た前モデル「A8」の“水月雨チューニング”を受け継ぎ、独自開発のカスタマイズBA ドライバー Softears D-MID-B を4 基採用。
    VDSF(Virtual diffusion sound field)技術を応用し、ドライバー本体と電子回路の改良によって「A8」よりさらに柔らかなボーカル、ナチュラルなサウンド、
    細部まで表現できる解像度を実現しました。
    高域には Knowles SWFK シリーズを 2 基搭載。
    モデルが多い高域 BA ドライバーの中から、歪みが少なく高域の伸びが良いドライバーを選定し、音場感豊かなサウンドに仕上げました。
    hoge画像
  2. 6N OCC(単結晶銅)の内部配線
    高音質を実現するために、特別のオリジナル Litz 6N 高純度 OCC (Ohno Continuous Casting:単結銅)
    を使用した内部配線。また、接続には高品質の銀入りハンダを使用し、細部までこだわりを持って製造しました。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバーユニット 8 ドライバー(BA)
Low×2、Mid×4、High×2
クロスオーバー 3 ウェイ・クロスオーバー
再生周波数帯域 20~20,000Hz
感度 122dB/Vrms(@1kHz)
インピーダンス 16Ω(@1kHz)
ケーブル Litz 4N-OFC(無酸素銅)
ケーブルコネクタ 0.78mm 2Pin
入力プラグ 金メッキ 3.5mm ステレオミニ

商品詳細

S8

  1. 斬新的な 8 ドライバー3 ウェイ設計
    低域は Sonion 37 シリーズの BA ドライバーを 2 基搭載し、ドライバーの筐体背面にポートを設け空気室を設置する独自設計を採用。
    通常の密閉型 BA ドライバーに比べ振動板の大きな振れ幅と自由な動きを確保し、オープン型 BA ドライバーよりも歪みの少ないクリアな音質で、
    ダイナミックドライバーのような低音域の深さとスピード感を両立させました。

    中域には好評を得た前モデル「A8」の“水月雨チューニング”を受け継ぎ、独自開発のカスタマイズBA ドライバー Softears D-MID-B を4 基採用。
    VDSF(Virtual diffusion sound field)技術を応用し、ドライバー本体と電子回路の改良によって「A8」よりさらに柔らかなボーカル、ナチュラルなサウンド、
    細部まで表現できる解像度を実現しました。
    高域には Knowles SWFK シリーズを 2 基搭載。
    モデルが多い高域 BA ドライバーの中から、歪みが少なく高域の伸びが良いドライバーを選定し、音場感豊かなサウンドに仕上げました。
    hoge画像
  2. 6N OCC(単結晶銅)の内部配線
    高音質を実現するために、特別のオリジナル Litz 6N 高純度 OCC (Ohno Continuous Casting:単結銅)
    を使用した内部配線。また、接続には高品質の銀入りハンダを使用し、細部までこだわりを持って製造しました。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバーユニット 8 ドライバー(BA)
Low×2、Mid×4、High×2
クロスオーバー 3 ウェイ・クロスオーバー
再生周波数帯域 20~20,000Hz
感度 122dB/Vrms(@1kHz)
インピーダンス 16Ω(@1kHz)
ケーブル Litz 4N-OFC(無酸素銅)
ケーブルコネクタ 0.78mm 2Pin
入力プラグ 金メッキ 3.5mm ステレオミニ

満足度

5.0

高音の質

5

中音の質

4.8

低音の質

4

細やかさ

5

迫力

4.3

音場

4

遮音性

4.8

音漏耐性

4.8

2人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

透明感溢れるサウンドとデザイン

試聴環境:FiiO M5



試聴曲

Michael Jackson /Black Or White

東京事変 / 幕ノ内サディスティック

レキシ /GOEMON feat. ビッグ門左衛門 (三浦大知)



圧倒的な解像度の高さにまず驚かされます。

全体的に満遍なく鳴ってくれ、音の粒立ち・分離感の良さはさすが。



横の広さはそんなに広くないのでここで好みが分かれるところだとおもいますが、このイヤホンの凄いところは、縦の立体感が半端なく広いところ。



奥行きがとにかくあり頭の上から足先まで真っ直ぐに1本の線が引かれたかのように立体感があるんです。どこの音が前で、後ろなのかが距離感がはっきり掴めるところが素晴らしく、力強さや繊細さももちあわせているので
ドラムのスネアのハリの良さで研ぎ澄まされたシンバルの残響音、バスドラムのパワフルさもしっかりと再現されておりそれにより臨場感も程よくございます。



低域は丸みがあり太めで抜け方が自然で気持ちがいいくらいやさしく留まってくれます。余韻を逃しません。大好物な低域です。
ムーンドロップの低域は本当に優しい。中高域の解像度の高さ、真っ直ぐさとうまくバランスをとっているんだろうなと感じます。



優しく後ろからふわーっと包み込んでくれるボーカルは滑らかで主張は少なめですが柔らかくてブレスの時の空気の抜けが生々しく妖美で儚げです。立体的に広さがあるのでコーラスが綺麗にかさなりさらに美しいハーモニーが生まれます。



ごちゃつくことがない素晴らしい分離感にあっぱれ。耳あたりが凄くいいです。そして高域の真っ直ぐさとぎゅっと濃縮された音が圧倒的解像度と奥行きをつくりだします。



シンセサイザーなどの電子音との相性がめちゃくちゃ相性が良くバネのように弾んだと思ったらピアノのタッチの繊細さやストリングはしっとりと余韻を残しつつ伸びていってくれる。ギターのストロークの軽やかさ、ちからづよさがわかる。楽器ひとつひとつの音がしっかりと本来の美しさが発揮できておりPOPSなどを聴くと曲の奥行きのひろさが分かりこのイヤホンの良さが良くわかります。



横の広さが狭めな分妙にリアリティに感じ、より身近に音楽を感じられる気がして本当に聴き惚れしてしまいそうです。急に楽曲内にドアのノック音が鳴った時『びくっ!』っとしました。曲によってガラッと印象かわる凄く楽しいイヤホンなのでいろんな曲にもお勧めです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by みくぺ   2020/04/07

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

3.5

細やかさ

5.0

迫力

2.5

音場

3.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

良好な解像感とコンパクトな鳴りが特徴

【試聴環境】

PAW 6000、iPhone純正アダプタ



【試聴アルバム】

下村陽子「Kingdom Hearts Orchestra -World Of Tres- Album」「KINGDOM HEARTS Concert -First Breath- Album」

Linked Horizon「真実への進撃」





ダイナミック型のカナル式あるいはイントラコンカ式のイヤホンでマニアに知られる「MOONDROP」から、高価格帯のイヤホン「S8」が登場しました。



8ドライバーという数値的なスペックとは裏腹に、非常にシェルがコンパクトで、装着感もすこぶる快適です。この「S8」、装着感だけで推せます。本当に8ドライバー入っているの?と思うのですが、とても透明度の高いクリアシェルなので中まで全部見えちゃいます。



音の印象については、あらかじめ申し上げると人によって好みが分かれそうです。僕は好きな方でした。



まずこのイヤホンの強みとして、おそらく誰が聞いても程度の差はあれ「圧倒的に解像度が高い」という印象を抱かれると思います。定位感など、極めて端正な整い具合は、ミドルクラスの多ドライヤホンでも群を抜いています。スネアなどにもブレがありません。もともとダイナミックドライバー1発のみの品質がよいイヤホンを多く手掛けているメーカーだけあるのでしょう。シンバルあたりの帯域の解像感が他より少し良いところはやや特徴的かも。



そして、非常に音のバランスが整っている上に解像度が高い、そんなイヤホンのどこに好みの差が表れそうなのかというと、「余裕のない狭さ」です。



誤解のないように先に説明しますと、この音の狭さというのは必ずしもイコール音場が狭いということではないです。むしろ、S8は定位感がめちゃくちゃ良いので、ホールで録音したオーケストラ音源などを聴いても、各パートの位置関係など表現しなければならない部分は余裕でクリアできています。遮音性が高いので外の音に邪魔されず、綺麗な音色に浸れます。



で、話を戻しますと、このS8は音の鳴り方が狭いです。これをわかりやすく伝えるのが難しいのですが、他のイヤホンであればボリュームを上げたら音圧が上がってうるさいというだけのところ、S8の場合は「ボリュームがこれ以上上がったら音が歪みそうだな」という天井が把握できるようなイメージです。ETYMOTICのイヤホンを聴いたことがある方には聴き覚えのある感覚かもしれないですね。ETYMOTICの「狭い鳴り」はそのままに、多ドライヤホンらしくもっとスケールを拡大したような、そんな印象があります。



密閉型ならではのギュっと詰まった鳴りを、妥協のない高い解像度で味わいたいなんて方にはベストマッチかもしれませんね。めちゃくちゃ好きなんていうスタッフもいましたので、高い遮音性をお求めの方には是非候補に入れていただきたい製品です。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by のの   2020/03/19

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

可愛いデザイン、綺麗なサウンド

1か月ほど使用してやっと、S8の楽しさがわかってきた気がします。
【使用環境】
BTレシーバ―:Oriolus1795で無線化して、スマホと接続
ケーブル:Hadal
イヤーピース:Mercury , XELASTEC

よく磨かれたガラスのような透明感を感じさせる綺麗な音がとても気に入っています。

見た目も可愛らしいS8は、派手さを持たないけれど素直な美人というイメージを連想させます。
どの帯域も主張は少なめながら基礎的に分離感・解像度が優れているため、優等生らしくどんな曲でもすっきりと気持ちよく聴かせてくれます。ただし、低音の迫力にはやや欠けています。

主張が少なくなめらかで、優しく透明な音質は長時間のリスニングでも一向に快適さを損ないません。いつまでも聴いていても聴き疲れしない点は、日常使いにはまりました。

筐体もおさまりがよく装着感は良質でしたが、個人的にはシリコン製イヤーピースでは歩きながらの使用中にだんだんと不快感が出始めまして、デコニのMercuryに変えたところ一切負担のない装着感となりました。

なお腰据えて聴くときにはSednaEarfit XELASTECに変えると、フィット感もアップし、サウンドは抜群に気持ちよくなりました(S8と色が合っている点もグッド)。

続きを読む

はみる さん (2020/08/16)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

完成度の高い優等生サウンド

kxxs、Chaconne、Spaceship とその音質には定評のある水月雨の新作フラグシップ「S8」がついに国内でも登場しました。

従来の機種が 1DD にこだわったイヤホンだったのに対し、S8 は一転して片耳 8 BAドライバの多ドラ構成です。
海外では同じ8BA構成の A8 という兄弟機が出ており、その改良型フラグシップ機として S8 は開発されています。
先行販売されていた海外版は、その完成度の高さに高評価のレビューが多数あり、国内販売が待ち遠しかった製品でしたので、即購入しました。

水月雨の目指している音作りは、中高音域を重視した美麗サウンドのようですが、S8もこの流れを継ぐ透明感の高いサウンドに仕上がっています。

S8を一言で表せば、BA版 kxxs です。
kxxs と比較すると、BAらしい高い解像度に気が付くと思います。このイヤホンの得意とするのは、輪郭のハッキリとした高音域です。シンバルやベル等の音が入った曲、ピアノサウンドなどは非常に合います。

全体的な音の表現は、多 BA らしい密度の高い鳴り方をします。
空間の再現方法としては、個人的にはやや kxxs の方が好みな印象を受けますが、良い悪いというよりも好みの領域だと思います。

音の鳴り方としては、全域において特定の帯域を強調するような感じはしません。
特に合う楽曲としては、クラシックやジャズといった生楽器が使われているジャンルがピッタリです。
従来の水月雨のイヤホンをご存じの方はお判りでしょうが、S8 も低音域は出ていますが、もう一押し欲しいかなと感じる鳴り方をします。ですので、EDM 系の曲をメインとしている方はもっと低音重視のイヤホンの方がより楽しめるかもしれません。

とは言え、音の出力は非常に高いレベルですので、基本的にはどのようなジャンルでもソツなく鳴らす優等生サウンドと言えます。

音以外の面でも、製品としてのトータルの完成度は高いです。
医療グレードの透明レジンのハウジングは見た目も綺麗ですし、耳にフィットしやすくできており、満足感の高い仕上がりになっています。

水月雨が自信を持って放つフラグシップ BA 機がどんなサウンドを奏でるのか、是非ご自身の耳で体感される事をお勧めします。

続きを読む

mag さん (2020/04/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2