• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

水月雨 (MOONDROP) (スイゲツアメ ムーンドロップ)

MOONRIVER2

  • 新品
  • 新着

¥27,900 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

6972585500951

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥17,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

タナトス

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

音も見た目も超インパクト!

数々の人気イヤホンを生み出した水月雨(MOONDROP)よりスティック型アンプが登場しました!

試聴環境:Galaxy S21

本体とケーブル共に目を引く奇抜なデザインですが、音にもその奇抜さが見受けられ、3.5mmと4.4mm共にクール系のカッチリと硬派なサウンドになっています。

空間の描写ですが狭すぎず広すぎないタイプで、近めの距離感で鳴らしてくれております。

その為、同社の製品だとBlessing2と言った重心がやや低めのイヤホンかVARIATIONSなどの厚みのある低域がありつつ広がるモデルと組み合わせると聴きやすいかと思いますね!

りょうにぃ

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

シンプルに音が良い!クセの少ない優秀なアンプ

航空用アルミニウム合金によって成形された、独特な形状が目を惹きます。ごつごつとした印象ですが、非常に軽量で取り回しはしやすいです。

iPhone の純正の変換ケーブルと比較しながら試聴してみました。こういったスティック型のアンプの中でも非常にクセが少なく、どんなイヤホンにも合わせやすいと感じます。元のバランスを崩すことなく、程よい味付けで音像がはっきりとし、厚みのあるサウンドが楽しめます。

純正の変換ケーブルよりも音場がより立体的になり、しっかりとした音質の向上が感じられる点が好印象でした。レンジもグッと広がるので、音楽への没入感が増しますね。

出力も非常にパワフルで、ヘッドホンの駆動も問題なさそうです。Empire Ears「ESR」で試聴しましたが、まだまだボリュームには余裕がありました。S/N 比も良好で、不快なノイズは一切感じません。

今までスティック型のアンプの音質に満足できなかった方も、試す価値アリの良質なアンプです。是非一度、ご試聴ください!


試聴環境
プレイヤー:iPhone XR (Apple Music)
イヤホン:Empire Ears ESR

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

MOONRIVER2

  1. 高解像度のロスレスオーディオ形式対応
    CD ロスレスの 16 ビット/44.1kHz、マスタリンググレードの 24 ビット/192kHz、または、音源が見つかりにくい 32 ビット/768kHz でも問題ありません。数ギガバイトの DSD256 の音源に直面した場合でも、すべて対応することができます。
  2. ハイエンドデコードチップ「CS43198」を 2 基搭載
    世界的に有名なオーディオ集積回路メーカーCirrus Logic のフラグシップチップ「CS43198」を 2 基搭載。デジタルからアナログへの高い変換パフォーマンスを実現します。
    hoge画像
  3. パワフルな出力
    2 つの高性能デュアルオペアンプチップの 4 チャンネル増幅により、最大 4Vrms のバランス出力を備えています*。HiFi カナル型イヤホンはもちろん、300Ωのインピーダンスを持つフラッグシップヘッドホンでも問題ありません。
    *4.4mm バランスハイゲインモード出力
  4. ポータブル HiFi のパフォーマンスの頂きを目指す
    最大 131dB のダイナミックレンジ、0.0001×%というミラクル級の低歪み、そして 116dBを超える高い SINAD。
    hoge画像 hoge画像
  5. 131dB の高い S/N 比
    感度の高いイヤホンでもバックグラウンドノイズが聞こえにくいです。
  6. 3.5mm シングルエンド・4.4mm バランス ダブル出力
    4.4mm バランスイヤホンが使用でき、通常のイヤホンも使用できます。
    hoge画像
  7. Android スマホとタブレット、iPhone、PC(Windows)対応
    「MOONRIVER2」には Type-C to Type-C ケーブル、Type-C to Type-A 変換アダプタを付属しています。このケーブルと変換アダプタを使用して、Android スマホとタブレットを接続でき、コンピューターにも接続することができます。
    ※PC(Windows)で DSD をデコードするために、専用のドライバをインストールする必要があります。ドライバは水月雨及び CHIKYU-SEKAI の公式 WEB サイトでダウンロードできます。
    ※一部の端末では外部デバイスへの電源供給に制限があるため、完全に対応できない場合がございます。
  8. “アルミニウム掘り”構造、絶妙な技量と細部へのこだわり
    軽量な航空用アルミニウム合金を CNC 精密機械加工で作らせています。付着部の自然損耗を防ぐために、ネジで固定されています。丈夫で耐久性があります
    hoge画像
  9. 「ポストモダニストスチームパンク」の美学に沿った付属ケーブル
    付属の Type-C to Type-C ケーブルは、銀メッキコア、並列配置、低インピーダンス、低干渉です。「ポストモダニストスチームパンク」の美学に沿った完全に透明なケーブルデザインです。
    *「ポストモダニストスチームパンク」は水月雨社の社長 鄭氏が作った言葉

製品仕様


■ スペック
出力端子 3.5mm シングルエンド
4.4mm バランス
周波数応答範囲 6~85,000Hz(±1d)
ノイズフロア 3.5mm:1.2μV(AES17 20KHz)
4.4mm:1.5μV(AES17 20KHz)
S/N 比 3.5mm:123dB(A 特性)
4.4mm:131dB(A 特性)
出力レベル 3.5mm:2Vrms (High),1.4Vrms(Low)
4.4mm:4Vrms (High),2.8Vrms(Low)
付属品 Type C to Type C ケーブル
Type C(メス)to Type A(オス)変換アダプタ

商品詳細

MOONRIVER2

  1. 高解像度のロスレスオーディオ形式対応
    CD ロスレスの 16 ビット/44.1kHz、マスタリンググレードの 24 ビット/192kHz、または、音源が見つかりにくい 32 ビット/768kHz でも問題ありません。数ギガバイトの DSD256 の音源に直面した場合でも、すべて対応することができます。
  2. ハイエンドデコードチップ「CS43198」を 2 基搭載
    世界的に有名なオーディオ集積回路メーカーCirrus Logic のフラグシップチップ「CS43198」を 2 基搭載。デジタルからアナログへの高い変換パフォーマンスを実現します。
    hoge画像
  3. パワフルな出力
    2 つの高性能デュアルオペアンプチップの 4 チャンネル増幅により、最大 4Vrms のバランス出力を備えています*。HiFi カナル型イヤホンはもちろん、300Ωのインピーダンスを持つフラッグシップヘッドホンでも問題ありません。
    *4.4mm バランスハイゲインモード出力
  4. ポータブル HiFi のパフォーマンスの頂きを目指す
    最大 131dB のダイナミックレンジ、0.0001×%というミラクル級の低歪み、そして 116dBを超える高い SINAD。
    hoge画像 hoge画像
  5. 131dB の高い S/N 比
    感度の高いイヤホンでもバックグラウンドノイズが聞こえにくいです。
  6. 3.5mm シングルエンド・4.4mm バランス ダブル出力
    4.4mm バランスイヤホンが使用でき、通常のイヤホンも使用できます。
    hoge画像
  7. Android スマホとタブレット、iPhone、PC(Windows)対応
    「MOONRIVER2」には Type-C to Type-C ケーブル、Type-C to Type-A 変換アダプタを付属しています。このケーブルと変換アダプタを使用して、Android スマホとタブレットを接続でき、コンピューターにも接続することができます。
    ※PC(Windows)で DSD をデコードするために、専用のドライバをインストールする必要があります。ドライバは水月雨及び CHIKYU-SEKAI の公式 WEB サイトでダウンロードできます。
    ※一部の端末では外部デバイスへの電源供給に制限があるため、完全に対応できない場合がございます。
  8. “アルミニウム掘り”構造、絶妙な技量と細部へのこだわり
    軽量な航空用アルミニウム合金を CNC 精密機械加工で作らせています。付着部の自然損耗を防ぐために、ネジで固定されています。丈夫で耐久性があります
    hoge画像
  9. 「ポストモダニストスチームパンク」の美学に沿った付属ケーブル
    付属の Type-C to Type-C ケーブルは、銀メッキコア、並列配置、低インピーダンス、低干渉です。「ポストモダニストスチームパンク」の美学に沿った完全に透明なケーブルデザインです。
    *「ポストモダニストスチームパンク」は水月雨社の社長 鄭氏が作った言葉

製品仕様


■ スペック
出力端子 3.5mm シングルエンド
4.4mm バランス
周波数応答範囲 6~85,000Hz(±1d)
ノイズフロア 3.5mm:1.2μV(AES17 20KHz)
4.4mm:1.5μV(AES17 20KHz)
S/N 比 3.5mm:123dB(A 特性)
4.4mm:131dB(A 特性)
出力レベル 3.5mm:2Vrms (High),1.4Vrms(Low)
4.4mm:4Vrms (High),2.8Vrms(Low)
付属品 Type C to Type C ケーブル
Type C(メス)to Type A(オス)変換アダプタ

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

5.0

音質

5

携帯性

4

バッテリー

拡張性

1人のお客様がレビューしています。

スタッフのレビューはありません。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

4.0

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

スティック型DACの有用性に関して。

まず最初に、スティック型dacは接続されるスマホによって音質が異なる傾向があります。私が使用しているものはiphone 13 pro maxと8ですが、前者の方が解像度や音の輪郭などが鮮明であり、後者は前者と比較するとのっぺりとした音に感じました。そのため、スティック型dacを使用する際はできるだけ最新のチップが積まれている方が音質は良いかと思われます。また、バッテリー容量の多いスマホの方が長時間音楽を再生できるため、容量の多いものを選ばれた方がより長時間音楽を楽しめると思います。

さて、本製品に関して短期間ですが使用した感想とスティック型dacに関して感じたことを稚拙ではありますが、この場で書かせていただきたく思います。
まず、moonriver2の音質に関してですがスティック型dac中でもかなり音質が良い部類に属すると感じました。
全体的に味付けはそこまで感じられませんでしたが、中高域にはほんのりMoondrop特有の雰囲気が感じられこのメーカーが好きな人、スッキリ傾向が好きな人は好みの音を出す製品だと思います。DAPで言えば、同価格帯のエントリーDAP程度の音質あります。
とはいっても小型であるスティック型dacのため、どれだけ性能が良いと歌っても大型のDAPやポタアン、据え置きには到底太刀打ちできるようなものではありません。

では、このようなスティック型dacはどういった人間が買うべきか?と考えました。
最近の傾向として、多くのDAPがAndroid、スナドラ660などのチップを使ったり、2K程度のディスプレイを積んだりなどDAPのスマホ化が進んできているかと思われます。
しかし、最新のスマホほど性能は高いとは言えずあくまでAndroidアプリ、音楽サブスクなどのサービスを快適に使用できるよう、ユーザーエクスペリエンスを高めるための目的でスマホ化が進んでいるように思われます。
これで、ゲームをしたり映画などのコンテンツを見たりなどは物好きな方ぐらいしかいないと思いますが、基本的にはコンテンツはスマホやタブレットで見るという方が多いのではないでしょうか。
そこでスティック型dacの出番です。どのようなスマホ、タブレットでも接続するだけでエントリーDAP程度の音質に早変わりさせ、大きく、有機ELを積んでいる場合にはより色鮮やかな画面で、その上高音質でコンテンツを楽しむことができます。
いやいや、それなら据え置き環境を構築してタブレットよりも大きいテレビで見たほうがいいじゃないかと思われる方もいるかもしれません。
しかし、据え置きは決まりきった空間でしか鳴らす事ができず、外部への持ち出しは困難であり費用もバカになりません。
スマホやタブレットの場合はどこでも自分の好きな場所で見ることが可能です。
では、ポタアンはどうなのかと言われればスティック型dacと比較して大きく、持ち運びの際にはかさばる+重量的に重くなってしまうといった問題が生ずるかと考えられます。また、バッテリーの問題も発生し持っていこうと思ったら充電されていなかったなどといった問題からもスティックdacの場合は解放されます。(最近はバッテリーを積んだものも販売されていますが...)

結論といたしましては、スティック型dacはスマホやタブレットを使用してカジュアルにより高音質でコンテンツを楽しみたいという方に向いているかと思います。
音質を追求したいと思われる方はDAPやポータブルアンプ、据え置きなどを選ばれた方が賢明かと思われます。

最後にMoonriver2に関して思う不満ですが、稀に接続時にザーというノイズが流れる。ボリュームを細かく調節できない、ライトが眩しいというところが不満に思っています。次回作があるかわかりませんが、この辺りを改善していただければ嬉しく思います。
長くなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

続きを読む

てる さん (2022/05/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 6