• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

Campfire Audio (キャンプファイヤー オーディオ)

Mammoth 【CAM-5584】

  • 新品

¥71,900 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

729440685584

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥30,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

Campfire Audioより音に触れる「楽しさ」をテーマに
壮大さとマッシブさを持ったイヤホン「Mammoth」を発売

Campfire Audio Mammoth

ヒーローイメージ

Mammothは「楽しさ」を追求して作られたハイブリッド型イヤホンです。名前の通り凍てつくツンドラの中で眠る「マンモス」からインスピレーションを受け、壮大で力強くマッシブなサウンドに仕上げています。その生命力あふれるスケールの大きなサウンドは音楽に新たな「楽しさ」をプラスし、聴きなじみのある曲に新鮮さをもたらし、新しい音楽と出会ったときのあの興奮をあたえてくれる、何度も何度も聴きたくなるようなイヤホンです。
Mammothには所々に蓄光加工を施し、CampfireAudio のメーカーロゴやケーブルプラグなどが暗闇に浮かぶオーロラのように幻想的に光り輝きます。音に対して真摯に向き合う姿勢だけでなく、「もっとリラックスしながら心地よく音楽を楽しもうよ」という思いをギミックとして込め、耳だけでなく目で見て楽しめるイヤホンです。

  1. 音楽の楽しみ方は何も耳だけではない。目からも楽しんで欲しい
    イヤホンの世界では時に、音に対して真摯に向き合うあまり、音楽を心地よく楽しむという姿勢を見失うことがあります。例えば薄暗い部屋の中で、目に映る暖色の真空管を眺めながら聴く音楽もまた、一つの楽しみ方だと思います。 Mammothでは、イヤホン筐体のインレイロゴやイヤホンケーブルのコネクタ、プラグ部、そしてイヤホンケースなどの様々なパーツに蓄光加工を施しています。私たちはこのMammothに、また違う音楽の楽しみ方を想起させてくれるような、暗闇で光るというギミックを採用しました。
    hoge画像
  2. 独自のソリッドボディ設計が可能にする正確なサウンドチューニング
    Mammothには従来のイヤホン設計で使用されるクロスオーバーなどの本来の音を変えてしまう要素を一切使用していません。搭載されたカスタマイズされたバランスド・アーマチュア型ドライバーと 10 mmバイオセルロースダイヤフラムダイナミック型ドライバーの異なる二種類のドライバーは一つのコンポーネントによってチューニングされています。Campfire Audioは「Less is more」という哲学の下、パーツの数を少なくしたシンプルかつ美しい設計のほうが、サウンドクオリティが高いと評価しています。そのシンプルな設計を可能にするのが独自開発のソリッドボディ設計です。従来のイヤホン設計において使用される音導管やアコースティックチャンバーなどのパーツを単一のコンポーネントとして設計。幾何学性をもった複雑なコンポーネントを3Dプリンターで精密に成型することで、アコースティックチャンバーとリアポートを最適化し、正確なサウンドチューニングを実現しました。
    hoge画像
  3. スタイリッシュなイヤホンケーブルは、取り回しにもこだわる
    Smoky Glow Litz Cableは、純銅銀メッキ導体を採用したツイストデザインのケーブルです。Mammothに合わせ、MMCXコネクタとプラグの両方にグロー・イン・ザ・ダーク加工を施し、暗闇で光るデザインにより、使っていて楽しくなるようなケーブルに仕上げました。イヤーガイドは、熱処理で癖をつけたスリーブを採用したことで軽量化を図っています。ツイストデザインで編まれたケーブル、縺れにくく、毎日使用していてもストレスがないイヤホンケーブルです。
    hoge画像
  4. 時代の流れに沿い、自然に配慮した、アップサイクル素材のイヤホンケース
    Mammothには「All Seeing Eye SEAQUAL® YARN Earphone Case」が付属します。このジッパーケースは、プラスチック汚染から海を守る活動をしているSEAQUAL® INITIATIVE のサポートにより、海洋プラスチックをアップサイクルした素材を使用し作られています。一つ一つが見た目が異なる幾何学図形がポップでカラフルなデザインと蓄光素材を使用した新開発のジッパーにより、イヤホンを保護するだけでなく、使用するのが楽しくなるようなデザインに仕上げました。Campfire Audioは、自然に配慮したモノづくりを目指しており、このジッパーケースはその理念を理解したポルトガルの工房にて、職人の手により生産されています。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ハイブリッド型(ダイナミック型 × BA型)
3 ドライバー(Low(ダイナミック型) x 1, Mid x 1, High x 1)
インピーダンス 8.1Ω@1kHz
音圧感度 94dB SPL@1kHz:18.16mVrms
再生周波数帯域 5Hz - 20kHz
ケーブル仕様 ケーブル長:約 120 cm
ケーブル導体:銀メッキ銅導体
イヤホン端子:ベリリウム銅加工されたMMCX端子
入力端子:3.5 mmミニ端子
本体重量 メーカー情報なし
付属品 ・Smoky Glow Litz Cable
・All Seeing Eye SEAQUAL®YARN Earphone Case
・Mesh IEM Bag
・イヤーチップ(シリコン、フォーム、E-type)
・保証書(1年間)
イヤホン筐体 アルマイト加工処理アルミニウム筐体
ノズル:ステンレススティール

商品詳細

Campfire Audioより音に触れる「楽しさ」をテーマに
壮大さとマッシブさを持ったイヤホン「Mammoth」を発売

Campfire Audio Mammoth

ヒーローイメージ

Mammothは「楽しさ」を追求して作られたハイブリッド型イヤホンです。名前の通り凍てつくツンドラの中で眠る「マンモス」からインスピレーションを受け、壮大で力強くマッシブなサウンドに仕上げています。その生命力あふれるスケールの大きなサウンドは音楽に新たな「楽しさ」をプラスし、聴きなじみのある曲に新鮮さをもたらし、新しい音楽と出会ったときのあの興奮をあたえてくれる、何度も何度も聴きたくなるようなイヤホンです。
Mammothには所々に蓄光加工を施し、CampfireAudio のメーカーロゴやケーブルプラグなどが暗闇に浮かぶオーロラのように幻想的に光り輝きます。音に対して真摯に向き合う姿勢だけでなく、「もっとリラックスしながら心地よく音楽を楽しもうよ」という思いをギミックとして込め、耳だけでなく目で見て楽しめるイヤホンです。

  1. 音楽の楽しみ方は何も耳だけではない。目からも楽しんで欲しい
    イヤホンの世界では時に、音に対して真摯に向き合うあまり、音楽を心地よく楽しむという姿勢を見失うことがあります。例えば薄暗い部屋の中で、目に映る暖色の真空管を眺めながら聴く音楽もまた、一つの楽しみ方だと思います。 Mammothでは、イヤホン筐体のインレイロゴやイヤホンケーブルのコネクタ、プラグ部、そしてイヤホンケースなどの様々なパーツに蓄光加工を施しています。私たちはこのMammothに、また違う音楽の楽しみ方を想起させてくれるような、暗闇で光るというギミックを採用しました。
    hoge画像
  2. 独自のソリッドボディ設計が可能にする正確なサウンドチューニング
    Mammothには従来のイヤホン設計で使用されるクロスオーバーなどの本来の音を変えてしまう要素を一切使用していません。搭載されたカスタマイズされたバランスド・アーマチュア型ドライバーと 10 mmバイオセルロースダイヤフラムダイナミック型ドライバーの異なる二種類のドライバーは一つのコンポーネントによってチューニングされています。Campfire Audioは「Less is more」という哲学の下、パーツの数を少なくしたシンプルかつ美しい設計のほうが、サウンドクオリティが高いと評価しています。そのシンプルな設計を可能にするのが独自開発のソリッドボディ設計です。従来のイヤホン設計において使用される音導管やアコースティックチャンバーなどのパーツを単一のコンポーネントとして設計。幾何学性をもった複雑なコンポーネントを3Dプリンターで精密に成型することで、アコースティックチャンバーとリアポートを最適化し、正確なサウンドチューニングを実現しました。
    hoge画像
  3. スタイリッシュなイヤホンケーブルは、取り回しにもこだわる
    Smoky Glow Litz Cableは、純銅銀メッキ導体を採用したツイストデザインのケーブルです。Mammothに合わせ、MMCXコネクタとプラグの両方にグロー・イン・ザ・ダーク加工を施し、暗闇で光るデザインにより、使っていて楽しくなるようなケーブルに仕上げました。イヤーガイドは、熱処理で癖をつけたスリーブを採用したことで軽量化を図っています。ツイストデザインで編まれたケーブル、縺れにくく、毎日使用していてもストレスがないイヤホンケーブルです。
    hoge画像
  4. 時代の流れに沿い、自然に配慮した、アップサイクル素材のイヤホンケース
    Mammothには「All Seeing Eye SEAQUAL® YARN Earphone Case」が付属します。このジッパーケースは、プラスチック汚染から海を守る活動をしているSEAQUAL® INITIATIVE のサポートにより、海洋プラスチックをアップサイクルした素材を使用し作られています。一つ一つが見た目が異なる幾何学図形がポップでカラフルなデザインと蓄光素材を使用した新開発のジッパーにより、イヤホンを保護するだけでなく、使用するのが楽しくなるようなデザインに仕上げました。Campfire Audioは、自然に配慮したモノづくりを目指しており、このジッパーケースはその理念を理解したポルトガルの工房にて、職人の手により生産されています。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ハイブリッド型(ダイナミック型 × BA型)
3 ドライバー(Low(ダイナミック型) x 1, Mid x 1, High x 1)
インピーダンス 8.1Ω@1kHz
音圧感度 94dB SPL@1kHz:18.16mVrms
再生周波数帯域 5Hz - 20kHz
ケーブル仕様 ケーブル長:約 120 cm
ケーブル導体:銀メッキ銅導体
イヤホン端子:ベリリウム銅加工されたMMCX端子
入力端子:3.5 mmミニ端子
本体重量 メーカー情報なし
付属品 ・Smoky Glow Litz Cable
・All Seeing Eye SEAQUAL®YARN Earphone Case
・Mesh IEM Bag
・イヤーチップ(シリコン、フォーム、E-type)
・保証書(1年間)
イヤホン筐体 アルマイト加工処理アルミニウム筐体
ノズル:ステンレススティール

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

高音の質

3.8

中音の質

4.2

低音の質

4.2

細やかさ

4.2

迫力

4.3

音場

4.2

遮音性

4

音漏耐性

3.8

3人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

3.5

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

3.5

遮音性

3.5

音漏耐性

4.0

マンモス級イヤホン!?

試聴環境:iPhone XR

Mammoth(マンモス)という、Campfire Audio でも珍しい、ユニークなネーミングに興味を惹かれるこちらのモデル。名前から重厚なサウンドをイメージしていましたが、いい意味で裏切られました。

Mammoth はダイナミックドライバー1基とBAドライバー2基を組み合わせたハイブリッド型のイヤホンです。中域を中心とした柔らかな雰囲気が特徴的で、歌モノ、特にバラード系の楽曲とは特に相性が良さそう。「リラックスしながら心地よく音楽を楽しもう」というコンセプトが伝わります。シルキーで落ち着いたサウンドながら、Campfire Audio らしい煌びやかなエッセンスも盛り込まれており、まさにリラックスして音楽を楽しむのにピッタリなイヤホンです。

個人的には、アップサイクル素材を使用したカラフルなイヤホンケースも嬉しいポイント。イヤホン筐体やケーブル、ケースのパーツには蓄光加工が施されており、遊び心を感じます。

今回はスマートフォンでの試聴でしたが、よりマッシブなサウンドを求めるならDAPやヘッドホンアンプは必須かもしれません。組み合わせ次第ではかなり化けそう…そんなポテンシャルを感じる1台でした。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2021/12/24

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.0

力強く迫力があり、華やかな表現力。

Mammothと言う名前を聞いて、力強い音なんだろうなと想像する方は多いと思います。
正しくその通りで、迫力のある低域でグイグイ攻めてくるのに中高域の華やかさ…。

そして、少し前に出てくるボーカルで楽曲を楽しませてくれます。

その良さを発揮してくれるのがバンドサウンドやクラッシックです!

この子の最大の特徴としては、“低域の深い沈み込み”だと感じました。特にベースの深く響き渡る弦の美しい表現力に思わず心動かされてしまいます。

低域の話ばかりしましたが、中高域が疎かという事ではありません。

ボーカルは少し前に出てくるのに楽器の音を決して邪魔する事なく、呼吸まで美しく再現してくれるので、まるで目の前で歌っている様な感覚です。

楽曲の奥に隠れている音もしっかりと再現してくれて、伸びやかな音を、音が消えるその瞬間まで綺麗に鳴らしてくれます。

装着感としては重すぎず軽すぎずの感じで、ステムが少し長いので中には気になる方もいらっしゃるかとは思いますが、個人的には気になりませんでした。

また、イヤーピースはより魅力を引き出してくれる
AZLA SednaEarfit VIVID EDITIONがお勧めです!!

ボーカルだけでなく楽曲全体を楽しみたい方にぜひお勧めしたい子です。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by お嬢   2021/12/23

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

3.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

静と動

試聴環境
Xperia 5Ⅱ

試聴楽曲
森羅万象「琥珀の海に地球浮かべたら」
NAOKI、アークシステムワークス「Hellfire」

静かな楽曲ではドライな空気感で各帯域を爽やかに鳴らします。

その中でもボーカル表現が秀逸だと感じました。
ドライな空間に艶感あふれる瑞々しいボーカルがいて、さながら砂漠の中のオアシスです。

さらにボーカル帯域が耳元で鳴っているせいか、普段より色っぽく聴こえ、慣れている楽曲でも聴き惚れてしまうほどの出来栄えです。

低域はタイトかつ量感控えめで、個人や楽曲によっては物足りなく感じる可能性もあります。

濃いボーカル帯域に比べ高域は薄味で繊細ですが、分離感が良くしっかりと聴くことができます。

ドライな楽器表現と瑞々しいボーカル表現が対比をなしており、それぞれが映える上手な鳴らし方になっていると感じました。

他にも激しい楽曲ではエネルギッシュでパワフルなボーカル表現に変わることもあり聴いていてとても楽しいイヤホンです。

ボーカルと楽器の調和を楽しみたい方やボーカルが近い音がお好きな方にオススメです。
ぜひご試聴ください!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by かかりちょー   2021/12/22

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.0

めちゃくちゃいい!

なんとなーく気になっていて、ふらーーーっと見渡してあっ、これ気になってた奴だ。って視聴したらびっくりするくらい良かったです。NW-WM1AM2でイコライザー〝パーフェクト〟と言われてる設定にして聴くと最高です。uruなどの女性ボーカルとバックで流れるオーケストラの組み合わせなどは鳥肌立ちます。いつもはバランス接続にリケーブルする事が多いですが、このイヤホンに関しては付属の3.5ケーブルの方が良い気がします。手放さずに手元にずっと残すイヤホンがまた増えました。

続きを読む

シロウ さん (2022/05/10)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 5

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

3.0

中音の質

3.5

低音の質

4.0

細やかさ

3.5

迫力

4.0

音場

3.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

ジャンルは選ぶがこれはこれであり

試聴会での感想です。
同時発売したHoloceneとはまったく毛色の違う音です。Holocene万能型だとするとMammothはジャンルは選びすらしますがはまれば最高かなと。

音の傾向からクラシックなどを聴くのにとても良さそうです。
見た目はメカニカルですが出音は古めかしいのがギャップがあっていいですね。
いずれ手に入れてみようと思っています。

続きを読む

うにに さん (2022/01/14)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

迫力がありつつ繊細な音

マンモスとの名から迫力番長を想像していましたが、やり過ぎな感じは無く、
曲の雰囲気を壊さない程度に絶妙な低音のふくよかさをもたらしています。
解像度もしっかりあるので、音がぼやける感じが無く、意外とギターの高音域の
和音の掻き鳴らしやカッティングフレーズがシャキシャキ聴こえる感じが
同居しています(その意味で、迫力よりも細やかさの点数を上にしてます)。
音の分離感が手伝っている為なのか、歌モノも気持ち良く聴けます。
ボーカルも含めて各楽器の音を把握しつつ楽しく聴きたい人にお勧めです。

続きを読む

たんた さん (2022/01/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0