• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

FiiO (フィーオ)

BTR5 2021

  • 新品
  • 新着

¥16,500 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4562314016123 ~ 4562314016130

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥9,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

USB DAC機能とバランス出力対応のBluetoothレシーバー「BTR5」が
最新チップによりさらなる高音質化を実現

BTR5 2021

ヒーローイメージ

ES9219C左右独立構成 | 384kHz/DSD256対応USB DAC機能|OLED | 2.5mmバランス出力
アプリによるインテリジェント・コントロール | NFCペアリング対応

  1. 特徴
    ・ESS Technology製DAC+アンプ統合型チップ「ES9219C」を2基、左右独立構成で搭載し、低ノイズ・低歪と高出力を両立
    ・32bit/384kHzPCM、DSD256ネイティブ再生を可能とするUSB DAC機能
    ・BluetoothレシーバーにQualcomm製「CSR8675」を採用し、高い接続安定性を実現
    ・FPGA搭載で正確無比な音声信号処理と高精度なクロックマネージメントを実現
    ・低ジッター環境を徹底するため、独立した2基の水晶発振器を搭載
    ・3.5mmシングルエンド出力のほか、完全バランス構成による2.5mmバランス出力を搭載
    ・MQA対応でマスタークオリティの音質を実現
    ・AAC/apt X/apt X HD/LDACといった主要高音質ワイヤレスオーディオコーデックに対応
    ・本体フロントパネルに有機ELを搭載。動作状況や設定を簡単に確認
    ・音質に特化したUSBオーディオアダプターモード
    ・1.5時間の充電で9時間の連続再生が可能
  2. ESS Technology製DAC+アンプ統合型チップ「ES9219C」を2基、左右独立構成で搭載。低ノイズ・低歪と高出力を両立
    BTR5 2021では、ESS Technology社の第3世代の統合型DACチップ「ES9219C」を左右独立で合計2基採用しています。この新世代のSoCではMQAのデコードに対応したほか、32ビット384kHz PCM、DSD512、DoP、FLAC、ALAC、AIFF、WAVなど、広範な高解像度オーディオフォーマットやロスレスオーディオフォーマットにも対応しています。
    チップ内では、マルチレベルのアナログゲインとデジタルボリュームが利用状況に応じて双方を併用する方式で統合されており、音楽のダイナミックレンジを完全に維持しながらより正確な調節を可能にしています。
    2つのDACチップが協調動作し、フルバランス構成回路となっている2.5mmバランス出力端子を使用すれば、32Ω負荷で240mWの出力が可能です。
    hoge画像
  3. 32bit/384kHzPCM、DSD256ネイティブ再生を可能とするUSB DAC機能
    BTR5 2021は、小型高性能なUSB DACとしても使用が可能です。独立したXMOS製USBコントローラー「XUF208」を使用し、USB Audio Class 2.0 でアシンクロナス伝送によるオーディオデコードが可能です。USB Type C端子を介して32bit/384kHzまでのPCMとDSD256までのネイティブDSDの再生が可能です。
    ※USB DAC機能はドライバー不要のUSB Audio Class 1.0モードと、フルスペックでの再生が可能な2.0モードの2つのモードに対応しています。後者の場合、FiiOオフィシャルウェブサイトからドライバーのダウンロードとインストールが必要です。
    hoge画像
  4. BluetoothレシーバーにQualcomm製「CSR8675」を採用し、高い接続安定性を実現
    BTR 2021に搭載されているQualcomm製Bluetooth ICである「CSR8675」は、低消費電力のBluetoothチップながら拡張されたオーディオ機能を持ち、24ビットオーディオ信号処理や動作周波数120MHzでのDSP機能など、簡単操作で様々なBluetooth機能をパワフルに処理することができます。動画再生、ゲームプレイ、音楽鑑賞など、どのようなシーンでも高性能チップの恩恵を享受することができます。
    hoge画像
  5. FPGA搭載で正確無比な音声信号処理と高精度なクロックマネージメントを実現
    FPGAはハイエンドのミュージックプレーヤーでしばしば用いられ、Bluetoothの送受信やUSBデジタルオーディオ信号を受け持つだけでなく、クロックマネジメントも行います。BTR5 2021においては、この専用FPGA回路が、Bluetoothの受信処理後、ジッターを減少し、信号の安定性を改善し、オーディオ・アーキテクチャの部品ごとに違うクロック周波数が存在するという問題を完全に解決しています。
    hoge画像
  6. 低ジッター環境を徹底するため、独立した2基の水晶発振器を搭載
    BTR5 2021は、専用のFPGAに45.1584/49.152 MHz の2基の水晶発振器を組み合わせることにより、様々なサンプリング周波数の信号が入力されるBluetoothおよびUSBデコード時においても、精密な再生を行うことができます。BTR5 2021は、正確なクロックマネジメントシステムによる同期回路により、DACチップの潜在能力を解き放ち、極限まで微細な音の再生を可能にしています。
    hoge画像
  7. 3.5mmシングルエンド出力のほか、完全バランス構成による2.5mmバランス出力を搭載
    BTR5 2021は一般的な3.5mmシングルエンド出力だけでなく、2.5mm端子によるバランス出力を備えています。ES9219Cを左右独立で動作させる完全バランス構成のオーディオ・アーキテクチャーにより、各チャンネルはそれぞれ独立したDACと増幅段によって駆動されます。
    ※BTR5 2021の誤動作を防ぐために、3.5㎜と2.5㎜両方の端子にプラグが挿入された場合は、3.5㎜端子だけ音が出る仕様となっています。
    hoge画像
  8. MQA対応でマスタークオリティの音質を実現
    BTR5 2021では、MQAレンダラー機能が新たに追加されました。適切な音楽アプリを使用することで、最高16xのMQAデコードに対応いたします。
    hoge画像
  9. AAC/apt X/apt X HD/LDACといった主要高音質ワイヤレスオーディオコーデックに対応
    BTR5 2021では、AAC/SBC/aptX/aptX Low Latency/aptX HD/LDAC(最高96kHzに対応)などの多彩なBluetoothコーデックに対応し、お手持ちのBluetoothデバイスを用いてポータブル性能を確保しながら、高音質な音楽再生を実現することができます。
    hoge画像
  10. 本体フロントパネルに有機ELを搭載。動作状況や設定を簡単に確認
    BTR5 2021のフロントには、表示サイズ0.49インチ、解像度64×32ピクセルの鮮明な有機ELディスプレイが搭載されています。このディスプレイには、ペアリング先、接続状態、通話状態、電源ステータス、エンコードフォーマット、音量を表示させることができます。また、このディスプレイを使用して、メニューの呼び出し、充電状態の確認、カーモードのオン・オフ、デジタルフィルターの切替、EQの調節などを行うことも可能です。
    hoge画像
  11. 1.5時間の充電で9時間の連続再生が可能
    550mAhの内蔵バッテリーにより、BTR5 2021は1.5時間でフル充電でき、AACコーデック、3.5mm出力を使用した場合には9時間の連続再生が可能です。
    hoge画像
  12. 2つの内蔵マイクとcVc 8.0ノイズキャンセル機能
    BTR5 2021は、スマートフォンでの音声通話に適した高感度無指向性マイクを内蔵しています。また、3.5mm端子のCTIA規格ヘッドセットの外付けマイクを使用することもできます。このような仕様のヘッドセットを挿入すると、BTR5 2021は自動的に用途を認識し、マイクを内蔵から切り替えます。マイクを使用する場合、cVc 8.0ノイズキャンセルテクノロジーの恩恵を受けることができます。これにより、マイク・ゲインをインテリジェントに調整し、バックグラウンドノイズを効果的に抑制し、明瞭な通話を実現します。
    ※OMTP規格のヘッドホンを使用する場合、オーディオ出力の動作は保証しますが、マイクおよびインラインリモコンは正常に動作しない場合があります。
    hoge画像
  13. スマートフォンと独立した音量調節及び音量メモリー機能
    BTR5 2021をスマートフォンに接続すると、スマートフォンの音量とBTR5 2021の音量は独立して調節ができます。これにより、ご自身の用途にあった音量の調整が可能になります。
    ※iOSデバイスとペアリングした場合は、ウィジェット上でバッテリー残量を確認することができます。
    hoge画像
  14. 音質に特化したUSBオーディオアダプターモード
    USB接続が可能なスマートフォンがBTR5 2021を検出すると、「USBオーディオアダプター」モードをオンにするように促されます。USBオーディオアダプター・モードを有効にすると、BTR5 2021の充電はオフになり、スマートフォンなどのデバイスの外部オーディオデバイスとして使用できるようになります。
    hoge画像
  15. FiiO製アプリによって、好みのサウンドを作り出すことが可能
    FiiO Musicアプリ(またはFiiO Controlアプリ)との組み合わせによって、BTR5 2021をの内蔵パラメーターを変更することが可能です。チャンネルバランス、2種類のオーディオフィルター、10バンドのイコライザーなどをお好みに合わせて設定することができます。ユニークな機能として、奇数次および偶数次の高調波歪みを調整することができます。これにより、より好みに合ったサウンドを作り出すことが可能です。
    hoge画像
  16. 用途を選ばない多機能性
    BTR5 2021は、ご家庭、外出先、車の中など、様々な環境において利便性と高音質をご提供します。
    hoge画像
  17. 数量限定モデルと通常モデルの違い
    数量限定モデルには、8芯編み込み銀メッキ銅製のUSB TYPE-C to Lightningケーブルが付属しています。

製品仕様


■ スペック
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.0
対応Bluetoothオーディオコーデック SBC, AAC, aptX, aptX Low Latency, aptX HD, LDAC
Bluetoothチップ CSR8675
DACチップ ES9219C x2
USBコントローラー XMOS XUF208
ヘッドホン出力 3.5mmシングルエンド + 2.5mmバランス
出力/3.5mmシングル 80mW+80mW以上(32Ω負荷時)
出力/2.5mmバランス 240mW+240mW以上(32Ω負荷時)
SN比/3.5mmシングル -118dB(A weighted)
SN比/2.5mmバランス -122dB(A weighted)
ノイズフロア/3.5mmシングル 2μV以下(A weighted)
ノイズフロア/2.5mmバランス 2.2μV以下(A weighted)
THD+N/3.5mmシングル 0.003%未満(LDAC使用時1kHz/32Ω負荷時)
THD+N/2.5mmバランス 0.002%未満(LDAC使用時1kHz/32Ω負荷時)
セパレーション/3.5mmシングル 79dB(1kHz/32Ω負荷時)
セパレーション/2.5mmバランス 118dB(1kHz/32Ω負荷時)
ハンズフリー通話 対応
Siri(iOS)の起動 対応
インライン・リモコン CTIA規格に対応
NFC機能 対応
内蔵バッテリー容量 550mAh
連続使用時間 約9時間(3.5mmシングル) / 約7時間(2.5mmバランス)
充電時間 1.5時間
外形寸法 72 x 32 x 11.1mm(バッククリップを除く)
重量 43.7g
付属品 USB TYPE-C to Aケーブル
USB TYPE-C to Cケーブル
バッククリップ
クイックスタートガイド

商品詳細

USB DAC機能とバランス出力対応のBluetoothレシーバー「BTR5」が
最新チップによりさらなる高音質化を実現

BTR5 2021

ヒーローイメージ

ES9219C左右独立構成 | 384kHz/DSD256対応USB DAC機能|OLED | 2.5mmバランス出力
アプリによるインテリジェント・コントロール | NFCペアリング対応

  1. 特徴
    ・ESS Technology製DAC+アンプ統合型チップ「ES9219C」を2基、左右独立構成で搭載し、低ノイズ・低歪と高出力を両立
    ・32bit/384kHzPCM、DSD256ネイティブ再生を可能とするUSB DAC機能
    ・BluetoothレシーバーにQualcomm製「CSR8675」を採用し、高い接続安定性を実現
    ・FPGA搭載で正確無比な音声信号処理と高精度なクロックマネージメントを実現
    ・低ジッター環境を徹底するため、独立した2基の水晶発振器を搭載
    ・3.5mmシングルエンド出力のほか、完全バランス構成による2.5mmバランス出力を搭載
    ・MQA対応でマスタークオリティの音質を実現
    ・AAC/apt X/apt X HD/LDACといった主要高音質ワイヤレスオーディオコーデックに対応
    ・本体フロントパネルに有機ELを搭載。動作状況や設定を簡単に確認
    ・音質に特化したUSBオーディオアダプターモード
    ・1.5時間の充電で9時間の連続再生が可能
  2. ESS Technology製DAC+アンプ統合型チップ「ES9219C」を2基、左右独立構成で搭載。低ノイズ・低歪と高出力を両立
    BTR5 2021では、ESS Technology社の第3世代の統合型DACチップ「ES9219C」を左右独立で合計2基採用しています。この新世代のSoCではMQAのデコードに対応したほか、32ビット384kHz PCM、DSD512、DoP、FLAC、ALAC、AIFF、WAVなど、広範な高解像度オーディオフォーマットやロスレスオーディオフォーマットにも対応しています。
    チップ内では、マルチレベルのアナログゲインとデジタルボリュームが利用状況に応じて双方を併用する方式で統合されており、音楽のダイナミックレンジを完全に維持しながらより正確な調節を可能にしています。
    2つのDACチップが協調動作し、フルバランス構成回路となっている2.5mmバランス出力端子を使用すれば、32Ω負荷で240mWの出力が可能です。
    hoge画像
  3. 32bit/384kHzPCM、DSD256ネイティブ再生を可能とするUSB DAC機能
    BTR5 2021は、小型高性能なUSB DACとしても使用が可能です。独立したXMOS製USBコントローラー「XUF208」を使用し、USB Audio Class 2.0 でアシンクロナス伝送によるオーディオデコードが可能です。USB Type C端子を介して32bit/384kHzまでのPCMとDSD256までのネイティブDSDの再生が可能です。
    ※USB DAC機能はドライバー不要のUSB Audio Class 1.0モードと、フルスペックでの再生が可能な2.0モードの2つのモードに対応しています。後者の場合、FiiOオフィシャルウェブサイトからドライバーのダウンロードとインストールが必要です。
    hoge画像
  4. BluetoothレシーバーにQualcomm製「CSR8675」を採用し、高い接続安定性を実現
    BTR 2021に搭載されているQualcomm製Bluetooth ICである「CSR8675」は、低消費電力のBluetoothチップながら拡張されたオーディオ機能を持ち、24ビットオーディオ信号処理や動作周波数120MHzでのDSP機能など、簡単操作で様々なBluetooth機能をパワフルに処理することができます。動画再生、ゲームプレイ、音楽鑑賞など、どのようなシーンでも高性能チップの恩恵を享受することができます。
    hoge画像
  5. FPGA搭載で正確無比な音声信号処理と高精度なクロックマネージメントを実現
    FPGAはハイエンドのミュージックプレーヤーでしばしば用いられ、Bluetoothの送受信やUSBデジタルオーディオ信号を受け持つだけでなく、クロックマネジメントも行います。BTR5 2021においては、この専用FPGA回路が、Bluetoothの受信処理後、ジッターを減少し、信号の安定性を改善し、オーディオ・アーキテクチャの部品ごとに違うクロック周波数が存在するという問題を完全に解決しています。
    hoge画像
  6. 低ジッター環境を徹底するため、独立した2基の水晶発振器を搭載
    BTR5 2021は、専用のFPGAに45.1584/49.152 MHz の2基の水晶発振器を組み合わせることにより、様々なサンプリング周波数の信号が入力されるBluetoothおよびUSBデコード時においても、精密な再生を行うことができます。BTR5 2021は、正確なクロックマネジメントシステムによる同期回路により、DACチップの潜在能力を解き放ち、極限まで微細な音の再生を可能にしています。
    hoge画像
  7. 3.5mmシングルエンド出力のほか、完全バランス構成による2.5mmバランス出力を搭載
    BTR5 2021は一般的な3.5mmシングルエンド出力だけでなく、2.5mm端子によるバランス出力を備えています。ES9219Cを左右独立で動作させる完全バランス構成のオーディオ・アーキテクチャーにより、各チャンネルはそれぞれ独立したDACと増幅段によって駆動されます。
    ※BTR5 2021の誤動作を防ぐために、3.5㎜と2.5㎜両方の端子にプラグが挿入された場合は、3.5㎜端子だけ音が出る仕様となっています。
    hoge画像
  8. MQA対応でマスタークオリティの音質を実現
    BTR5 2021では、MQAレンダラー機能が新たに追加されました。適切な音楽アプリを使用することで、最高16xのMQAデコードに対応いたします。
    hoge画像
  9. AAC/apt X/apt X HD/LDACといった主要高音質ワイヤレスオーディオコーデックに対応
    BTR5 2021では、AAC/SBC/aptX/aptX Low Latency/aptX HD/LDAC(最高96kHzに対応)などの多彩なBluetoothコーデックに対応し、お手持ちのBluetoothデバイスを用いてポータブル性能を確保しながら、高音質な音楽再生を実現することができます。
    hoge画像
  10. 本体フロントパネルに有機ELを搭載。動作状況や設定を簡単に確認
    BTR5 2021のフロントには、表示サイズ0.49インチ、解像度64×32ピクセルの鮮明な有機ELディスプレイが搭載されています。このディスプレイには、ペアリング先、接続状態、通話状態、電源ステータス、エンコードフォーマット、音量を表示させることができます。また、このディスプレイを使用して、メニューの呼び出し、充電状態の確認、カーモードのオン・オフ、デジタルフィルターの切替、EQの調節などを行うことも可能です。
    hoge画像
  11. 1.5時間の充電で9時間の連続再生が可能
    550mAhの内蔵バッテリーにより、BTR5 2021は1.5時間でフル充電でき、AACコーデック、3.5mm出力を使用した場合には9時間の連続再生が可能です。
    hoge画像
  12. 2つの内蔵マイクとcVc 8.0ノイズキャンセル機能
    BTR5 2021は、スマートフォンでの音声通話に適した高感度無指向性マイクを内蔵しています。また、3.5mm端子のCTIA規格ヘッドセットの外付けマイクを使用することもできます。このような仕様のヘッドセットを挿入すると、BTR5 2021は自動的に用途を認識し、マイクを内蔵から切り替えます。マイクを使用する場合、cVc 8.0ノイズキャンセルテクノロジーの恩恵を受けることができます。これにより、マイク・ゲインをインテリジェントに調整し、バックグラウンドノイズを効果的に抑制し、明瞭な通話を実現します。
    ※OMTP規格のヘッドホンを使用する場合、オーディオ出力の動作は保証しますが、マイクおよびインラインリモコンは正常に動作しない場合があります。
    hoge画像
  13. スマートフォンと独立した音量調節及び音量メモリー機能
    BTR5 2021をスマートフォンに接続すると、スマートフォンの音量とBTR5 2021の音量は独立して調節ができます。これにより、ご自身の用途にあった音量の調整が可能になります。
    ※iOSデバイスとペアリングした場合は、ウィジェット上でバッテリー残量を確認することができます。
    hoge画像
  14. 音質に特化したUSBオーディオアダプターモード
    USB接続が可能なスマートフォンがBTR5 2021を検出すると、「USBオーディオアダプター」モードをオンにするように促されます。USBオーディオアダプター・モードを有効にすると、BTR5 2021の充電はオフになり、スマートフォンなどのデバイスの外部オーディオデバイスとして使用できるようになります。
    hoge画像
  15. FiiO製アプリによって、好みのサウンドを作り出すことが可能
    FiiO Musicアプリ(またはFiiO Controlアプリ)との組み合わせによって、BTR5 2021をの内蔵パラメーターを変更することが可能です。チャンネルバランス、2種類のオーディオフィルター、10バンドのイコライザーなどをお好みに合わせて設定することができます。ユニークな機能として、奇数次および偶数次の高調波歪みを調整することができます。これにより、より好みに合ったサウンドを作り出すことが可能です。
    hoge画像
  16. 用途を選ばない多機能性
    BTR5 2021は、ご家庭、外出先、車の中など、様々な環境において利便性と高音質をご提供します。
    hoge画像
  17. 数量限定モデルと通常モデルの違い
    数量限定モデルには、8芯編み込み銀メッキ銅製のUSB TYPE-C to Lightningケーブルが付属しています。

製品仕様


■ スペック
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.0
対応Bluetoothオーディオコーデック SBC, AAC, aptX, aptX Low Latency, aptX HD, LDAC
Bluetoothチップ CSR8675
DACチップ ES9219C x2
USBコントローラー XMOS XUF208
ヘッドホン出力 3.5mmシングルエンド + 2.5mmバランス
出力/3.5mmシングル 80mW+80mW以上(32Ω負荷時)
出力/2.5mmバランス 240mW+240mW以上(32Ω負荷時)
SN比/3.5mmシングル -118dB(A weighted)
SN比/2.5mmバランス -122dB(A weighted)
ノイズフロア/3.5mmシングル 2μV以下(A weighted)
ノイズフロア/2.5mmバランス 2.2μV以下(A weighted)
THD+N/3.5mmシングル 0.003%未満(LDAC使用時1kHz/32Ω負荷時)
THD+N/2.5mmバランス 0.002%未満(LDAC使用時1kHz/32Ω負荷時)
セパレーション/3.5mmシングル 79dB(1kHz/32Ω負荷時)
セパレーション/2.5mmバランス 118dB(1kHz/32Ω負荷時)
ハンズフリー通話 対応
Siri(iOS)の起動 対応
インライン・リモコン CTIA規格に対応
NFC機能 対応
内蔵バッテリー容量 550mAh
連続使用時間 約9時間(3.5mmシングル) / 約7時間(2.5mmバランス)
充電時間 1.5時間
外形寸法 72 x 32 x 11.1mm(バッククリップを除く)
重量 43.7g
付属品 USB TYPE-C to Aケーブル
USB TYPE-C to Cケーブル
バッククリップ
クイックスタートガイド

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

音質

4.4

携帯性

4.3

バッテリー

4

拡張性

4.5

7人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:Lightningケーブル付属限定モデル

音質

4.5

携帯性

5.0

バッテリー

4.5

拡張性

4.5

更に使い勝手がよくなった名機

試聴環境:AAW AXH
試聴楽曲:billie eilish / bad guy
    :Maroon5 /Sugar
    :女王蜂 / 火炎


大人気のBluetoothレシーバー「BTR5」の後継機です。変更点は搭載DACが「ES9218Pデュアル」から「ES9219Cデュアル」に変更になったことと、MQAレンダラーに対応したことです。

MQAレンダラーに対応したことで、対応した音楽プレイヤーアプリと組み合わせて使用することで最大16xのデコードが可能です。

また、「 USB TYPE-C to Cケーブル」が同梱されるようになりました。これにより追加購入無しで、AndroidスマートフォンなどのUSB TYPE-Cの対応デバイスと有線接続が可能になります。さらに初回数量限定でiOSとの接続用のLightningケーブルが同梱されています。数に限りがございますのでiOSユーザーの方はお早めに!



個人的に前作の「BTR5」を愛用しているのでUSB接続で聴き比べてみました。



大きく傾向は変わらずですが、前作よりも洗練され、より整ったサウンドに進化しているように感じます。「BTR5」をお持ちの方でも一聴してこの進化の差を求める方には買い替えの価値もあると思います。



また、まだBluetoothレシーバーやUSB DACをお持ちでない方にはこれ一台で2役こなせますので間違いのない選択肢になることでしょう。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ケイティ   2021/12/01

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:Lightningケーブル付属限定モデル

音質

4.5

携帯性

5.0

バッテリー

4.5

拡張性

4.5

スマホの音質が変わる!?FiiOの新レシーバー

試聴環境:iPhone13ProMAX
イヤホン:APOLLO X(EMPIRE EARS)

試聴楽曲:RADWIMPS×菅田将暉 うたかた歌
    :Little Glee Monster   君といれば
    :Daniel Powter     Bad Day

Bluetoothレシーバーにもなるし
有線接続でUSB DACとしても使用可能なのが本製品です。

なんといってもまずは音質。接続前と接続後では全く違う音質になります。

イヤホン→iPhoneに直で接続するときより多くの音が聞こえてきます。

ボーカルの後ろから聞こえてこなかった楽器の音やコーラスの音が生々しく聞こえてきます。

臨場感のある音を楽しみたいって方にお勧めできます。

またアプリを使えばイコライザー設定も可能なので自身の好みに合わせて楽しむことも可能です。

Bluetooth接続でも音質の劣化は感じません。有線接続と変わらず臨場感のある音質をお楽しみ頂けます。

個人的には有機EL搭載なところも魅力の一つだと思います。

スマートホン以外でもゲームやテレビ、カーステレオなどでも使用可能なので場所問わず常に持ち歩きたくなります。

本体は約43.7gと軽量なのでカバンやポケットに入れて持ち歩くことが可能です。

良い音きいてみませんか??是非お手に取ってお楽しみください!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ばらまつ   2021/11/24

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:Lightningケーブル付属限定モデル

音質

5.0

携帯性

4.5

バッテリー

4.0

拡張性

4.5

PS5にUSB-DAC接続できました

USB Audio Class 1.0モードでPS5との接続ができました。
ゲーム音声の臨場感がコントローラ経由とは全然違い、ゲームに没頭しすぎてしまうほど良い音で大変満足です。
自分はBluetoothイヤホンをゲームには使っていませんが、恐らく使えると思うので、ワイヤレス環境でも楽しめるのではないかと思います。

また付属のLightningケーブルを使いiPhoneと接続できるのも使い勝手が良く、Android機ともLDAC接続できるなど、有線イヤホン好きな自分にとってはとても満足できる商品です。

続きを読む

すー さん (2021/11/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:Lightningケーブル付属限定モデル

音質

4.5

携帯性

4.0

バッテリー

4.0

拡張性

4.0

家の中・外で活躍するBluetoothレシーバー

家ではPCと繋ぎDACとして、外出先ではレシーバーとして使用しています。
購入した理由としては、Amazon MusicでULTRA HDをPCでも再生したかったのと外出先でワイヤレスでも高音質で聞きたいと思ったからです。
その目的は、見事に果たせました。

音がいいのはもちろんですが、再生する機器とは別に音量調節もでき、ディスプレイでコーデックやサンプリング周波数(DAC時)が確認できるところが気に入っています。

この1台は、自分にあった使用用途で手軽に高音質なサウンドを楽しめます。

続きを読む

蒼月 さん (2021/11/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:Lightningケーブル付属限定モデル

音質

4.5

携帯性

4.0

バッテリー

4.0

拡張性

5.0

よりバランス重視の音質になった、扱いやすいBluetoothアンプ

前世代と比較しながらのレビューとなります。

・デザイン
両面ともに艶のあるパネルが特徴的で、フロントパネルには各種設定内容が表示されていて分かりやすい。
ボタンはスマートフォンのように近くに纏まって配置されていますので、手元を見ずに操作できます。

・音質
前世代はエントリークラスのFiiO製品らしく、低音の力強さに重きを置いている印象ですが、
本機種はバランス重視でより多くのイヤホンにマッチしそうです。
(DACチップ変更による音質変化かもしれません。)
高感度でホワイトノイズを拾いやすいイヤホンでも快適に使用出来るのは嬉しい点です。

・まとめ
コスパが高く、扱いやすいBluetoothアンプです。
持参機種の都合により3.5mmでの試聴でしたので、バランス接続でも聴いてみたいですね。

続きを読む

ヘンジ さん (2021/11/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:Lightningケーブル付属限定モデル

音質

4.0

携帯性

4.0

バッテリー

3.5

拡張性

5.0

イヤホンの性能を100%引き出すのにちょうどいいDAP

良いイヤホンを手に入れ、そろそろスマホの直差しに飽きてきてアンプの魅力に気づいた頃、
ポアタンが欲しいけどスマホと同じくらい大きいのがネック、
バッテリーなしのコンパクトなアンプはスマホの充電をゴリゴリに削るのがネック、
ならば、バッテリー内蔵で小型な、できればBluetoothでワイヤレスに使える
夢のアンプはないかと一年近く探し続け、
今回とうとうアンプにまで手を伸ばしてしまいました。
購入後Lightning to iPhone,USB-C to PCの直刺し、Bluetooth 接続を試しましたが、
どれも付属のケーブルで音切れや音の遅延もなくきれい鳴ってくれました。
音はイヤホン本来の音に色付けはほとんどなく、
低温から高温までバリのない滑らかな音を力強く鳴らしてくれます。
ワイヤレスも期待通りの音質で、直刺しならさすがハイレゾ!と
唸らせる解像度を感じさせてくれます。
小型アンプといえば、よく熱くなることで有名ですが、
数時間使ってもほんのり熱いと感じる程度までしか発熱しません。
また、充電しながら使えるのもポイントです。
唯一困ったことは、この製品はBluetooth 5.0にしか対応していないため
iPhone 8 以降しか使えない、つまり iPhone 7より前の世代のスマホは
ワイヤレス再生できないことです(直刺しは通常通り再生できます)。
それさえクリアしていれば、よほどハイレベルなアンプに慣れている人でなければ、
fiio BTR 5 LC 2021は買ってよかったと思える逸品ではないでしょうか。

続きを読む

うさぽん さん (2021/11/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:Lightningケーブル付属限定モデル

音質

5.0

携帯性

4.0

バッテリー

4.0

拡張性

5.0

やっぱり音が良い

普段はPCに繋げてDACとして、出掛けるときに引っこ抜いてBluetoothレシーバーとして使っています。
音質はLDAC対応しているので文句ないですね。だだチョット重いので胸ポケットにクリップで留めているとぶら下がります。
DACとして使用するときもPCで使うかスマホで使うかで本体充電のON/OFFがボタン1回で選べるのもなにげに便利です。
付属品もTYPE-C to TYPE-Cのケーブルが付属しているので買わなくて済みました。
BTR3Kと比べると大きくて重いけど、それなりの価値はあると思います。

続きを読む

にどね さん (2021/11/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:Lightningケーブル付属限定モデル

音質

4.0

携帯性

4.5

バッテリー

4.5

拡張性

4.0

音質重視

本体パネルに有機EL採用されてて操作感いいですね。
充電やEQの設定も確認しやすい。
連続再生時間9時間ほどです。まぁ必要十分でしょう。
USB接続可能なスマホは、USB接続できますし
アプリでサウンドも自分好みにいじれます。
家、車、外出先でも高音質なサウンドが手に入るので
1つ持っておくと便利ですね。

続きを読む

するめ さん (2021/11/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0