• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

intime

耀 (YO)

  • 新品

¥15,000 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4589711400287

  • 在庫状況

数量

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥8,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

e☆イヤホン14周年記念の数量限定モデル!

intime 耀(YO)

ヒーローイメージ

上位機種に使用されるパーツを惜しみなく搭載し、ステンレス筐体よりもキレのある、レスポンスの良いサウンドを目指しました。「煌」や「轟」と比較してさらに広がる音場と、歪感の少ない万能型のイヤホンです。

  1. intime 『耀(ヨウ)』
    特徴画像
     intime『耀(ヨウ)』は、『intime』と『e☆イヤホン』がコラボし、14周年を記念して作られたイヤホンです。
    intimeを製造・販売している『オーツェイド株式会社』が主催する『ASSYミーティング』に参加した際に、僕がチューニングしたイヤホンをベースに製品化しました。
    音の広がり、バランスの良さ、音の定位の良さに重きを置いてチューニングしました。また、ASSYミーティングでは選べなかった、チタンハウジングを採用しています。チタン独特のキレの良さ、音の響きが加わっています。
  2. intime『耀』のパッケージ
    特徴画像
     intimeのイヤホンと言えば、ほとんどのモデルに漢字一文字が与えられています。
     『煌』、『轟』に並ぶ一文字をということで、チタンの見た目、音の煌びやかさから、光り輝く様を表す『耀』という一文字を選びました。あとは画数が多い方が、それっぽく見えるのかなという考えも…笑
    パッケージは、ハウジングに用いたチタンの色に合わて、銀色の箔押しをしています。パッケージはオーツェイド株式会社 代表の渡部さんに、完全にお任せでしたが、とてもかっこよくデザインしていただきました!
    ちなみに『耀』の文字の上に「yo」が入っているのは、渡部さんの遊び心です!
  3. intime『耀』の付属品
    特徴画像
     さっそく開封しました。
    『煌』、『轟』と同じ同梱内容です。
    イヤホンポーチ、本革製コードリール、イヤーピース4サイズが付属します。
  4. intime『耀』の3つの特徴!
    特徴画像
    1.第三世代「HDSS」搭載
    2.第三世代 「VST2」搭載
    3.チタン合金+樹脂のハイブリッド筐体
  5. 第三世代「HDSS(High Definition Sound Standard)」搭載
    特徴画像
    HDSSとは
    TBI Audio System LLCの特許技術であるHDSS技術を採用しました。 この技術はキャビネット内部の音の反射を抑制して乱れの少ない音を奏でる技術です。キャビネット内部で反射した音波はウーハーの振動版にも悪影響を与えるため振動板から不調和音を発生する原因になります。HDSS技術を用いるとキャビネット内部の音が振動板に影響を与えないため、ウーハーが信号源に忠実な動きを取ります。故に聴き疲れが少なく、かつ臨場感のある音を得ること可能であると言われています。

    ASSYミーティングでも、選択が可能になった第三世代『HDSS』と呼ばれる音響部品を搭載しています。簡単にいうと、ドライバーユニット背面にHDSSユニットを設置し、筐体内で反響した不要な振動波をHDSSのユニットの中に取り込み、抑制します。本来のドライバーの動きを邪魔する余計な振動波を抑えることで、ドライバーから出る振動波を正しく整えるを可能にする技術です。ただし、上手に調整しないと音抜けが悪く感じることもあるので、ドライバー設計はもちろん、筐体内の配置位置なども含めてトータルにチューニングを行う必要がある部品です。
    14周年記念モデルという事で、上位モデルである『Ti3』や『翔』に搭載されている第三世代『HDSS』を搭載しました。兄弟機である『煌』、『轟』には『HDSS』を搭載しておらず、『耀』の優れているポイントの一つです。
  6. 第三世代 VST2搭載
    特徴画像
    第三世代 VST2とは
    ピエゾセラミックは電気信号を入れると変位する機能性セラミックです。その変位の一般的な挙動は電圧が増加する時と減少する時とでは異なる変位を持つ履歴特性を示します。この履歴特性は音響的に不協和音の発生源、いわゆる耳に刺さる高音の1つの原因になるとintimeは考えています。intime 耀に搭載される『第三世代 VST2』ではintime 碧Ti3で採用した低履歴特性・直線性に優れたセラミック材料をベースに、より変位量の大きなセラミック素子を新規に開発し、第三世代VST2として採用いたしました。特に一般可聴域を越えた超高域における感度がさらに増加し、より自然に近い音場の再生が可能になりました。

    intimeの独自技術と言っても過言ではない、圧電セラミックスの『VST』も、もちろん搭載しています。『耀』に搭載したのは『翔』に使用されている『第三世代 VST2』です。『耀』では『翔』同様に、第三世代VST2の持つピュアな高域特性と、HDSSにより最適化されたウーハーの中低域音とのバランスを徹底的に調整しています。耳当たりが良く聴き疲れの少ない音に、intimeならではの音ヌケの良さが加わった、絶妙なバランスの音に調整しています。
  7. チタン合金+樹脂のハイブリッド筐体
    特徴画像
    チタンハウジング
    イヤホンに取ってサウンドユニットを固定する筐体材料や形状は非常に影響の大きいパラメータです。特に材質が音に与える影響は多大で密度の高い材質を用いることで余分な偏振動を抑制出来るというのが一般的です。チタンは固いというのが一般論ですが、純チタンは意外に脆く日常的な使用でも小さな傷が付きやすい金属です。intimeではチタンをベースに傷が付きにくくかつ軽量性に優れたチタン合金を採用しています。チタン合金は軽量(低密度)ではあるものの、その機械的剛性が高く制震性に優れ、さらに音響伝達速度が高いというメリットを備えています。その反面加工性が悪いため高価になるというデメリットも持ち合わせています。

    『耀』では、フロント側の筐体に『チタン合金』を採用しました。ASSYミーティングでは、『ステンレス』と『真鍮』のフロント筐体しか選べませんでしたが、さらに響きとキレの良さを加えるために、『チタン合金』をフロント筐体に採用しました。intimeの上位モデルはチタン合金が採用されていますが、『耀』では手の届きやすい価格に抑えることも考慮し、フロント側に『チタン筐体』背面側には『樹脂筐体』を採用し、音質と価格のバランスを取っています。
  8. intime『耀』のチューニング
    特徴画像
     自分好みの音をパーツからチューニングまで行えてしまう『ASSYミーティング』に初めて参加したので、どの程度音のチューニングができるのか分かっていませんでした。正直なところある程度の調整幅の中で、チューニングを行うのかと思っていましたが、参加してみると調整幅が広すぎてかなりの時間を要してしまいました。チューニング方法は企業秘密のため言えませんが、かなり細かい単位で調整を行い、無数の組み合わせから音を追い込んでいきます。
    もちろんドライバーや、世代が違うVSTユニット、HDSSなどそれぞれを使う事で、それぞれの特性があるので方向性は決まってきます。そこから音を追い込んでいく作業にかなり時間を要し、低域をもう少し出したいと思うと、バランスが崩れ音場が狭く感じるなど、幅が広すぎてすごく難産なイヤホンでした。正直に言うと、最終的に音を決めてからも、まだ出来ることがあったんじゃないかと思うくらい、本当に調整が大変でした。最終的には、オーツェイドの渡部さんにもアドバイスをもらいながら、優先事項を決めて音を作っていきました。
    まず大事にしたかったのは、サウンドフィールドの広さです。低域側をいじると広がりの感じ方に影響を感じたので、ヌケの良さを残しながら、低域の量感も確保しつつ、広がりを持たせるバランスがどこにあるのか探りました。そして次に広がるだけではなく、定位感が良いこと。サウンドフィールドが広がっても、間延びした音にならない様にしたかったのですが、高域を担当するVSTドライバーが非常に優秀だったので、高音域で定位がしっかりと感じ取ることができました。
    そして、intimeのイヤホンに共通する、長時間使用しても聴き疲れしにくいサウンドチューニングを目指しました。そのためにHDSSや第三世代VST2を搭載し、刺さらないサウンドと、バランスの良さを意識しました。
    最終的には、上位モデルに搭載されているパーツを惜しみなく搭載することになり、兄弟機の『煌』や『轟』と比較すると、ずいぶんと豪華な仕様となってしましたが、さらに広がる音場と歪感の少ない万能型のイヤホンにできたかなと思います。
    intimeさんのご協力と、ASSYミーティングに一緒に参加したお客様にも、アドバイスをもらいながら作ったイヤホンです。ぜひ一度ご試聴ください。

製品スペック


型式 リケーブル対応カナル型イヤホン
ドライバー <ウーファ―>グラフェンコート10mmφダイナミックスピーカー
<ツィーター>第3世代 VST2
<音響デバイス>第3世代 HDSS
音圧レベル 100dB/mW
再生周波数帯域 20Hz~55kHz
インピーダンス 22Ω
筐体素材 チタン合金+樹脂筐体
ケーブル MMCX 3.5mmアンバランス L型Type
イヤーピース Acoustune製 AET07(S、M-、M、L)
付属品 イヤホンポーチ、本革製コードリール、イヤーピース4サイズ

商品詳細

e☆イヤホン14周年記念の数量限定モデル!

intime 耀(YO)

ヒーローイメージ

上位機種に使用されるパーツを惜しみなく搭載し、ステンレス筐体よりもキレのある、レスポンスの良いサウンドを目指しました。「煌」や「轟」と比較してさらに広がる音場と、歪感の少ない万能型のイヤホンです。

  1. intime 『耀(ヨウ)』
    特徴画像
     intime『耀(ヨウ)』は、『intime』と『e☆イヤホン』がコラボし、14周年を記念して作られたイヤホンです。
    intimeを製造・販売している『オーツェイド株式会社』が主催する『ASSYミーティング』に参加した際に、僕がチューニングしたイヤホンをベースに製品化しました。
    音の広がり、バランスの良さ、音の定位の良さに重きを置いてチューニングしました。また、ASSYミーティングでは選べなかった、チタンハウジングを採用しています。チタン独特のキレの良さ、音の響きが加わっています。
  2. intime『耀』のパッケージ
    特徴画像
     intimeのイヤホンと言えば、ほとんどのモデルに漢字一文字が与えられています。
     『煌』、『轟』に並ぶ一文字をということで、チタンの見た目、音の煌びやかさから、光り輝く様を表す『耀』という一文字を選びました。あとは画数が多い方が、それっぽく見えるのかなという考えも…笑
    パッケージは、ハウジングに用いたチタンの色に合わて、銀色の箔押しをしています。パッケージはオーツェイド株式会社 代表の渡部さんに、完全にお任せでしたが、とてもかっこよくデザインしていただきました!
    ちなみに『耀』の文字の上に「yo」が入っているのは、渡部さんの遊び心です!
  3. intime『耀』の付属品
    特徴画像
     さっそく開封しました。
    『煌』、『轟』と同じ同梱内容です。
    イヤホンポーチ、本革製コードリール、イヤーピース4サイズが付属します。
  4. intime『耀』の3つの特徴!
    特徴画像
    1.第三世代「HDSS」搭載
    2.第三世代 「VST2」搭載
    3.チタン合金+樹脂のハイブリッド筐体
  5. 第三世代「HDSS(High Definition Sound Standard)」搭載
    特徴画像
    HDSSとは
    TBI Audio System LLCの特許技術であるHDSS技術を採用しました。 この技術はキャビネット内部の音の反射を抑制して乱れの少ない音を奏でる技術です。キャビネット内部で反射した音波はウーハーの振動版にも悪影響を与えるため振動板から不調和音を発生する原因になります。HDSS技術を用いるとキャビネット内部の音が振動板に影響を与えないため、ウーハーが信号源に忠実な動きを取ります。故に聴き疲れが少なく、かつ臨場感のある音を得ること可能であると言われています。

    ASSYミーティングでも、選択が可能になった第三世代『HDSS』と呼ばれる音響部品を搭載しています。簡単にいうと、ドライバーユニット背面にHDSSユニットを設置し、筐体内で反響した不要な振動波をHDSSのユニットの中に取り込み、抑制します。本来のドライバーの動きを邪魔する余計な振動波を抑えることで、ドライバーから出る振動波を正しく整えるを可能にする技術です。ただし、上手に調整しないと音抜けが悪く感じることもあるので、ドライバー設計はもちろん、筐体内の配置位置なども含めてトータルにチューニングを行う必要がある部品です。
    14周年記念モデルという事で、上位モデルである『Ti3』や『翔』に搭載されている第三世代『HDSS』を搭載しました。兄弟機である『煌』、『轟』には『HDSS』を搭載しておらず、『耀』の優れているポイントの一つです。
  6. 第三世代 VST2搭載
    特徴画像
    第三世代 VST2とは
    ピエゾセラミックは電気信号を入れると変位する機能性セラミックです。その変位の一般的な挙動は電圧が増加する時と減少する時とでは異なる変位を持つ履歴特性を示します。この履歴特性は音響的に不協和音の発生源、いわゆる耳に刺さる高音の1つの原因になるとintimeは考えています。intime 耀に搭載される『第三世代 VST2』ではintime 碧Ti3で採用した低履歴特性・直線性に優れたセラミック材料をベースに、より変位量の大きなセラミック素子を新規に開発し、第三世代VST2として採用いたしました。特に一般可聴域を越えた超高域における感度がさらに増加し、より自然に近い音場の再生が可能になりました。

    intimeの独自技術と言っても過言ではない、圧電セラミックスの『VST』も、もちろん搭載しています。『耀』に搭載したのは『翔』に使用されている『第三世代 VST2』です。『耀』では『翔』同様に、第三世代VST2の持つピュアな高域特性と、HDSSにより最適化されたウーハーの中低域音とのバランスを徹底的に調整しています。耳当たりが良く聴き疲れの少ない音に、intimeならではの音ヌケの良さが加わった、絶妙なバランスの音に調整しています。
  7. チタン合金+樹脂のハイブリッド筐体
    特徴画像
    チタンハウジング
    イヤホンに取ってサウンドユニットを固定する筐体材料や形状は非常に影響の大きいパラメータです。特に材質が音に与える影響は多大で密度の高い材質を用いることで余分な偏振動を抑制出来るというのが一般的です。チタンは固いというのが一般論ですが、純チタンは意外に脆く日常的な使用でも小さな傷が付きやすい金属です。intimeではチタンをベースに傷が付きにくくかつ軽量性に優れたチタン合金を採用しています。チタン合金は軽量(低密度)ではあるものの、その機械的剛性が高く制震性に優れ、さらに音響伝達速度が高いというメリットを備えています。その反面加工性が悪いため高価になるというデメリットも持ち合わせています。

    『耀』では、フロント側の筐体に『チタン合金』を採用しました。ASSYミーティングでは、『ステンレス』と『真鍮』のフロント筐体しか選べませんでしたが、さらに響きとキレの良さを加えるために、『チタン合金』をフロント筐体に採用しました。intimeの上位モデルはチタン合金が採用されていますが、『耀』では手の届きやすい価格に抑えることも考慮し、フロント側に『チタン筐体』背面側には『樹脂筐体』を採用し、音質と価格のバランスを取っています。
  8. intime『耀』のチューニング
    特徴画像
     自分好みの音をパーツからチューニングまで行えてしまう『ASSYミーティング』に初めて参加したので、どの程度音のチューニングができるのか分かっていませんでした。正直なところある程度の調整幅の中で、チューニングを行うのかと思っていましたが、参加してみると調整幅が広すぎてかなりの時間を要してしまいました。チューニング方法は企業秘密のため言えませんが、かなり細かい単位で調整を行い、無数の組み合わせから音を追い込んでいきます。
    もちろんドライバーや、世代が違うVSTユニット、HDSSなどそれぞれを使う事で、それぞれの特性があるので方向性は決まってきます。そこから音を追い込んでいく作業にかなり時間を要し、低域をもう少し出したいと思うと、バランスが崩れ音場が狭く感じるなど、幅が広すぎてすごく難産なイヤホンでした。正直に言うと、最終的に音を決めてからも、まだ出来ることがあったんじゃないかと思うくらい、本当に調整が大変でした。最終的には、オーツェイドの渡部さんにもアドバイスをもらいながら、優先事項を決めて音を作っていきました。
    まず大事にしたかったのは、サウンドフィールドの広さです。低域側をいじると広がりの感じ方に影響を感じたので、ヌケの良さを残しながら、低域の量感も確保しつつ、広がりを持たせるバランスがどこにあるのか探りました。そして次に広がるだけではなく、定位感が良いこと。サウンドフィールドが広がっても、間延びした音にならない様にしたかったのですが、高域を担当するVSTドライバーが非常に優秀だったので、高音域で定位がしっかりと感じ取ることができました。
    そして、intimeのイヤホンに共通する、長時間使用しても聴き疲れしにくいサウンドチューニングを目指しました。そのためにHDSSや第三世代VST2を搭載し、刺さらないサウンドと、バランスの良さを意識しました。
    最終的には、上位モデルに搭載されているパーツを惜しみなく搭載することになり、兄弟機の『煌』や『轟』と比較すると、ずいぶんと豪華な仕様となってしましたが、さらに広がる音場と歪感の少ない万能型のイヤホンにできたかなと思います。
    intimeさんのご協力と、ASSYミーティングに一緒に参加したお客様にも、アドバイスをもらいながら作ったイヤホンです。ぜひ一度ご試聴ください。

製品スペック


型式 リケーブル対応カナル型イヤホン
ドライバー <ウーファ―>グラフェンコート10mmφダイナミックスピーカー
<ツィーター>第3世代 VST2
<音響デバイス>第3世代 HDSS
音圧レベル 100dB/mW
再生周波数帯域 20Hz~55kHz
インピーダンス 22Ω
筐体素材 チタン合金+樹脂筐体
ケーブル MMCX 3.5mmアンバランス L型Type
イヤーピース Acoustune製 AET07(S、M-、M、L)
付属品 イヤホンポーチ、本革製コードリール、イヤーピース4サイズ

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.0

高音の質

4.2

中音の質

4.2

低音の質

4

細やかさ

4

迫力

4.4

音場

3.8

遮音性

3

音漏耐性

3.2

5人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

光の透明さ、眩さ、美しさを凝縮した限定モデルイヤホン!

【視聴環境】iPhone11
【視聴音源】月姫 -A piece of blue glass moon- THEME SONG E.P./ReoNa

e☆イヤホンスタッフの「たっくん」が「碧シリーズ」や「翔」といった人気イヤホンを生み出したintimeさんにて実際にチューニングを行い作られたのがe☆イヤホン14周年記念限定モデル「耀-YO-」です!

外観は同社の「煌(KIRA)」「轟(GO)」と同じ形状のシルエット。ハウジング前面側はチタンの輝きが、後面部は爽やかな深い「蒼」が彩ります。

試聴して真っ先に音場がめちゃくちゃ広いと感じました!

広大な高原で陽の光を浴びている、そんな印象でしょうか。

各音域の鳴り方もとてもバランスが良いです。

低音は音場の広さを邪魔せず、かつしっかりとした量感で存在感があります。

中音域はボーカルが気持ちよく広がりまさに「耀く」という言葉が似合います。

高音域も刺さり過ぎないクリアな響き方で聴き疲れしづらいです。

本当に万能型、The光属性って感じがします。

本当にバランスが良い子なので試聴音源を一曲ではなく複数曲で試したくなりました!

「生命線」のおどろおどろしいBメロ、疾走感のあるサビをしっかりと表現し分け、「ジュブナイル」の特徴的なストリングスを気持ちよく響かせ、
「Lost」では沁み渡るようなピアノとしっとり歌い上げるReoNaさんのボーカルを綺麗に聴かせてくれます。

様々な音が一斉に押し寄せる、「Believer」が一番このイヤホンで聴くのが楽しかったです。

e☆イヤホンでしか販売がないのがもったいないくらい「良いイヤホン」です!
ご来店の際は是非お試しください!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2021/09/10

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.5

バランスの良いオススメの1本です!

試聴機器 FiiO M11

試聴曲
SOIL & "PIMP" SESSIONS/SUMMER GOODESS
SHANK/Smash The Babylon

こちらの【耀】ですがe☆イヤホン限定モデルとなってます。
第一印象としては音場が広く空間表現がとても秀でています。
音質は全体的にバランスが良く同社の【碧lighet】に似たクリアな抜け感のある音が特徴的です。
高域は刺さりにくく低域は重すぎず聴き心地が良い音で鳴らしています。
またsednaearfit crystalに付け替えて試聴してみましたが低域と高域の表現がグッとよくなったのでこちらの組み合わせもおススメです

50台限定でObsidianセットで販売しているのでこちらをリケーブルしてバランス接続で聴き比べしてみるのも良いかもしれません。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2021/09/02

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

まさに「光り輝く」ような音質!

見た目からしてさわやかな音を奏でてくれそうなイヤホンですが、期待を裏切らない抜けるような高域を持てるポテンシャルのすべてで表現してくれます!!!

特にベースやギターなどの耳コピ作業を行う方には
是非ともお勧めしたいイヤホンで出過ぎたローの所為でマスキングされてしまう部分が明瞭に聴こえてきますし、低音も控えめとはいえしっかりと出るべき部分は出ていますので、かなり耳コピ向きだと言えます!

筐体も軽いので持ち運びやすく、リケーブルも可能なので音質の変化も楽しめる『e☆イヤホン限定』のモデルですので見て・触れて・聴いてみてください!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2021/09/01

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

3.5

音場

3.5

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

明るく粒立ちが良くクッキリハッキリ

全体の見通しが良く透明感が際立つ印象です。その中でも立ち上がりが良く粒立ちがハッキリしていてとてもキレイな音です。

音数が減った時のベースの目立ち方が心地よく曲を変える度発見があり飽きの来ない1本となりそうです。

また、セット販売の「Obsidian」にリケーブルして聴いた際にも左右の分離感はもちろんの事、アンバランスの時には控えていた楽器隊が前へ、全体を通して迫力が増したように感じます。

左右で色が異なるためパッと見て左右が分かりやすい点も快適に使用できる一助になるでしょう。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2021/09/01

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

3.0

音漏耐性

2.5

フラグシップ「翔」譲りの、明瞭な音が楽しめます

【試聴環境】
PAW6000

【試聴アルバム】
下村陽子「KINGDOM HEARTS Concert -First Breath- Album」
澤野弘之「進撃の巨人 Season3 オリジナルサウンドトラック」
Linked Horizon「進撃の軌跡」


 e☆イヤホン14周年記念イヤホンは、intimeのフラグシップモデル「翔」の要素を贅沢に盛り込んだintime製特別モデル。

 筐体のサイズはミドルクラスの「煌」や「轟」とほぼ同じです。シンプルなストレート掛けでお使いいただけます。また、標準ケーブルの取り回しは非常に良いです。動き回るとややタッチノイズは感じるので、もし気になるようであれば耳掛けで使うのもいいかもしれません。

 元となったモデルである「煌」や「轟」と比べて外観でも大きな変化をもたらしているのが、金属筐体の部分。ステンレス筐体だった部分が「チタン」に換装されました。チタンは金属素材の中でも、音速や音の解像感を損ないにくい、イヤホンの筐体素材としては理想的な金属の一つと聞いたことがあります。HDSS技術に加えてチタン筐体と、音の歪み感を低減するための要素がふんだんに用いられているようです。

 「耀」の音質については、非常にフラットな傾向で、1つ1つの音が密に鳴るサウンドです。音源本来の響きや空気感を楽しめます。「煌」や「轟」と比べると、「煌」が中音域の熱量感、「轟」は名前通りグルーヴ感の強い重低音、という印象があったのに対し、「耀」は全ての帯域でクリアなサウンドが楽しめるオールラウンダーという印象です。フラグシップ譲りの解像感の良さを除いても、3種で音のバランスには結構違いがあるので、聴き比べていただくと結構面白いと思います。

 さらに、e☆イヤホンラボのケーブル「Obsidian」と組み合わせたバージョンも聴いてみました。Obsidianは音声信号のロスを減らすことに重点を置いて設計したケーブルです。この組み合わせだと、ツイーターであるVST2をさらに活かしきれるのか、高音域あたりの表現力がさらに良くなりますね。「リケーブルでこんなに音が変わるのか・・・」という初心を思い出させてくれるような変化です。音のバランスを標準ケーブルと相対的に比較すると、若干高音域寄りで、広い音場感が楽しめるサウンドになっています。

 intimeファンの方にとっては、逃せない一品となること間違いなし。そして、フラグシップにはさすがに手が届かないけど・・・という方にも、是非ご検討いただきたい製品です。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by のの   2021/09/01

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

e☆イヤホンだけの特別なモデル

このintime「耀(YO)」はe☆イヤホンのイヤホン王子こと「たっくん」がintimeにて実際にチューニングしたものを基に作られた、e☆イヤホンだけの特別なモデルです。

筐体は同社の「煌(KIRA)」や「轟(GO)」とそっくりですが、使用されているパーツのグレードは「翔
」と近いです。

筐体やケーブルなどの違いはあれど、「翔」と同等のグレードのパーツを使用したイヤホンがこの価格というだけでもお得感満載です。

サウンドに関しては、各帯域のバランス的には概ねフラットに近い印象で、ドラムの金物やギターのハイポジのサウンドの抜けがとてもいいです。

全体的に締まりがよく、低域の量感は多くないものの、輪郭がしっかりしているためかはっきりと音像を捉えられました。

なんにでも合いそうですが、特にフレッシュなサウンドの楽曲や、明るいサウンドにとてもマッチしそうです。

個人的には大好きな「クリープハイプ」の楽曲と相性が抜群でめちゃくちゃ好きです。

intimeの意匠を感じつつも、同社の他のモデルにはないキャラクターだと思いました。

intimeファンの方、e☆イヤホンを良くご利用いただいている方、たっくんに馴染みのある方、intimeの製品にまだ触れたことのない方、様々な方に是非聴いていただきたい一本です。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ケイティ   2021/08/31

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

eイヤホン初購入

eイヤホン限定特別版が気になり購入しました。TI3のE2があるので比較するのが楽しみです。全域バランス&音場広さに驚きました。イヤーピース&リケーブル交換楽しみにしてます。

続きを読む

イヤピース さん (2021/09/29)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

2.0

音漏耐性

2.0

動画を見て購入

eイヤホンさんの商品紹介動画を見て1発で購入決めました。この価格で上位機種に搭載される機能、材質を使っておりあり得ない価格だと思いました。
低音は本当に僅かですが控えめだと感じました。でもこれがちょうどいい感じです。
毎日聴き込んでいきたいと思います。

続きを読む

キクスイ さん (2021/09/23)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

5.0

音場

4.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

轟より聴きやすいintime煌+轟

2018年頃からintimeを気に入って以来、intime煌(3年)/轟(1年)を使用していた人です。intime碧は使ったことないので分かりません。

新作が出ると聞いて思わず衝動買いしまいましたが、結論としては満足感が高いです。
今年から使い始めていた轟がより聴いている時の重さがないので、とても聴きやすいです。
全体的に綺麗に纏まっているので、長時間聴き続けられて気持ちが良いです。

音域に関しては、低音は轟ほど強くなく、でも煌よりしっかり主張があります。
高音は煌と変わりないです。
気持ち煌や轟より臨場感や迫力は強いと思います。

良く言えば煌に轟の良さを加えた感じ、悪く言えば、使い慣れている人にとっては目新しさはないという印象です。

個人的に煌派で、中高音がメインのゲームbgmやインスト曲を聴くことが多いので買って良かったと感じています。

あと耀に限った話ではないですが、付属のケーブルはゴム製?なのか基本タッチノイズが酷いです。
家の中で過ごすだけでも結構気になるので、リケーブルを強くお勧めします。音は良い分この点目立つんですよ...うーん...
自分は、O2aidオンラインショップで購入した"銀コートケーブル"にリケーブルして使ってますが、タッチノイズが改善されてとても良い感じです。ただ2021/09/10の時点で生産終了しているみたいなので他のもので代用するしかないみたいです。

現在、ストックで耀の2本目を買おうか検討中です。

続きを読む

コケコッコー さん (2021/09/10)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

5.0

低音の質

3.0

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

3.0

遮音性

2.0

音漏耐性

3.0

ひとつは持って置いても良いかな?

まず一番にsoraとの価格差と音の質を考えて
soraの完成度に驚くばかりです。で!!本題です。
箱出しで聴いての感想です。
コードをそのままで聴いてみて気になったのがタッチノイズでした。音の感想はsoraより元気な音でPOPSやJロックが合いそうな気がしました。手持ちの2、5ミリのバランスのコードに変えて聴くと印象は変わりきめ細やになりどのジャンルでも使えるイヤホンに!
これって音楽を聴くだけで無い別の楽しさを与えてくれるイヤホンだと思いました。

続きを読む

もとあき さん (2021/09/09)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

2.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

3.0

中音の質

3.0

低音の質

4.0

細やかさ

3.0

迫力

4.0

音場

2.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

早速秋葉原で試聴

気になってたので本日試聴してきました。M3X 3.5mmアンバランス接続で試聴しました。正直、1万5千円の音ではない。音の分離が悪すぎて全体的に、こもって聴こえる。
まるちゃんオススメでもあるゼンハイザーのIE100 Proのほうが、音質は圧倒的に上と感じました。しかも IE100のほうが安い!ただ、好みも当然ありますので、試聴してから買うこと強くオススメします。

続きを読む

ファミコン さん (2021/09/03)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0