• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

SHANLING (シャンリン)

UP5

  • 新品

¥21,560 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

6972835390493

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥11,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

shazy

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

懐かしき優しさ

まず聴いて感じたのは、パキパキの高解像度!というよりは輪郭はハッキリ見えつつ優しめでどこかオーディオの懐かしさを感じさせる印象です。

物理ボタンが多機能ホイールの一個だけと操作もわかりやすくストレスフリーで感覚的に使えそうです。

4.4、2.5、3.5㎜の接続とUSB-DACとしての機能もあり、環境を制限しにくく今持っている有線イヤホンをそのまま無線化! クオリティも向上させたい! 環境は良くしたいけどコンパクトさ大事! なオーディオミニマリストな方にオススメです。

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

フラグシップBluetoothレシーバー

SHANLING UP5

Qualcomm社のハイグレードBluetoothチップ「QCC5120」を搭載
XMOS「XU208」USBマイクロコントローラ搭載
DAC/AMPチップにESS社「ES9219C」をデュアル構成で採用
2.5mm、3.5mm、4.4mm 3種の出力系統
FPGA+二基の水晶発振器によるクロック制御

  1. ありとあらゆるシチュエーションに対応
    スマートフォンやタブレット、PCや車にテレビ。UP5は様々な機器に有線・無線を問わず柔軟な接続が可能です。
  2. ハイエンドモデルに相応しいBluetoothコンポーネント
    UP5が搭載するQualcommのハイグレードBluetoothチップ「QCC5120」はBluetooth5.0や[LDAC/LHDC/aptX HD/aptX LL/aptX/AAC/SBC]といった多彩な通信コーデックをサポートした上で、更に通信安定性にも優れます。音声の途切れや遅延に悩まされることはもうありません。
    hoge画像
  3. USB-DAC機能をアップグレード
    XMOS「XU208」USBマイクロコントローラを搭載することで、USB-DAC機能をこれまでの機種から大幅にアップグレードしました。最大で[384kHz/32bit PCM]、[DSD256]のファイルをサポートするUP5はワイヤードUSB-DACとしても優れたパフォーマンスを発揮します。
    hoge画像
  4. 「ES9219C」x2のデュアルDAC構成
    採用する「ES9219C」はポータブル製品向けに低消費電力を推し進めながら、強力なアンプ機能の内蔵や優れたオーディオ特性を実現した次世代のDACチップです。S/N比や全高周波歪みは大幅に向上し、原音に忠実なリスニング体験を約束します。
    hoge画像
  5. MQAに完全対応
    DACチップに内蔵されたMQAレンダラー機能とUP5の内部処理を組み合わせることによってUP5は16xまでのMQAデコードを実行します。
    ※USB-DACとしての利用時のみ
    hoge画像
  6. 音質の鍵はFPGAと二基の水晶発振器
    二基のKDS製「フェムト秒クラス低位相雑音水晶発振器」とShanlingが自社開発した第三世代FPGA技術(適応クロックサンプリングアルゴリズム)を使用して正確なデータ処理とクロック管理を行います。ジッターを効果的に排除して、これまでのBluetoothレシーバーの常識を塗り替える高音質を実現しました。
    hoge画像
  7. 「DAC/AMP」x2、更なる高みへ
    3種類の出力端子と二段階のゲインスイッチ、そしてシングルエンド接続時には『デュアルDACブーストモード』が利用可能です。ブーストモード中は32Ω負荷時、112mWの数値まで出力レベルが上昇します。
    hoge画像
  8. ケーブルで接続すればUSB-DACアダプタに早変わり
    UP5には「18-Core/7本撚り無酸素銅OTG機能付きUSB Type-C to C ケーブル」が標準で付属します。またUP5はカーオーディオでの利用を想定した「車載モード」や幅広い製品と接続するための「UAC 1.0モード」を搭載しています。Bluetoothを利用したワイヤレス接続からケーブルを使用したワイヤード接続まで、使い方はあなた次第です。
    hoge画像
  9. クリーンな通話を実現するSiSonicマイクロフォンを搭載
    「cVc8.0 ノイズキャンセルテクノロジ」と「インテリジェントDSP処理」によって、音楽だけでなく通話もよりノイズの少ないクリーンな品質でお楽しみいただけます。
    hoge画像
  10. 数日間の外出でもOKなロングバッテリーライフ
    UP5はシングルエンド接続時で最大15 時間、バランス接続時は最大11時間、スタンバイ状態では100時間のロングバッテリーライフです。こまめに毎日充電することを忘れたとしても、慌てる必要はありません。
    hoge画像

※iPhone(iOS製品)との有線接続に関しまして
iPhone側、UP5側のバージョン、接続するOTGケーブルにより有線接続でのご使用ができない場合がございます。

”弊社ではOTG(ホスト)機能付きの「USB-TypeC to Lightningケーブル」や「Lightning - USBカメラアダプタ」を 使用して接続を行いましたが、iPhone側からUP5を認識できないことを確認しております。”
メーカー公式より引用
引用元はこちら

製品仕様


スペック
本体サイズ 68 x 39 x 14.5(mm)
重さ 50g
DACチップ ESS Sabre ES9219C x2
出力端子 3.5mm ステレオミニ(シングルエンド)
2.5mm バランス
4.4mm バランス
Bluetooth チップ Qualcomm QCC5120
Bluetooth バージョン Bluetooth 5.0
対応 Bluetooth コーデック LDAC、LHDC(HWA)、aptX HD、aptX LL、aptX、AAC、SBC
最大出力レベル 90 mW@32Ω (シングルエンド-シングル DAC)
112 mW@32Ω(シングルエンド-デュアル DAC)
240 mW@32Ω(バランス)
最大連続再生時間 15時間(シングルエンド-シングル DAC)
11時間(バランス)
バッテリー容量 680mAh
付属品 USB Type-C to C ケーブル
USB-C to A アダプタ
レザーケース
保証書
クイックスタートガイド
各部の役割
多機能ホイール 電源のオン/オフ:3秒間⾧押し

ディスプレイの点灯:シングルクリック

ペアリングモード:電源オフの状態から⾧押しをし続ける

着信に応答する:シングルクリック
通話を拒否する:ダブルクリック
マイクを切り替える:通話中にダブルクリック
通話を切る:通話中にシングルクリック

決定して次の項目に進む:シングルクリック
項目の選択:ホイールを回転させる

音量の調整:ホイールを回転させる
再生ボタン 再生/一時停止:シングルクリック
曲送り:ダブルクリック
曲戻し:トリプルクリック

メニュー画面の表示/終了:2秒間⾧押し
NFC 機能 クイックペアリング:UP5のNFCセンサーにNFC機能に対応するスマートデバイスを近づける

商品詳細

フラグシップBluetoothレシーバー

SHANLING UP5

Qualcomm社のハイグレードBluetoothチップ「QCC5120」を搭載
XMOS「XU208」USBマイクロコントローラ搭載
DAC/AMPチップにESS社「ES9219C」をデュアル構成で採用
2.5mm、3.5mm、4.4mm 3種の出力系統
FPGA+二基の水晶発振器によるクロック制御

  1. ありとあらゆるシチュエーションに対応
    スマートフォンやタブレット、PCや車にテレビ。UP5は様々な機器に有線・無線を問わず柔軟な接続が可能です。
  2. ハイエンドモデルに相応しいBluetoothコンポーネント
    UP5が搭載するQualcommのハイグレードBluetoothチップ「QCC5120」はBluetooth5.0や[LDAC/LHDC/aptX HD/aptX LL/aptX/AAC/SBC]といった多彩な通信コーデックをサポートした上で、更に通信安定性にも優れます。音声の途切れや遅延に悩まされることはもうありません。
    hoge画像
  3. USB-DAC機能をアップグレード
    XMOS「XU208」USBマイクロコントローラを搭載することで、USB-DAC機能をこれまでの機種から大幅にアップグレードしました。最大で[384kHz/32bit PCM]、[DSD256]のファイルをサポートするUP5はワイヤードUSB-DACとしても優れたパフォーマンスを発揮します。
    hoge画像
  4. 「ES9219C」x2のデュアルDAC構成
    採用する「ES9219C」はポータブル製品向けに低消費電力を推し進めながら、強力なアンプ機能の内蔵や優れたオーディオ特性を実現した次世代のDACチップです。S/N比や全高周波歪みは大幅に向上し、原音に忠実なリスニング体験を約束します。
    hoge画像
  5. MQAに完全対応
    DACチップに内蔵されたMQAレンダラー機能とUP5の内部処理を組み合わせることによってUP5は16xまでのMQAデコードを実行します。
    ※USB-DACとしての利用時のみ
    hoge画像
  6. 音質の鍵はFPGAと二基の水晶発振器
    二基のKDS製「フェムト秒クラス低位相雑音水晶発振器」とShanlingが自社開発した第三世代FPGA技術(適応クロックサンプリングアルゴリズム)を使用して正確なデータ処理とクロック管理を行います。ジッターを効果的に排除して、これまでのBluetoothレシーバーの常識を塗り替える高音質を実現しました。
    hoge画像
  7. 「DAC/AMP」x2、更なる高みへ
    3種類の出力端子と二段階のゲインスイッチ、そしてシングルエンド接続時には『デュアルDACブーストモード』が利用可能です。ブーストモード中は32Ω負荷時、112mWの数値まで出力レベルが上昇します。
    hoge画像
  8. ケーブルで接続すればUSB-DACアダプタに早変わり
    UP5には「18-Core/7本撚り無酸素銅OTG機能付きUSB Type-C to C ケーブル」が標準で付属します。またUP5はカーオーディオでの利用を想定した「車載モード」や幅広い製品と接続するための「UAC 1.0モード」を搭載しています。Bluetoothを利用したワイヤレス接続からケーブルを使用したワイヤード接続まで、使い方はあなた次第です。
    hoge画像
  9. クリーンな通話を実現するSiSonicマイクロフォンを搭載
    「cVc8.0 ノイズキャンセルテクノロジ」と「インテリジェントDSP処理」によって、音楽だけでなく通話もよりノイズの少ないクリーンな品質でお楽しみいただけます。
    hoge画像
  10. 数日間の外出でもOKなロングバッテリーライフ
    UP5はシングルエンド接続時で最大15 時間、バランス接続時は最大11時間、スタンバイ状態では100時間のロングバッテリーライフです。こまめに毎日充電することを忘れたとしても、慌てる必要はありません。
    hoge画像

※iPhone(iOS製品)との有線接続に関しまして
iPhone側、UP5側のバージョン、接続するOTGケーブルにより有線接続でのご使用ができない場合がございます。

”弊社ではOTG(ホスト)機能付きの「USB-TypeC to Lightningケーブル」や「Lightning - USBカメラアダプタ」を 使用して接続を行いましたが、iPhone側からUP5を認識できないことを確認しております。”
メーカー公式より引用
引用元はこちら

製品仕様


スペック
本体サイズ 68 x 39 x 14.5(mm)
重さ 50g
DACチップ ESS Sabre ES9219C x2
出力端子 3.5mm ステレオミニ(シングルエンド)
2.5mm バランス
4.4mm バランス
Bluetooth チップ Qualcomm QCC5120
Bluetooth バージョン Bluetooth 5.0
対応 Bluetooth コーデック LDAC、LHDC(HWA)、aptX HD、aptX LL、aptX、AAC、SBC
最大出力レベル 90 mW@32Ω (シングルエンド-シングル DAC)
112 mW@32Ω(シングルエンド-デュアル DAC)
240 mW@32Ω(バランス)
最大連続再生時間 15時間(シングルエンド-シングル DAC)
11時間(バランス)
バッテリー容量 680mAh
付属品 USB Type-C to C ケーブル
USB-C to A アダプタ
レザーケース
保証書
クイックスタートガイド
各部の役割
多機能ホイール 電源のオン/オフ:3秒間⾧押し

ディスプレイの点灯:シングルクリック

ペアリングモード:電源オフの状態から⾧押しをし続ける

着信に応答する:シングルクリック
通話を拒否する:ダブルクリック
マイクを切り替える:通話中にダブルクリック
通話を切る:通話中にシングルクリック

決定して次の項目に進む:シングルクリック
項目の選択:ホイールを回転させる

音量の調整:ホイールを回転させる
再生ボタン 再生/一時停止:シングルクリック
曲送り:ダブルクリック
曲戻し:トリプルクリック

メニュー画面の表示/終了:2秒間⾧押し
NFC 機能 クイックペアリング:UP5のNFCセンサーにNFC機能に対応するスマートデバイスを近づける

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

9人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

SHANLINGの全部のせBluetoothレシーバー

試聴環境
iPad Pro(2020)→UP5(AACでの無線接続及び有線接続)→ASH(カスタムIEM、3.5mm)

試聴楽曲(Apple Music)
女王蜂 - ヴィーナス
三月のパンタシア - 恋はキライだ


タイトルの通り、「SHANLING UP5」はBluetoothレシーバーとしての機能がてんこ盛りの製品です。

4.4mm対応、デュアルDAC搭載、16xまでのMQAデコード対応とDACアンプに求められる機能をたくさん搭載しています。

これだけ高性能でありながら、サイズ感はとても小さく、手で握りしめると完全に本体が見えなくなる程の大きさです。

今回、レビューをするにあたり、無線、有線どちらも試聴を行いました。

まずは無線から。無線でありながら、Apple純正の変換ケーブルを使用した際よりも解像度の高さを感じます。特に高音域の解像度は目を見張るものがあります。低音域は少し柔らかめでしたが、高音域とのバランスが丁度良いと感じました。

有線接続をした際には、さらに全体的に上記特徴が顕著に現れました。特に解像感や音の押し出し感がパワーアップし、アンプを使っていることのメリットをさらに感じることができました。

また、液晶画面がついており、現在再生しているファイルの周波数が表示されるため、視覚的にチェックすることも可能です。(無線時はコーデックが表示されます)

DAPですとアプリのアップデートや相性などによりサブスク音楽サービスが使えなかったりしますが、UP5とスマホでの運用ならそんな心配も無用です。

家でも外でも気軽に高音質を聴けるUP5はとてもオススメです!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2021/09/22

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

懐かしき優しさ

まず聴いて感じたのは、パキパキの高解像度!というよりは輪郭はハッキリ見えつつ優しめでどこかオーディオの懐かしさを感じさせる印象です。

物理ボタンが多機能ホイールの一個だけと操作もわかりやすくストレスフリーで感覚的に使えそうです。

4.4、2.5、3.5㎜の接続とUSB-DACとしての機能もあり、環境を制限しにくく今持っている有線イヤホンをそのまま無線化! クオリティも向上させたい! 環境は良くしたいけどコンパクトさ大事! なオーディオミニマリストな方にオススメです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2021/08/24

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高いポテンシャルを秘めた万能型Bluetoothレシーバー

試聴環境:iPhone XS(Apple Music)
使用機種:final/E3000(アンバランス接続)
     Astell&Kern/Billie Jean(バランス接続)
試聴楽曲:Palette/常闇トワ

個人的にはBluetoothレシーバーを使用するにあたって、本体が大きすぎるとかさばってしまったり、小さすぎると逆に操作がしづらかったりとサイズ感が気になることが多いのですが、この機種は手のひらにすっぽり収まる絶妙なサイズ感の機種だと感じました。

肝心の音に関して、Lightning変換アダプター使用時との比較をしてみましたが、結論から言うとUP5の方が楽曲への没入感が圧倒的に高くおすすめです。

音全体に奥行きを感じられ、臨場感が増し、音に命が吹き込まれたような活き活きとした表現に驚かされました。

帯域バランスもよく、オールマイティに使える点も汎用性が高く魅力的なポイントの一つです。

ディスプレイには音量レベル、バッテリー残量、接続コーデックなどの情報が表示されます。

バッテリー残量は5段階で細かく表示され、一目で残量を把握できる点が便利だなと感じました。

また3.5mmアンバランス出力だけではなく、2.5mm/4.4mmバランス出力にも対応しており、バランス接続時の分離感の向上をしっかりと感じることができました。

他にも多彩なコーデックに対応している点やUSB-DAC機能を備えている点など多機能でポテンシャルの高い、万能型Bluetoothレシーバー。

店頭にお越しの際は是非一度お試しください。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by マロン   2021/08/23

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

真価はUSB DACとしての利用

M3Xを使用していましたが、Androidのバージョンが古くインストールできないアプリが複数あったことや、これからもサポート対象外となるアプリが増えるため、Bluetoothレシーバーとしてしか利用しておらず、それならとこちらに乗り換えました。

無線でも満足いく音質で軽く取り回しも良くなったので良かったです。

ただ、この機種の真価はUSB接続でPCで再生した時ですね。明らかに音が良くなります。

iFiAudioのZenDACを愛用していますが、音質は同等です。(4.4mmバランス接続 イヤホンはSE846)

また、SE846は感度が高く、バランス接続でホワイトノイズの発生するアンプがしばしばあるのですが、UP5は全く問題ありませんでした。

ちょっとボリュームノブのチープさが気になりますが、買って良かったと思います。

続きを読む

かもとたろう さん (2022/03/21)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

しばらくDAPいらないかも

今までは
iBasso 初代DX160にIE100pro、NINE2、SE215SPE-Aなどの有線や
iPhoneXにFALCON proかAT-PHA55BT+有線
というような環境でした

最近、DX160のサブスクアプリが不安定なのと
PCに入れたドライバーがイケてなくて
USB-DACとして使えなかったので
今回、これを購入しました。

本当はGO bluやBTR5 2021と聴き比べしたかったけど
予算と4.4㎜バランスありで、UP5に決定

PC接続のUSB-DACとして使用することがメインで
個人的には、DAP買い替えより良かったと大満足です

ながらリスニングでも、モニタライクに音を聴き取る場合でも
十分な音質だと思います。

外出時は、iPhoneXに
同時購入したFiiOのLT-LT1でつないだり
Bluetoothレシーバでつないで使用していますが
やはり有線が使えるのはうれしいです

個人的に
DX160やM3Xくらいの価格で新しいDAPが出るまでは
UP5で十分楽しめると思います

続きを読む

atom さん (2022/02/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

ポタオデ初心者救済万能機!

TWSブームから沼り、有線イヤホンを漁り始めるとDACとバランス接続が気になってきました。本機はそのどちらも搭載し、更に無線の手軽さまでも持ち合わせる。それでいてDAPを買うよりかなり安価で、スマホと組み合わせてハイレゾサブスクを快適に楽しめる。沼のスターターセットにいいですね。
搭載DACは人気のDAPであるM3Xと同じ9219Cをしっかりデュアル採用。出力も高く、音は味付けなくそのままに出してくれる。そしてそのDACをしっかり活かせる4.4mmと2.5mmのバランス出力をどちらも搭載。ここが他機との差別化ポイントかと思います。
付属ケースが残念だったり、若干安定感のないところはありますが基本性能には文句のつけようがありません。高音質化で試したい項目を全部満たしてついでに無線でも使いたい人欲張りさんにおすすめの一品。

最後に個人的な試した結果ですが、バランス接続ってちょっと高解像度になりすぎる気がして、結局アンバランスがいいかなと気付かせてもらえました。それも本機で試せた結果ですし、今後もゴリゴリに活かしていけそうです。

続きを読む

しば さん (2022/01/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

BTレシーバー版M3X

普段からBluetoothレシーバーとして運用
しているので、その目線でのレビューです。

【良い点】
・小さい
・ジャック全部盛り(4.4/3.5/2.5mm)
・DACをSingleとDualで選択可
(シングルエンドのみ)
・低ノイズ(ほぼ気にならない)
・アプリが分かりやすい

【悪い点】
・ホイールで音量調節のため、ポケットの中
で音量が変わりやすい。
・再生開始時に3秒ほど頭切れする。

という感じです。
比較的、品質は良いのではと思います。

続きを読む

ユウキ さん (2022/01/14)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

機能面が最大の特徴

私は欲張りなので3.5はもちろん2.5も4.4も使いたい。でも無線にもしたい

そんな欲望を叶えられるこんな良い製品が他にあるでしょうか。
対応コーデックも多いので、それぞれの音質の違いなんかも楽しめたりして、
私はiPhoneのAACとDAPのLDACの違いを比べて楽しんでます。

どんなイヤホンでも、どんなリケーブルをしても対応できるので、持っていて損はないと思います。

続きを読む

Kids さん (2022/01/08)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

バッテリー内蔵型で有線接続も Bluetooth接続もできる

iPhoneやMacと接続するDACの入門機を探していました。

ファームウェアのUpdateは、ParallelsのWindowsへ環境を作って実行しました。ドライバを入れた後、USB-Cで接続しますが、本体設定でUACを2.0にし、Windowsユーザーのデスクトップからsetupすると成功しました。

また、iPhoneと接続するとエラーが出ますが、本体設定でChagerをOffにすると、カメラUSBアダプタを使ってハイレゾ音源を96kなどで聴くことができますし、 Bluetooth接続でAAC接続でも聴くことが出来ます。

4.4mm/2.5mm バランスと3.5mm アンバランス出力ができるところもポイントが高いと思います。

超低価格のOne Odioヘッドフォンで音の変化を感じたので、Pioneer SE-MHR5でバランス接続してみましたが、前者の方が音のメリハリがはっきりしていたように思います。

操作性に癖があるように思いましたが、当方が初心者ゆえかもしれません。

総合的には満足しています。
バッテリー内蔵型でiPhoneのバッテリーを使わなくても有線接続できたり、 Bluetooth接続で取り回しの簡易さを得ることも出来て、音質の向上を図れたので、購入してよかったと思っています。

続きを読む

あまびじゃ さん (2022/01/08)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3