• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

Astell&Kern

A&futura SE180 SEM2 DAC Moon Silver 【AK-SE180-SEM2-DAC-MS】

生産終了品

Astell&Kern

A&futura SE180 SEM2 DAC Moon Silver 【AK-SE180-SEM2-DAC-MS】

  • 新品

¥44,980 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

8809755500740

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥20,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を買った人はこんな商品も買っています

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

オールインワンモジュール

SEM2

  1. オールインワンモジュール「SEM2」
    SEM2は、SE180用の交換用オールインワンモジュールです。AKM AK4497EQをLR独立させたデュアル構成で搭載。SE180デフォルトのSEM1(ES9038PRO×1)とは異なるサウンドとオーディオ性能を提供します。SEM2ではPCM最大768kHz/32bit、DSD512のネイティブ再生が可能です。また、SEM2は3.5mm3極アンバランスの他、2.5mm4極と4.4mm5極のバランス接続にも対応します。
  2. 本体とモジュールの回路分離構造
    本体とオールインワンモジュールを物理的に分離することで、本体から発生する可能性のある電源ノイズやRFノイズを完全に遮断します。バランス接続とアンバランス接続の信号をチャンネルごとに分離し、干渉のない独立した回路設計により、優れたサウンドを実現しています。

製品仕様


■ オーディオ
サンプリングレート PCM:8kHz ~ 768kHz(ネイティブ)
DSD:DSD64(2.8MHz/1bit) ~ DSD512 (22.4MHz)(ネイティブ)
量子化ビット数 8bit ~ 32bit
ビットレート FLAC:0~8, APE:Fast~High, MP3/WMA:最大320Kbps, OGG:Up to Q10, AAC:最大320Kbps
出力端子 3.5mmヘッドホン出力端子
2.5mmバランス出力端子(4極)
4.4mmバランス出力端子 (5極)
アウトプットレベル アンバランス2.0Vrms , バランス4.0Vrms (Gain:Nomal / 負荷無し)
アンバランス3.0Vrms , バランス6.0Vrms (Gain:High / 負荷無し)
出力インピーダンス アンバランス 3.5mm:1ohm
バランス 2.5mm,4.4mm : 1.5ohm
D/Aコンバーター AKM AK4497EQ ( Dual DAC )
周波数特性 ±0.07dB (Condition : 20Hz~20kHz) アンバランス
±0.06dB (Condition : 20Hz~20kHz)バランス
±0.68dB (Condition : 20Hz~70kHz) アンバランス
±0.67dB (Condition : 20Hz~70kHz)バランス
S/N比 [ Nomal ] アンバランス : 122dB (@1kHz) / バランス:124dB (@1kHz)
[ High ] アンバランス : 125dB (@1kHz) / バランス:127dB (@1kHz)
クロストーク [ Nomal ] アンバランス : -138dB (@1kHz) / バランス:-145dB (@1kHz)
[ High ] アンバランス : -138dB (@1kHz) / バランス:-147dB (@1kHz)
THD+N [ Nomal ] アンバランス : 0.0006% (@1kHz) / バランス:0.0005% (@1kHz)
[ High ] アンバランス : 0.0008% (@1kHz) / バランス:0.0006% (@1kHz)
IMD アンバランス 0.0002% 800Hz 10kHz(4:1)/ バランス 0.0002% 800Hz 10kHz (4:1)
■ その他
再生時間 約10.5時間
※ FLAC 16bit 44.1kHz, ボリューム50, EQオフ, 画面オフ, アンバランス出力, ゲインノーマルの場合
サイズ(W×H×D) 約77× 約76× 約19.9(mm)
重量 約100g

商品詳細

オールインワンモジュール

SEM2

  1. オールインワンモジュール「SEM2」
    SEM2は、SE180用の交換用オールインワンモジュールです。AKM AK4497EQをLR独立させたデュアル構成で搭載。SE180デフォルトのSEM1(ES9038PRO×1)とは異なるサウンドとオーディオ性能を提供します。SEM2ではPCM最大768kHz/32bit、DSD512のネイティブ再生が可能です。また、SEM2は3.5mm3極アンバランスの他、2.5mm4極と4.4mm5極のバランス接続にも対応します。
  2. 本体とモジュールの回路分離構造
    本体とオールインワンモジュールを物理的に分離することで、本体から発生する可能性のある電源ノイズやRFノイズを完全に遮断します。バランス接続とアンバランス接続の信号をチャンネルごとに分離し、干渉のない独立した回路設計により、優れたサウンドを実現しています。

製品仕様


■ オーディオ
サンプリングレート PCM:8kHz ~ 768kHz(ネイティブ)
DSD:DSD64(2.8MHz/1bit) ~ DSD512 (22.4MHz)(ネイティブ)
量子化ビット数 8bit ~ 32bit
ビットレート FLAC:0~8, APE:Fast~High, MP3/WMA:最大320Kbps, OGG:Up to Q10, AAC:最大320Kbps
出力端子 3.5mmヘッドホン出力端子
2.5mmバランス出力端子(4極)
4.4mmバランス出力端子 (5極)
アウトプットレベル アンバランス2.0Vrms , バランス4.0Vrms (Gain:Nomal / 負荷無し)
アンバランス3.0Vrms , バランス6.0Vrms (Gain:High / 負荷無し)
出力インピーダンス アンバランス 3.5mm:1ohm
バランス 2.5mm,4.4mm : 1.5ohm
D/Aコンバーター AKM AK4497EQ ( Dual DAC )
周波数特性 ±0.07dB (Condition : 20Hz~20kHz) アンバランス
±0.06dB (Condition : 20Hz~20kHz)バランス
±0.68dB (Condition : 20Hz~70kHz) アンバランス
±0.67dB (Condition : 20Hz~70kHz)バランス
S/N比 [ Nomal ] アンバランス : 122dB (@1kHz) / バランス:124dB (@1kHz)
[ High ] アンバランス : 125dB (@1kHz) / バランス:127dB (@1kHz)
クロストーク [ Nomal ] アンバランス : -138dB (@1kHz) / バランス:-145dB (@1kHz)
[ High ] アンバランス : -138dB (@1kHz) / バランス:-147dB (@1kHz)
THD+N [ Nomal ] アンバランス : 0.0006% (@1kHz) / バランス:0.0005% (@1kHz)
[ High ] アンバランス : 0.0008% (@1kHz) / バランス:0.0006% (@1kHz)
IMD アンバランス 0.0002% 800Hz 10kHz(4:1)/ バランス 0.0002% 800Hz 10kHz (4:1)
■ その他
再生時間 約10.5時間
※ FLAC 16bit 44.1kHz, ボリューム50, EQオフ, 画面オフ, アンバランス出力, ゲインノーマルの場合
サイズ(W×H×D) 約77× 約76× 約19.9(mm)
重量 約100g

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

レビューはありません。

レビューを修正する

STAFF

カラー:規格なし

音質

4.5

携帯性

4.5

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

リスニングで使うならこのDACモジュール!

最初に聴いた印象は、SEM1とは打って変わって迫力と艶感のある超絶リスニングサウンドといった感じでした。

音の傾向としては、少々クールでウェットな傾向です。音にざらついた印象はなくなめらかな聴き味で楽しめます。こちらのDACモジュールは、音数が増えても、楽曲の聴かせたい部分にしっかりとフォーカスを当ててくれるので、音楽の楽しさを伝えるのが上手いです。

相性としては、音数の多い現代楽曲やボーカルもの、その中でもボーカルの数が多いアニソンなどと特に相性がよく感じました。このDACモジュールの音質はSEM1とは正反対の音質傾向となっていますので使い分けが非常に楽しいと思います。

こちらは、同じAK製品のDAPと比較するとSP1000Mと音質傾向が似ていますが、音の末端までさらに細かく、そして丁寧に描写できているので音質としては上位に位置していると感じます。

好みもあれば、使い分けも可能な音質の違いが両DACモジュールにありました。SEM1とSEM2を使い分けて、様々な場面で最適化された理想的なオーディオライフを楽しむことができることでしょう。

また、これからの拡張性にも期待ができるのでぜひお試しください。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ベスト   2021/06/17

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

ユーザーのレビューはありません。