• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

12の商品が見つかりました。  1-12件を表示

FOSTEX

T60RP

総合満足度

4.5

隠れた名機です

某有名オーディオブロガーさんが絶賛されていて興味が湧いたので購入しましたが、評価通り素晴らしい音でした。

リスニング傾向の音質で、高音が特に美しいです。
他帯域の音もしっかり出ており、空間表現や定位感、音の迫力も非常に秀逸で、ハイエンドクラスの製品と互角に渡り合える、製品によっては凌駕している秀逸なヘッドホンだと思います。

あとこのヘッドホンですが、ケーブル片出しヘッドホンには珍しくバランス接続に対応しています。
アンバランス接続でも十分素晴らしい空間表現力や解像度が更に向上するので、バランス接続での試聴を個人的には強くお勧めしたいです。

ただ、他の方のレビューで言及されている通り、能率の悪い鳴らしにくいヘッドホンですので、据置アンプか高出力ポタアンは必須となる点ご注意下さい。

このヘッドホンを購入する際、店頭で対応して下さったスタッフさんが「みんなにこのヘッドホンの音を知って貰いたい」と仰っていましたが、本当にその通りだと思いました。

さうすうぇすと さん

(2021/05/03)

満足度

5.0

color:規格なし

立ち上がりは満点、響きがとても良い、6300Hzと10000Hzが強く3150Hz周辺が弱い(AT-

6300Hzと10000Hzが強く3150Hz周辺が弱い(AT-HA2で再生)
Equalizer APOでフラットにした上でのレビュー
なおパラメータは下記
GraphicEQ: 20 0; 25 0; 31.5 0; 40 0; 50 0; 63 0; 80 0; 100 0; 125 0; 160 0; 200 0; 250 0; 315 0; 400 0; 500 0; 630 0; 800 0; 1000 0; 1250 0; 1600 0; 2000 0; 2500 1.3; 3150 3.1; 4000 5.5; 5000 -3.1; 6300 -3.5; 8000 5.9; 10000 -3.8; 12500 0; 16000 0; 20000 0


音の立ち上がりは最高レベル
50Hzくらいの低い低音も素早いし高音もしっかりとキレイになる
響きも絶妙で生で聞いてるみたいだ
打ち込みも良いが生楽器聞くならもっと良いかも
K712proがモッサリ聞こえるのは聴感でもデータでも気のせいじゃないと思う
インパルス応答のところで詳しく分かる

https://diyaudioheaven.wordpress.com/headphones/measurements/akg/k712/
https://diyaudioheaven.wordpress.com/headphones/measurements/brands-j-r/t50rp-mk3/

t50rp-mk3のデータしかなかったが同じRP振動板だし許してください

タイトルの通り少し高音の強さにバラツキがありところがあるからイコライザーなしだと荒くうるさい
WAVE GENEでサイン波聴きながらイコライザー使ってやると良い

唯一残念なところが超低音域が歪みが大きいこと
40Hz以下はあまりまともに聞こえないだろうしイコライザーで低音をEDM聞く際に+20dB持ち上げたりすると良くないかも

R136A1 さん

(2021/04/15)

満足度

4.0

color:規格なし

コスパの高い美音ヘッドホン

価格に対して非常に美しい音を奏でるヘッドホンです。
まず音量が結構取りにくいので注意が必要です。
低音は量感は多くなく、上品な質感ですが、最低音域までフラットな印象です。人によって意見が分かれるかもしれませんが、ER4XRを愛用している身としては不足に感じたことはありません。
中音域はヴォーカルが瑞々しく透明感が高い音です。ほんの少し、『薫り』のようなものを感じますが、これがこのヘッドホンの個性であり、魅力でもあると思います。
高音は線が細く非常に繊細で美しいです。量は原音に対してほんの少し主張が強い程度かと思います。
半開放型ですが、遮音性や音漏れは開放型に近い感覚です。
またこの機種は定位が良く、ヴォーカルがセンターに明確に位置し、またバックのそれぞれの楽器の距離感も掴みやすく思います。
解像度は高く、音場感は少しだけ広めで明確です。
ハウジングが木ですが、反響音の癖は小さい方だと思います。
低音の量感が強くほしい方には合わないかもしれませんが、総じてコストパフォーマンスが高く美しい音を奏でてくれる機種です。

スルメ さん

(2020/08/21)

満足度

5.0

color:規格なし

DA310USB及びmojoを使ってのレビュー

平面駆動なので同価格帯のヘッドホンと比べると音の透明度が頭一つ抜けている。
音の解像度が同価格の他のヘッドホンと比べると少し劣るが趣味として音楽を聴く分には気にならないと思う。
重さもかなり重めだが長時間付けてても特に気にはならないぐらい装着感が素晴らしい。
ただ他のレビューにもある通りアンプは必須なのでアンプの購入予定がない人はオススメしない。

シンス さん

(2020/01/06)

1

満足度

5.0

color:規格なし

隠れた高コスパ名機

見た目はちょっとレトロで垢抜けない感じがあるのですが、実力は素晴らしく、いい意味で価格に見合っていません。

他の方が仰っているように駆動力は必要だと思いますが、そもそもポータブル用途を想定していないでしょうし、大抵の据え置きアンプで問題ないと思います。

平面駆動型の音が自分は苦手だったのですが、このモデルはそうした平面駆動型のネガが感じられず、素直で伸びやかな音を鳴らしてくれます。

また、つけ心地も良く、比較的重いにもかかわらずそを感じさせません。
据え置き用のヘッドホンを1台目とて大いにおすすめできそうです。

プレイガス さん

(2020/01/03)

2

満足度

5.0

color:規格なし

ポタアン必須。平面磁界ドライバーにも色々ある

還暦になってアナログオーディオからデジタルオーディオに戻ってきたオヤジです。友人からT60RPの件を聞いて、ずっと気になっていて、eイヤホンで、また中古を購入。OPPOのPM-3も友人の勧めで、既に、中古でeイヤホンで購入して、平面磁界ドライバーの音にハマりました。※eイヤホンさんは、いつも良品中古で安心して購入できますねwww少ないお金で他機種を試せるので、助かっています。すでに上記2社のヘッドホンを持ち、それぞれの会社の特徴が解りましたので、レポートです。各社平面磁界の考え方の違いや、また機種の違いで大幅に音が違うことも実感。それと同時に平面磁界ドライバーの音に魅了されました。まず、全てにおいてポタアン必須です。前述の方と同様に、この機種の本領発揮させるには、ポタアン使用が前提です。いや思った以上に効率が良くない。その分、きちんと鳴らせると応えてくれる機種です。※イヤホンでは、RHA CL750のイメージです。今回、比較条件は、AK70 MKⅡのDAPで、OPPO HA-2と本機をバランスで繋いだ感想です。※ジジイですので、可聴域が狭いのを前提に考慮されてください(笑)T60RPは、ハイレゾ対応ではないのですが、とても、優しい音を聴かせてくれます。OPPOのPM-3は、全体帯域に渡り、ハイレゾで繊細な音を聴かせてくれますが、高域が少し刺さるときがありますが、それに対して、T60RPは、高域に関しては非常にマイルド。篭りはなく、刺さることのない優しい高域表現。中〜低域にかけては、量感あふれる音の表現。低域もゴリゴリではなく、上品な低域です。当然、音場、迫力の点で劣るところはありますが、非常に自然であり、かつ低域が好きな方にはもって来いです。また、半開放型の為に、音漏れは凄いです。通勤では使用はできません。その半開放型とアメリカンマホガニーのハウジングのおかげで、みたまんまの優しい、疲れないリスニングヘッドホンに仕上がっています。イメージとしては、JAZZ系音楽が一番似合うかも・・・。あと、本当に写真で損をしているところがありますね。安っぽいプラスチックで木製表現をしているようなハウジングですが、実際は重みもあり、高級感もあります。これ非常に残念なところです。また見た目のデザインも正直、木製をらしさを活かされてないデザインが良くないですね。週末にゆったり、音楽を贅沢に長く聴くようなヘッドホンのイメージの商品です。ハイレゾ商品でないから侮るなかれ、私は、とても満足した商品でした。

hhyouki さん

(2019/05/26)

1

満足度

3.0

color:規格なし

アンプが必要です!

音質については細かくは語りません。
評価点の通りです。
あえて一言で言うならば美音系ですね。
隠れた名機として各所にて絶賛されてますが、ポータブル機器のみでの再生では使えませんので、
かなりパワーのあるDAPか、アンプをかませないと鳴りきりません。
非常に鳴らしづらいヘッドホンの部類に入ると思います。
公表値50Ωですが、600Ωのベイヤーのヘッドホンを鳴らすよりパワーが必要です。
据え置きアンプなどある程度の環境が整っている方なら問題ないですが、そうでない方は視聴せずに購入する事には注意が必要です。
近場に視聴できる環境がない所にお住まいの方々の方が実際は多いわけですから、絶賛のレビューだけを見て買ってしまう事も多いでしょうし。
国産のメーカーはあまり抵抗値の高いヘッドホンはハイエンド以外は製造してません。
ですからスマホ直結でも鳴らせてしまうヘッドホンが多いです。
50Ωという抵抗値だけを見てしまうと、いざ視聴もせずに購入した場合あまりに音量が出ないのでがっかりしてしまう方も居るかもしれません。
総括するとかなりの美音を聴かせてくれる製品で評価の高いレビューに偽りはありません。
ただこの製品を鳴らしきるためにはある程度のパワーが必要だということです。
ちなみに、ポタアンを忘れてしまい、iPhone直結で鳴らしてみましたが、蚊の鳴くような音量しか出ませんでした。

tam-tam さん

(2019/01/14)

満足度

5.0

color:規格なし

これ近年稀にみる名機だと思います。

前作のT50RPより久しぶりのフルモデルとのことで、ずっと気になってました。eイヤの店頭試聴で、もの凄くリスニングを意識したセッティングになっていることに驚きです。平面振動としては、このヘッドホンの他にHifiman HE400も持ってますが、T60RPの方が音楽鑑賞としては向いていると思います。この低音から高音のバランスの良さなら、6~7万円クラスと言って過言ではないくらい、素晴らしい製品だと思います。アフリカンマホガニーの見た目もなかなかいい感じです。残念なのは、ケーブルと端子部の接触不良が意外と多いこと。据え置きアンプとしてDENON DA-310USBを使用してますが、6.3mmプラグ経由では高い確率で接触不良が発生します。それ以外は、相当満足できる出来だと思います。

TK1103MKII さん

(2018/10/20)

2

満足度

4.5

color:規格なし

リケーブルで実像感up

音質の良さ、使い心地等は他の方々が書かれているので割愛します。満足しています。
ただ、音が耳の近くで鳴ることについてだけ少々不満に感じていました。演奏者を感じる実像感が薄いのです。
こんな時頼りになるのがリケーブルです。しかし、T60RPの端子は独特で適合他社品が見つかりません。無ければ作ってもらおうと Brise Audio さんにお願いしました。これが大正解!
音がよりクリアになり、一歩前に離れた所で演奏しているのを感じることができます。T60RPのポテンシャルの高さを実感できます。
ケーブルのレビューみたいになってしまいましたが、T60RPが素晴らしいからリケーブルの効果が最大に活きたのだと思います。ご参考になれば幸いです。

マングス善治 さん

(2018/08/09)

4

満足度

5.0

color:規格なし

最高の出会い!

 今まで使用してきたヘッドホン(AKG712PRO)が故障したので、新しいものを探していたところ、日本橋店はまちゃんがおススメしていたので、視聴して購入しました。

 本体はそこそこ重量がありますが、装着感は悪くないです。耳をすっぽり覆いつつ、厚みのあるパッドで長時間つけていても疲れません。

 過去にT50RPmk2も購入候補に挙がり聴いた事がありますが、T60RPはT50のようなモニター寄りではなく、リスニング寄りのヘッドホンになっていました。
 音の正確さや解像度は残しつつ、上から下まで音のバランスもよく、何より聴いていて楽しい!心地よい!
強い低音を好む方には低音が物足りないと感じるかもしれません。
が、特に中音域が素晴らしいです。ウッドハウジングと、イヤーパッドの厚みが増した効果なのか中音域に艶があります。
 どんなジャンルの曲でも結構こなしてくれるのですが、
ジャズを聴いていた時に 「頭の周りで音が楽しく踊って遊んでいる。」 ようでした。

超高音域や、解像度等で言えば、そりゃ10万円前後のヘッドホンの方が良いものも多いです。
しかし、それを上回る魅力がこのヘッドホンにはあると思います。
本当にこのヘッドホンに出会えて良かったです。
おススメしてくれたはまちゃんを初め、視聴のためにわざわざ新品をおろしてくれた大須店の皆様本当にありがとうございました!

slowserow さん

(2018/04/06)

5

満足度

5.0

color:規格なし

中古で入手しましたが、良かったです

■中古で購入
・昨年12月の発売以来、品不足になっているが、1月下旬、e☆イヤホンのサイトで中古1台とある
のに遭遇し、購入した。
・見た目は新品同様。発売直後に中古という事情は不明だが、木製ハウジングの一部に2mm四方の
欠けがあり、それで返品されたのか。品不足も、木材加工の生産性が悪いためか。(個人の憶測
です。)

■付属ケーブルでの音
・USB DAC/ヘッドフォンアンプ Oppo HA-1(アンバランス接続)で試聴。手持ちのゼンハイザー
HD-650、ウルトラゾーネ Edition と比較。
・インピーダンスは50Ωと低いが、92dB/mWという低能率なのでボリューム位置は2時くらい。ち
 なみに、手持ちのスマホの出力では、フルボリュームでも音量不足で使いものにならない。
・鳴らし始めは、高域寄りで硬い音だが、エージングでどんどん変化した。外見だけでなく、実際
に新品同様だったようだ。
・エージング40時間で、変化が一段落した。低域が出るようになり、fレンジのバランスが良くな
った。気になるような癖も無い。モニター調の高音質というだけでなく、しなやかな美しい音に
なり、ニュアンスも出てきた。例えば、ホールに漂う低弦の残響、チェロ独奏のなまめかしさな
ども出ている。細かな音が出るようになった感じで、ずいぶん良くなった。このヘッドフォンの
構造上、振動板の質量がありそうで、能率も実際低い。音量を上げないと生気が無い、細かい音
が出ないタイプではないかと気がかりだったが、杞憂だった。

■自作ケーブルでの音
・付属ケーブル、別売ケーブルは1.5mと中途半端な長さで、室内の据置きアンプで聴く私には短
い。バランス接続にもしたい。そこで、2.5mのケーブルを自作。ケーブルはオヤイデ製HPC-23TN
V2を2本にして使用。3.5mm4極プラグもオヤイデ製、4極XLR端子はノイトリック製。ついでに、
中村製作所のアモルメットコアの効果を確認できたので、XLR端子側の左右チャンネルにNS-115
を1個ずつ付けた。
・ケーブルのエージング24時間後だが、良い音である。付属ケーブルでもなかなかの音だったが、
さらにダイナミックで、音場が広い。鮮やかさ、生々しいリアルさがあるが、強調している感じ
でなくナチュラル。ずっと聴いていたくなる音だ。
・手持ちのヘッドフォン(アモルメットコアを付けていないがバランス接続)との比較では、ウル
トラゾーネ Edition 9には敵わないが、ゼンハイザー HD-650を上回ると感じた。
・装着感も良好で、耳への圧迫、頭への側圧は気にならない程度。快適に長時間リスニングでき
る。常用のヘッドフォンとして愛用することになりそうだ。
・購入価格が申し訳ないようなコストパフォーマンス。低能率と中途半端な付属ケーブルが弱点だ
が、それを承知して対策できる方にはお勧めできる。

balin さん

(2018/02/05)

3

満足度

5.0

color:規格なし

素直ないい音

若干音量が取りづらいですが、下から上まで量感のある音を聴かせてくれます。oppoのHA-2seのローゲインでもボリュームを上げればちゃんと鳴ります。当初、eイヤホンさんでは密閉型との商品表記がありましたが、現在の通りセミオープンです。そのため、外の音が聞こえることと、ハウジングに外から耳を近づければ音が聞こえることは当然です。t50rpmk3などのロック式の本体側コネクタからストレートタイプに変更されたことも好印象です。アラウンドイヤーのイヤーパッドやウッドハウジングがベースモデルから着実な進化をしており、使用感、所有欲を満たしてくれます。折り畳み機構はありませんが、この価格帯でこの品質、音質ですので、セミオープンで室内使用を前提とするのであれば間違いのない良品です。

ぺっぺ さん

(2018/01/06)

5

満足度

5.0

color:規格なし