トップ > iPhoneにおすすめのイヤホン10選

 iPhoneにおすすめのイヤホン10選

iPhone_earphone

今や音楽プレイヤーとしてもその地位を確立しつつあるiPhone。標準イヤホンでは満足できない、
でもリモコンマイクの利便性も捨てがたい。そんな人に送るiPhone用リモコンマイクの付いたイヤ
ホン10選です。

→iPhone以外のスマートフォン対応イヤホンはコチラをクリック!

◆No.1 SONY XBA-C10IP   ¥3,580-

SONY XBA-C10IP

◆中高域はとてもクリアで細かい音もハッキリ!

発売以後飛ぶように売れているこちらのXBA-C10は、BAドライバを搭載するイヤホンの中でも最も安いわけですが、同じBAドライバ搭載の5,000円以下のイヤホンにも全く劣っていません。非常にBAドライバらしい音で解像度が高く、細かい部分までキレイに聴かせてくれます。ボーカルの生々しさやギターのカッティングのキレも良いです。ボーカルを中心に聴きたい方は是非手に取って欲しいです。ただし、低音を求められる方にはあまり向きませんので、たとえば同じ価格帯で低音がシッカリ出るPHILIPS SHE9700と、気分や聞く曲によって「使い分け」してもいいかもしれませんね♪BA入門機として非常にオススメです。

◆No.2 AKG Q350   ¥6,150-

AKG Q350

◆HIPHOP系はもうノリノリで聴けます!

カラーバリエーションがかわいいクインシーコラボモデルですね!特に代表カラーとなっているグリーンは他にあまり類を見ないカラーですよね!そこがとってもオシャレでツボです♪もともとリモコンが付いているのも便利で嬉しい利点のひとつ! そして注目すべき点は、ごく太低音!ドンドン出ます!低域好きさんはまず!このモデルも忘れずチェックすべきです。びっくりするぐらい出ますよ!なのに聴きやすい!音漏れも少ないです。なのでお外で使うにはばっちりです! HIPHOP系はもうノリノリで聴けます。ただ何度も言いますが…低域がたっぷりなので低域はそんなに…と言った方は少ししんどいかもしれません。 そして音を楽しむイヤホン!といった印象がしました。

◆No.3 PHILIPS Fidelio S2   ¥11,840-

PHILIPS Fidelio S2

◆より高級感のあるフィニッシュになっています

かつての名機MDR-EX90SLを想起させられたS1に比べると、音のインパクト感こそないものの、中高域の解像度や、音の分離感は格段に高くなっております。 少し音場が狭く、音が閉じ込められている感じがしたS1よりも、音場が横に広がっているので、窓を開け放ったかのように気持ちのいい音になります。 強烈なキャラがあるわけではないのですが、聴き比べると気付くのです。「なんていい音なんだ。」と。 現代のMDR-EX90SLとでもいいましょうか。もうぜひ聴いてみてほしいのです。 デザインに関してもS1から細部のパーツの素材を変更し、より高級感のあるフィニッシュになっています。 フラットケーブルには溝が追加され、より絡みにくくなっております。さすが世界の家電メーカー。 なにはともあれ、非常に魅力的な選択肢がまた、イヤホンスパイラルのなかに増えました。ということでしょう。

◆No.4 beats by dr.dre Tour V2¥16,250-

earphone_six

◆beats by dr.dreの1番人気イヤホン【beats TOUR】がさらに進化

不動の人気。超人気ブランドbeats by dr.dreの1番人気イヤホン【beats TOUR】がさらに進化、パワーアップした【beats TOUR V2】が登場しました!!!相変わらずデザインがかっこいいですね・・・。音はもちろんですが、見た目もやっぱり大事ですよね!独特な形状のイヤーピースはスポーツモデルと思ってしまうほどしっかりホールドしてくれるので安定感が抜群です!!装着感は前モデルよりも格段にアップしています☆音質は低域がしっかりと前に出て迫力があり、でも中域が引っ込みすぎないのでバランスもイイ☆周りと差をつけるなら!!迷わずこいつで決まりですね☆

◆No.5 Klipsch Image S4i Rugged   ¥12,130-

earphone_two

◆アウトドアスポーツに対応したモデルで防滴仕様!

Klipschから新製品が登場!【image S4i RUGGED】。アウトドアスポーツに対応したモデルで防滴仕様!!グローブなんか付けてても操作しやすい大きなコントローラーは非常に使いやすいです!! 音の全体的なバランスが良く楽曲を選びません!!いわゆる『ドンシャリ』傾向ですが。特に印象的なのは低域。しっかり前に出てきてくれて尚且つ、アタック感もあってパワフルです☆ベースラインやバスドラがメチャクチャカッコいいです。 高域もしっかり伸びてくれますが『刺さる』と言った感じはありません!!中域も埋もれないので、歌ものをゆっくり聞くことも出来ます!でも個人的にオススメはROCKですね☆是非体感して下さい(*^_^*)

◆No.6 moshiaudio vortex pro   ¥16,950-

earphone_four

◆価格並み、いやそれ以上の満足感を与えてくれるイヤホン

まず!見た目がシンプルでカッコイイ!ステンレスのハウジングですが、 表面はマット加工で指紋も残らないため取扱いが楽です。音は、ぱっと聴いた印象クリア!クッキリハッキリ!です。 低音は量感がありつつも広がらず詰まった低音で、重めです。ボーカルは近く、解像度が高く、 若干サ行が刺さりますが伸びがキレイです。高域は金属ハウジング特有の少し派手目な音で、ちょっと耳につく部分もありますが、繊細です。レンジが広く、音の立ち上がりの速さもタイトで、ひとつひとつの音の分離感も良いので、 オールジャンル向いていると思いますが、個人的には特にテクノやクラブ系の音楽を聴いていると楽しいと思いました。 全体的に明瞭感があるので聴き疲れしにくいと思いますし、価格並み、いやそれ以上の満足感を与えてくれるイヤホンです。

◆No.7 MONSTER GRATITUDE   ¥18,300-

MONSTER GRATITUDE

◆ディスコワールド大全開!

ディスコワールド大全開!ボリューム感のある低音は厚みを保ったまま放射状に広がっていき、クラブサウンドに似た快感。 こういう低音を聴くのは久々。高域も芯まで絞り切るように出し切っていて、今までのモンスター製品とは違った印象。 ドラムやクラップ、ヴォーカルもクール。上手く弱点を克服したな!クラブサウンドの醍醐味をたっぷりと詰め込んで、 音楽を聴く人間を強く意識している作りだということがしっかり伝わる。そしてイヤホン本体。 カタチや塗装にいたってはもはやアートだ。デザインと音の良さ、この2つがこれほど完成されているイヤホンは少ない。 ディスコサウンドを聴いて青春時代を過ごした人たちには是非手にとって聴いて欲しい。頭の中の凝りを解して踊れる。

◆No.8 Bowers & Wilkins C5   ¥19,800-

earphone_seven

◆クラシックやジャズなどの音楽に対してはめっぽう強い

斬新なデザインや装着方法、音響構造など注目すべき点が多々あります。背面の音の流れを拡散させるマイクロ多孔質フィルターにより、カナル型とは一線を画した音の広がりと音場感を実現しています。音域のバランスは意外と低音域が強く、悪く言えば音像がボワボワと大きく、ブーミー。音楽のジャンルによっては低音が他の音域に干渉し、ディテールを潰しかねません。 しかし、しかしなのです!このC5はクラシックやジャズなどの音楽に対してはめっぽう強く、上記の印象を払拭します!全体を包み込んでくれる壮大な鳴りっぷりは、まるでそこに大きなスピーカーがあるかの様な印象を覚えます。 低音に限らず音の抜けが非常に良いので、籠り感はありませんし、聴き疲れもなく心地良く音楽に浸れます。相性が合えば手放せなくなる唯一無二のイヤホンです!

◆No.9 ATOMICFLOYD SuperDarts+Remote ¥27,250-

earphone_ten

◆ダイナミック×バランスドアーマチュアのイヤホン

ダイナミック×バランスドアーマチュアのイヤホンです!デザインはアトミックフロイドのセオリーに従いハイセンスにまとまっています。D×BAといえば、UE 5EBが連想されますが、このイヤホンも5EBのようにかなりクセが強く、全体的に硬質な音を鳴らします。期待通りのドンシャリで高域も刺さるギリギリまで出ますし、低域も量はやや多めです。 5EBと比較すると、5EBの方が荒々しく、SuperDartsの方が全体的に高域の方に寄っていて、まとまっている印象です。リモコンマイクがついているので、iPhone直刺しでは耳元でコントロールできるので便利ですね!ポタアンユーザーからすると、このSuperDartsはポタアンにつなげて使いたいので、マイクのあり、なしの2タイプで販売されればうれしいです。音楽をすごく楽しめるイヤホンですね!

◆No.10 Ultimate Ears 900(UE900) ¥40,930-

Ultimate Ears 900

◆際立つボーカル音!立体的な中域と抜群の定位感!

コネクタがMMCXに変更され、フェイスプレートとシェルを分けたデザインはまるでカスタムIEMの様。やや大振りなボディの中に4つのBAドライバーを搭載し、UEのカスタムIEMで使われていたWayのネットワークが組まれています。ドライバーが一つ増えたことにより、Triple.Fi10よりも解像度が高められています。ボーカルの聴き取りやすさ、自然さがこのイヤホンの最大の特徴で、低域は量は控えめながらも芯のある音を鳴らします。音場はさほど広くないですが、定位感が非常に良いので、空間のよく出る音源を聴くとびっくりする様な音を鳴らします。BAを複数搭載したイヤホンは、ネットワークで音を分割してしまうために、どうしても不自然な音になりがちですが、UE900はネットワークの存在を感じさせない程に自然です。どんなジャンルでもこなせる万能機です。

◆おすすめ関連リンク