• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

Cayin (カイン)

N6ii-Ti R-2R チタニウム・リミテッドエディション

生産終了品

Cayin (カイン)

N6ii-Ti R-2R チタニウム・リミテッドエディション

  • 新品

¥237,930 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4582367865059

  • 在庫状況

- 買取上限価格 -

¥75,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

世界600台限定生産品

商品詳細

世界600台限定生産品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

9人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

チタニウムを使用した限定生産品!!

【試聴環境】
試聴イヤホン:Flipears AISHA

【試聴楽曲】
LA・LA・LA LOVE SONG/ 久保田 利伸

「チタニウム製のボディ」・「リミテッドエディション」と男の子が好きな言葉を並べた物欲を刺激する製品。

何を言っているかわからなくても言葉の羅列で欲しくなる。実際聴いてみれば欲しくなること請け合い!

重量はヘヴィ級ですが片手に収まるサイズなので、日常的に使用しているとそこまで気になりません。

筐体はファインサンドブラスト加工されているため、ほんの僅かですが摩擦抵抗があり手に持ちやすいです。

肝心の音は、細やかでメリハリのある音です。音の厚み、量感はしっかりしつつ軽やかで軽快な音は立体的な空間を作りだしています。

音圧しっかりさんなので、抑揚がしっかりしていることも立体的な空間作りを手助けしていますね!

分離感が良く、様々な楽器の音が聴き取りやすいので「この音今まで聞こえなかった!」という発見も!

ただメインは忠実にボーカルで、楽器の音がゴチャゴチャしないのは高解像度、良バランスのなせる業。

特別苦手なジャンルはありませんが、特に歌ものを聴く方には一度試していただきたいプレイヤーです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by しぇりー   2021/08/07

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

ヘヴィでタイトなサウンド

limitedモデルというのは心くすぐられますね。ブラックの通常モデルと比べて、かなり明るめのグレーカラーに仕上げられています。アルミボディの通常モデルよりも更に高級感が増していて、所有欲を沸々と沸かせてきます。

サウンドは他のR-2RDACを搭載しているプレイヤーと大きくたがわず、押し出しの勢いのある生々しいサウンドです。特筆すべきは、音の重み、重心の安定感です。低音が強いわけではなく、全体に重厚感があります。音が塊になってぶつかってくるような迫力がありつつも、輪郭がはっきりしていてだまになりすぎることもありません。

質量もヘヴィ級ですが、サウンドもヘヴィ級です。メタルやロックはもちろんのこと、クラシックでも音の厚み、生々しさを求める方におすすめです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ケイティ   2021/06/30

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

素晴らしいの一言

M3X LEからステップアップとして購入。もう1年以上前のプレーヤーとなりますが、音がいいものはいい、ということがよく分かりました。高音は細かく低音は深く、中音はなめらかに…、本当に素晴らしいの一言につきます。

続きを読む

やよい さん (2023/01/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

純粋にハイレゾ音源やCD音源を楽しむ方に

サブスク運用が目立つ昨今なので、この機種でも・・・と思われるとAndroidとしてはもっさりなのでつらいと思います。

価格も重さも重量級ですが、純粋にプレーヤーとしてなら高解像度、広がる音、低音から高音までバランスがよく、手持ちのイヤホンとかを再認識させるくらい音色はすばらしいと思います。

通常のオペアンプタイプと比べて難しいことはわかりませんが、とにかく音源の持ってるものをすべて出し切ってやろうとする姿勢は、さすが高級機といえるかも。

その反面、温かさというか音色のふくよかさ・奥行き感みたいなのは薄いので、その点が残念。

ただ、終売が近いのかセールになったりもしてるので、その価格なら新品であるうちに購入するのは全然ありだと思います。

続きを読む

おっちょこちょい さん (2023/01/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

めっちゃキラキラ

通常のN6iiより見た目も音も煌びやかです。金属筐体なので結構冷たい音なのかなーと思っていましたが、聴いてみると思ったより冷たくなかったです。一音一音が少し余韻を残すような響きが特徴的で、とてもおしゃれな響きに感じます。最初からR01が入っているので通常のN6iiと比べると高価ですが、こちらを選ぶ価値は十分にあると思います。他のモジュールも普通に使えます。ただ、色が違うので人によっては気に入らない見た目になってしまうかも。

続きを読む

Kozu さん (2022/12/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音の出る化け物。ただしAndroid機能は改善の余地

イヤホンをつけたときの耳に来る音は本当にただの化け物。何がいいとかどう良いとか表現できないほど良い。
反面Android機能はフリーズや再起動、挙動不審とこっちも残念な意味で化け物。(個体差あるかも)でもそれを補って余りある音の良さは一聴の価値あり

続きを読む

スバリストイズム さん (2022/03/22)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

N8真空管と勝負して勝ちました!

真空管を使ったプレーヤーはアナログ的な音が特徴で好きなのですが、N3Proを使っていて少しモヤ感を感じたところがあって、違う種類の真空管プレーヤーとしてN8BBとSP2000Tを試聴して、真空管ではありませんが価格の近いCayin最新のN6ii-Tiとも比較しました。
SP2000TはOPと真空管を同時使用できる面白い機能がありますが、自分的には3種類の音質の違いが小さいと思ったので候補から外しました。
N8BBのNutube真空管モードは艶のあるとても心地良い音ですが、
一方でN6ii-TiはR-2R仕様でクッキリとした解像度の緻密な輝きのある音がします。
この2つからの選択はとても悩ましいものでしたが、最後は1音1音の分離が良く、それでもキラリとした音を感じられるN6ii-Tiを購入しました。
このプレーヤーで気をつけないといけないと思ったのは、かなりイヤホンとの相性を選ぶところがある点です。一番向いているのはハイブリッド型のイヤホンですね。BAのみやDDのみのイヤホンで聴くと、粒立ちがあまりにも良すぎてかなり硬い冷たい音に感じるところがあります。
そのあたりの選択がきちんと出来ていれば、今まで分からなかったような音が聴こえるくらいの分離感で、十分満足して永く使えるプレーヤーだと思います。

続きを読む

かっきー&甘納豆 さん (2022/01/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質・大きさ・重さ・価格のバランスがいい高級Android DAP

最近の高級DAPはどれも音質はよいのですが、
やたらとサイズが大きかったり、重かったりして
携行性を随分と下げたものが多い印象です。
DX220Maxは言わずもがな、HibyR8でも結構重いしでかいです。
その中で本機は、音質とサイズと価格のバランスの良さが特徴だと思います。
決してコスパが良いとかそういう理由で選ぶ機種ではないですね。

音質については価格なりの良さと感じました。
同タイプのR-2Rを積んだL&PのDAPには劣りますが、同価格帯のAndroid搭載DAPと比較すると解像度も定位も互角に戦えるかと。
第一印象は、リスニング寄りというよりは若干モニター寄りに感じると思います。
音のエネルギーや豊かさといった濃密さで聴かせるというよりも、緻密さですっきり聴かせるタイプです。
同価格帯のDAPと比較すると、HibyR8よりもDX220Maxに近いと思います。
低域の量はやや少なめですが、圧と質は確保されているのでそこまで気になりません。
中域から高域にかけてすっきりとしたきめ細かさがあり、そこに魅力があります。
R-2Rは音作りにおいてメーカーの自由度が高まるそうですが、これが今のCayinが目指している音の1つなのかもしれません。

イヤホンがメイン環境なので出力不足を感じたことはありません。
鳴らしにくいIER-Z1Rもミドルゲインで普通に鳴らせますが、鳴らしにくいヘッドホンは試せていません。

チタン筐体は見た目が美しく、自然劣化にも強いので高級機としては安心ですね。
所持機のビルドクオリティには問題なさそうですが、稀にボリュームノブのグラつきが気になる方もいらっしゃるとか。
アルミ版と比較して、筐体もボリュームもボタンも質感が大きく上がっているので満足していますが、それでもアルミ版との値段差は大きいと思います。
ここが満足度のマイナス0.5ポイント部分です。

OSやSoCなどは少々古臭さを否めず、キビキビヌルサクといった動作はしないものの、及第点だと思います。

これだけの高級機をBluetoothメインで運用することは普通ほとんど無いと思いますが、噂通りに弱いです。
1~2メートルなら問題ないのですが、数メートル離れるともう駄目です。
トランスミッター(送信側)よりもレシーバー(受信側)としての挙動が弱い気がします。
私はほとんどBluetoothを使わないのであまり気になりませんが、20万超えの高級機なので気分は良くないですね。
ここも満足度のマイナス0.5ポイント部分です。

全体的に満足度は高いですが、目に見える不満点もあるDAPなので、
そこを受け入れられるかどうかで人によって評価が変わりそうだなと思いました。

続きを読む

fxxkin39 さん (2021/09/21)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1