• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

64 AUDIO (シックスティーフォーオーディオ)

U18s

  • 新品

¥405,790 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

852998008649

  • 在庫状況

数量

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥165,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を見た人はこんな商品も見ています

この商品を買った人はこんな商品も買っています

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

ステージやスタジオで使用するプロのために設計された
最も高性能で多用途性の高いハイエンドフラグシップモデル

U18s

U18s は 64 AUDIO が誇る世界最初の 18 ドライバー搭載 IEM「U18t」をベースにしたエリートパフォーマンスを誇る最高峰のフラグシップモデルです。 サウンドエンジニアが求める明瞭度と正確さに合わせて、 ステージに立つミュージシャンが求めるウォームなサウンドにパワー、 ヘッドルームを併せ持ちます。空気圧をコントロールし音質向上のほかに聴覚を保護する最先端技術 「apexテクノロジー」 のほかにも出力機器のインピーダンスによってサウンドバランスが影響を受けないようにする技術 「LID テクノロジー」 を搭載。 64 AUDIO の持つ技術を合わせて作られた A18s はスタジオレベルのサウンドを持ち、 多用途性の高い最も高性能な IEM です。

  1. 独自技術の集大成 「tia ドライバー」 を搭載
    64 AUDIO が特許出願中の新技術 「tia(Tubeless In-ear Audio)テクノロジー」 は、 従来までのイヤホン設計であるバランスド ・ アーマチュア型ドライバー(BA 型ドライバー)に音導管(サウンドチューブ)を使用し、 音導管を通して音導孔から音を出すというイヤホン設計そのものを革新させる新技術です。 この tia テクノロジーは、 BA 型ドライバーに音導管を使用することなく独自のチューブレス設計を採用することで、 ドライバーから発信される本来の音を直接、 あなたの耳まで届けることを可能にします。 音導管を使用しないことで、 音導管内部で起こる音の共鳴問題やフィルター(ダンパー)を使用する事による音の減衰問題など、 本来ドライバーが持つ音を悪くさせる要素を排除することができます。
  2. 独自技術 「apex テクノロジー」
    外耳道を小型のスピーカーで塞いだ際、 スピーカーは空気圧(音圧)を生成します。 この空気圧は耳の疲労を引き起こしたり、 更には過度に鼓膜へ負担を掛ける事で難聴につながるリスクを引き起こします。 64 AUDIO が特許出願中のapex テクノロジー(Air Pressure Exchange)は、 そういった難聴リスクを抑える為に開発された技術であり、 外耳道内にて密閉された空間で小型スピーカーが生成した空気圧を apex モジュールを介して緩和させます。 耳の疲労感を抑える事により聴覚を保ち、 飛躍的に音質を向上させる最先端技術です。
  3. シングルボア ・ デザイン
    音の出口となる音導孔を 「1 つ」 の大口径音導孔にする設計(シングルボア・デザイン)は、 音導管(サウンドチューブ)による音の共鳴を排除できるチューブレス設計を可能にし、 独自設計の tia ドライバーのポテンシャルを最大限に引き出します。 また大口径の音導孔は、 それ自体が音響形成チャンバー(アコースティック ・ チャンバー)となり、 より正確なサウンドチューニングを可能にします。
  4. 独自技術 「LID(リニアインピーダンス ・ デザイン)」
    64 AUDIO が特許出願中の新技術 「LID(Linear Impedance Design)」 は、 ハイレゾ対応 DAP やスマホ、 ポタアンなど、 出力インピーダンスが異なるソース機器に接続しても、IEM(インイヤーモニター)の音のバランスが影響を受けないように設計する新しい技術です。
  5. 独自のコネクタ構造を採用
    同社カスタムIEM製品と異なるコネクタを採用しており、内部にスプリング機構を採用しコネクタ部に可動域を持たせることにより、頭部の動きやケーブルの着脱によるコネクタへの負荷を軽減させ劣化を防ぐとともに、ケーブルの交換を容易にしております。

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 バランスド ・ アーマチュア型ドライバー(18 ドライバーLow × 8, Mid x 8, High/Mid 1, tia High x 1)
インピーダンス
音圧感度 106dB /mW
再生周波数帯域 10Hz - 20kHz
ケーブル仕様 約 120cm 銀メッキ銅導体
本体重量 メーカー情報なし
付属品 Premium Leather Case
8-Braid Silver Cable
TrueFidelity Eartips(S,M,L)
シリコンイヤーチップ (S,M,L)
Spinfit Eartips
乾燥剤
Round Sticker
apex m15 Modules
apex m20 Modules
apex mX Modules
保証書(1 年間)
採用技術 tia HIGH DRIVER
tia TECHNOLOGY
tia SINGLE-BORE DESIGN
apex TECHNOLOGY
LID TECHNOLOGY
イヤホン端子 Custom 2pin端子
入力端子 3.5mm ミニ端子

商品詳細

ステージやスタジオで使用するプロのために設計された
最も高性能で多用途性の高いハイエンドフラグシップモデル

U18s

U18s は 64 AUDIO が誇る世界最初の 18 ドライバー搭載 IEM「U18t」をベースにしたエリートパフォーマンスを誇る最高峰のフラグシップモデルです。 サウンドエンジニアが求める明瞭度と正確さに合わせて、 ステージに立つミュージシャンが求めるウォームなサウンドにパワー、 ヘッドルームを併せ持ちます。空気圧をコントロールし音質向上のほかに聴覚を保護する最先端技術 「apexテクノロジー」 のほかにも出力機器のインピーダンスによってサウンドバランスが影響を受けないようにする技術 「LID テクノロジー」 を搭載。 64 AUDIO の持つ技術を合わせて作られた A18s はスタジオレベルのサウンドを持ち、 多用途性の高い最も高性能な IEM です。

  1. 独自技術の集大成 「tia ドライバー」 を搭載
    64 AUDIO が特許出願中の新技術 「tia(Tubeless In-ear Audio)テクノロジー」 は、 従来までのイヤホン設計であるバランスド ・ アーマチュア型ドライバー(BA 型ドライバー)に音導管(サウンドチューブ)を使用し、 音導管を通して音導孔から音を出すというイヤホン設計そのものを革新させる新技術です。 この tia テクノロジーは、 BA 型ドライバーに音導管を使用することなく独自のチューブレス設計を採用することで、 ドライバーから発信される本来の音を直接、 あなたの耳まで届けることを可能にします。 音導管を使用しないことで、 音導管内部で起こる音の共鳴問題やフィルター(ダンパー)を使用する事による音の減衰問題など、 本来ドライバーが持つ音を悪くさせる要素を排除することができます。
  2. 独自技術 「apex テクノロジー」
    外耳道を小型のスピーカーで塞いだ際、 スピーカーは空気圧(音圧)を生成します。 この空気圧は耳の疲労を引き起こしたり、 更には過度に鼓膜へ負担を掛ける事で難聴につながるリスクを引き起こします。 64 AUDIO が特許出願中のapex テクノロジー(Air Pressure Exchange)は、 そういった難聴リスクを抑える為に開発された技術であり、 外耳道内にて密閉された空間で小型スピーカーが生成した空気圧を apex モジュールを介して緩和させます。 耳の疲労感を抑える事により聴覚を保ち、 飛躍的に音質を向上させる最先端技術です。
  3. シングルボア ・ デザイン
    音の出口となる音導孔を 「1 つ」 の大口径音導孔にする設計(シングルボア・デザイン)は、 音導管(サウンドチューブ)による音の共鳴を排除できるチューブレス設計を可能にし、 独自設計の tia ドライバーのポテンシャルを最大限に引き出します。 また大口径の音導孔は、 それ自体が音響形成チャンバー(アコースティック ・ チャンバー)となり、 より正確なサウンドチューニングを可能にします。
  4. 独自技術 「LID(リニアインピーダンス ・ デザイン)」
    64 AUDIO が特許出願中の新技術 「LID(Linear Impedance Design)」 は、 ハイレゾ対応 DAP やスマホ、 ポタアンなど、 出力インピーダンスが異なるソース機器に接続しても、IEM(インイヤーモニター)の音のバランスが影響を受けないように設計する新しい技術です。
  5. 独自のコネクタ構造を採用
    同社カスタムIEM製品と異なるコネクタを採用しており、内部にスプリング機構を採用しコネクタ部に可動域を持たせることにより、頭部の動きやケーブルの着脱によるコネクタへの負荷を軽減させ劣化を防ぐとともに、ケーブルの交換を容易にしております。

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 バランスド ・ アーマチュア型ドライバー(18 ドライバーLow × 8, Mid x 8, High/Mid 1, tia High x 1)
インピーダンス
音圧感度 106dB /mW
再生周波数帯域 10Hz - 20kHz
ケーブル仕様 約 120cm 銀メッキ銅導体
本体重量 メーカー情報なし
付属品 Premium Leather Case
8-Braid Silver Cable
TrueFidelity Eartips(S,M,L)
シリコンイヤーチップ (S,M,L)
Spinfit Eartips
乾燥剤
Round Sticker
apex m15 Modules
apex m20 Modules
apex mX Modules
保証書(1 年間)
採用技術 tia HIGH DRIVER
tia TECHNOLOGY
tia SINGLE-BORE DESIGN
apex TECHNOLOGY
LID TECHNOLOGY
イヤホン端子 Custom 2pin端子
入力端子 3.5mm ミニ端子

あなたにおすすめ

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

高音の質

4.7

中音の質

4.8

低音の質

4.3

細やかさ

4.7

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

3.8

音漏耐性

3.8

3人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

フラッグシップたる音の豊富さ

見た目のインパクトが強い64Audioのフラッグシップイヤホンが登場しました。勿論見た目だけではなく、その音質もフラッグシップたるものです!

全体的な音質をざっくり伝えるのであれば
「濃密」、「凝縮された濃い音!」という言葉よりも「聴こえる音が他のイヤホンよりも多く感じる!」という印象でした。

「高域」「中域」の抜けが抜群だなと感じました。
低域は?という声が聞こえそうですが、悪いわけではありません。ただ、全体で見たときに広がりのある音質なので低域がいい意味で地味(サラッとしていてくどくない)です。

なので、特別「低音にフォーカスを当てたい!」「重低音を求めたい!」という方からすれば、少し肩透かしを食うことになるかと思います。

それと、64Audio製品あるあるなのですがステムが長めなので、「耳に挿さってはいるものの、実はちゃんと耳を塞げていない」という状態が起きやすく、イヤーピースを合うものに変えるだけで驚くほど音質の印象が変わることがあります!(特に低域に関しては)

なので「なんだか薄くて高域と中域しか聴こえないぞ?」という気がしたらイヤーピースを少し疑ってみてください。高域、中域のかなり広がりのある音質を低域がしっかりと真ん中で支えてバラバラにならないように纏め上げ、バランスの取れた音質になることが感じられると思います!

完成度の非常に高いイヤホンですので是非店頭で一度実機に触れて、ご試聴ください!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by シャツ   2021/05/10

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

濃密さの中に感じられる高水準な描写力

18ドライバーを搭載した「U18t」をベースに生み出されたフラッグシップモデルです。

筐体はしっかりとした金属の重みを感じられ堅牢性も高く、見た目から重厚感のあるデザインです。
装着感ですが、個人的にあまり重みは感じられませんでした。
ただステム部分とシェルの角度的に耳に入りきる前にシェルがコンチャ(耳のくぼみ部分)に当たる方もいらっしゃるかと思われます。

音質ですがかなりバランスの取れたウォーム寄りですがフラットなサウンドで、
64Audioらしい濃密さと広大なサウンドステージを形成しつつ、抜群の定位感。
さらに高解像度で埋もれる事無く細部まで描き切る描写力の高さが特徴です。

特に驚いたのが低域で、普段聴いている楽曲のキックで強く打った後の音の揺らぎまで描写されておりました。
また音圧マシマシであったり、アタック感が強い楽曲でも厚みをもたせつつも耳当たりはとても良く、一音一音がしっかりと耳まで届く辺りにU18sのサウンドクオリティの高さを伺えます。

高域は透き通るように伸びあがったり、煌びやかなサウンド!という感じではありませんが、高域も耳当たり良く一音一音しっかりと捉えられていて、あくまでステージやスタジオでもお使いいただけるようなバランスの良さが際立っています。

そしてボーカルは透明度を確保しつつとても艶やかで、女性ボーカル楽曲ですと歌声の色っぽさにうっとりします。

ぜひみなさん聴いてみてくださいね!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by しばちゃん   2021/05/06

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

ODINからU18sへ

ODINのレビューも書いています。見てください。
64AUDIO Fourte noir、Canary、Legend X、ODIN等の高級ハイブリッド機を所有しては、なんだか違うなと思いつつ、手放してきました。
最近は、ODINの広大な音場と、全ての音が 空間に浮いている感じで、自分にはやっぱりBA多ドラが好きなんだと思いに至った次第です。

Andromeda、U10、U12tの音が恋しくなりました。
実は、U18tも所有した事がありますが、中高音域が整っていなくて、何だか暴れてる感じがして、U12tの方が好みでした。

前置きが長くなりましたが、本機のレビューです
各評価項目はエージングが済んだ本機と標準ケーブルでの評価です。
中高音域が整っています、そして解像度が高いです。最初は低音は付属のケーブルでは質は良いものの、量が少し足りなく感じましたが、じっくりエージングをしたら、手持ちのDAP AK380では満足のいく量と質になりました。
リケーブルで、中古のLionheart2.5にしましたが、低音はもっとでますが、全体的に濃い音になりました。以外と純正ケーブルで十分満足できます。

音場は、ODINのような広大で三次元的なイヤホンの域を越えるような物ではありません。
特にODINからの入れ替えでは、音場は平面的に感じられます。特に奥行き感は控えめです。
apexテクノロジーの効果で窮屈感はありません。
高解像度なのに聴き疲れは感じません。

フィット感も、この外観デザインの当初からは多分、ステムの角度が変わった感じで耳の収まりは良いです。
Fourte noirのような暴力的な圧のある低音は期待できませんか、低音から高音にかけて全域で粒だった高解像度の音が自然に聞けます。

余談ですが、ダイナミックのVEGAをついこの前購入しました。もちろん中古です。こいつがなかなか良くできています。確か2016年頃の発売でしたが、この頃のcampfire audioは名機が多かったですね。

DAP SP2000
リケーブル 自作オーグラインpt/α 8芯

続きを読む

たま さん (2021/09/13)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

3.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

3.0

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

64 Audioらしい濃密な”音”だけど・・・

カスタムコーナーのA18Sを試聴した時、
「このままの音でユニバーサルにならないかなぁ」と思ったのですが、
N8とNioが異なるように、U18Sも変更して来たかぁ・・・

64 Audioらしい濃密な”音”で低域~中域~高域の繋がりと、
表現力が素晴らしい!特に中域(ヴォーカル)の響き方は最高です!

ただ、低域はUnique MelodyのMASON V3+(ユニバーサル)の方が、
心地良く、綺麗に深くまで響く感じがします。
少し、”ガサつき”があるかなぁ・・・
(まあ、付属ケーブルの”差”が影響していると思いますが)

リケーブルで、低域が綺麗に響けば”あり”かなぁ。

続きを読む

名無し さん (2021/04/25)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

U18Tzerの正統後継機

U18Tzerが持ってれば買い直すほどじゃないですが、フラットチューニング、LIDの効果?か新型のせいか、高音中音の音質や、女性ボーカルの艶っぽさ、生生しさは随一です。低音もこれまで同様素晴らしい重低音をならしており、高低両立できる唯一無二のメーカー音質です。まちがいなくおすすめします。

続きを読む

レゴツ さん (2021/04/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1