• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

64 AUDIO (シックスティーフォーオーディオ)

Nio【64A-8434】

  • 新品

¥244,640 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

852998008434

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥130,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を見た人はこんな商品も見ています

この商品を買った人はこんな商品も買っています

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

リスニング体験を新しいステージへ導く
立体的なサウンドステージとニュートラルでナチュラルサウンド

64 AUDIO Nio

Nio とはスウェーデン語で数字の9を意味しするハイブリッド型ユニバーサル IEMです。 搭載された 9mm 径のダイナミック型ドライバーと 8 基のバランスド・アーマチュア型ドライバーの 9 基のドライバーは音像を立体的に表現するサウンドステージと滑らかで暖かみのあるナチュラルなサウンドを奏でます。

人口工学に基づいて設計された堅牢なアルミニウム筐体とフェイスプレートには立体的に浮き出るアバロンを採用し、宝石のようなデザインに仕上げています。最高クラスの音楽再生能力は、時間を忘れるほど音を楽しむことができ、すべての音楽ジャンルにおいてリスニング体験を新しいステージへ導いてくれます。

  1. 独自技術の集大成「tia ドライバー」を搭載
    64 AUDIO が特許出願中の新技術「tia(Tubeless In-ear Audio)テクノロジー」は、従来までのイヤホン設計であるバランスド・アーマチュア型ドライバー(BA 型ドライバー)に音導管(サウンドチューブ)を使用し、音導管を通して音導孔から音を出すというイヤホン設計そのものを革新させる新技術です。この tia テクノロジーは、BA 型ドライバーに音導管を使用することなく独自のチューブレス設計を採用することで、ドライバーから発信される本来の音を直接、あなたの耳まで届けることを可能にします。音導管を使用しないことで、音導管内部で起こる音の共鳴問題やフィルター(ダンパー)を使用する事による音の減衰問題など、本来ドライバーが持つ音を悪くさせる要素を排除することができます。
    hoge画像
  2. 独自技術「apex テクノロジー」
    外耳道を小型のスピーカーで塞いだ際、スピーカーは空気圧(音圧)を生成します。この空気圧は耳の疲労を引き起こしたり、更には過度に鼓膜へ負担を掛ける事で難聴につながるリスクを引き起こします。 64 AUDIO が特許出願中のapex テクノロジー(Air Pressure Exchange)は、そういった難聴リスクを抑える為に開発された技術であり、外耳道内にて密閉された空間で小型スピーカーが生成した空気圧を apex モジュールを介して緩和させます。 耳の疲労感を抑える事により聴覚を保ち、飛躍的に音質を向上させる最先端技術です。
    hoge画像
  3. シングルボア ・ デザイン
    音の出口となる音導孔を「1 つ」の大口径音導孔にする設計(シングルボア・デザイン)は、音導管(サウンドチューブ)による音の共鳴を排除できるチューブレス設計を可能にし、独自設計の tia ドライバーのポテンシャルを最大限に引き出します。また大口径の音導孔は、それ自体が音響形成チャンバー(アコースティック ・ チャンバー)となり、より正確なサウンドチューニングを可能にします。
    hoge画像
  4. 独自技術「LID(リニアインピーダンス ・ デザイン)」
    64 AUDIO が特許出願中の新技術「LID(Linear Impedance Design)」は、ハイレゾ対応 DAP やスマホ、ポタアンなど、出力インピーダンスが異なるソース機器に接続しても、IEM(インイヤーモニター)の音のバランスが影響を受けないように設計する新しい技術です。
    hoge画像
  5. 独自のコネクタ構造を採用
    同社カスタムIEM製品と異なるコネクタを採用しており、内部にスプリング機構を採用しコネクタ部に可動域を持たせることにより、頭部の動きやケーブルの着脱によるコネクタへの負荷を軽減させ劣化を防ぐとともに、ケーブルの交換を容易にしております。

製品仕様


スペック
イヤホン筐体(フェイス) アバロンで装飾されたフェイスプレート
イヤホン筐体(ボディ) アルミニウム筐体
ドライバー ハイブリッド型ドライバー(Hybrid 型)
ドライバー構成 9 ドライバー
Low × 1, Mid x 6, High/Mid 1, tia High x 1
採用技術 tia HIGH DRIVER
tia TECHNOLOGY
tia SINGLE-BORE DESIGN
apex TECHNOLOGY
LID TECHNOLOGY
周波数特性 10Hz - 20kHz
感度 105dB SPL/mW
インピーダンス
ケーブル導体 銀メッキ銅導体
ケーブル長 約 120cm
イヤホン端子 Custom 2pin 端子
入力端子 3.5mm ミニ端子
付属品 Leather Premium Earphone Case
Premium Cable
TrueFidelity Eartips (S,M,L)
Silicone Eartips (S,M,L)
Round Sticker
apex Module(M15 Modules, M20 Modules)
保証書(1 年間)

商品詳細

リスニング体験を新しいステージへ導く
立体的なサウンドステージとニュートラルでナチュラルサウンド

64 AUDIO Nio

Nio とはスウェーデン語で数字の9を意味しするハイブリッド型ユニバーサル IEMです。 搭載された 9mm 径のダイナミック型ドライバーと 8 基のバランスド・アーマチュア型ドライバーの 9 基のドライバーは音像を立体的に表現するサウンドステージと滑らかで暖かみのあるナチュラルなサウンドを奏でます。

人口工学に基づいて設計された堅牢なアルミニウム筐体とフェイスプレートには立体的に浮き出るアバロンを採用し、宝石のようなデザインに仕上げています。最高クラスの音楽再生能力は、時間を忘れるほど音を楽しむことができ、すべての音楽ジャンルにおいてリスニング体験を新しいステージへ導いてくれます。

  1. 独自技術の集大成「tia ドライバー」を搭載
    64 AUDIO が特許出願中の新技術「tia(Tubeless In-ear Audio)テクノロジー」は、従来までのイヤホン設計であるバランスド・アーマチュア型ドライバー(BA 型ドライバー)に音導管(サウンドチューブ)を使用し、音導管を通して音導孔から音を出すというイヤホン設計そのものを革新させる新技術です。この tia テクノロジーは、BA 型ドライバーに音導管を使用することなく独自のチューブレス設計を採用することで、ドライバーから発信される本来の音を直接、あなたの耳まで届けることを可能にします。音導管を使用しないことで、音導管内部で起こる音の共鳴問題やフィルター(ダンパー)を使用する事による音の減衰問題など、本来ドライバーが持つ音を悪くさせる要素を排除することができます。
    hoge画像
  2. 独自技術「apex テクノロジー」
    外耳道を小型のスピーカーで塞いだ際、スピーカーは空気圧(音圧)を生成します。この空気圧は耳の疲労を引き起こしたり、更には過度に鼓膜へ負担を掛ける事で難聴につながるリスクを引き起こします。 64 AUDIO が特許出願中のapex テクノロジー(Air Pressure Exchange)は、そういった難聴リスクを抑える為に開発された技術であり、外耳道内にて密閉された空間で小型スピーカーが生成した空気圧を apex モジュールを介して緩和させます。 耳の疲労感を抑える事により聴覚を保ち、飛躍的に音質を向上させる最先端技術です。
    hoge画像
  3. シングルボア ・ デザイン
    音の出口となる音導孔を「1 つ」の大口径音導孔にする設計(シングルボア・デザイン)は、音導管(サウンドチューブ)による音の共鳴を排除できるチューブレス設計を可能にし、独自設計の tia ドライバーのポテンシャルを最大限に引き出します。また大口径の音導孔は、それ自体が音響形成チャンバー(アコースティック ・ チャンバー)となり、より正確なサウンドチューニングを可能にします。
    hoge画像
  4. 独自技術「LID(リニアインピーダンス ・ デザイン)」
    64 AUDIO が特許出願中の新技術「LID(Linear Impedance Design)」は、ハイレゾ対応 DAP やスマホ、ポタアンなど、出力インピーダンスが異なるソース機器に接続しても、IEM(インイヤーモニター)の音のバランスが影響を受けないように設計する新しい技術です。
    hoge画像
  5. 独自のコネクタ構造を採用
    同社カスタムIEM製品と異なるコネクタを採用しており、内部にスプリング機構を採用しコネクタ部に可動域を持たせることにより、頭部の動きやケーブルの着脱によるコネクタへの負荷を軽減させ劣化を防ぐとともに、ケーブルの交換を容易にしております。

製品仕様


スペック
イヤホン筐体(フェイス) アバロンで装飾されたフェイスプレート
イヤホン筐体(ボディ) アルミニウム筐体
ドライバー ハイブリッド型ドライバー(Hybrid 型)
ドライバー構成 9 ドライバー
Low × 1, Mid x 6, High/Mid 1, tia High x 1
採用技術 tia HIGH DRIVER
tia TECHNOLOGY
tia SINGLE-BORE DESIGN
apex TECHNOLOGY
LID TECHNOLOGY
周波数特性 10Hz - 20kHz
感度 105dB SPL/mW
インピーダンス
ケーブル導体 銀メッキ銅導体
ケーブル長 約 120cm
イヤホン端子 Custom 2pin 端子
入力端子 3.5mm ミニ端子
付属品 Leather Premium Earphone Case
Premium Cable
TrueFidelity Eartips (S,M,L)
Silicone Eartips (S,M,L)
Round Sticker
apex Module(M15 Modules, M20 Modules)
保証書(1 年間)

あなたにおすすめ

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

5.0

高音の質

4.7

中音の質

4.8

低音の質

4.8

細やかさ

4.5

迫力

4.6

音場

4.7

遮音性

4.4

音漏耐性

4.4

10人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

しっとりとした低域と艶感のある中高音域!!

ダイナミックドライバー1基とBAドライバー8基搭載のハイブリッドモデルです。

しっとりとした優しさと広がりのある低域が心地よく耳に響き渡ります。スローテンポのしっとり系の楽曲で聴くと、より一層、心地よい音の響きが感じられます。

中音域、主にボーカルは明瞭感と艶感があり、生々しさも感じられるのでボーカル好きにとっては堪りません。

高域は、音の輪郭に角がなく、ボーカルのサ行やハイハット・シンバル系の音も刺さることはありません。とても聴きやすいです。

音の情報量は、低域から高域までしっかりと鳴らすのでしっかりと感じられました。

是非,ご試聴ください。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by レッドブル   2021/04/12

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.0

広くて綺麗!ハイエンドハイブリット型イヤホンの最高峰

試聴プレイヤー:iPhone12Pro MAX
試聴楽曲:BiSH 「I'm waiting for my dawn」

めちゃくちゃ広い音場に心奪われます。
そのうえで一つ一つの音の輪郭が細かく聞こえるくらい綺麗にならしてくれます。

低域もしっかり出ていますがボーカルも埋もれず聞こえており
楽器の音、ボーカル、音場どれをとってもこれ以上ない音質になっています。

フェイスプレートの美しさは宝石のようなデザインで音質だけでなく
見た目もきれいなイヤホンです。

イヤーピースは2種類×3サイズ同梱されていますので
装着感を満足させてくれます。

ハイエンドイヤホンではありますが
これ以上ないリスニング体験ができるイヤホンになっています。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ばらまつ   2021/03/05

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.0

64 AUDIOのニュースター!

まず試聴してみて9基のドライバーが積まれているのにも関わらず、音のナチュラルさにびっくりさせられました。

各帯域の音の繋がりが非常に自然で、作られたような音は感じられません。

また解像度も高く、分離感もはっきりしていますが、全体的にかなりウォームなサウンドになっていますので、聴き疲れすることはあまりないのではないでしょうか。

ボーカルの余韻も短すぎず、長すぎずといった絶妙なニュアンスで鳴ってくれるので、聴いていてめちゃくちゃ気持ちいいですね。

各楽器の細かいニュアンスもはっきり伝えてくれ、かつ音数の多い曲でもどこでどの音が鳴っているのかもすぐに把握できてしまうのがすごいところ。

楽器の音もしっかり聴きたいという方にもオススメです!

そしてなんといっても1番最初に目に留まるのはデザインの綺麗さですね。
まるで宝石の様に輝く筐体は持つ人すべての所有欲を満たしてくれるのではないでしょうか。

ハイエンドモデルをお探しの方、イヤホン沼から抜け出せない方、至高の1本を求めている方、ぜひ1度聴いてみてください!
良さにびっくりすると思います!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2020/11/06

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

最高に楽しいイヤホン

64audioは、好きなメーカーで、
数機持ってますが、
最高傑作だと思います!
とてもいい音です!
音楽を聴くのが楽しくなります。

続きを読む

ずんたろ さん (2022/01/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 4

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

同価格レンジのハイエンドイヤホンの中でも最優の音場

2022年の1月にeイヤホンと家電量販店で試聴の末購入しました。
結果として大満足しており、日々Nioで音楽を楽しんでいます。
音質は64 Audioの中ではリスニング寄りで、購入の最終的な決め手は他のイヤホンに追随を許さない立体的な音場の広さです。

【購入時に比較したハイエンドイヤホン】
■リスニング系
・Acoustune 笙
・Unique Melody Mest MKⅡ
・UE Live to go
・CA Andromeda
・F Audio Dark sky

■リファレンス系
・Sony Z1R
・Sennheiser IE900
・Final A8000

手持ちとしてはCAのAndromedaを持っているのですが、新しいDAPがほしいと考える中で、どうせならイヤホンも新調しようと年末から年始にかけて、150,000円〜250,000円のレンジで上記のハイエンド機種の試聴を行っていました。
手持ちのCAのAndromedaがかなりリスニングよりで、最初は味を変えるためにリファレンスイヤホンを中心に視聴していたのですが、私が聞く音楽がポップス系なため、いまいちリファレンスイヤホンの良さが感じられませんでした。
そのため、リスニングイヤホンも視野に入れ、片っ端から試聴をしていったところ、64 AudioのNioに出会いました。
64 Audioは価格レンジが200,000円以上のイメージが有り、当初は64 Audioの中でもエントリークラスのNioはあまりいい印象はなく、どうせならゼンハイザーのIE900やAcousutuneの笙のようなフラッグシップのほうがいいなと思っていました。
しかし、Nioを一度聞いただけで、他のイヤホンにない広大な音場の前に膝が崩れ落ちるような衝撃を受けました。
視聴したのは宇多田ヒカルさんの「誓い」でしたが、3:00を超えたあたりからのフレーズの中で、他のイヤホンでは聞こえなかった背景のメロディが、層を成して広い音場の中で交差することに気づけました。
上記の音場の広さの例も、あくまでたった一つの例であり、聞けば聞くほどその音場が生み出す音の広がりに陶酔することになります。

イヤホンそれぞれにはそれぞれの良さがあり、他のイヤホンにはあるがNioにはない楽しさがあると思います。
しかしながら、Nioにしかない立体的で広すぎる音場は、好きな人が聞いたらどっぷり使ってしまうような感動を与えてくれます。

価格もそれなりに高いですが、もし気になる方がいれば絶対に視聴してみるべきだと思います。後悔しないとても素晴らしいイヤホンです。

続きを読む

こ さん (2022/01/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

爽やかな音

購入しての感想です。
使用環境 DAP:Fiio M15

試聴して感動し、長いことお気に入りリストに入っていたのですが、ようやく手に入れることができました。
このクラスのものになると私ごときの耳では良し悪しを判断することはできません。どれもいい音に聞こえます。
Nioの特徴は、低音が深いところまで解像度高くしっかりと出ている一方で、抜けが良く鼓膜を叩くような低音の圧をほとんど感じないという点でしょうか。
聴き疲れせず長時間聞いていられます。
もちろん、中音・高音も解像度高く情報量が多く感じます。個々の楽器音のリアリティがすごいです。
その上全体的に音が柔らかく周囲へと広がっていく感じがします。この広がり方は自然でとても魅力的です。
トータルで高い音質を素直で爽やかに実現していると感じました。
装着感については個人差がありますが少しクセがあると思います。いつも使っているシリコンのイヤピ5種類ほど試してみましたがフィット感がイマイチでした。フォームタイプの方が相性が良さそうなのでクリスタルチップを使用してみましたが、こちらが正解だったようで姿勢による音の変化も少なく快適です。

続きを読む

青パンダ さん (2022/01/07)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

空間表現が素晴らしい

今回は梅田店にて多機種を試聴の上、中古を購入しました。
最終的に全てにおいて圧倒的な音質のODINと迷いましたが、Nioの唯一無二の素晴らしい空間表現力に圧倒されたのが決め手です。
空間表現と言っても分かりずらいですが、例えるなら、ライブハウスの中心にいるような感じの、音が自分の周りを囲んでおり全ての方向から押し寄せてくるような感じです。この感覚は他のハイエンドイヤホンにもない感覚です。
また、高中低音もバランスが取れており、Apexモジュールで低音量も変更出来るので、音楽を存分に楽しむことが出来ます。
一度視聴してみれば購入の選択肢が広がると思います。

続きを読む

千林商店街 さん (2022/01/03)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 5

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

64Audioの優等生

64Audioのイヤホンは、価格的にこのNioが一番のエントリーモデルとなっており、U12t(12BA)、tia Trioなど目が飛び出すほどの高値が設定されてます。しかしU12tやtia TrioなどよりNioの外観の方が高級感に溢れ、フェイスのブルーアヴァロンとメタルのハウジングに、高級品の雰囲気が漂ってます。見た目でここまで所有欲が高まったイヤホンは久しぶりです。
64Audioと言えば、筒形のapexモジュールが一番目立つ存在ですが、私はブラックでは低音が出すぎ、シルバーでは音抜けが良過ぎに聞こえました。よって、グレイカラーを多く使用してます。
装着に関しては、やや耳の奥まで入れるタイプですので、、イヤーピースはSサイズのFender Sure Seal Tipsを使用してます。尚、DAPはNW-WM1Aに3.5mm SE接続です。
tia構造は、チューブレス構造による高音の明瞭さに貢献するものですが、従来製品は明らかに違和感のある高音でしたが、このNioではようやくそのバランスの良さが改善されたような気がします。サ行が刺さることもなく、その上繊細な表現もできてます。結果、tia Trioのよりも明らかに全域の見晴らしがよ良く、私としてはこちらの方が好みです。音場、定位など、文句の付けようがないくらいの素晴らしさですが、併せて元気な出音に満足してます。標準添付のケーブルも結構良いものだと思いますが、一回Premium Silver Cableというものにアップグレードさせてみたいと思います。

続きを読む

TK1103MKII さん (2021/03/01)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

全てにおいて優等生

Silver Premium Cableと組み合わせての感想です。
他社の10万円超えのイヤホンと比べて、
地の底から響くような低音が出るわけでも、突き刺さるような高音が出るわけでも、
脳がとろけるような女性ボーカルを聴かせてくれるわけでもありません。
それでもこのイヤホンでずっと音楽を聴いていたくなる機種です。
ここが欠点という個所がまるで見当たらないのが最大の長所でしょうか。
自分の所持している他の機種では合う曲にはとことん合う反面、
この曲を聴くには何か物足りないなと思う場面が必ずありましたが、
Nioにはそれが全くない。これってかなり凄い事だと思います。
他の一癖も二癖もあるイヤホンで音楽を聴いた後でこのイヤホンで同じ音楽を聴くと
「ああこれこれ」と思える機種で、なんだかんだ一番出番が多いです。

続きを読む

かずくん さん (2021/01/14)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2