• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

【生産終了品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット 【生産終了品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット 【生産終了品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット 【生産終了品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット 【生産終了品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット
【生産終了品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット 【生産終了品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット 【生産終了品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット 【生産終了品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット 【生産終了品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット

生産終了品

ビット・トレード・ワン

【生産終了品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット

保証

JANコード

4560196900370

音質は元気なイメージで、低域高域がしっかりと押し出されてきます。綺麗な高音域が特徴的だと思います。ボーカルを中心に広めの音場ですね。相まってさわやかで心地の良いサウンドだなと感じました。重低音ガッツリ系ではないので、ダンス系よりはロックやポップスだとより楽しめるような印象を受けました。このキットの特徴としてインピーダンスの16Ωから66Ωまで可変可能です。回路の抵抗を交換することで、使用するヘッドホン、イヤホンに合わせ適正なインピーダンスに変更できます。フルセットのキットで、パーツ点数もほどほどで基盤も分かりやすい表記がありますので、初心者にも製作できる程度かと思います。価格もほどほどなので、価格安く良質なアンプをお求めの自作派の方お勧めですよ

ポータブルアンプの製作を自ら行うことのできる本製品の一番の利点、それはインピーダンスを自由に変更できる点にあるのではないでしょうか。16Ωから66Ωまで、お好みで可変することができますので、お持ちのイヤホン、ヘッドフォンに合わせたチューニングが可能です。こちらのアンプ、自作の組み立てキッドということで、実際音質はどの程度のものになるのかが気になるところ。今回は同程度の価格帯であるU-SKIN、E11と聴き比べ、比較してみました。AD00031ははっきりとした音が特徴です。低域の押し出しがはっきりとしており、キラキラとした高域を潰すこともありません。クラシック、ジャズよりはロック、ポップスに向いている印象です。U-SKINより少しまろやかで丸みがあり、E11の高域をどっしりとさせた本製品は、この価格帯では優良なのでは!

◎特徴

  • 電子工作キットの常識を覆す、超本格的ヘッドフォンアンプキット!

    ・携帯性抜群の薄型アルミケースが付属。
    ・厚さわずか2cm、キット完成重量も147gと超軽量。
    ・詳細な組立マニュアルが付属。 電子工作入門にも最適。

    ■電流帰還方式とは
    ヘッドフォンには、必ず公称インピーダンスが記載されています。
    しかし、このインピーダンスの数値はあくまでも目安。

    実際にはインピーダンスは絶えず変化しています。
    このインピーダンスの変化が、低音不足や高音不足、原音の再現性の低下に繋がります。
    電流帰還方式を採用すると、このインピーダンス変化の影響を最小限に抑える事が出来るのです。

◎スペック

  • 入出力端子:3.5Φステレオミニジャック
    出力電力:50mW + 50mW(4Ω〜64Ω)
    最大出力電力:50mW+50mW(16Ω時)
    周波数特性:20Hz 〜 20KHz
    対応公称インピーダンス:16Ω〜 64Ω
    (調整抵抗で600Ωまで対応)
    電源:単四電池4本(電池別売)
    内容物:キット部品一式/マニュアル/
    3.5Φステレオケーブル (オス / オス)

    【別途ご用意していただくもの】
    ヘッドホン
    半田コテ一式
    ドライバー
    ニッパー
    ラジオペンチ
    六角レンチ (呼び2)
    セロハンテープ
    単4乾電池4本


だいちゃん

こんちゃ!
自分で一から組み立てるアンプキットはご存知でしょうか?
丹精込めて作り上げるアンプには愛着が湧きますよね!
だいちゃんだお-ヽ(゜▽,゜)ノ


そんなこんな,組立式ポ-タブルヘッドホンアンプが,

本日,大阪日本橋本店・秋葉原店に入荷!!

Bit Trade One AD00031

▼【新製品】Bit Trade One AD00031ヘッドフォンアンプ 組立キット

【電流帰還方式ポ-タブルヘッドホンアンプ 】

ヘッドホンのインピ-ダンス変動に影響されず,
音量を忠実に再現する 電流帰還式のヘッドホンアンプです.


■電流帰還方式とは
 ヘッドホンには,必ず公称インピ-ダンスが記載されています. 
 しかし,このインピ-ダンスの数値はあくまでも目安.

 実際にはインピ-ダンスは絶えず変化しています.
 このインピ-ダンスの変化が,低音不足や高音不足,原音の再現性の低下に繋がります.
 電流帰還方式を採用すると,このインピ-ダンス変化の影響を最小限に抑える事が出来るのです.




Current-feedback Headphone Amplifier  AD00031 




■ヘッドホンに合わせた調整
 使用するヘッドホンに合わせた調整を行う事で,
 電流帰還方式の性能を最大限に引き出す事ができます.
 調整は金属皮膜抵抗の変更で行います. (調整用抵抗はソケット式です)

■付属する調整用抵抗 
  公称インピ-ダンス16Ω用に2Ω
  公称インピ-ダンス24Ω用に3Ω
  公称インピ-ダンス32Ω用に3.9Ω
  公称インピ-ダンス44Ω用に5.1Ω
  公称インピ-ダンス66Ω用に8.2Ω

※別売の調整用抵抗を使う事で,公称インピ-ダンス600Ωのヘッドホンまで対応する事が出来ます.
  調整用抵抗は公称インピ-ダンスを8で割った値に近い値を選択し,かならず1W品を使用してください.


■交換可能オペアンプ
  電流帰還式ヘッドフォンアンプ AD00031 は,自己責任となりますがオペアンプの交換が可能です.
  対応オペアンプ: LM358N / OPA2134 / LM4562NA / LME49720NA / LME49860NA /
                         NJM5532DD / NJM2114DD / NJM4556AD / NJM4556ADD 




AD00031 組立キット内容

【仕様・付属品】

入出力端子:3.5Φステレオミニジャック
出力電力:50mW + 50mW(4Ω~64Ω)
最大出力電力:50mW+50mW(16Ω時)
周波数特性:20Hz ~ 20KHz
対応公称インピ-ダンス:16Ω~ 64Ω
(調整抵抗で600Ωまで対応)
電源:単四電池4本(電池別売)
内容物:キット部品一式/マニュアル/3.5Φステレオケ-ブル (オス / オス)

【別途ご用意して頂くもの】

ヘッドホン
半田コテ一式
ドライバ-
ニッパ-
ラジオペンチ
六角レンチ (呼び2)
セロハンテ-プ
単4乾電池4本




美しい佇まい!これがAD00031の完成形!



AD00031 フロントパネル

AD00031 リアパネル

洗練されたデザインと質感!



アルミ筐体のひんやりとした質感がすごく良いですね.
入出力もシンプルで,ポ-タブルヘッドホンアンプとして,どなたでも使いやすいと思います.
この清潔感溢れるデザインと,ブル-のLEDも個人的に好感触です!

そして,肝心の音質ですが,これがまた実に素晴らしい!
価格を知らなければ,これが2,3万円のアンプと言われても分からないと思います.



D12 Hjと聴き比べてみた!
一般的にフラットで高解像度と言われている,iBasso D12 Hjと音質を比較してみました!
本当はAD00031と価格帯の近い,1万円前後のアンプと比較したのですが,
圧倒的にAD00031の方が音質的に優れていて,この様な比較対象となりました.





AD00031は音場が広く,清涼感のあるサウンド!
驚くべきことに,AD00031の音質は2万円台半ばのD12 Hjに肉薄しています.
AD00031のサウンドは,D12 Hjと比較しても非常にクリア-で,瑞々しい音色を奏でます.
D12 Hjよりも中高音が明瞭,言い方によっては爽やかな印象.
空間表現も豊かで,しっかりとした定位が掴めます.
ふわりと広がる音場の広さもAD00031の魅力です.

低音域に関してはD12 Hjの方が低い周波数から鳴らしているので,
土台の安定感はD12 Hjに軍配が上がります.
その代り,視界が開けたような見晴らしの良さは
AD00031の方が上になります.
どちらもキレイ目の音質傾向ですが,価格差を考えると,
AD00031の健闘ぶりが高く評価出来ます!
メ-カ-の公式画像ではアンプと合わせるイヤホンにB&OのA8を使っていました.
開放型のイヤホン・ヘッドホンとの相性は抜群です!


AD00031ヘッドホンアンプ 組立キットは
大阪日本橋本店・秋葉原店
WEB本店にて販売中です!

そして現在,大阪日本橋本店には
完成済みのAD00031店頭試聴機をご用意しております!

※秋葉原店は今しばらくお待ちください.ガッキ-頑張れ-!



以上,お使いのイヤホンやヘッドホンに合わせて細かくチュ-ニングが可能!
ちょっと敷居は高いけど,その分ハマるとヤバいかも!?
夏休みのちょっと遅い自由研究にお一ついかがしょうか?
だいちゃんでした!
ばいばいちぃ(.・ω・)ノ゙


[eイヤホン公式ブログ] 【新規お取扱い!】Bit Trade One AD00031ヘッドホンアンプ 組立キット!

レビューはログイン後ご利用可能です

レビュー件数:1

評価

2014/02/28

ヨッシーさん

2013年11月にBit Trade One AD00031を週末特価にて購入しました。
余裕あるレイアウト基板のため半田付けし易く、1時間もあれば組み立てられます。

接続機器はiPod classic 160GB、IE80での感想。
iPod Dock出力+調整抵抗2オーム+付属のオペアンプではホワイトノイズとギャングエラーが大きかった。Dock出力が大き過ぎるために起こってしまい、phone outからの接続で音量を調節してやると回避できる。
ただし、オーテクのCKS70はDock出力でもギャングエラーが発生しなかったので、接続するイヤホン・ヘッドホンによるみたい。Gainの切り替えをつけて欲しかった。
ホワイトノイズに関しては調整用抵抗値を大きくすると小さくなった。

オペアンプをLME49720に変えると、IE80の中高音が綺麗でスキッリした音色に変化。
MUSES8920は最低動作電圧3.5Vですが、一応動作しました。LME49720に比べ低音に迫力がでたが、左右の音場が狭くなり高音の抜けが少し悪くなった。

今は、イヤホンにアッテネータを接続して調整抵抗値を大きくして使っています。
iPodとの音の違いは実感できますし、改造もできるので満足しています。
オペアンプを交換するだけでも随分音が変わる上、値段以上の音質が得られるアンプだと思いました。

1件〜1件 (全 1件)

最近チェックした商品