画像をクリックで拡大画像を表示

生産終了品

ウルトラゾーン

ULTRASONE Edition8 Carbon(カーボン)【ダイナミック密閉型ヘッドホン】

保証

24

JANコード

4573207170297
×売り切れ

2015年6月上旬予定

◎特徴

  • ・イヤーカップに取り付けられるU 字型のインレイには、手作業により仕上げられたカーボンパネルを採用
    ・ULTRASONE Edition シリーズでは初となるブラック・ハードアノダイズドフィニッシュを施したヘッドバンドを採用。アルミ削り出しスライダー部の細部に至るまでブラック仕様
    ・製品クオリティーにこだわる徹底したMade In Germany
    ・メーカー保証2 年+ 延長保証5 年=計7 年保証
    ・MMCX 着脱式ケーブル採用





    どもっ!!e☆イヤホン アンバサダーのたっくんです!





    ULTRASONE edition8 Cabonのサンプルを見せて頂ける機会があったので、撮影してみました。

    発表以降、edition8 RomeoやJuliaとの価格差に、どうなの?という声が上がっていますが、実際に音質はedition8 Romeo、Juliaと変わりは無いとの事。

    外装がどう変わったのか?フォトレビューさせて頂きます!





    まずは全体から。

    黒いパーツが多く、edition8 Rutheniumや、Romeoとも印象が違います。
    黒いパーツが多いせいか、 より端正なデザインとなった印象です。





    インレイにはカーボンパネルが用いられています。

    ハウジングは鏡面になっていますが、Rutheniumともまた少し違った色味で、よりシルバーに近い色となっています。





    ULTRASONE Edition シリーズでは初となるブラック・ハードアノダイズドフィニッシュを施したヘッドバンドを採用しています。

    アルミ削り出しスライダー部は隅々までブラックとなっています。





    ヘッドバンドはこれまでと同じエチオピアン・シープスキンレザーを採用しています。

    アーム部分がブラックになっているので、パッドのグレーっぽい感じが目立ちます。(^^;ここが僕は気になります…。





    パッドはこれまでのedition8と同様です





    プラグ、ケーブルは、edtion8 Romeo、Juliaと同様です。

    リモコンマイク付きのケーブルのみが付属します。





    MMCXコネクタを採用しているので、ケーブルの交換が可能です。

    個人的には、ORBのMMCXのケーブル『Clear force MMCX 3.5φ』が1万2千円程度で、edition8との相性も良く、造りもしっかりしているのでオススメです。





    フォトレビューと言っておきながら…聴いてみた。

    個人的な印象になりますが、edition8 Romeo、Juliaとは少し違う音(?)の様に感じました。
    edition8の気になる点として挙げられる、低域の量感の少なさが、このedition8 Carbonでは改善され、より聴き心地の良い音になったように感じます。
    発売まで試聴の機会が少ないかもしれませんが、ぜひ低域を中心に聴き比べをしてみてください。

    と言う事で、edition8 Carbonのフォトレビューでした!

◎スペック

  • 形式:ダイナミック密閉型
    インピーダンス:30Ω 
    ドライバー:40mm チタンプレイテッドマイラー 
    再生周波数帯域:6〜42,000kHz
    出力音圧レベル:96dB 
    ケーブル:マイクリモコン付き1.2m
    重量:260g(ケーブル含まず)
    付属品:合成皮革キャリングバッグ、クリーニングクロス、変換プラグ

入力された顧客評価がありません。

最近チェックした商品