• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

生産終了品

ユニークメロディ

UniqueMelody MASON (UNM-2341)【ユニバーサルモデル】

保証

12

JANコード

4571239302341
×売り切れ

今回ご紹介させて頂く製品は中国のメーカーUniqueMelodyのユニバーサルモデルのフラッグシップ!!【MASON】です。こちらの製品はBA型ドライバーを12基も搭載。JH AUDIOのRoxanneもそうですね。筐体はやはり大きいですね・・・。これは仕方がない。早速試聴してみました。一聴して感じたのは、ある意味期待、予想とは少し違う音でした。濃厚サウンドかと思っていましたが、予想していたよりもあっさりめ。一音一音を鮮明に、且つ適確に表現してくれているように感じました。音場も広く、非常に万能なイヤホンだと思います。音の濃さというよりもバランス重視で優秀なイヤホンを探している方は一聴必須です!
【レビュー日:2015/03/16】

UniqueMelodyのユニバーサルイヤホン最高峰“MASON”は片側に12基のドライバーを搭載した製品です。同じドライバー数で有名なRoxanneと比べると高域成分が多めで煌びやかな空間を感じます。音の定位感もしっかりと感じる事ができるのですが、音数が多く空間いっぱいにキラキラした音を詰め込んだ印象なので、聴き疲れしやすいですね。個人的にはJAZZとの相性が良いと感じました。シンバルの表現が秀逸です。ハウジングは大ぶりで装着感はあまり良くないですが、すぐに抜け落ちてしまうほどではありません。同社のMAVERICKとも音の傾向が異なるので、どちらか好みに合う方を選ばれるといいと思います。
【レビュー日:2015/03/16】

低域部分の解像感がすこぶる優秀で、量感はあくまでもバランス重視の為、そこまで多くありませんが、かなり低い周波数、振動でしか伝わらないような部分まで伝わってきます。BAドライバは、構造故に低域が苦手と言われてきましたが、そんなことは一切お構いなしの、むしろ解像感の良さを武器にレイヤー分けや各楽器の表現を乾いたハッキリクッキリの音色で表現します。高域や中域も同様に、非常に綺麗に鳴っており、この乾いた、ソリッドな音が苦手だ、イヤホンが大きい・重いということでなければ、ユニバーサルの中ではこれ一つでほとんどの楽曲は大丈夫でしょう。ただし、録音が悪ければその分顕著に出してきますので、古い音源とはとことん合わないかもしれません。
【レビュー日:2015/03/16】

◎特徴

  • 「MASON」は、Unique MelodyとMix Waveが共同開発を行った末、完成させたユニバーサルフィットモデルです。Unique MelodyがカスタムIEMのメーカーとして培ってきた経験や技術に加え、日本向けに特別なチューニングを施しています。
    サウンドデザインは、Unique Melodyがこれまでに開発してきた製品とは大きく異なり、Unique Melodyが日本向けの製品として新たな出発点を意味するモデルです。

    ドライバーは全てバランスド・アーマチュアドライバーで構成され、計12機(Low x 4, Mid x 4, High x 4)を搭載しています。個々のドライバーコントロールに高い技術力を要する多ドライバー化に成功し、それを裏付けるサウンドステージが得られます。

フラグシップモデルとして

「MASON」の開発を行うに辺り、フラグシップモデルとして「こういう音にしたい」という明確な一つの目標がありました。その音は、限りなく音源に忠実で、且つ、飽きのこないサウンドです。永くいつまでも、誰からも納得してもらいたいという想いが「MASON」を作り上げました。シンプルなデザインを採用したのも、それが理由です。 再現性と機能性

ただ一つの音を作り上げていく過程で、結果として「12ドライバー」という個々のドライバーのコントロールに高度な技術と経験を要するドライバー設計を採用するに至りました。一方、ドライバー数を増やすことにより、イヤホンそのものの筐体が大きくなり、結果として装着感が損なわれるというリスクもありましたが、特注の小型ドライバーを採用することにより、「再現性と機能性」という一見矛盾するような設計に成功しました。 最新の「3Dプリンティングシステム」を採用

シェル(筐体)は、最新の「3Dプリンティングシステム」によって作られています。シェル造形の安定性や生産スピードを向上させています。 シェルカラーは光の当たり方によって変化し、日の当たるところでは「紺鉄」のような高貴な濃い藍色に、暗いところでは黒色に見えます。 ケーブルは着脱可能、高品質ケーブルへの選択肢

イヤホンのコネクター部は、Unique MelodyのカスタムIEMモデル同様、ケーブルが着脱可能となっています(カスタムモデル同様、2ピン仕様)。そのため、高品質なイヤホン用交換ケーブルへのリケーブルを行い、更なるクオリティーアップを行えます

◎スペック

  • ドライバー:バランスド・アーマチュア型(BA型)
    ドライバー構成:12 ドライバー
    Low x 4, Mid x 4, High x 4
    クロスオーバー:3ウェイ・クロスオーバー
    周波数特性:20Hz - 20kHz
    入力感度:110dB @ 1mW
    インピーダンス:22Ω
    入力端子:3.5mm ミニ端子
    付属品:IEM Cable
    Metallic Carrying Case
    Cleaning Tool
    Ear tips
    保証書 (1年間)

    ※品質向上の為、予告なく仕様変更される場合がございます。

レビューはログイン後ご利用可能です

レビュー件数:3

評価

2015/07/07

珍灸師さん

ロクサーヌと気分の違いで使い分けていますが、40歳の私にはギラギラロクサーヌが少しずつキツく感じています。
メイソンは同じ12ドライバーでも本当にソフト。クルマで言うなら、最高出力は同じでもターボと排気量を多くした自然吸気のような感じです。
hugoを介しているので余計にロクサーヌは分解度が細かくなりすぎて疲れてしまうのかも。
もちろんメイソンの分解度も素晴らしいのですが自分の環境ではhugoとの相性はこちらのほうがいい感触です。

評価

2015/06/15

yamadaさん

続くイヤホンスパイラルに終止符を打とうと私が購入したのがこのMASONだ。 私とMASONの出会いは3月、eイヤホンで試しにフラッグシップレベルを聴き比べてみようと思って聞いて見た時だ。はっきり言おう、MASONはそこにあるどのイヤホンよりも一線を画していた。まずつけ心地。JHaudioのUFモデルや、その他のユニバーサルイヤホンと比べものにならないくらい私の耳にピッタリフィットし、まるでもともと私の体の一部のようだ。そして一度音楽を流せばクリアーで完璧なサウンドが鳴り響く。この世で最も「曇り」という言葉から離れたものがあるとしたらそれはUniquemelodyのMASONであろう。ロクユニを聞いた時「本当に12ドライバなんているのかよ」と疑問に思っていた私であるが、今では立派な多ドライバ教の信者であることは言うまでもない。私はこれを聞いてすぐ、手元のSE846を見て「買い換えるぞ」と心に誓った。 その後、ついに五月中旬にMASONを手に入れて早1ヶ月経ったが、未だに私はMASONを超えるイヤホンを見つけていない。

評価

2014/12/21

TKMTさん

東京に出張行ったら、たまたまポタフェス!記念にと思って衝動買いしてしまいました。はじめFityerの商品を買ってみようと思い、中古でパルテール購入しましたが、視聴ばかりしているとすべてよく感じてしまい、選択を誤ってしまいました。翌日、お願いして買い直して、MASONを購入!
リケーブルでバランスケーブル(iris)(バービリオン)装着MASONと、ALO MK3-B+ とAK240にて楽しんでいますが、今のところ達成感を感じています。

1件〜3件 (全 3件)

最近チェックした商品