• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

audioquest

DRAGONFLY BLACK

生産終了品

audioquest

DRAGONFLY BLACK

  • 新品

¥12,375 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4951035059753

  • 在庫状況

数量

e☆イヤホン買取センター

買取価格

¥4,000 税込

上記、提示価格は買取上限金額です。
実際の買取価格は査定に準じます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細
  • レビューレビューあり

  
audioquest DRAGONFLY BLACK
 

◎特徴

これまでに例のない優れた音質、さらなる低コスト高パフォーマンスを実現するとともに、AppleおよびAndroidスマートフォンにも対応できるDACの登場です!

●AudioQuestはMicrochipTechnologyとの協力により、S/N比を改善するとともに、電力消費量を大幅に削減した新たな高性能フルスピードUSBマイクロコントローラ(DACの入力プロセッサ)を開発しました。

●新たなMicrochipMXマイクロコントローラは、消費電力をDragonFlyバージョン1.2マイクロコントローラよりも77%抑え、AppleおよびAndroidのスマートフォンやタブレットとの真の互換性を確保しました。

●Apple iOXデバイスでの使用には、AppleのLightning ? USBカメラアダプタが必要となります。
Androidデバイスでの使用には、AudioQuestのAndroidデバイス用DragonTailUSBアダプタなどAndroid用(OTG)アダプタが必要です。

●DragonFlyの具体的な電子部品についてそれらの優れた点を披露することよりも部品の実装自体がその品質と同じようにきわめて重要なのです。
同じマイクロコントローラやプライマリプロセッサを搭載していれば、どのDACであっても同じようなサウンドを再生できるといった思い違いはしないでください!回路設計、ノイズ制御、電源調整、多数の受動部品の品質次第で、別のDACでは「劣っている」はずのDACチップの方が「優れている」DACチップより性能が容易に上回ることもあり得るのです。

●また、カメラやその画素数競争と同じように、数値を競っても混乱させたり、惑わせたりするだけに終わる可能性があります。

●DragonFlyBlack,Redともに内蔵されているDACチップの能力は高い一方で、DragonFlyRedおよびBlackの処理を24-bit/96kHzに限定するという選択をしました。
これにより、新たなドライバをダウンロードしてインストールする必要もなく、PCなどとの完全互換性を確保して、DragonFlyをこれまで通りシンプルにご使用いただけるようにしました。
おそらくさらに重要な点として、処理の速度が速ければノイズが増えることになりますが、最適なコンポーネントを組み合わせたDACで24/192ファイルを再生すれば音響的に優れている一方で、データをDACに送信する前にコンピュータが24/192ファイルを24/96にダウンサンプリングすれば、実際のところ多くのDACのサウンドは向上します。

● DragonFlyは、Spotify、YouTube動画、Tidal、リッピングしたCDあるいは最新のハイ・レゾリューション・ファイルを問わず、どのような音楽にも対応でき、エモーショナルな表現も可能な最高の音楽の運び手となることを目指したものです。

●最新モデルのDragonFlyは、改良された32bit ESS Sabre DACチップ?Blackは9010、Redはさらに性能の高い9016?を搭載しており、両方とも、自然なディテールを持つ本物のサウンドを求めて、最小位相フィルタを採用しています。
DragonFlyBlackではDragonFly バージョン1.2と同じ高品質ヘッドフォン・アンプとアナログ・ボリューム・コントロールを使用していますが、DragonFlyRedは、最新のESSヘッドフォン・アンプと、9016 DACチップ自体に搭載されているビットパーフェクト・デジタル・ボリューム・コントロールを内蔵しています。
9016 DACチップは、最高の忠実度、ダイナミックコントラスト、S/N比を実現した最新の実装です。

●アナログ・ボリューム・コントロールを搭載したDragonFlyバージョン1.0と1.2についてAudioQuestがその高性能を力説したことをご記憶のユーザは、疑問を覚えるかもしれません。もっともなことです。それは機能の問題です。
旧バージョンのDragonFlyおよび今回のDragonFlyBlackでは、アナログ・ボリューム・コントロールを採用しています。
それは、デジタル・ボリューム・コントロールではボリュームを下げるのにビットを減らすため、アナログ・ボリューム・コントロールの方が大半のデジタル・ボリューム・コントロールよりもサウンドアプローチが優れているからです。
とは言え、新モデルDragonFly Redに採用されているデジタル・ボリューム・コントロールは、信号を漏らさず、細やかさや繊細さ、低レベルのディテールを失うことがなく、したがってビットパーフェクト・デジタル・ボリューム・コントロールは優れたものです。

●DragonFlyBlackの出力は1.2ボルトで、これは、あらゆるプリアンプ入力回路およびあらゆる合理的に高効率のヘッドフォンをドライブするのに十分な出力です。
一方、それよりも出力が2.1ボルトと高いDragonFlyRedは、消費電力の大きな低効率モデルを含め、より幅広いヘッドフォンと互換性があります。
ちなみにDragonFly 1.0と1.2の出力は、1.8ボルトです。 DragonFly BlackとRedの最大出力の違いは、基本的にAudioQuestのヘッドフォンNightHawkに関係するものではありません。どちらのモデルでも簡単にNightHawkをドライブできます。ただ、出力の高いRedには、一部の市販の低効率のヘッドフォンにも対応できるという重要な利点があります。

●2つの最新モデルの音質の違いはどのような場合も意味あるもので、ヘッドフォンに接続するにしてもオーディオシステムの外部入力端子(AUX INPUT)に接続するにしても、重要となってきます。
同じ音量では、Blackに比べRedの方が、トルク、グリップ、パワーのいずれもはるかに上回っています。
Redの方が全般的によりクリーンでクリアなサウンドを再生し、ひとつ一つの楽器や声の位置を再現するより広がりのあるサウンドステージを実現します 。

◎スペック

□中出力タイプ(1.2Volt)
□ヘッドフォンを直接ドライブ可能
□64ステップ(デジタル制御)アナログ音量コントロール
□Apple,WindowsのPCと互換性以外にiOSデバイス、Andriodデバイスの音源を高音質化

商品詳細

  
audioquest DRAGONFLY BLACK
 

◎特徴

これまでに例のない優れた音質、さらなる低コスト高パフォーマンスを実現するとともに、AppleおよびAndroidスマートフォンにも対応できるDACの登場です!

●AudioQuestはMicrochipTechnologyとの協力により、S/N比を改善するとともに、電力消費量を大幅に削減した新たな高性能フルスピードUSBマイクロコントローラ(DACの入力プロセッサ)を開発しました。

●新たなMicrochipMXマイクロコントローラは、消費電力をDragonFlyバージョン1.2マイクロコントローラよりも77%抑え、AppleおよびAndroidのスマートフォンやタブレットとの真の互換性を確保しました。

●Apple iOXデバイスでの使用には、AppleのLightning ? USBカメラアダプタが必要となります。
Androidデバイスでの使用には、AudioQuestのAndroidデバイス用DragonTailUSBアダプタなどAndroid用(OTG)アダプタが必要です。

●DragonFlyの具体的な電子部品についてそれらの優れた点を披露することよりも部品の実装自体がその品質と同じようにきわめて重要なのです。
同じマイクロコントローラやプライマリプロセッサを搭載していれば、どのDACであっても同じようなサウンドを再生できるといった思い違いはしないでください!回路設計、ノイズ制御、電源調整、多数の受動部品の品質次第で、別のDACでは「劣っている」はずのDACチップの方が「優れている」DACチップより性能が容易に上回ることもあり得るのです。

●また、カメラやその画素数競争と同じように、数値を競っても混乱させたり、惑わせたりするだけに終わる可能性があります。

●DragonFlyBlack,Redともに内蔵されているDACチップの能力は高い一方で、DragonFlyRedおよびBlackの処理を24-bit/96kHzに限定するという選択をしました。
これにより、新たなドライバをダウンロードしてインストールする必要もなく、PCなどとの完全互換性を確保して、DragonFlyをこれまで通りシンプルにご使用いただけるようにしました。
おそらくさらに重要な点として、処理の速度が速ければノイズが増えることになりますが、最適なコンポーネントを組み合わせたDACで24/192ファイルを再生すれば音響的に優れている一方で、データをDACに送信する前にコンピュータが24/192ファイルを24/96にダウンサンプリングすれば、実際のところ多くのDACのサウンドは向上します。

● DragonFlyは、Spotify、YouTube動画、Tidal、リッピングしたCDあるいは最新のハイ・レゾリューション・ファイルを問わず、どのような音楽にも対応でき、エモーショナルな表現も可能な最高の音楽の運び手となることを目指したものです。

●最新モデルのDragonFlyは、改良された32bit ESS Sabre DACチップ?Blackは9010、Redはさらに性能の高い9016?を搭載しており、両方とも、自然なディテールを持つ本物のサウンドを求めて、最小位相フィルタを採用しています。
DragonFlyBlackではDragonFly バージョン1.2と同じ高品質ヘッドフォン・アンプとアナログ・ボリューム・コントロールを使用していますが、DragonFlyRedは、最新のESSヘッドフォン・アンプと、9016 DACチップ自体に搭載されているビットパーフェクト・デジタル・ボリューム・コントロールを内蔵しています。
9016 DACチップは、最高の忠実度、ダイナミックコントラスト、S/N比を実現した最新の実装です。

●アナログ・ボリューム・コントロールを搭載したDragonFlyバージョン1.0と1.2についてAudioQuestがその高性能を力説したことをご記憶のユーザは、疑問を覚えるかもしれません。もっともなことです。それは機能の問題です。
旧バージョンのDragonFlyおよび今回のDragonFlyBlackでは、アナログ・ボリューム・コントロールを採用しています。
それは、デジタル・ボリューム・コントロールではボリュームを下げるのにビットを減らすため、アナログ・ボリューム・コントロールの方が大半のデジタル・ボリューム・コントロールよりもサウンドアプローチが優れているからです。
とは言え、新モデルDragonFly Redに採用されているデジタル・ボリューム・コントロールは、信号を漏らさず、細やかさや繊細さ、低レベルのディテールを失うことがなく、したがってビットパーフェクト・デジタル・ボリューム・コントロールは優れたものです。

●DragonFlyBlackの出力は1.2ボルトで、これは、あらゆるプリアンプ入力回路およびあらゆる合理的に高効率のヘッドフォンをドライブするのに十分な出力です。
一方、それよりも出力が2.1ボルトと高いDragonFlyRedは、消費電力の大きな低効率モデルを含め、より幅広いヘッドフォンと互換性があります。
ちなみにDragonFly 1.0と1.2の出力は、1.8ボルトです。 DragonFly BlackとRedの最大出力の違いは、基本的にAudioQuestのヘッドフォンNightHawkに関係するものではありません。どちらのモデルでも簡単にNightHawkをドライブできます。ただ、出力の高いRedには、一部の市販の低効率のヘッドフォンにも対応できるという重要な利点があります。

●2つの最新モデルの音質の違いはどのような場合も意味あるもので、ヘッドフォンに接続するにしてもオーディオシステムの外部入力端子(AUX INPUT)に接続するにしても、重要となってきます。
同じ音量では、Blackに比べRedの方が、トルク、グリップ、パワーのいずれもはるかに上回っています。
Redの方が全般的によりクリーンでクリアなサウンドを再生し、ひとつ一つの楽器や声の位置を再現するより広がりのあるサウンドステージを実現します 。

◎スペック

□中出力タイプ(1.2Volt)
□ヘッドフォンを直接ドライブ可能
□64ステップ(デジタル制御)アナログ音量コントロール
□Apple,WindowsのPCと互換性以外にiOSデバイス、Andriodデバイスの音源を高音質化

満足度

5.0

音質

4.8

携帯性

4.7

バッテリー

3.5

拡張性

2.4

8人のお客様がレビューしています。

スタッフのレビューはありません。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

4.5

携帯性

3.5

バッテリー

5.0

拡張性

1.5

お手軽な音質upに良し!(ただし対抗馬も...)

音の傾向としては元気に味付けしてくれる感じですかね。曲を聴くのが楽しくなります。
音については散々皆さんが書いてくれてるでしょうし私は別の視点から書いてみますね。
同じ価格の対抗馬としては真っ先にFiiO Q1 MarkIIが上がってくるでしょうか?音質的な傾向はどちらも元気系で結構似ていると感じますが気持ち、Q1の方が器用な印象でしょうか。dragonflyが勝っている点も大きくあり携帯性やバッテリーいらずな所があげられますね!後述しますが主にPCで利用する比率が多い方におススメ出来ます。
少々惜しい点としては、スマホに繋ぐケーブルが高い事でしょうか。
この純正ケーブルが大切に扱っても断線するため交換費用や初期の接続費用が付き纏います。この点はQ1の方が代用が効きますのでスマホ利用が多いのであればQ1をおススメ致します

続きを読む

フェカ さん (2018/10/23)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 4

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

5.0

バッテリー

4.0

拡張性

3.0

手軽に高音質に

iphone SEで音楽を楽しもうと思い購入しました。高温が綺麗に鳴り控えめだった低音を元気に響かせてくれます。当初はER4SRで聴いていたのですが試しにポタプロで聴いたLisaのCatch the mometがまるで映画館のような迫力を感じ感動しました。音質面においては大満足ですがiphone SEの取り回しが明らかに悪くなるのは少々問題に感じたのでバンカーリングの穴の中にDRAGONFLYを入れて固定して使ってます。バッテリーの減りもそこまで致命的に減るわけでもないので是非オススメしたい逸品です。

続きを読む

シャッハ さん (2017/09/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

4.5

携帯性

5.0

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

以外と良い!

ふらっとeイヤによった際に中古コーナーの一角にて発見、気になっていた商品だったので視聴せずに購入。
商品の音質としては明るく鳴らしてくれる感じ、特に携帯、パソコンなどの商品と組み合わせると、日常生活ふと音楽を聴きたくなった際などにとても気持ちよく聴ける。
因みにこの商品、バージョンごとにiPhoneに対応してなかったりと中古で買う際は現行品のバージョンをオススメする。

続きを読む

青春を売ったゴリラ さん (2017/05/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 4

満足度

3.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

4.0

バッテリー

無評価

拡張性

3.0

音はとても良いのに…

iPhoneでハイレゾ聴ける小型安価なモノとして注目していて購入したのですが、使い始めたら不定期にノイズが出る様に。

カメラコネクターのせいかと思いながら修理に応じて貰えましたがそれでもノイズは無くならず。
Jitterbugも導入したのですが、そうしたら当然本体は倍の大きさになり、思ってたよりも持ち運びの運用が厳しくなってしまいました。

そしてノイズの原因はやはりカメラコネクターのケーブルの様です。
カメラコネクターの脆弱さが評判通りでしたね。

音はとても満足しているのですが、Audioquest社と関係無い部分で余計な不具合やコストアップが発生するのは何とも勿体無いと言うかもどかしいと言うか…。

PCで使用するにはとても良い製品だと思いますが、ポータブルとの両立では慎重にならざる負えないのかなと。

続きを読む

でんじろう さん (2017/03/08)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

5.0

バッテリー

4.5

拡張性

無評価

予想以上に良かった

購入したまま聴いたことが無かったミスチルの、

REFRECTIONのハイレゾを聴きたくて購入しました。



iPhone6sPlus+アプリ(KORG iAudioGate or ONKYO HF Player or NePLAYER)

+カメラアダプタ+DRAGONFLY+westone3 or RHA MA750 で聴いてます。



ハイレゾ(98kHz/24bit)を聴いた結果ですが、直刺しの44.1kHz/16bitより広がりと奥行きのある音が聴けました。しかしDRAGONFLYでアップサンプリング(44.1→96kHz/16bit)(整数倍の良さは感じないので96kHz)したものとの差はあまり感じませんでした。



44.1kHz/16bitの音源でアップサンプリングせずともDRAGONFLYを通すだけで、大分音が良く(音圧、厚みなど)なります。

こうなるとレッドも気になりますが、一先ずこれを買って良かったと思ってます。



問題は、アプリ側の問題でもあるのですが、DRAGONFLYを接続すると、音量がかなり大きくなり、インピーダンス16Ω位のイヤホンだと、アプリやiPhone本体での音量調節が大変難しくなります。

それとたまにですが、再生速度が遅くなったり途切れ始めたりします。

これはDRAGONFLYを抜き差しすると直ります。これもアプリの問題かもしれませんが。

続きを読む

ねこじゃらし さん (2016/11/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

5.0

バッテリー

5.0

拡張性

5.0

モバイルでは

予想以上の変化を感じます。

手軽に音質アップができますので、これから持ち出して使うのが楽しみです。

赤の滑らかさも素晴らしいですが、黒のやや元気なチューニングが私には合っていました。

続きを読む

ふえん さん (2016/07/18)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 4