• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

HIFIMAN

Arya 平面磁気駆動型ヘッドホン

生産終了品

HIFIMAN

Arya 平面磁気駆動型ヘッドホン

  • 新品

¥145,200 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

6925624201845

  • 在庫状況

数量

e☆イヤホン買取センター

買取価格

¥40,000 税込

上記、提示価格は買取上限金額です。
実際の買取価格は査定に準じます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細
  • レビューレビューあり

Arya 平面磁気駆動型ヘッドホン
薄さナノメーターの振動板はヘッドフォンにおいては初めて採用された技術で、HIFIMANによる革新的設計の中核となるものです。
HE1000 と同様な薄さの振動板を採用することは難度が高いものでしたが、素晴らしい音楽再現性の基本となるものです。

<Arya の特徴>
1. 先進的な非対称型マグネット
 HIFIMAN の平面型ドライバーの最適化についての何年もの研究の末に、耳に向いているほうがより小さい非対称型のマグネットを採用しました。
 これは振動板からの音を阻害しにくい設計となっています。

2. 特許取得した'ウインドウ・シェード'システム
 ドライバー保護の必要性とオープンバックタイプの最適化のために開発

3. 非対称のイヤカップ
 人間の耳に自然にフィットします

4. 丈夫なでユーザーが交換可能な 3..5mm 端子
 ケーブル交換を簡単に可能とし、ケーブルの耐久力をあげるとともにユーザーの好みを活かします。

5. 金属と高品質プラスチックによる構成
 HIFIMAN は Arya の強固な金属製ヘッドバンドと快適性の高い高品質なプラスチック素材を開発しました。

6. 精悍な黒のデザイン
 クラシックな HE1000 スタイルと、艶のある黒のヘッドバンドや艶消し黒のイヤカップとグリルなどすべて黒で統一した精悍なデザインの組み合わせは外観の良さと音質の良さの両方をユーザーにアピールします。

7. ケーブル
 Arya はシンプルイズベストとして Crystalline の単結晶銅線材を採用しています。
 6.35mm の標準端子を採用し、ジェットブラックのシースは外観と音質の良さの両方を満たしています。

◎スペック

周波数特性 8Hz-65kHz
インピーダンス 35Ω
感度 90dB
重量 404g

商品詳細

Arya 平面磁気駆動型ヘッドホン
薄さナノメーターの振動板はヘッドフォンにおいては初めて採用された技術で、HIFIMANによる革新的設計の中核となるものです。
HE1000 と同様な薄さの振動板を採用することは難度が高いものでしたが、素晴らしい音楽再現性の基本となるものです。

<Arya の特徴>
1. 先進的な非対称型マグネット
 HIFIMAN の平面型ドライバーの最適化についての何年もの研究の末に、耳に向いているほうがより小さい非対称型のマグネットを採用しました。
 これは振動板からの音を阻害しにくい設計となっています。

2. 特許取得した'ウインドウ・シェード'システム
 ドライバー保護の必要性とオープンバックタイプの最適化のために開発

3. 非対称のイヤカップ
 人間の耳に自然にフィットします

4. 丈夫なでユーザーが交換可能な 3..5mm 端子
 ケーブル交換を簡単に可能とし、ケーブルの耐久力をあげるとともにユーザーの好みを活かします。

5. 金属と高品質プラスチックによる構成
 HIFIMAN は Arya の強固な金属製ヘッドバンドと快適性の高い高品質なプラスチック素材を開発しました。

6. 精悍な黒のデザイン
 クラシックな HE1000 スタイルと、艶のある黒のヘッドバンドや艶消し黒のイヤカップとグリルなどすべて黒で統一した精悍なデザインの組み合わせは外観の良さと音質の良さの両方をユーザーにアピールします。

7. ケーブル
 Arya はシンプルイズベストとして Crystalline の単結晶銅線材を採用しています。
 6.35mm の標準端子を採用し、ジェットブラックのシースは外観と音質の良さの両方を満たしています。

◎スペック

周波数特性 8Hz-65kHz
インピーダンス 35Ω
感度 90dB
重量 404g

満足度

5.0

高音の質

5

中音の質

5

低音の質

4.8

細やかさ

5

迫力

4

音場

4.8

遮音性

音漏耐性

2人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

3.0

音漏耐性

無評価

広々とした場所で演奏を来ているようなヘッドホン。

今回はプレイヤーに「FiiO X5 3rd generation TITANIUM」を、DACに「Marantz HD-DAC1」を使用して聴いてみました。



音場が広く着け心地が良いので自分を中心に音が聞こえてくるような自然な空気感を感じました。

音は輪郭のある解像度の高い音が多重になって丁寧に耳に入ってきてくれるイメージです。

ボーカルには厚みがあり、ゆっくり沈み込んでいく感じが女性ボーカルと相性が良く、人の声に透明感を感じさせてくれました。

低音にも迫力があり、それが常に存在感をアピールしているのですが他の音の邪魔をせずうまく共存しており、バランスの取れたヘッドホンだなと感心させられました。

ドラムが自分の位置にあり、そこを中心にバランスよく音が鳴っているように感じたのでそのおかげなのかなと思っております。



着け心地も非常に良くイヤーパッドも余裕のある大きさで、大多数の方の耳にフィットしてくれると思います。

オープンエアー型で聴き疲れしにくくお家でゆったりと長時間くつろいで聴いていただけるヘッドホンとなっています。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by しぇりー   2019/03/29

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

しっとりとしたボーカル曲に合わせてみては

PC - HDV820 - Arya にて試聴しました。



HiFiMANヘッドホンの付け心地の良さはAryaにもあり、側圧はしっかりしているものの長時間のリスニングに適した加減になっています。

音のバランスは中低音域にフォーカスされています。

ピアノ、女性ボーカルとは相性がよく、ジャズボーカルはしっとりと表現され特に相性の良さが際立ちます。

逆に現代的な邦楽ロックなどでは 他のヘッドホンのほうが楽しめるかと思います。



インピーダンスが35Ωと低めですが、感度も低いのでそれなりの出力を持ったアンプを用意する必要があります。

実際にHDV820のボリューム位置は13時~14時程度がちょうど良かったです。



約19万円と高価なヘッドホンですが、HE1000 V2(約39万円)と比べても遜色の無いサウンドで、価格に見合った音質は出ています。

平面磁気駆動ヘッドホンの選択肢の一つとして手にとってみてはいかがでしょうか。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2019/03/21

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

3.0

音場

4.5

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

この価格帯だとしてもコスパが良いのでは?

けっこうな高価格帯ですが、この音ならこの値段でもコスパが良いと思います。何よりも音に癖がないので多ジャンルに対応でき、リケーブルも3.5mm 3極で簡単にでき、装着感も良好です。そんなに軽くは無いはずですが、数値以上に軽く感じます。音はhd800sよりは音場が狭いですが、十分な広さは確保しています。音のイメージはダークで滑らかな感じでいわゆる平面磁界型の音なのですが、下位機種のanandaより音の空間が広く、低音もしっかりでるイメージです。スライダーが少しキコキコいって恐いですが、良く見たらプロダクト自体の出来は良さげな感じです。(そのあとでgradoのgs3000eを見たので余計にそう思います)
注意点としてはスマホで鳴らせてしまうanandaと違いこちらは、少し低感度なので必ず複合型のヘッドホンアンプか単体ヘッドホンアンプが必要です。

続きを読む

007 さん (2019/07/04)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 12

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

綺麗で透明感のある空間表現力の高い魅惑的な音色!

店頭での試聴のみです。

因みに私は、フラッグシップモデルは、HD800S、T1 2nd等の複数のフラッグシップクラスのヘッドホンを所有しています。

[試聴環境]FIIO X5 3nd→同軸デジタル接続→マランツ HD DAC1(DAC)→LINEOUT→cayin HAー1AMK2(phone B 繊細なサウンド)→Arya

解像度が高く、音場もかなり広く綺麗な透明感のあるサウンドに魅了されました。

A級動作のCayin HAー1AMK2は、phone Bは、繊細なサウンド、phone Aは、ダイナミックなサウンドと音が左右で違うので、接続するヘッドホンによって、どちらでドライブさせるかお好みで決めると良いでしょう。

結構、phone Bとphone Aでは変わるので…

因みに同じ視聴環境でファイナルD8000、GRADO GS3000eは、phone Aの方が音場がグンと広がって良かったですね。

綺麗で透明感の有る空間表現力の高い魅惑的なサウンドで、欲しくなりましたね。

正に「綺麗、美しい」と言う言葉が良く似合う平面駆動式のオープンエアーと言った感じです。

続きを読む

ジャック・スレイター さん (2019/03/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 16