• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

武藤製作所

Aug PTFE線0.4mmФ

生産終了品

武藤製作所

Aug PTFE線0.4mmФ

  • 新品

¥145 ~ ¥13,200 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

611011 ~ 711111

  • 在庫状況

数量

e☆イヤホン買取センター

買取価格

¥0 税込

上記、提示価格は買取上限金額です。
実際の買取価格は査定に準じます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細
  • レビューレビューあり

  • <オーグ・ラインの製造過程>
    素材
    オーグ合金に使用される金と銀は工業用材料ではなく、開発者の本業である貴金属、宝飾品用の素材を使用しています。宝飾品用の素材は一般には「4Nクラス以上」とされますが、実際には複雑な製造工程を経てから製品化されたその後に大蔵省の品位検定を受けなければならないため、これに確実に合格するよう、はじめから5N~6Nクラスの材料が使われています。ですからオーグラインに使用されている素材は、金も銀も5N以上の高級素材です。

    溶解工程
    素材を溶解する際、一般的にはセラミック系のるつぼに素材を計量して入れ、アセチレン・酸素ガス等により加熱して大気中で溶解し、セラミック系の型に流し込みながら合金を作ります。しかし、その製法では溶解の際に大気中の不純物や溶解するために使用する酸素ガスを大量に取り込んでしまう為、製品になった合金が酸化し易いなどの問題が起きてしまいます。また、るつぼや型などに含まれる不純物も素材に溶け込んでしまいます。 オーグ合金の溶解工程は、不活性ガスを充填して大気と完全に遮断された高周波電気炉の中で行われます。しかも、流し込みまでに接触する容器は全てプラチナ製が使用され、このため、オーグには一切無駄な酸素や不純物を取り込むことがありません。

    鍛造工程
    電気炉内で固まったオーグ合金は溶解の工程で発生した溶解むらや密度むらを無くす為、大型のプレス機で日本刀を鍛えるように何回も何回もハンマリングにかけられます。

    圧延工程
    鍛造工程が終了したオーグ合金は、大型のロール機によりある程度の細さまで圧延されます。その時に圧延にかける方向を何度も入れ替えることにより、素材の方向性が発生しないようにしています。

    伸線工程
    伸線工程に使用される丸線ダイスは全てタングステンカーバイト合金を使用し、いっぺんに大きなサイズダウンをしないようにする為に繰り返し何回も少しづつ引き取り方向を変えながらサイズダウン致します。従ってオーグラインには方向性は発生しません。

    焼き鈍し工程(アニール処理)
    目標のサイズに加工されたオーグラインは鍛造、圧延、伸線工程を経てかなり硬い状態になっています。このままではケーブルとして使用できないので最終工程で、焼き鈍しを致します。それまでの工程で酸化や不純物を取り込まないようにしていたので、焼き鈍しを大気中でしてしまうと全て無駄になってしまいます。このため、水素ガスを充填したトンネル型の電気炉に伸線工程後のオーグラインを1本づつ低速で通過させます。水素は酸化還元性を持っているのでわずかに残した酸化物も水素によって吸着され、オーグラインには全く不純物は含まれません。

    これらの工夫を経て「柔らかで扱いやすく、腐食にも強く、かつ最高に音が良い」オーグラインが実現しました。

    <スペック>


    材質:銀と金を合わせた0.4mmのオーグ合金
    絶縁体:テフロンPTFE

商品詳細

  • <オーグ・ラインの製造過程>
    素材
    オーグ合金に使用される金と銀は工業用材料ではなく、開発者の本業である貴金属、宝飾品用の素材を使用しています。宝飾品用の素材は一般には「4Nクラス以上」とされますが、実際には複雑な製造工程を経てから製品化されたその後に大蔵省の品位検定を受けなければならないため、これに確実に合格するよう、はじめから5N~6Nクラスの材料が使われています。ですからオーグラインに使用されている素材は、金も銀も5N以上の高級素材です。

    溶解工程
    素材を溶解する際、一般的にはセラミック系のるつぼに素材を計量して入れ、アセチレン・酸素ガス等により加熱して大気中で溶解し、セラミック系の型に流し込みながら合金を作ります。しかし、その製法では溶解の際に大気中の不純物や溶解するために使用する酸素ガスを大量に取り込んでしまう為、製品になった合金が酸化し易いなどの問題が起きてしまいます。また、るつぼや型などに含まれる不純物も素材に溶け込んでしまいます。 オーグ合金の溶解工程は、不活性ガスを充填して大気と完全に遮断された高周波電気炉の中で行われます。しかも、流し込みまでに接触する容器は全てプラチナ製が使用され、このため、オーグには一切無駄な酸素や不純物を取り込むことがありません。

    鍛造工程
    電気炉内で固まったオーグ合金は溶解の工程で発生した溶解むらや密度むらを無くす為、大型のプレス機で日本刀を鍛えるように何回も何回もハンマリングにかけられます。

    圧延工程
    鍛造工程が終了したオーグ合金は、大型のロール機によりある程度の細さまで圧延されます。その時に圧延にかける方向を何度も入れ替えることにより、素材の方向性が発生しないようにしています。

    伸線工程
    伸線工程に使用される丸線ダイスは全てタングステンカーバイト合金を使用し、いっぺんに大きなサイズダウンをしないようにする為に繰り返し何回も少しづつ引き取り方向を変えながらサイズダウン致します。従ってオーグラインには方向性は発生しません。

    焼き鈍し工程(アニール処理)
    目標のサイズに加工されたオーグラインは鍛造、圧延、伸線工程を経てかなり硬い状態になっています。このままではケーブルとして使用できないので最終工程で、焼き鈍しを致します。それまでの工程で酸化や不純物を取り込まないようにしていたので、焼き鈍しを大気中でしてしまうと全て無駄になってしまいます。このため、水素ガスを充填したトンネル型の電気炉に伸線工程後のオーグラインを1本づつ低速で通過させます。水素は酸化還元性を持っているのでわずかに残した酸化物も水素によって吸着され、オーグラインには全く不純物は含まれません。

    これらの工夫を経て「柔らかで扱いやすく、腐食にも強く、かつ最高に音が良い」オーグラインが実現しました。

    <スペック>


    材質:銀と金を合わせた0.4mmのオーグ合金
    絶縁体:テフロンPTFE

満足度

5.0

1人のお客様がレビューしています。

スタッフのレビューはありません。

満足度

5.0

USER REVIEW

サイズ:1.0m / 緑

イヤホンが別物に生まれ変わる

IE80に使用、プラグはP3.5-SRL、四芯です
eイヤホンのブログの自作ケーブルの記事を参考に作成しました

低音が締まり、高音が開放型と勘違いするくらい聞きやすくなりました
素晴らしいですね
まさに、こうなって欲しいと想っていた音になってくれました
リケーブルによる音の変化を甘くみてました

取り回しはかなり悪くまるで針金です
一度プラグ付近で一本折れてしまい修理するハメになりました

少し値が張りますが、オーグライン+pt 撚り線の方も気になりますね
そちらの方が取り回しも音も好みに近づきそうです

続きを読む

K さん (2017/06/23)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0