• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

RADSONE (ラドソン)

Earstudio(ES100)

  • 新品

¥12,980 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4571314562127

  • 在庫状況

- 買取上限価格 -

¥3,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

◎特徴

RADSONE 24bitデュアルDAC搭載
aptX HD対応フルバランスワイヤレスアンプ


EarStudio(イヤースタジオ)はイヤホン・ヘッドホンで、24bitハイレゾサウンドをワイヤレスで楽しめる、ワイヤレスヘッドホンアンプです。Qualcomm aptX HDコーデックサポートで、ワイヤレスながらも最大48kHz/24bitのハイレゾ相当で伝送可能。さらに、独自技術により、aptX HDコーデック以外のSBC,aptX,AACなどの音源もハイレゾ級24bitにアップコンバートします。2.5mmフルバランス出力にも対応。どんなイヤホン・ヘッドホンもパワフルに駆動します。重量は単3形電池よりも軽い20gながら、14時間の連続再生が可能。長時間のリスニングをサポートします。



■有線イヤホン、ヘッドホンでワイヤレスを楽しめます。
EarStudioは、Bluetoothレシーバーとして機能します。お手持ちのイヤホン・ヘッドホンを接続するだけで、ワイヤレスで使えます。また、2.5mm4極ジャックにも対応。高級イヤホン・ヘッドホンも力強く駆動します。

■スタジオ品質の24bitサウンド
Bluetoothでハイレゾ相当の音質を実現するQualcomm aptX HDコーデックをサポート。スタジオ品質の24bitサウンドを、ワイヤレスでも楽しむことができます。また、aptX HD以外の音源も、独自技術であるDCTで、ハイレゾ級88.2KHz/24bitにアップコンバートします。

■コントロールアプリでカスタマイズ可能
3.5mm・2.5mmの出力先選択や、アプリ上で音量調整が出来ます。
また、10バンドのイコライザーやプリセット自分好みのサウンドを作り出すことも可能です。

▼ アプリのダウンロードはこちら

google play app store
■DCT
DTC(Distinctive Clear Technology)は、RADSONEの特許技術で、デジタル音源の微妙なノイズを削減し、ジッターを除去します。この技術は、ワイヤレス機器やスマートフォン用音楽再生アプリに採用され、高い評価を得ています。

■Dual DAC搭載フルバランス出力に対応
CSR 8675 Qualcomm Chipと2つのDAC (Asahi Kasei AK4375a)を搭載しています。RADSONE独自のDualDriveテクノロジーにより、Hi-Fi DACとアンプを独立して駆動。2.5mmフルバランス出力に対応し、どんなイヤホン・ヘッドホンもパワフルで、クリアなステレオサウンドが楽しめます。また、各ジャックの出力を選択することが可能で、ハイインピーダンスのイヤホン・ヘッドホンでも使用できます。

■約14時間連続再生
EarStudioは350mAhのバッテリーを搭載しており、約14時間の連続再生を可能します。一般的なBluetoothイヤホンやレシーバーは、10時間以下です。重量はわずか約20g。通常の単三電池(24g)よりも軽量です。

◎スペック

商品詳細

◎特徴

RADSONE 24bitデュアルDAC搭載
aptX HD対応フルバランスワイヤレスアンプ


EarStudio(イヤースタジオ)はイヤホン・ヘッドホンで、24bitハイレゾサウンドをワイヤレスで楽しめる、ワイヤレスヘッドホンアンプです。Qualcomm aptX HDコーデックサポートで、ワイヤレスながらも最大48kHz/24bitのハイレゾ相当で伝送可能。さらに、独自技術により、aptX HDコーデック以外のSBC,aptX,AACなどの音源もハイレゾ級24bitにアップコンバートします。2.5mmフルバランス出力にも対応。どんなイヤホン・ヘッドホンもパワフルに駆動します。重量は単3形電池よりも軽い20gながら、14時間の連続再生が可能。長時間のリスニングをサポートします。



■有線イヤホン、ヘッドホンでワイヤレスを楽しめます。
EarStudioは、Bluetoothレシーバーとして機能します。お手持ちのイヤホン・ヘッドホンを接続するだけで、ワイヤレスで使えます。また、2.5mm4極ジャックにも対応。高級イヤホン・ヘッドホンも力強く駆動します。

■スタジオ品質の24bitサウンド
Bluetoothでハイレゾ相当の音質を実現するQualcomm aptX HDコーデックをサポート。スタジオ品質の24bitサウンドを、ワイヤレスでも楽しむことができます。また、aptX HD以外の音源も、独自技術であるDCTで、ハイレゾ級88.2KHz/24bitにアップコンバートします。

■コントロールアプリでカスタマイズ可能
3.5mm・2.5mmの出力先選択や、アプリ上で音量調整が出来ます。
また、10バンドのイコライザーやプリセット自分好みのサウンドを作り出すことも可能です。

▼ アプリのダウンロードはこちら

google play app store
■DCT
DTC(Distinctive Clear Technology)は、RADSONEの特許技術で、デジタル音源の微妙なノイズを削減し、ジッターを除去します。この技術は、ワイヤレス機器やスマートフォン用音楽再生アプリに採用され、高い評価を得ています。

■Dual DAC搭載フルバランス出力に対応
CSR 8675 Qualcomm Chipと2つのDAC (Asahi Kasei AK4375a)を搭載しています。RADSONE独自のDualDriveテクノロジーにより、Hi-Fi DACとアンプを独立して駆動。2.5mmフルバランス出力に対応し、どんなイヤホン・ヘッドホンもパワフルで、クリアなステレオサウンドが楽しめます。また、各ジャックの出力を選択することが可能で、ハイインピーダンスのイヤホン・ヘッドホンでも使用できます。

■約14時間連続再生
EarStudioは350mAhのバッテリーを搭載しており、約14時間の連続再生を可能します。一般的なBluetoothイヤホンやレシーバーは、10時間以下です。重量はわずか約20g。通常の単三電池(24g)よりも軽量です。

◎スペック

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

高音の質

4.6

中音の質

4.9

低音の質

4.1

細やかさ

3.9

迫力

3.4

音場

3.3

遮音性

3.4

音漏耐性

3.4

33人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

これ一台で音楽の幅が広がる!!



こちらのワイヤレスレシーバーなんと3.5mmのアンバランス接続は勿論

2.5mmのバランス接続もできるんです!!

これだけでも十分魅力的なのですが、音もすごくいいんです!!



SHUREのSE215に繋げて試聴させて頂きましたが、

フラットで聴きやすい音は残しつつ、より輪郭がハッキリし解像度もあがりました!!



このまま使うのも全然いいのですが、Earstudioのアプリを

インストールしていただくとより一層良さを出してくれくれます。

イコライザーや外音取り込み機能の調節もでき、

端末からも自分自身で操作しやすいようにできるので

オススメです。



サイズもコンパクトで機能も色々あり使えば使うほど

音を追求できる商品ですので、

是非一度ご試聴ください!!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2019/06/17

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

3.0

音場

3.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

Andromedaでの使用レビュー

価格が価格なだけにあまり期待はしていなかったのですがあまりにすごすぎてレビューせずにはいられなくなったのでレビューします。結論ですがHibyMusicR5を買おうとしていましたがその必要は全くなくなり、また現役であったAK300もお役御免となりました。まず何がすごいってAndromedaで接続してるのにノイズがありません。この時点でまずすごいですが、さらに音量調整がものすごく細かくできるおかげでandromedaの爆音問題がおきません。この2点だけでもすでにすごいのですがさらに音がいいと来たもんだから正直もう何も言えません。音に関していうとまずアプリで外音取り込みやイコライザー、ゲイン調整などいろいろなことができます。そしてAK300との比較ですが(まず比較しようと思った時点でこのes100すごすぎ)高域の透明感や低域の土台化は比較すればまあAK300のほうがいいかなーという程度の差です。ですがイコライザーでいじると遜色ない音が出るんです。もうもはやバカでしょとしか言いようがないほどいい製品です。今ストリーミングサービスを使いたいけど手持ちのDapが対応していないという人、これ以外に選択肢は存在しません。メーカーのものでもなんでもないですがストリーミングのためにdapを買おうとしている人、またそうでなくてもBluetooth化をしたい人、そして普通に良い音で聴きたい人(全員)、私は強く言いたい。これです。これさえあれば解決です。

続きを読む

Dave さん (2020/01/12)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

3.0

音場

3.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

音は最高

まず音がクリア
低音もしっかり出て聴いてて気持ちいい音
音だけで言えばfiioのbtrより断然こっちをお勧めします
音量の微調整も可能で、その辺りbtrより使いやすい
不満点を挙げるとすれば、typeCじゃない所
あと出来ればapt-x LLにも対応して欲しかった…

続きを読む

med さん (2020/01/09)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

3.5

細やかさ

4.0

迫力

3.0

音場

3.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

iPhoneでもAK系DACの音色に

携帯兼DAPとしてGRANBEATを使用していましたが、毎日の通勤には重さに難がありiPhoneSEへ変更。音質がイマイチ自分好みではないため何かないかと考えておりこちらの商品を購入。使用したところDACがES100側に依存する為に音が明確に変わりました。

無論、音はDACによってすべてが決まるわけではないですが、iPhoneのCirrusLogic製の中域が厚めの音色からやや高域部分にフォーカスが移り細かい音まで明確でクリア感、メリハリは強くなります。同じような商品でAQUA+も所有しますが、ES100の方が非常にクリア感が強く「今どきのDAP音色」になりました。

総合的な音質改善としては、ほぼDAPのGRANBEATより純粋なスマホであるiPhone側のほうが大きく感じます。(携帯側の仕様によりGRANBEATはaptXHD(24bit/48khz)でiPhoneはAAC(16bit/44.1Khz)による接続となり、オーバーサンプリングレートをES100側で4xに設定したのでGRANBEATは24bit/192khz、iPhoneは24bit/176.4khzでの出力となります。)

この価格、サイズでデュアルDACに2.5mm4極に対応と隙のない仕様。
最近はイヤホンもフルワイヤレス時代となり、この様な商品が日陰になっていますが店舗で試聴したら間違いなく「買い」となります。

欠点としてはクリップが弱い点、充電が14時間と言いつつも10時間程度か?あと、ジャックが横向けの為、L型ジャックでないとケーブル付け根へのダメージが心配です。

通勤などで荷物を減らしつつ良い音を聞きたい人はこの商品にリケーブルが楽しめるチョット良いイヤホンでもあれば、充分に楽しめます。

続きを読む

めじぇど さん (2019/12/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

3.0

音場

3.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

あなたさえいれば

Phone X→es100 →finalE3000で聴いてます。
MISHA、ノラジョーンズ、hide等をよく聴いてます。
iPhone付属のイヤホンでApple Musicで不満を感じてspotifyで「あーちょっと良くなった」と感じ。finalE1000で「おっ⁉︎」となり。ネットでポタアンという存在を知り。e-イヤホンさんで色々と試聴してFiiOQ1MarkⅡが気に入ったけど…スマートフォンがスマートじゃなくなると思い。es100 を試聴したら「好きです!」となり付き合ってます(笑)
イヤホンはE1000→intime碧LightBalanced→E3000と変えてきましたがどれも良かったですが。E3000との相性が最高に良いです。女性ボーカルをよく聴かれる人ならJVCのスパイラルドットのイヤーピースにすると、艶やかさ、息遣いがより鮮明になって色香が…
iPhoneなのでAACでの入力ですが、出力で拡張?されるので、ハイレゾ級の音になります。ていうか、「ハイレゾだから良い音ですよー」じゃなくて聴いた感覚で「良い音」です。
これさえあればiPhoneいらないんじゃないか?くらい良いヤツです。だめか!(笑)

続きを読む

たっちゃ さん (2019/07/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

無評価

迫力

3.0

音場

3.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

音質と利便性を両立したい方は必携

2ヶ月ほど使用しての投稿です.以下の環境でLDAC接続して使用しています.
プレイヤー:Huawei P10
ケーブル:FiiO LC-2.5BS
イヤホン:FiiO F9 PRO(同梱の赤いイヤーピースを装着)

【音質】
初めてのワイヤレスオーディオ製品でしたが,一台目でこれを経験するのは贅沢ではなかろうかと思うほどでした.音の分離と定位の良さでF9 PROを愛用していますが,無線でもそれを損なうことなくパワフルに鳴らしてくれます.

【携帯性】
他の方も口を揃えて仰っているように,驚くほど小型で軽量です.もう少しスリムな筐体が良いとか個人の好みはあるかもしれませんが,これ以上のコンパクトさを求めるのは野暮だとすら感じます.

【バッテリー】
LDAC接続しているからか,公称値の14時間は再生できていないように思います.とはいえLDAC対応は発売後のファームウェアアップデートで提供されたので仕方ない面もありますし,それでも10時間は優に超えるので私としては問題ありません.

【接続性】
夕方ラッシュ時の東京駅で利用する機会が何度かありましたが,再生が途切れることはありませんでした.それ以外の使用時も含めた通算でも途切れた回数は数える程度でしたし,途切れる時間もごく僅かなので非常に快適です.

【アプリの使い勝手】
ES100はiOS/Androidアプリを用いて細かく操作することができます.アナログボリュームの調節や電源オフといったES100のハードボタンの代用からイコライジングや独自のサウンド調整に至るまで多岐にわたる項目があって自分好みの音に設定することが可能です.もちろん細かいことを抜きにしてデフォルトのままでも十分楽しめる音質です.

【FiiO BTR3との比較】
本製品の対抗馬としてはFiiO BTR3が挙がるかと思います.私はMac/Linuxしか持っておらずFWアップデートが出来ないことからBTR3をまったく検討しなかったので音質面の比較は割愛しますが,それ以外の面の個人的な比較を並べてみました.

メリット:
・2.5mmバランス接続も可能(BTR3は3.5mmシングルエンドのみ)
・FWアップデートがMacでも可能(BTR3は現状Windowsのみの提供)
デメリット:
・クリップが少し心許ない(BTR3のは割としっかりしていました)
・充電端子がUSB Micro-B(BTR3はUSB Type-C)

【総評】
ポータブルオーディオに興味がありつつも外出時の荷物を増やすのが嫌だったので今までポタアンやDAPには手を出していませんでしたが,ES100の存在を知り「ここまで小型なら買ってみようかな,音質の評判も良さそうだし」と思って購入してみたところ,まさしく私にドンピシャの製品でした.万人におすすめできますが,私のように「愛用している有線イヤホンを更に良い音で聴きたいけど荷物は増やしたくない.あと,ワイヤレスみたいな取り回しの良さも欲しい!」というワガママな方には特にうってつけだと思います.

続きを読む

あたかん さん (2019/03/17)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

3.0

音場

3.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

思った以上

2日間使ってのレビューです。
【音質】
この大きさでバランス、アンバランス両対応とか頭のおかしい仕様。変換ケーブル使うのは煩わしいのでバランス対応かが買う基準になってます。
GRANBEAT→ES100をaptXHDでバランス接続、Bluetoothと思えない音質です。高音質コーデックに対応してるスマホであれば間違いなく買いです。
流石にAK70やGRANBEATに直と比べると少し元気の良さが無くなり霞が掛かったような感じですが比べたら分かるかな程度、Fiio Q1mark2と比べるなら同程度、iPhone直よりは圧倒的です。ワイヤレス内蔵イヤホンとは比べるまでもなく。

【電池】
通勤と移動中、帰りで使ってGRANBEAT100%→1桁に対して、これは20%しか減ってませんでした。

【アプリ】
使いやすくて、設定項目も多く素晴らしいです。
何より海外メーカーのアプリは設定はできるけど何が何やらってのが多いんですが、これはヒントの量が膨大?です。日本語でそれぞれの効果やオススメ設定まで書いてくれてて迷いません。

【接続性】
ペアリングも電源オン時の接続も早く、電車でも全く途切れませんでした。
長押し1秒くらいでペアリングモードになるので電車でオンにしたら他の人とペアリングしたらしく別の曲が流れてくる事故がw

【気になる点】
・軽すぎてパッと見安っぽく見えなくもないのと小さすぎて不安になる。
・ジャックが横なので胸ポケットに縦に付けるとケーブルの重さで斜めに。襟とかシャツのボタンあたりに横向きに付けるのが安定。
・電源がバランスジャックの根本で非常に押しにくい。てっぺん辺りに持ってきてほしかった。
・ケーブルを持て余し気味になるので本体にケーブルクリップでも付いていれば良かったかも。
・クリップは確かに弱い(というか滑る)のですが滑り止め貼れば問題なさそう。
・LEDは外だと見えません。アプリでオフできる(便利!)ので問題無いですが。

見た目と価格以上に高性能な商品、気になってたら買いだと思います。

続きを読む

中高音好き さん (2019/02/01)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2