• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

FiiO (フィーオ)

M11 【FIO-M11】

生産終了品

FiiO (フィーオ)

M11 【FIO-M11】

  • 新品

¥58,440 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4562314014310

  • 在庫状況

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥21,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

2.5mm/4.4mm 2系統バランス出力を両搭載したハイブリッド構成。
ポータブルオーディオの更なる高みへ

FiiO M11

ヒーローイメージ

DSD 11.2MHzを含むハイレゾ音源やハイレゾワイヤレス規格にフル対応。そしてDAPとしては初めて、2.5mm/4.4mm 2系統バランス出力を両搭載。カスタマイズドAndroid OSや大型のHDタッチスクリーンを採用、その他あらゆる機能をこの価格で詰め込んだ、ハイパフォーマンスクラスの決定版が登場です。

  1. DACチップにAK4493EQを2基、左右独立構成で搭載し、低ノイズ・低歪と高出力を両立
    プレイヤーの音質を決定づけるDACチップには旭化成エレクトロニクス製「AK4493EQ」を左右独立で2機搭載。 これにより、SN比は約2倍に改善したほか、歪みも1dB減少するなど、大幅な音質向上を実現しています。
    特徴画像
  2. 3.5mmシングルエンド出力端子と2.5mm/4.4mmバランス出力端子を搭載
    今日において、あらゆる高級デジタルオーディオプレーヤーはバランス出力端子を備えていますが、未だに出力端子は統一されていません。そこで、M11では他社に先駆けて、3.5mmシングルエンド出力に加えて、2.5mmと4.4mmの2系統のバランス出力端子を搭載しています。 もはや、M11では煩わしい変換アダプターを使用する必要はありません。
    特徴画像
  3. 新たに設計されたフルバランス構成ヘッドホンアンプ回路
    新たに設計されたフルバランス構成のヘッドホンアンプ回路を搭載し、あらゆるイヤホン・ヘッドホンを強力にドライブします。 アンプ回路には、カスタム仕様オペアンプOPA926を採用。汎用品であるAD8397オペアンプと比較して、さらなる低ノイズフロア、低歪み、全体的な低消費電力を実現しています。また、設計の度重なる検討と見直しにより音質を最優先しながらもポータブル用途向けの消費電力の抑制に成功したOPA926は、まさにデジタルオーディオプレーヤーに最適化されたオーディオ・アーキテクチャーというべき高音質部品です。
    特徴画像
  4. 3GB RAM + 32GB内蔵メモリで高速動作を実現
    M11は、3GBの大容量RAMを搭載し、スムーズなマルチタスキングを実現しています。また、32GBの内蔵ストレージと2つのmicro-SDカードスロット(それぞれ最大2TBに対応)を搭載しており、余裕を持った音楽ライブラリの構築が可能です。※1
    特徴画像
  5. BTレシーバー/BTトランスミッターとしても利用可能な先進の高性能Bluetooth送受信機能
    Bluetooth接続は、トランスミッター機能だけでなくレシーバー機能もお使いいただけます。 加えて、M11は受信したBluetooth信号を同軸デジタル出力で外付けD/Aコンバーターに伝送することも可能です。M11を使えば、ワイヤレス接続で素晴らしいサウンドをお楽しみいただけます。
    特徴画像
  6. 最大クラスの5.15インチの18:9 型HDタッチスクリーンを採用
    フロントパネル全面に、1440×720解像度の1670万色対応フルカラー大画面5.15インチ10ポイントマルチタッチスクリーンを搭載し、 没入感の高いユーザー・エクスペリエンスとジェスチャー操作に最適化された広い画面を提供します。
    特徴画像
  7. 自社開発アプリ「FiiO Music」を搭載するカスタマイズドAndroid OSを搭載
    M11は、細部までカスタマイズが施されたAndroid 7.0ベースのデジタルオーディオプレーヤーです。 さらに、各種Androidアプリへの対応方法として、Mシリーズ従来機種で採用されているホワイトリスト形式に加えて、外部オープンAPKサービスを使って様々なアプリをインストールすることが可能です。ストリーミング音源も高音質にお楽しみいただけます。※2
    特徴画像
  8. スマートフォンからの本体操作を可能にする「FiiO Link」対応
    FiiO Link機能を使用してスマートフォンとM11をBluetoothで接続すると,スマートフォンでM11をリモート操作を行ったり、再生中の楽曲をスマートフォン上に表示したりすることができます( FiiO Linkは現在Androidデバイスでのみサポートされています)。
    特徴画像
  9. AirPlayやDLNAなど、ネットワーク経由での高音質再生に対応
    M11は、Apple製品をお使いのお客様向けの新たな機能として、AirPlayに対応しました。iOSデバイスをお使いの場合はAirPlayを介して音楽をM11に送信することで、すばやく簡単に高音質な楽曲再生をすることが可能になります。加えて、DLNAを介して外部ストレージ等に保存されている音楽の再生にも対応します(現時点ではWindows標準搭載のDLNAサーバー機能にのみ対応します)。
    特徴画像
  10. ロング・ライフ動作を実現するほか、急速充電にも対応
    急速充電技術により、3800 mAhという大容量バッテリーのフル充電に必要な時間は約2.5時間。 最大13時間の連続再生、最長50日間のディープスリープスタンバイが可能です。スタンバイモードから即時にプレーヤーが起動するディープスリープ機能は、利便性を犠牲にすることなく、電源ボタンを押すだけですぐにお使いいただけます。
    特徴画像
  11. Wi-Fiトランスファー機能対応で楽々ファイル転送
    M11はWi-Fiトランスファー機能に対応し、コンピュータのブラウザまたはスマートフォンから直接M11に曲やその他のファイルを送信することが可能です。
    特徴画像
  12. 384kHz / 32bitオーディオ対応のアシンクロナスUSB DAC機能
    M11は、MacとWindows PCの両方でアシンクロナス動作のUSB DACとして使用できます。Macではドライバのインストールが不要で、M11を接続するだけでプラグアンドプレイで使用することができます。Windows PCでは、FiiOの提供するドライバーのインストールが必要です。さらに、M11をUSB DACとしてコンピューターに接続して、M11からBluetoothオーディオ信号をヘッドセットに送信させ、M11をBluetoothトランスミッターとしても使用することができます。
    特徴画像
  13. M11をユーザーの好みに最適化する様々な信号処理機能を搭載
    ・あらゆる音源をDSDリアルタイム変換する、「DSD変換モード」を搭載
    ・8つのプリセット搭載の新ダイナミックEQ
    特徴画像
  14. 便利な付属アクセサリー
    透明のTPU保護ケースと7H強化ガラススクリーンプロテクターが付属しています(強化ガラススクリーンプロテクターは工場出荷時に貼付け済みです)。TPU保護ケースは、M11を効果的に保護する十分な強度に特別に設計されています。また、スクリーンプロテクターはスクリーンの傷を防ぐのに十分な硬度があるだけでなく、90%の光透過率を誇り、スクリーンが明るく視認性の高いものを採用しています。
    特徴画像

・32bit/384kHzまでのPCMデータの再生に対応するほか、11.2MHzのDSDデータのネイティブ再生に対応
・高速動作と低消費電力を両立させたSamsung製14nm FinFETプロセス SoC「Exynos 7872」を採用し、最高クラスの高速動作を実現
・apt X/apt X HD/LDAC/HWA(LHDC)といった主要高音質ワイヤレスオーディオコーデックに対応
・2.4GHz/5GHz帯のデュアルバンドWi-Fi接続に対応
・USB Type Cコネクターを採用
・USBオーディオ出力(~32bit/384kHz、~DSD128対応)に対応
・ライン出力・S/PDIFデジタル出力対応の多機能ヘッドホン出力端子

製品仕様


■ 概要
オペレーションシステム カスタマイズ済Android OS
CPUモデル名 Exynos 7872
DAC AK4493EQ*2
コア・コンポーネント SoC: Samsung Exynos 7872,DAC:AK4493EQ*2,FPGA:A3P030,LPF:OPA1612*2,AMP:OPA926*2
■ 接続方式
Wi-Fi 2.4/5G,WiFi transmission supported
USB TYPE C USB2.0
Bluetooth バージョン4.2
BTオーディオコーデック LDAC/aptX/aptX HD/HWA(LHDC)/SBC(Available when playing on M11 or using M11 as USB DAC)
■ ディスプレイ
サイズ 5.15インチ
ディスプレイ方式 IPS
対応表示色 約1600万色
画素密度 1440×720
■ ストレージ
ROMユーザー使用可能領域 25GB
最大ストレージ容量 4TB (Micro SDカードスロット数2)
■ I/O
ボタン サイドボタン + サイドボリュームホイール + タッチスクリーン
ヘッドホン出力端子 3.5mm ヘッドホン出力端子+2.5mmバランス出力端子+4.4mmバランス出力端子
ラインアウト出力端子 3.5mm ヘッドホン出力端子 (PO/LO共有)
USB接続端子 Two-way TYPE C USB2.0
■ 一般
外径寸法 70.5mm × 130mm × 15.5mm
重量 約211g
■ 電源仕様
内蔵バッテリー 3800mAh リチウムポリマー電池
充電時間 <2.5時間(DC 12V/1.5A)
<3時間(DC5V/2A)
ディープスリープ 50日間
■ オーディオ仕様
ボリューム調整 120 ステップ デジタルボリューム
推奨インピーダンス 16~150Ω (3.5mm headphone output)
16~300Ω (2.5mm+4.4mm balanced output)
イコライザー 10バンド EQ (±6dB), 9プリセット+カスタム
■ 連続再生時間
3.5mm ヘッドホン出力時 >13時間
2.5mm/4.4mmバランス出力時 >9時間
Bluetooth出力時 >48時間(LDAC)
■ Line出力仕様
SN比 ≥115dB (A-weighted)
全高調波歪+ノイズ <0.001%(1kHz/10kΩ)
周波数特性 10Hz~90 kHz(-3dB)
ノイズ <6uV(20k low pass)
チャンネルセパレーション >108dB (1kHz/10kΩ)
ラインレベル 1.95V (10kΩ)
■ ヘッドホン出力仕様 (3.5mm シングルエンド出力端子)
出力インピーダンス <1Ω (32Ω)
周波数特性 10Hz~90 kHz(-3dB)
全高調波歪+ノイズ <0.003%(1kHz/32Ω)
SN比 ≥118dB (A-weighted, 32Ω)
チャンネルセパレーション >72dB (1kHz/32Ω)
ノイズ <5uV(20k low pass)
■ ヘッドホン出力仕様 (2.5mm/4.4mm バランス出力端子)
出力インピーダンス <2Ω (32Ω)
周波数特性 5Hz~80 kHz(-3dB)
全高調波歪+ノイズ <0.002%(1kHz/32Ω)
SN比 ≥118dB (A-weighted, 32Ω)
チャンネルセパレーション >107dB (1kHz/32Ω)
ノイズ <7uV(20k low pass)
■ 対応ファイルフォーマット
ロスレス形式 DSD:DSD64,128,256(.iso,.dsf,.dff),dst
APE – FAST:384kHz/24bit(MAX)
Apple Lossless:192kHz/24bit(MAX)
AIFF:384kHz/32bit(MAX)
FLAC:384kHz/32bit(MAX)
WAV:384kHz/32bit(MAX)
WMA LOSSLESS:96kHz/24bit(MAX)
ロッシー形式 AAC、MP3、WMA、OGG…

商品詳細

2.5mm/4.4mm 2系統バランス出力を両搭載したハイブリッド構成。
ポータブルオーディオの更なる高みへ

FiiO M11

ヒーローイメージ

DSD 11.2MHzを含むハイレゾ音源やハイレゾワイヤレス規格にフル対応。そしてDAPとしては初めて、2.5mm/4.4mm 2系統バランス出力を両搭載。カスタマイズドAndroid OSや大型のHDタッチスクリーンを採用、その他あらゆる機能をこの価格で詰め込んだ、ハイパフォーマンスクラスの決定版が登場です。

  1. DACチップにAK4493EQを2基、左右独立構成で搭載し、低ノイズ・低歪と高出力を両立
    プレイヤーの音質を決定づけるDACチップには旭化成エレクトロニクス製「AK4493EQ」を左右独立で2機搭載。 これにより、SN比は約2倍に改善したほか、歪みも1dB減少するなど、大幅な音質向上を実現しています。
    特徴画像
  2. 3.5mmシングルエンド出力端子と2.5mm/4.4mmバランス出力端子を搭載
    今日において、あらゆる高級デジタルオーディオプレーヤーはバランス出力端子を備えていますが、未だに出力端子は統一されていません。そこで、M11では他社に先駆けて、3.5mmシングルエンド出力に加えて、2.5mmと4.4mmの2系統のバランス出力端子を搭載しています。 もはや、M11では煩わしい変換アダプターを使用する必要はありません。
    特徴画像
  3. 新たに設計されたフルバランス構成ヘッドホンアンプ回路
    新たに設計されたフルバランス構成のヘッドホンアンプ回路を搭載し、あらゆるイヤホン・ヘッドホンを強力にドライブします。 アンプ回路には、カスタム仕様オペアンプOPA926を採用。汎用品であるAD8397オペアンプと比較して、さらなる低ノイズフロア、低歪み、全体的な低消費電力を実現しています。また、設計の度重なる検討と見直しにより音質を最優先しながらもポータブル用途向けの消費電力の抑制に成功したOPA926は、まさにデジタルオーディオプレーヤーに最適化されたオーディオ・アーキテクチャーというべき高音質部品です。
    特徴画像
  4. 3GB RAM + 32GB内蔵メモリで高速動作を実現
    M11は、3GBの大容量RAMを搭載し、スムーズなマルチタスキングを実現しています。また、32GBの内蔵ストレージと2つのmicro-SDカードスロット(それぞれ最大2TBに対応)を搭載しており、余裕を持った音楽ライブラリの構築が可能です。※1
    特徴画像
  5. BTレシーバー/BTトランスミッターとしても利用可能な先進の高性能Bluetooth送受信機能
    Bluetooth接続は、トランスミッター機能だけでなくレシーバー機能もお使いいただけます。 加えて、M11は受信したBluetooth信号を同軸デジタル出力で外付けD/Aコンバーターに伝送することも可能です。M11を使えば、ワイヤレス接続で素晴らしいサウンドをお楽しみいただけます。
    特徴画像
  6. 最大クラスの5.15インチの18:9 型HDタッチスクリーンを採用
    フロントパネル全面に、1440×720解像度の1670万色対応フルカラー大画面5.15インチ10ポイントマルチタッチスクリーンを搭載し、 没入感の高いユーザー・エクスペリエンスとジェスチャー操作に最適化された広い画面を提供します。
    特徴画像
  7. 自社開発アプリ「FiiO Music」を搭載するカスタマイズドAndroid OSを搭載
    M11は、細部までカスタマイズが施されたAndroid 7.0ベースのデジタルオーディオプレーヤーです。 さらに、各種Androidアプリへの対応方法として、Mシリーズ従来機種で採用されているホワイトリスト形式に加えて、外部オープンAPKサービスを使って様々なアプリをインストールすることが可能です。ストリーミング音源も高音質にお楽しみいただけます。※2
    特徴画像
  8. スマートフォンからの本体操作を可能にする「FiiO Link」対応
    FiiO Link機能を使用してスマートフォンとM11をBluetoothで接続すると,スマートフォンでM11をリモート操作を行ったり、再生中の楽曲をスマートフォン上に表示したりすることができます( FiiO Linkは現在Androidデバイスでのみサポートされています)。
    特徴画像
  9. AirPlayやDLNAなど、ネットワーク経由での高音質再生に対応
    M11は、Apple製品をお使いのお客様向けの新たな機能として、AirPlayに対応しました。iOSデバイスをお使いの場合はAirPlayを介して音楽をM11に送信することで、すばやく簡単に高音質な楽曲再生をすることが可能になります。加えて、DLNAを介して外部ストレージ等に保存されている音楽の再生にも対応します(現時点ではWindows標準搭載のDLNAサーバー機能にのみ対応します)。
    特徴画像
  10. ロング・ライフ動作を実現するほか、急速充電にも対応
    急速充電技術により、3800 mAhという大容量バッテリーのフル充電に必要な時間は約2.5時間。 最大13時間の連続再生、最長50日間のディープスリープスタンバイが可能です。スタンバイモードから即時にプレーヤーが起動するディープスリープ機能は、利便性を犠牲にすることなく、電源ボタンを押すだけですぐにお使いいただけます。
    特徴画像
  11. Wi-Fiトランスファー機能対応で楽々ファイル転送
    M11はWi-Fiトランスファー機能に対応し、コンピュータのブラウザまたはスマートフォンから直接M11に曲やその他のファイルを送信することが可能です。
    特徴画像
  12. 384kHz / 32bitオーディオ対応のアシンクロナスUSB DAC機能
    M11は、MacとWindows PCの両方でアシンクロナス動作のUSB DACとして使用できます。Macではドライバのインストールが不要で、M11を接続するだけでプラグアンドプレイで使用することができます。Windows PCでは、FiiOの提供するドライバーのインストールが必要です。さらに、M11をUSB DACとしてコンピューターに接続して、M11からBluetoothオーディオ信号をヘッドセットに送信させ、M11をBluetoothトランスミッターとしても使用することができます。
    特徴画像
  13. M11をユーザーの好みに最適化する様々な信号処理機能を搭載
    ・あらゆる音源をDSDリアルタイム変換する、「DSD変換モード」を搭載
    ・8つのプリセット搭載の新ダイナミックEQ
    特徴画像
  14. 便利な付属アクセサリー
    透明のTPU保護ケースと7H強化ガラススクリーンプロテクターが付属しています(強化ガラススクリーンプロテクターは工場出荷時に貼付け済みです)。TPU保護ケースは、M11を効果的に保護する十分な強度に特別に設計されています。また、スクリーンプロテクターはスクリーンの傷を防ぐのに十分な硬度があるだけでなく、90%の光透過率を誇り、スクリーンが明るく視認性の高いものを採用しています。
    特徴画像

・32bit/384kHzまでのPCMデータの再生に対応するほか、11.2MHzのDSDデータのネイティブ再生に対応
・高速動作と低消費電力を両立させたSamsung製14nm FinFETプロセス SoC「Exynos 7872」を採用し、最高クラスの高速動作を実現
・apt X/apt X HD/LDAC/HWA(LHDC)といった主要高音質ワイヤレスオーディオコーデックに対応
・2.4GHz/5GHz帯のデュアルバンドWi-Fi接続に対応
・USB Type Cコネクターを採用
・USBオーディオ出力(~32bit/384kHz、~DSD128対応)に対応
・ライン出力・S/PDIFデジタル出力対応の多機能ヘッドホン出力端子

製品仕様


■ 概要
オペレーションシステム カスタマイズ済Android OS
CPUモデル名 Exynos 7872
DAC AK4493EQ*2
コア・コンポーネント SoC: Samsung Exynos 7872,DAC:AK4493EQ*2,FPGA:A3P030,LPF:OPA1612*2,AMP:OPA926*2
■ 接続方式
Wi-Fi 2.4/5G,WiFi transmission supported
USB TYPE C USB2.0
Bluetooth バージョン4.2
BTオーディオコーデック LDAC/aptX/aptX HD/HWA(LHDC)/SBC(Available when playing on M11 or using M11 as USB DAC)
■ ディスプレイ
サイズ 5.15インチ
ディスプレイ方式 IPS
対応表示色 約1600万色
画素密度 1440×720
■ ストレージ
ROMユーザー使用可能領域 25GB
最大ストレージ容量 4TB (Micro SDカードスロット数2)
■ I/O
ボタン サイドボタン + サイドボリュームホイール + タッチスクリーン
ヘッドホン出力端子 3.5mm ヘッドホン出力端子+2.5mmバランス出力端子+4.4mmバランス出力端子
ラインアウト出力端子 3.5mm ヘッドホン出力端子 (PO/LO共有)
USB接続端子 Two-way TYPE C USB2.0
■ 一般
外径寸法 70.5mm × 130mm × 15.5mm
重量 約211g
■ 電源仕様
内蔵バッテリー 3800mAh リチウムポリマー電池
充電時間 <2.5時間(DC 12V/1.5A)
<3時間(DC5V/2A)
ディープスリープ 50日間
■ オーディオ仕様
ボリューム調整 120 ステップ デジタルボリューム
推奨インピーダンス 16~150Ω (3.5mm headphone output)
16~300Ω (2.5mm+4.4mm balanced output)
イコライザー 10バンド EQ (±6dB), 9プリセット+カスタム
■ 連続再生時間
3.5mm ヘッドホン出力時 >13時間
2.5mm/4.4mmバランス出力時 >9時間
Bluetooth出力時 >48時間(LDAC)
■ Line出力仕様
SN比 ≥115dB (A-weighted)
全高調波歪+ノイズ <0.001%(1kHz/10kΩ)
周波数特性 10Hz~90 kHz(-3dB)
ノイズ <6uV(20k low pass)
チャンネルセパレーション >108dB (1kHz/10kΩ)
ラインレベル 1.95V (10kΩ)
■ ヘッドホン出力仕様 (3.5mm シングルエンド出力端子)
出力インピーダンス <1Ω (32Ω)
周波数特性 10Hz~90 kHz(-3dB)
全高調波歪+ノイズ <0.003%(1kHz/32Ω)
SN比 ≥118dB (A-weighted, 32Ω)
チャンネルセパレーション >72dB (1kHz/32Ω)
ノイズ <5uV(20k low pass)
■ ヘッドホン出力仕様 (2.5mm/4.4mm バランス出力端子)
出力インピーダンス <2Ω (32Ω)
周波数特性 5Hz~80 kHz(-3dB)
全高調波歪+ノイズ <0.002%(1kHz/32Ω)
SN比 ≥118dB (A-weighted, 32Ω)
チャンネルセパレーション >107dB (1kHz/32Ω)
ノイズ <7uV(20k low pass)
■ 対応ファイルフォーマット
ロスレス形式 DSD:DSD64,128,256(.iso,.dsf,.dff),dst
APE – FAST:384kHz/24bit(MAX)
Apple Lossless:192kHz/24bit(MAX)
AIFF:384kHz/32bit(MAX)
FLAC:384kHz/32bit(MAX)
WAV:384kHz/32bit(MAX)
WMA LOSSLESS:96kHz/24bit(MAX)
ロッシー形式 AAC、MP3、WMA、OGG…

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

33人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:BLACK

活躍の場面が豊富な一機

はじめに、私が非常に魅力と感じるところを一気にご紹介。

■PureMusicモードがあるところ

■SDスロット×2

■レシーバーモード

■バランス、アンバランスの出力

■音質面



他にも魅力はたくさん詰まっていて、
ユーザーによって魅力と感じるところが変わってきます。



PureMusicモードですが、従来のX5 3rdやX7などの機種と同じく、
Androidのモードをオフにして、純粋なプレイヤーとしての使い方に切り替える機能
があります。
これが、切り替えがとても早くてですね。初めて触った時はとても驚きました。



SDカード×2に関してはM11ProがSDスロットが1つであり、大きな比較点でもあります。
個人的にですが、買取やプレイヤー試聴の際に同じ音源の入ったSDを2枚それぞれ仕込んでおいて、
必要な時に片方使うという便利さにあやかっています。



また、レシーバーのモードが非常に便利です。
iPhoneユーザーなのですが、Appleストアでダウンロード購入した音源をSDに入れ忘れていた
なんて時にバランス出力でも即座に聴けるところがお気に入り。



バランス出力も2.5mm/4.4mm共にあるので、
不具合のチェックや買取を承った時にとても便利に使っています。





最後に、音質面ですが、M11Proと比較しますとM11の方が迫力、押し出しが強い印象です。
音はM11Proの方がなめらかですが、少しのリスニングライクさがM11あります。
この少しのリスニングライク感がお気に入りです。
私はきっちりしすぎず少し余裕のあるサウンドが好きです。
ミドルDAP検討されている方にはいいんじゃないでしょうか。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by えだまる   2020/07/30

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:BLACK

全部盛り万能機!

通常の3.5mmステレオ出力はもちろんのこと



2.5mmバランス端子と4.4mmバランス端子をどちらも搭載



意外とありそうでなかったですよね。



これでケーブルの端子の種類を統一しなくても済むし



それぞれの端子での聴き比べもはかどりますね!!



USBポートがTYPE-Cなのも地味に嬉しいポイント。





まず一聴してすぐさま意外だったのが



このM11はソリッドで明るいサウンドであること。



FiiOが最近リリースしているMシリーズは割と柔らかめな印象ですが



どちらかというと「X」シリーズに近いサウンド傾向ですね。



メリハリの利いたサウンドでロックなど明るめの楽曲との相性がよさそう。





2.5mmと4.4mmの聴き比べもしてみました。



概ね同じようなサウンド。



よくよく聴いていると若干2.5mmのほうがレスポンスが速く、線が細い印象です。



逆に4.4mmは滑らかで厚みのある印象です。





2.5mmと4.4mmのプラグを統一せずに使えるのも利点ですが



楽曲やイヤホンに合わせて使い分けるのも楽しそうです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ケイティ   2019/06/21

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:BLACK

機能性が良くストレスフリー!!

まず手に取って起動してみると、立ち上がりが早いことに驚かされます。

プレイヤーは起動に時間が掛かるものが多く、

それでいて頻繁に電源を起動することがあります。



普段使いを考えると重要なポイントの一つになってきます。

タッチ操作時のレスポンスも良く、

3GBのRAMでマルチタスクもサクサク動かしてくれます!



肝心の音についてです。

音場が全体的に少し広くなり、

高域までしっかり表現できるようになります。

試しに「JH AUDIO」の「Roxanne」を繋いで試聴してみました。

「Roxanne」は12個のBAを積んでいるのですが、

満遍なく全域を鳴らし中高域の伸びの良さもしっかり感じ取れました。

これは搭載されているヘッドホンアンプが、

しっかり音を増幅してくれている証でしょう。



今回は3.5㎜の出力端子で試聴しましたが、なんと「M11」は標準で

2.5㎜と4.4㎜の出力端子も対応しております!

バランス出力することで、ノイズの低減や音質の向上を楽しめる!

しかも2.5㎜/4.4㎜好きな方を選べ、変換ケーブルが不要!



この取り回しの良さは他製品ではなかなか見られません!!



ぜひ、手に取って快適な操作性を堪能してみてください!









続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by しぇりー   2019/06/20

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:BLACK

総合的に使いやすいです

どこでも新品は在庫なしになってきましたが、レビューします。
M11 PROに比べてクリアさに欠けるものの、聞いてて楽しい元気なFiiOサウンドだなと感じます。
最初パッとしない印象で、PROを残してこちらを手ばなすつもりでしたが、しばらく鳴らしていたらPROに負けず好みの音になってきてまだ持っています。
PROは電池持ちが悪く発熱もあり、バッテリー関係においてヒヤヒヤしながや使っていますが、こちらは発熱もおだやかで電池持ちもよく安心です。
ポータブルとしてはこちらの方がいいのかもしれせん。
イヤホンやヘッドホンによりますがAmazon music HDオフライン再生 M11 PROで4~6時間、M11無印で9~10時間ほど使用できます。
ネットではM11無印はゴミ扱いされてることもありますが、全然そんなことないと思います。生産中止が残念です。

続きを読む

豆大福 さん (2021/01/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:BLACK

高機能、多機能dap

φ4.4mmバランス出力を搭載しているだけでなく、機能がとにかく豊富。手に届く価格で製品にまとめてあり、音質も頑張っています。
音質だけでなく、機能性も含めて多才なDAPをお探しの方に、コストパフォーマンスの高い好製品としてお勧めしたいと思います。

続きを読む

にこちゃん さん (2021/01/07)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:BLACK

X5 3rdとX7mkⅡの間

microSD2枚挿しとサブスク対応のDAPを検討していたところ、
中古セールで安かったので購入。
4.4mm、2.5mmのバランス使用がメインです。
fiio製品は過去にX5 3rdとX7mkⅡを所持してました。

流石にX7mkⅡ+AM3Dと比較すると音質面では劣りますが、サブスク(Spotify)は比較にならないほどサクサクで快適。

X5 3rdは個人的に平面的でペラペラな音の印象だったのですが、M11ではかなり改善されている印象で、奥行きや空気感もそれなりに感じられます。

面白いと感じたのはDSD変換モード。
個人的には明らかに効果を感じる曲があります。

上を見ればキリはないですが、普段の外使いで使用する機種としては総じて満足。
こうなるとこれまで有線イヤホンしか使ってこなかったのですが、無線イヤホンも試したくなります。

続きを読む

いとり さん (2020/12/31)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:BLACK

コスパの鬼

50000万円台で2.5、4.4の両方を搭載し、ストリーミングサービスも余裕で使える最高のdapだと思います。
私は今、sr15をつかっていますがこれに買い換えたいです。

続きを読む

にゃんこ先生 さん (2020/12/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:BLACK

DAPの優等生

購入してから1年以上たちますが、いまだに不満を感じない優等生です。

発売時に4.4mmと2.5mmミリのバランス端子を搭載し、当時はグーグルに対応していませんでしたが、

ストリーミングアプリも使用できて全部入りの素晴らしいパフォーマンスでした。

この機種をきっかけに、他社もただ音がいいだけではいけないと考えるようになったのか

4.4mmと2.5mm端子を両方搭載したり、ストリーミングに対応したりと多機能化し始めた

と思います。そう言う意味でもこのDAPが果たした役割はとても大きいと思います。

あと3年はこのDAPでいけると感じるほど、完成度も高くコスパも最強と思える1台です。

続きを読む

イヤピ沼 さん (2020/12/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:BLACK

DAP入門機

今までスマホに直挿しで音楽を聴いていたのですが、Twitterでポタオデ界隈の方を見てDAPの存在を知り興味をそそられるもどのブランドのどの機種がいいのかさっぱり分からずヤキモキしているところにコスパ最高との見出しでこのM11を発見しました。
私はストリーミングをメインに音楽を聴いているのでAndroid搭載機であることは前提だったのでその点もクリアしていましたし、バランス、アンバランス接続にしてもどちらも良い音を聴かせてくれます。
最近は新しいDAPにステップアップしたい気持ちもありますが、まだまだこいつでやっていけると思うのでしばらくはM11と楽しい音楽ライフを続けていこうと思います。

続きを読む

10_0o さん (2020/12/16)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1