• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

iFi-Audio

nano iONE 【MQA対応】

  • 新品

¥29,700 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4589631461108

  • 在庫状況

- 買取上限価格 -

¥13,200

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

この商品を買った人はこんな商品も買っています

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

iFiは、高品位なサウンドは日々の生活に欠かせないものであると信じています。

nano iONEは、オーディオファイルのためだけでなく、現在のホームオーディオの音質を改善したいと願っている人たちのために生み出されました。

Nvidia Shield、Google Chormecast、4Kテレビのどれを使っていても、システムをXbox OneやPlaystation 4などのゲーム機に接続することができます。

あるいはシンプルにスマートホン、タブレット、コンピューターを通じて音楽を楽しむこともできます。nano iONEはこれらすべてにご使用いだけます。

オーディオファイルの装置にnano iONEを加え、高品位なサウンドの限界を広げてまったく新たなレベルに引き上げることもできます。

nano iONEは以下の場合に理想的です。
1. ホームシステム:コンピューター、スマートホン、タブレットを使ってSpotifyをストリーミングする際に、ブルートゥース機能を加えます。

2. 4Kテレビ:画質と対等になるように音質を改善します。

3. ゲーム機:光出力をnano iONEに接続し、アナログ出力をアクティブ・デスクトップ・スピーカーやヘッドフォンアンプに接続することによって、映像のサウンドトラックや効果音の音質を最高レベルに引き上げます。

4. S/PDIFのみを装備したDAC:USB入力やブルートゥース入力を使用してS/PDIF出力に変換することができます。

自分だけのサウンドを、自分流に。
ブルートゥース、USB、S/PDIF(光及び同軸) - どのような接続方法であろうと、nano iONEはそれに応えることができます。これに加えて、nano iONEのオーディオファイル品質のブルートゥースはaptXとAACのデコーディングが可能なので、AppleであろうとAndroidであろうと、PCであろうとMacであろうと、どれでも音楽を聴くことができます。

aptXとAACエンコーディングによるCD品質のブルートゥース。
aptXとAACエンコーディングを使用することで、あらゆるプラットフォームのブルートゥース上でCD並の音質を実現します。AACはiOS機器用に使われます。最高音質のワイヤレス再生をだれもが楽しむことができるのです。

質の高いサウンド。疑問の余地はありません。
ブルートゥース、USB、S/PDIF(光及び同軸) - どのような接続方法であろうと、nano iONEはそれに応えることができます。これに加えて、nano iONEのオーディオファイル品質のブルートゥースはaptXとAACのデコーディングが可能なので、AppleであろうとAndroidであろうと、PCであろうとMacであろうと、どれでも音楽を聴くことができます。出力は、AVアンプやヘッドフォンアンプにRCAケーブルで接続することができます。

絶縁されたS/PDIF出力にREclock®とREgenerate®を搭載。
S/PDIFは絶縁されています。音質への細心の配慮というiFiの伝統が受け継がれているのがわかるでしょう。

バーブラウン製のトゥルーネイティブ・チップセット。
バーブラウン製のトゥルーネイティブ・チップセットは、「最高中の最高」のチップセット設計を代表する、マルチビットDACです。このチップセットはPCMとDSDをネイティブで処理できるので、音楽の信号は最初から最後までオリジナルのフォーマットのまま保持されるということです。

Active Noise Cancellation (ANC)®が並外れて静かな電源を生み出します。
電源(USBから供給されます)用のANCノイズ抑制システムによって、通常のコモン・ノイズ・フィルターを使用した場合の100倍も静かなノイズフロアを測定しています。

◎スペック

※2018年8月より出荷されているMQAレンダラー対応バージョンはS/PDIF出力に対応していません。
原則有償対応でのファームウェアの書き換えにより対応させることができますが、その場合にはMQA機能が無効化されます。ご注意ください。

□電力ソース:USB Bus power, embedded AMR Active Noise Cancellation® technology
□対応フォーマット:44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz(PCM) 2.8/3.1/5.6/6.2/11.2/12.4MHz(DSD) 352/384kHz(DXD)
□DACシステム:Bit-Perfect DSD & DXD DAC by Burr Brown (1-DAC Chip; 2-Channel; 4-Signals)
□デジタルフィルター:
PCM:Measure/Listen digital(選択可)
DSD:Measure/Listen analogue(選択可)
DXD:Bit-Perfect Processing, fixed filter

□入力:
USB 3.0 compatible with USB 2.0
Bluetooth(TM)with aptX & AAC support Codec
S/PDIF RCA & Optical(コンビネーション仕様)

□出力:
Coaxial S/PDIF for USB/Bluetooth(PCM up to192kHz)
Audio RCA L/R

□周波数特性:20Hz – 20kHz <+0/-0.5dB(44.1kHz SR, Measure Filter) 1Hz - 44khz <+0/-3.0dB(>= 88.2kHz SR, Measure Filter)
□出力電圧:@ 0dBFS:2.05V(+/-0.05V)
□ダイナミックレンジ:109dB(A)
□SN比:109dB(A)@0dBFS
□全高調波歪率: < 0.0015% 10k Load
□出力インピーダンス:<50Ω
□消費電力:<2.5W
□寸法: 100(l)×64(w)×25.5(h)(mm)
□重量: 122g(0.27lbs)
□総務省技術適合認証取得/日本オーディオ協会認定ハイレゾロゴ取得/電気用品安全法(PSE) 適合性検査合格証取得(USBアダプター)

商品詳細

iFiは、高品位なサウンドは日々の生活に欠かせないものであると信じています。

nano iONEは、オーディオファイルのためだけでなく、現在のホームオーディオの音質を改善したいと願っている人たちのために生み出されました。

Nvidia Shield、Google Chormecast、4Kテレビのどれを使っていても、システムをXbox OneやPlaystation 4などのゲーム機に接続することができます。

あるいはシンプルにスマートホン、タブレット、コンピューターを通じて音楽を楽しむこともできます。nano iONEはこれらすべてにご使用いだけます。

オーディオファイルの装置にnano iONEを加え、高品位なサウンドの限界を広げてまったく新たなレベルに引き上げることもできます。

nano iONEは以下の場合に理想的です。
1. ホームシステム:コンピューター、スマートホン、タブレットを使ってSpotifyをストリーミングする際に、ブルートゥース機能を加えます。

2. 4Kテレビ:画質と対等になるように音質を改善します。

3. ゲーム機:光出力をnano iONEに接続し、アナログ出力をアクティブ・デスクトップ・スピーカーやヘッドフォンアンプに接続することによって、映像のサウンドトラックや効果音の音質を最高レベルに引き上げます。

4. S/PDIFのみを装備したDAC:USB入力やブルートゥース入力を使用してS/PDIF出力に変換することができます。

自分だけのサウンドを、自分流に。
ブルートゥース、USB、S/PDIF(光及び同軸) - どのような接続方法であろうと、nano iONEはそれに応えることができます。これに加えて、nano iONEのオーディオファイル品質のブルートゥースはaptXとAACのデコーディングが可能なので、AppleであろうとAndroidであろうと、PCであろうとMacであろうと、どれでも音楽を聴くことができます。

aptXとAACエンコーディングによるCD品質のブルートゥース。
aptXとAACエンコーディングを使用することで、あらゆるプラットフォームのブルートゥース上でCD並の音質を実現します。AACはiOS機器用に使われます。最高音質のワイヤレス再生をだれもが楽しむことができるのです。

質の高いサウンド。疑問の余地はありません。
ブルートゥース、USB、S/PDIF(光及び同軸) - どのような接続方法であろうと、nano iONEはそれに応えることができます。これに加えて、nano iONEのオーディオファイル品質のブルートゥースはaptXとAACのデコーディングが可能なので、AppleであろうとAndroidであろうと、PCであろうとMacであろうと、どれでも音楽を聴くことができます。出力は、AVアンプやヘッドフォンアンプにRCAケーブルで接続することができます。

絶縁されたS/PDIF出力にREclock®とREgenerate®を搭載。
S/PDIFは絶縁されています。音質への細心の配慮というiFiの伝統が受け継がれているのがわかるでしょう。

バーブラウン製のトゥルーネイティブ・チップセット。
バーブラウン製のトゥルーネイティブ・チップセットは、「最高中の最高」のチップセット設計を代表する、マルチビットDACです。このチップセットはPCMとDSDをネイティブで処理できるので、音楽の信号は最初から最後までオリジナルのフォーマットのまま保持されるということです。

Active Noise Cancellation (ANC)®が並外れて静かな電源を生み出します。
電源(USBから供給されます)用のANCノイズ抑制システムによって、通常のコモン・ノイズ・フィルターを使用した場合の100倍も静かなノイズフロアを測定しています。

◎スペック

※2018年8月より出荷されているMQAレンダラー対応バージョンはS/PDIF出力に対応していません。
原則有償対応でのファームウェアの書き換えにより対応させることができますが、その場合にはMQA機能が無効化されます。ご注意ください。

□電力ソース:USB Bus power, embedded AMR Active Noise Cancellation® technology
□対応フォーマット:44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz(PCM) 2.8/3.1/5.6/6.2/11.2/12.4MHz(DSD) 352/384kHz(DXD)
□DACシステム:Bit-Perfect DSD & DXD DAC by Burr Brown (1-DAC Chip; 2-Channel; 4-Signals)
□デジタルフィルター:
PCM:Measure/Listen digital(選択可)
DSD:Measure/Listen analogue(選択可)
DXD:Bit-Perfect Processing, fixed filter

□入力:
USB 3.0 compatible with USB 2.0
Bluetooth(TM)with aptX & AAC support Codec
S/PDIF RCA & Optical(コンビネーション仕様)

□出力:
Coaxial S/PDIF for USB/Bluetooth(PCM up to192kHz)
Audio RCA L/R

□周波数特性:20Hz – 20kHz <+0/-0.5dB(44.1kHz SR, Measure Filter) 1Hz - 44khz <+0/-3.0dB(>= 88.2kHz SR, Measure Filter)
□出力電圧:@ 0dBFS:2.05V(+/-0.05V)
□ダイナミックレンジ:109dB(A)
□SN比:109dB(A)@0dBFS
□全高調波歪率: < 0.0015% 10k Load
□出力インピーダンス:<50Ω
□消費電力:<2.5W
□寸法: 100(l)×64(w)×25.5(h)(mm)
□重量: 122g(0.27lbs)
□総務省技術適合認証取得/日本オーディオ協会認定ハイレゾロゴ取得/電気用品安全法(PSE) 適合性検査合格証取得(USBアダプター)

あなたにおすすめ

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

3人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音質でかつ、これ一台で何役もこなす優れもの!

こちらの商品はこれ一台でDAC、USBDDC、ワイヤレスDAC、ワイヤレスDDCの機能が詰まっており

例えばBluetooth機能を使ってスマートホンやAirStickやAppleTVなどのデバイスと無線で接続し、今使ってるDACにデジタルアウト…など使い方によって様々な可能性を秘めた商品であります。



音質はIfiオーディオらしい高解像でモニターライクなサウンドで、淡々と鳴らす印象を受けました。

その中で驚いたのがBluetooth接続時の音質です。

apt-xでスマホと接続し、アナログラインアウトでヘッドホンアンプに接続して試したのですがBluetooth特有の詰まった感じが無く非常にクリアです。



このお値段で色々遊べ、高音質、非常に魅力的な一台だと思います。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by かわちゃん   2017/05/02

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

ワイヤレスDACの時代到来

試聴環境:PC/iPhone6S/Spirit Profesional/THE NATIONAL+

試聴曲:半端じゃない/iri(96kHz/24bit)

試聴に使用したヘッドホンは音場が広く、その空間を埋め尽くすほどに様々な音が鳴ります。

nano iDSDもポータブルDACとしての性能が高かったのですが、nano iONEははっきりと違いを感じさせます。洗練された高解像度、Hi-Fi傾向が強く印象的です。

注目すべきはスマホとBluetoothワイヤレスでの接続。iPhoneでの試聴なのでaptXを活かすことはできませんが、ワイヤレスで使用できるDACとしては同価格帯には敵なしといったところでしょうか。

高音質×ワイヤレスの新しい方向性を見出してくれる素晴らしいDACと言えます。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2017/05/01

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

ありそうでなかった!新鋭気鋭のネットワークオーディオ拡張機器!

今回ご紹介するのはワイヤレスで音楽を受信してスピーカーやアンプに出力できる高性能DAC「nano iONE」です。

家にあるAV機器を手軽にネットワークオーディオにすることができるのですが、これまでの商品と一線を画すのは電源周りの徹底したノイズ処理と、場所を取らないそのサイズですね。

AACとaptXや、ストリーミング再生にも対応しているので自宅のAV環境を手間なく使いやすくしたい方には大変オススメです。

肝心の音質ですが、まずListenで聴いてみると各帯域がとてもクリアに聴こえます。広がりは充分ありボーカルのブレスも嫌味なく聴くことができます。

Measureでは鮮明さは損なわれないものの、少し色気がなくなるというか、乾燥した音になってしまいます。ですが、その分原音に史実で粗さすらも聞き分けられるモニターライクな音となります。音場があまり変化しないのは面白いですね。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ヒロ   2017/05/01

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

3.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

まだ、これからですが…

BT接続と、MQAに興味を引かれ購入しました。取り敢えず、音、聴いてみました。エソテリックのD-07と比べた訳ですが、付属のケーブルでは、奥行きは浅く、音像は平面的。高域の細かさはそれなりでしょうか。低い方は寂しい感じでした。自前のケーブルでは、横、奥の拡がりが感じられました。中域から高域にかけての解像度は高かった感じでした。低域は相変わらず寂しい感じです。ナチュラルと言えば、そーなのかなって感じですが、私には、中高域に、若干癖があるように思いました。
箱から出して繋いだばかりなので、これからどれだけのびるか、楽しみです。
MQAで聴くためにどうすれば良いのかわからないので勉強しないと?

続きを読む

おっちゃん さん (2020/02/09)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

とりあえず満足。

現在使用中のプリメインアンプ:ケンブリッジオーディオAzur351A。16bitまでしか対応できない内臓DACの補強を考え「ケンブリッジオーディオ DacMagic Plus」かこちらか迷った末、blue toothの便利さでこちらを選択。(寝床から操作がしたかったがNASが無い。)
音数が増え、辻井伸行の高音の音割れが解消されて満足。スピーカーB&W686s2.
*音楽ソースの切り替えレバーが小さく耐久性が気になる。頻繁に触りたくない。

続きを読む

やまちゃん さん (2018/03/27)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 10

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

ナチュラルなサウンド

購入してよかったです。
iFiに関してはそのナチュラルなサウンドが気に入っています。nano idsdとiPhone7 Plusで利用していましたが、接続不調が不定期にあったこともあり、nano iONEにグレードアップしました。筐体が少し軽いこともありなんとなくチープな雰囲気がありましたが、音を聴いたときにはそんな不安も一気に解消されました。ボリュームダイヤルもないアウトプットに特化した設計にこそ音へのこだわりを感じます。大きな特徴であるBT仕様はその音質にそれが表れています。ただ、BTの時には「電源」が必要なことが少し面倒かな。nano idsdとは使い方が結構違うところがあり慣れるまでは少し戸惑いました。現在、iPhone7 PlusにHF Playerを使い、nano oneさらにFostexのHP-V1 で楽しんでいます。デジタルをわざわざアナログに変換していまうのも我ながら?ですが、まとまりのある落ち着いた音楽になるので、それでもいいなかっと。ようやく欲しかったものに出会えた気がします。

続きを読む

kanskez さん (2017/07/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2