• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

Astell&Kern (アステルアンドケルン)

AK ZERO1

  • 新品

¥89,980 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

8809755501082

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥55,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

3 つの異なるドライバーで構成したトリプルハイブリッドドライバー搭載
Astell&Kern 初のオリジナル IEM(イン・イヤー・モニター)

Astell&Kern AK ZERO1

ヒーローイメージ

<AK ZERO1 概要>
Astell&Kern は、音楽を原音に近い状態で体験することの素晴らしさを通じて、すべての人にインスピレーションを与え、楽しみを提供することを目的としています。より多くのユーザーに音楽の楽しさを知ってもらうために、アナログに忠実な音を出すことに対し絶えず努力しています。『AK ZERO1(エーケー・ゼロワン)』は、Astell&Kern ならではのサウンドを実現した初のオリジナルIEM(イン・イヤー・モニター)です。高度な技術を用いて特別に開発された「マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバー(PD:平面駆動ドライバー)」とデュアルカスタム BA ドライバー、φ5.6mmダイナミックドライバーの 3 つの異なるドライバーで構成した、トリプルハイブリッドドライバーを搭載しています。3 つの異なるタイプのドライバーを最高のクロスオーバー・ネットワーク・マネジメントで調和し、極めて自然で正確なサウンドを耳に届けます。3D プリンティング技術で作られた音響チャンバー、精密な CNC 機械加工されたメタルハウジング、取り回しの良い Hi-Fi グレードの 4 芯純銀メッキ OFC ケーブルと、一切の妥協をしていません。また、日本の経験豊富な技術者によるハンドメイドと優秀な設備を用い、厳しい工程を経て最高の品質を実現しました。

  1. イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフかわちゃんです。

    今回ご紹介するのは、ポータブルオーディオ界を代表する超有名なオーディオメーカーAstell&Kernより初のオリジナルイヤホン「AK ZERO1」が登場いたしました。
    hoge画像
    JH AudioやBeyerdynamicなど他のメーカーとのコラボしたイヤホンはいくつかリリースしていましたが、今回ご紹介させていただくのはAstell&Kernオリジナル!初めて手掛けるイヤホンなだけあって注目の製品なのではないでしょうか。それでは早速詳細をチェックしていきましょう!
    hoge画像
    本体は見るからに高級感があって、デザインもAstell&Kernらしいシンプルで品のあるデザインですね。ハウジングに太い線が浮き出たせれているような見た目はAstell&Kernのデザインコンセプトである「光と影」という部分も強調されるデザインとのこと。とてもカッチリとした造りでメーカーならではの高級感をしっかりと感じます。また、日本製というのも特徴で、組み上げは日本の経験豊富な技術者によるハンドメイドと設備を用いて厳しい工程を経て作られているそうです。
    hoge画像
    端子はMMCX端子を採用しています。
    hoge画像
    3つの異なるドライバーを搭載したトリプルハイブリッドドライバー構成
    大きな特徴としてAK ZERO1はトリプルハイブリッドドライバーを採用しています。搭載されるドライバーは、マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーと呼ばれる特別な平面駆動型ドライバーが1つ。デュアル・カスタム・バランスド・アーマチュア・ドライバーという2個のBAが1つにまとめられたものが1つ。最後に5.6mmダイナミックドライバー1つ搭載されています。
    hoge画像
    マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーの特徴について
    このドライバーは、四角形状の平面駆動振動板を使用しているため、レクタンギュラー(四角形状)と呼ばれます。高分子膜と金属薄膜を組み合わせた高剛性の複合振動板を持ち、BA型のようにクリスタル感のあるクリアさがありながら、平面上に整形されたコイルによって駆動することでダイナミック型のような臨場感を両立したサウンドキャラクターを特徴としています。
    hoge画像
    また、プラナー型でありながらBA型同様のメタルボディのケースに封入することで、従来型のプラナー型では困難であった音響設計の自由度を持たせることを可能にしました。この音響設計の自由度の高さとマルチネットワーク化を組み合わせることで、プラナー型のポテンシャルをより引き出せる設計を実現しました。磁気回路の面では、このメタルボディのケースに封入することで、振動板を駆動する強力な磁石の磁束漏れを低減し、振動板のポテンシャルをさらに高めました。「四角形状の振動板をBA型と同様のメタルボディケースに収めた」のがこのマイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーです。
    hoge画像
    快適な装着感
    AK ZERO1の形状は耳にぴったりとフィットするように内耳道に沿ったデザインで、細長くなっているので耳に入れやすいように作られています。金属製でガッチリとした質感ですがいざ装着してみると思ったより軽い装着感です。ノズルが少し伸びているので耳の奥にはいりやすくて、とても装着しやすく感じました。圧迫感も少ないので長時間装着しても快適に使えそうです。ケーブルもしなやかで軽く取り回しの良い素材です。またタッチノイズも少ないのも特徴に感じました。
    hoge画像
    上品でハリのある音質
    早速AK ZERO1を聴いてみました。Astell&Kern製のイヤホンと納得できるような音質。同社製のDAPと共通する上品な音づくりが特徴です。全体的に誇張が少なくニュートラルな味付けです。音の輪郭もくっきりと滑らかのちょうど中間のような感覚で、解像感の高さと自然な表現が絶妙なバランスが魅力のイヤホンです。サウンドステージは広めで左右にぐぐっと広がるイメージに感じました。音との距離感は近すぎず遠すぎず中間の距離感で、パートの多い楽曲もシンプルな構成の楽曲も相性良くたのしめます。どの帯域もしっかりとした音のハリ感を感じられ、素早い立ち上がりとややタイトめな表現をお楽しみいただける製品なのではないでしょうか。高域も粒立ちの良さと滑らかさがうまく両立した質感の音質です。ツヤ感などは控えめで自然な響きが特徴に感じました。
    hoge画像
    低域はややキック感が強く鋭めの立ち上がりが特徴です。サブベースの少し上あたりの帯域にピークを感じキビキビとうねる低域を楽しめます。ボーカルラインもこれまたナチュラルな表現が特徴です。楽器としっかりと分離して聞こえる一方でせり出し過ぎない印象。声に関しては一歩下がって全体を見つめるようなバランスに感じました。ボーカルの質感もかなり上品でハリがある表現に感じました。自然な表現とハリのある音質が両立しています。トリプルハイブリッドドライバーはチューニングがかなり難しいイヤホンにも関わらずここまで自然な表現したのは凄いです!
    hoge画像
    まるちゃんのレビュー
    音質は聴いた瞬間になんやこの解像度の高さは!と音の良さに感動しました。一瞬でわかる澄んだクリアな音質で、くっきり明瞭でささらない高域と存在感ある低域とい全体的に音のバランスがとても良いです。フラット寄りで自然な音に聴こえつつも音場も広く、低域の鳴りも色付けしすぎず、でも厚みがあるという不思議なバランスの良さを感じるのは、トリプルハイブリッド構造のおかげかと思いました。
    hoge画像
    また空間表現も素晴らしく、音の立ち上がりの速さと楽器の音が消えた時の音の余韻などの表現まで聴きとれるところにはとても感動してずっと聴きこめました。左右それぞれから聴こえる音の輪郭がくっきりなのでどこで音が鳴っているかもわかりやすいです。こうくるとモニターライクな音質と思われそうですが、そうではないんですよね。原音に忠実に正確なサウンドというコンセプトを感じますが、それ以上に本来の音を生音を届けてくれるようなそんな音質に感じました。ボーカルは埋もれず綺麗ですし、ロックのような激しめ曲からアコースティックのような繊細な音楽まで楽しめる音質です。
    hoge画像
    バランス接続
    シングルエンドからバランス接続へ変更すると音像がよりくっきりとピンポイントに浮かび上がりよりハリのある表現へ変わりました。先程、AK ZERO1はハリのある音質が特徴と申し上げましたが、その特徴がより顕著に現れる印象です。音の左右の広がりはより広く伸びやかになり、更に広い空間の中で音が浮かび上がるような感覚でした。低域のアタックもよりくっきりとした物になりますが、一方で低域の芯はシングルエンド接続の方がより感じられる音質に感じられます。全体的に少しベールが剥がれたような音質で、特に高域の伸びと、ボーカルの分離感が大きく向上します。バランス接続はAK ZERO1のいいところをより伸ばす音質です。ご試聴の際はぜひ一度お試し下さい。
    hoge画像
    まるちゃんレビュー
    試聴用に使用したプレイヤーはAstell&Kern A&norma SR25 MKIIとA&ultima SP2000Tです。まず思ったのはどっちもめちゃくちゃAK ZERO1と相性ええやんって思いました。でもおそらく、このAK ZERO1がどんなDAPでも合わせやすいイヤホンということと高出力のDAPとの相性が良いということなのだと思いました。SR25MKIIで、アンバランスとバランスのPEP11に聴き比べてみた感想から申しますと、SR25 MKIIは、解像度が高く、癖のない透明感があるクリアな音質が特徴なんですが、その特徴が崩れることなく、より中音域と低域に厚みがでて隠れていた音が鮮明に聴こえるようになりました。PEP11につけかえると音の解像度や音場の広さと迫力が格段に上がってずっと聴いてしまいます。例えると小さい穏やかな波だったのが、大波で押し寄せてきたような迫りくる音質です。アンバランスで聴いたときの方が低音のアタック感が強く感じ、バランスだと全帯域がより解像度が増して臨場感感じる音質になった印象なので、ロック系の曲はアンバランスで、クラシックやオーケストラなど高音の綺麗さや迫力を感じたいときはバランスで聴くことをおすすめしたいと思いました。
    hoge画像
    SP2000Tは真空管が入っているので、一番好きな真空管モードで聴いてみました。SP2000Tのあたたかみのある柔らかい音質が加わり、音の広がりをさらに感じることができ、この楽曲はこんな音のバランスで聴いてほしいというアーティストの思いがつかめたような気になる音質です。めちゃくちゃ相性良いですね。そしてPEP11で聴くと、音のレンジが広がり、さらに迫力ある音質になりずっと聴きこんでしまいました。アンバランスとバランスそれぞれで良いのですが、AK ZERO1を購入された方はぜひPEP11で、バランスも聴いていただきたいですね。また、全体的に音のバランスが良く解像度が高いので、別のイヤホンで使うことにもおすすめしたいです。
    hoge画像
    Astell&Kernのコンセプトとしている原音に忠実に、アーティストの届けたいサウンドをより届くようにと作られたブランド初のイヤホンは、熱い思いと願いを感じられる最高音質に仕上がっているイヤホンだと感じました。また別売りのバランスケーブル「AK PEP11」で聴くとさらに感動を味わえますし、もっと音楽を聴きたいという気持ちになれるほどバランスとの相性も素晴らしいので、ぜひ合わせて使っていただきたいです。全店舗で試聴機もございますので、ぜひ一度試お試しください!
  2. Astell&Kern 初のオリジナル IEM
    『AK ZERO1』は、Astell&Kern ならではのサウンドを実現した初のオリジナル IEM です。ZERO は基準点を表す数字であり、始まりを意味します。AK ZERO1 は、Astell&Kern の新たなスタートであり、イン・イヤー・モニターのニュースタンダードとなることを目指しています。音楽を原音に近い状態で体験することの素晴らしさを通じて、すべての人にインスピレーションを与え、楽しみを提供することを目的としています。Astell&Kern の意図した通りのアナログに忠実な音で、より多くのユーザーに音楽の楽しさを知ってもらうために、このプロジェクトはスタートしました。
    hoge画像
  3. 3 つの異なるドライバーを搭載したトリプルハイブリッドドライバー構成
    AK ZERO1 は、Astell&Kern の目指す高精度な音響を実現する為に、特別な平面駆動型ドライバー×1・BA ドライバー×2(デュアルタイプ)・5.6mm ダイナミックドライバー×1 という 3 つの異なるドライバー技術の音を 1 つにまとめた、トリプルハイブリッドドライバー構成に辿り着きました。

    ●ドライバー①:マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーマイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーは、ヘッドホンではスケールダウンが難しいとされる平面駆動(プラナー)ドライバーの設計を、IEM に応用するために特別に開発された高度なドライバーです。頑丈且つ軽量な平面振動膜を採用し、周波数損失を最小限に抑え、高分子膜と金属薄膜を組み合わせた複合振動板により BA 型のようなクリスタルのようなクリアさがありながら、平面上に整形されたコイルによって駆動することでダイナミック型のような臨場感を両立したサウンドキャラクターを実現しています。
    ●ドライバー②:デュアル・カスタム・バランスド・アーマチュア・ドライバーカスタム設計されたアーマチュアおよびコイルを使用したデュアル BA ドライバーを搭載し、超低歪みで透明感のあるボーカルを実現しています。
    ●ドライバー③:シングル・φ5.6mm ダイナミックドライバー完全に自動化されたエラーフリーのプロセスで作られたφ5.6mm ダイナミックドライバーを搭載。従来製法で手作業で組み上げられたダイナミックドライバーに比べ、低歪かつ豊かで深みのある低域を実現しました。
    hoge画像
  4. <マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーの特徴>
    このドライバーは、四角形状の平面駆動振動板を使用しているため、レクタンギュラー(四角形状)と呼ばれます。高分子膜と金属薄膜を組み合わせた高剛性の複合振動板を持ち、BA 型のようなクリスタルのようなクリアさがありながら、平面上に整形されたコイルによって駆動することでダイナミック型のような臨場感を両立したサウンドキャラクターを特徴としています。また、プラナー型でありながら BA 型同様のメタルボディのケースに封入することで、従来型のプラナー型では困難であった音響設計の自由度を持たせることを可能にしました。この音響設計の自由度の高さとマルチネットワーク化を組み合わせることで、プラナー型のポテンシャルをより引き出せる設計を実現しました。磁気回路の面ではこのメタルボディのケースに封入することで振動板を駆動する強力な磁石の磁束漏れを低減し振動板のポテンシャルをさらに高めました。「四角形状の振動板を BA 型と同様のメタルボディケースに収めた」のがこのマイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーです。

    1)BA 型と D 型を掛け合わせたサウンドキャラクター
    BA 型のような極めて剛性のある振動板でありながら、ダイナミック型と同様に平面上に整形されたコイルによって駆動を行うため、BA 型とダイナミック型の音の良いところを掛け合わせた方式というのが特徴です。これにより、BA 型にもダイナミック型にもない新しいサウンドキャラクターを実現します。
    2)防磁処理により磁束を封じ込めるメタルボディケース
    マイクロ・レクタンギュラー・プラナーでは、非常に強力な磁石が使われており組立は高度かつ精密に行われています。この強力な磁石をメタルボディで封入することにより磁束の漏れを低減し、磁束密度を高め能率を向上させています。また、磁束を封じ込めることにより漏れ磁束による他のドライバーへの悪影響を低減し高音質化に寄与しています。
    3)小型化された精密なユニットデザイン
    マイクロ・レクタンギュラー・プラナーは BA 型と同様のアーキテクチャで設計可能です。つまり、熟成された開発手法であるマルチドライバー化、サウンドチューブの⾧さや太さ、音響抵抗の組み合わせを利用可能にすることで多様な方法で音質の調整が可能にしました。これらは従来型では大型になってしまうことから困難でありましたが、小型化によって従来の開発手法を可能にし、ドライバーユニットのポテンシャルを大きく引き出すことを可能にしました。また、一般的なプラナー・マグネティックは大型になることが多いためマルチウェイ化の際には耳の近くに置くことが困難ですが、AK ZERO1 のレクタンギュラー・プラナーは小型化を行うことで限りなく耳への配置を限りなく近くにすることを可能にしました。
  5. 最適なクロスオーバーネットワーク
    ハイブリッドドライバーの IEM『AK ZERO1』は、3 つの独自のドライバーテクノロジーのサウンドを 1 つにまとめることに重点を置いています。理想的な周波数特性による新しいサウンドを実現するために、各ドライバーのパラメーターを徹底的に把握した上でクロスオーバーネットワークの設計を行い、Astell&Kern の求める理想的な周波数特性を実現しました。同時に、各ドライバーを最適な位置に注意深く配置し、μm 単位で精密に管理された 3D プリント技術を用いて特別に製造された音響チャンバーに収めました。この精密な筐体により、ドライバーの不要な動きや共振を巧みに排除し、安定したパフォーマンスを実現しています。そして Astell&Kern 独自の高度なアルミニウム精製技術を用いて CNC 機械加工で精密に加工されたメインのハウジングは、内部および外部の振動を低減し、焦点の合った正確なサウンドを実現します。
    hoge画像
  6. Hi-Fi グレードの 4 芯純銀コート OFC ケーブル
    AK ZERO1 のオーディオパフォーマンスをさらに高めるために、取り回しも良くしなやかな 4 芯構造の純銀コート OFC ケーブルを採用しました。高純度の銀メッキと銅、そしてアルミプラグを使用し、オーディオ信号をロスなく伝達するように設計されています。また、精度の高い MMCX コネクターを採用することで、イヤーハウジングとケーブルの接続品質を向上、安定したパフォーマンスを実現しています。
    hoge画像
  7. Astell&Kern のシグネチャーデザイン
    AK ZERO1 のプレミアムサウンドは、今までに体験したことのない新しい世界を開きます。それを象徴するのが、製品を横切る太い斜線であり、AK ZERO1 のアイデンティティを反映しています。「新しい世界への境界線」、このキーワードが AK ZERO1 のデザインを表しています。AK ZERO1 のキャラクターラインが生み出すカット面が、光を受けてキラキラと輝き、製品のプレミアム感を強調しています。形状は、耳にぴったりとフィットするように内耳道に沿って丁寧に設計されています。それぞれの面で光が跳ね返り、イヤーピースがジュエリーのように輝きます。ユニークな形状のノズルは、耳にぴったりとフィットするように細⾧くなっており、AK ZERO1 の 3 つのドライバーを調和させるのに十分なスペースを確保しています。これにより、ハイブリッドドライバー構成による高品位なサウンドを、正確かつ効率的に耳に届けることができます。
    hoge画像
  8. 日本でのハンドクラフト
    AK ZERO1は、日本の経験豊富な技術者によるハンドメイドと、優秀な設備を用い厳しい工程を経て最高の品質を実現しています。
    hoge画像
  9. 充実の付属品
    サイズの異なる 5 種類(XS/S/M/L/XL)のシリコンイヤーピースと 1 種類のウレタンフォームイヤーピース(Free Size)が付属。更にキャリングケースも付属し、持ち運びを容易にします。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ドライバー: ハイブリッド型
ドライバー数: 1PD+2BA+1DD / 4ドライバー
ドライバー構成:
Special Micro Rectangular Planar Dynamic Driver ×1
Custom Balanced Armature Driver ×2
5.6mm Micro Dynamic Driver ×1
インピーダンス 16Ω @ 1KHz
音圧感度 96dB @ 1KHz (1mW)
再生周波数帯域 25 – 30,000Hz
ケーブル仕様 4芯純銀コートOFCケーブル(約120cm)
プラグ:3.5mm3極アンバランスL字プラグ、コネクター:MMCX
本体重量 メーカー情報なし
付属品 4芯純銀コートOFCケーブル、シリコンイヤーピース:5ペア(XS/S/M/L/XL)、ウレタンフォームイヤーピース:1ペア(F)、キャリングケース

商品詳細

3 つの異なるドライバーで構成したトリプルハイブリッドドライバー搭載
Astell&Kern 初のオリジナル IEM(イン・イヤー・モニター)

Astell&Kern AK ZERO1

ヒーローイメージ

<AK ZERO1 概要>
Astell&Kern は、音楽を原音に近い状態で体験することの素晴らしさを通じて、すべての人にインスピレーションを与え、楽しみを提供することを目的としています。より多くのユーザーに音楽の楽しさを知ってもらうために、アナログに忠実な音を出すことに対し絶えず努力しています。『AK ZERO1(エーケー・ゼロワン)』は、Astell&Kern ならではのサウンドを実現した初のオリジナルIEM(イン・イヤー・モニター)です。高度な技術を用いて特別に開発された「マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバー(PD:平面駆動ドライバー)」とデュアルカスタム BA ドライバー、φ5.6mmダイナミックドライバーの 3 つの異なるドライバーで構成した、トリプルハイブリッドドライバーを搭載しています。3 つの異なるタイプのドライバーを最高のクロスオーバー・ネットワーク・マネジメントで調和し、極めて自然で正確なサウンドを耳に届けます。3D プリンティング技術で作られた音響チャンバー、精密な CNC 機械加工されたメタルハウジング、取り回しの良い Hi-Fi グレードの 4 芯純銀メッキ OFC ケーブルと、一切の妥協をしていません。また、日本の経験豊富な技術者によるハンドメイドと優秀な設備を用い、厳しい工程を経て最高の品質を実現しました。

  1. イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフかわちゃんです。

    今回ご紹介するのは、ポータブルオーディオ界を代表する超有名なオーディオメーカーAstell&Kernより初のオリジナルイヤホン「AK ZERO1」が登場いたしました。
    hoge画像
    JH AudioやBeyerdynamicなど他のメーカーとのコラボしたイヤホンはいくつかリリースしていましたが、今回ご紹介させていただくのはAstell&Kernオリジナル!初めて手掛けるイヤホンなだけあって注目の製品なのではないでしょうか。それでは早速詳細をチェックしていきましょう!
    hoge画像
    本体は見るからに高級感があって、デザインもAstell&Kernらしいシンプルで品のあるデザインですね。ハウジングに太い線が浮き出たせれているような見た目はAstell&Kernのデザインコンセプトである「光と影」という部分も強調されるデザインとのこと。とてもカッチリとした造りでメーカーならではの高級感をしっかりと感じます。また、日本製というのも特徴で、組み上げは日本の経験豊富な技術者によるハンドメイドと設備を用いて厳しい工程を経て作られているそうです。
    hoge画像
    端子はMMCX端子を採用しています。
    hoge画像
    3つの異なるドライバーを搭載したトリプルハイブリッドドライバー構成
    大きな特徴としてAK ZERO1はトリプルハイブリッドドライバーを採用しています。搭載されるドライバーは、マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーと呼ばれる特別な平面駆動型ドライバーが1つ。デュアル・カスタム・バランスド・アーマチュア・ドライバーという2個のBAが1つにまとめられたものが1つ。最後に5.6mmダイナミックドライバー1つ搭載されています。
    hoge画像
    マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーの特徴について
    このドライバーは、四角形状の平面駆動振動板を使用しているため、レクタンギュラー(四角形状)と呼ばれます。高分子膜と金属薄膜を組み合わせた高剛性の複合振動板を持ち、BA型のようにクリスタル感のあるクリアさがありながら、平面上に整形されたコイルによって駆動することでダイナミック型のような臨場感を両立したサウンドキャラクターを特徴としています。
    hoge画像
    また、プラナー型でありながらBA型同様のメタルボディのケースに封入することで、従来型のプラナー型では困難であった音響設計の自由度を持たせることを可能にしました。この音響設計の自由度の高さとマルチネットワーク化を組み合わせることで、プラナー型のポテンシャルをより引き出せる設計を実現しました。磁気回路の面では、このメタルボディのケースに封入することで、振動板を駆動する強力な磁石の磁束漏れを低減し、振動板のポテンシャルをさらに高めました。「四角形状の振動板をBA型と同様のメタルボディケースに収めた」のがこのマイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーです。
    hoge画像
    快適な装着感
    AK ZERO1の形状は耳にぴったりとフィットするように内耳道に沿ったデザインで、細長くなっているので耳に入れやすいように作られています。金属製でガッチリとした質感ですがいざ装着してみると思ったより軽い装着感です。ノズルが少し伸びているので耳の奥にはいりやすくて、とても装着しやすく感じました。圧迫感も少ないので長時間装着しても快適に使えそうです。ケーブルもしなやかで軽く取り回しの良い素材です。またタッチノイズも少ないのも特徴に感じました。
    hoge画像
    上品でハリのある音質
    早速AK ZERO1を聴いてみました。Astell&Kern製のイヤホンと納得できるような音質。同社製のDAPと共通する上品な音づくりが特徴です。全体的に誇張が少なくニュートラルな味付けです。音の輪郭もくっきりと滑らかのちょうど中間のような感覚で、解像感の高さと自然な表現が絶妙なバランスが魅力のイヤホンです。サウンドステージは広めで左右にぐぐっと広がるイメージに感じました。音との距離感は近すぎず遠すぎず中間の距離感で、パートの多い楽曲もシンプルな構成の楽曲も相性良くたのしめます。どの帯域もしっかりとした音のハリ感を感じられ、素早い立ち上がりとややタイトめな表現をお楽しみいただける製品なのではないでしょうか。高域も粒立ちの良さと滑らかさがうまく両立した質感の音質です。ツヤ感などは控えめで自然な響きが特徴に感じました。
    hoge画像
    低域はややキック感が強く鋭めの立ち上がりが特徴です。サブベースの少し上あたりの帯域にピークを感じキビキビとうねる低域を楽しめます。ボーカルラインもこれまたナチュラルな表現が特徴です。楽器としっかりと分離して聞こえる一方でせり出し過ぎない印象。声に関しては一歩下がって全体を見つめるようなバランスに感じました。ボーカルの質感もかなり上品でハリがある表現に感じました。自然な表現とハリのある音質が両立しています。トリプルハイブリッドドライバーはチューニングがかなり難しいイヤホンにも関わらずここまで自然な表現したのは凄いです!
    hoge画像
    まるちゃんのレビュー
    音質は聴いた瞬間になんやこの解像度の高さは!と音の良さに感動しました。一瞬でわかる澄んだクリアな音質で、くっきり明瞭でささらない高域と存在感ある低域とい全体的に音のバランスがとても良いです。フラット寄りで自然な音に聴こえつつも音場も広く、低域の鳴りも色付けしすぎず、でも厚みがあるという不思議なバランスの良さを感じるのは、トリプルハイブリッド構造のおかげかと思いました。
    hoge画像
    また空間表現も素晴らしく、音の立ち上がりの速さと楽器の音が消えた時の音の余韻などの表現まで聴きとれるところにはとても感動してずっと聴きこめました。左右それぞれから聴こえる音の輪郭がくっきりなのでどこで音が鳴っているかもわかりやすいです。こうくるとモニターライクな音質と思われそうですが、そうではないんですよね。原音に忠実に正確なサウンドというコンセプトを感じますが、それ以上に本来の音を生音を届けてくれるようなそんな音質に感じました。ボーカルは埋もれず綺麗ですし、ロックのような激しめ曲からアコースティックのような繊細な音楽まで楽しめる音質です。
    hoge画像
    バランス接続
    シングルエンドからバランス接続へ変更すると音像がよりくっきりとピンポイントに浮かび上がりよりハリのある表現へ変わりました。先程、AK ZERO1はハリのある音質が特徴と申し上げましたが、その特徴がより顕著に現れる印象です。音の左右の広がりはより広く伸びやかになり、更に広い空間の中で音が浮かび上がるような感覚でした。低域のアタックもよりくっきりとした物になりますが、一方で低域の芯はシングルエンド接続の方がより感じられる音質に感じられます。全体的に少しベールが剥がれたような音質で、特に高域の伸びと、ボーカルの分離感が大きく向上します。バランス接続はAK ZERO1のいいところをより伸ばす音質です。ご試聴の際はぜひ一度お試し下さい。
    hoge画像
    まるちゃんレビュー
    試聴用に使用したプレイヤーはAstell&Kern A&norma SR25 MKIIとA&ultima SP2000Tです。まず思ったのはどっちもめちゃくちゃAK ZERO1と相性ええやんって思いました。でもおそらく、このAK ZERO1がどんなDAPでも合わせやすいイヤホンということと高出力のDAPとの相性が良いということなのだと思いました。SR25MKIIで、アンバランスとバランスのPEP11に聴き比べてみた感想から申しますと、SR25 MKIIは、解像度が高く、癖のない透明感があるクリアな音質が特徴なんですが、その特徴が崩れることなく、より中音域と低域に厚みがでて隠れていた音が鮮明に聴こえるようになりました。PEP11につけかえると音の解像度や音場の広さと迫力が格段に上がってずっと聴いてしまいます。例えると小さい穏やかな波だったのが、大波で押し寄せてきたような迫りくる音質です。アンバランスで聴いたときの方が低音のアタック感が強く感じ、バランスだと全帯域がより解像度が増して臨場感感じる音質になった印象なので、ロック系の曲はアンバランスで、クラシックやオーケストラなど高音の綺麗さや迫力を感じたいときはバランスで聴くことをおすすめしたいと思いました。
    hoge画像
    SP2000Tは真空管が入っているので、一番好きな真空管モードで聴いてみました。SP2000Tのあたたかみのある柔らかい音質が加わり、音の広がりをさらに感じることができ、この楽曲はこんな音のバランスで聴いてほしいというアーティストの思いがつかめたような気になる音質です。めちゃくちゃ相性良いですね。そしてPEP11で聴くと、音のレンジが広がり、さらに迫力ある音質になりずっと聴きこんでしまいました。アンバランスとバランスそれぞれで良いのですが、AK ZERO1を購入された方はぜひPEP11で、バランスも聴いていただきたいですね。また、全体的に音のバランスが良く解像度が高いので、別のイヤホンで使うことにもおすすめしたいです。
    hoge画像
    Astell&Kernのコンセプトとしている原音に忠実に、アーティストの届けたいサウンドをより届くようにと作られたブランド初のイヤホンは、熱い思いと願いを感じられる最高音質に仕上がっているイヤホンだと感じました。また別売りのバランスケーブル「AK PEP11」で聴くとさらに感動を味わえますし、もっと音楽を聴きたいという気持ちになれるほどバランスとの相性も素晴らしいので、ぜひ合わせて使っていただきたいです。全店舗で試聴機もございますので、ぜひ一度試お試しください!
  2. Astell&Kern 初のオリジナル IEM
    『AK ZERO1』は、Astell&Kern ならではのサウンドを実現した初のオリジナル IEM です。ZERO は基準点を表す数字であり、始まりを意味します。AK ZERO1 は、Astell&Kern の新たなスタートであり、イン・イヤー・モニターのニュースタンダードとなることを目指しています。音楽を原音に近い状態で体験することの素晴らしさを通じて、すべての人にインスピレーションを与え、楽しみを提供することを目的としています。Astell&Kern の意図した通りのアナログに忠実な音で、より多くのユーザーに音楽の楽しさを知ってもらうために、このプロジェクトはスタートしました。
    hoge画像
  3. 3 つの異なるドライバーを搭載したトリプルハイブリッドドライバー構成
    AK ZERO1 は、Astell&Kern の目指す高精度な音響を実現する為に、特別な平面駆動型ドライバー×1・BA ドライバー×2(デュアルタイプ)・5.6mm ダイナミックドライバー×1 という 3 つの異なるドライバー技術の音を 1 つにまとめた、トリプルハイブリッドドライバー構成に辿り着きました。

    ●ドライバー①:マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーマイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーは、ヘッドホンではスケールダウンが難しいとされる平面駆動(プラナー)ドライバーの設計を、IEM に応用するために特別に開発された高度なドライバーです。頑丈且つ軽量な平面振動膜を採用し、周波数損失を最小限に抑え、高分子膜と金属薄膜を組み合わせた複合振動板により BA 型のようなクリスタルのようなクリアさがありながら、平面上に整形されたコイルによって駆動することでダイナミック型のような臨場感を両立したサウンドキャラクターを実現しています。
    ●ドライバー②:デュアル・カスタム・バランスド・アーマチュア・ドライバーカスタム設計されたアーマチュアおよびコイルを使用したデュアル BA ドライバーを搭載し、超低歪みで透明感のあるボーカルを実現しています。
    ●ドライバー③:シングル・φ5.6mm ダイナミックドライバー完全に自動化されたエラーフリーのプロセスで作られたφ5.6mm ダイナミックドライバーを搭載。従来製法で手作業で組み上げられたダイナミックドライバーに比べ、低歪かつ豊かで深みのある低域を実現しました。
    hoge画像
  4. <マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーの特徴>
    このドライバーは、四角形状の平面駆動振動板を使用しているため、レクタンギュラー(四角形状)と呼ばれます。高分子膜と金属薄膜を組み合わせた高剛性の複合振動板を持ち、BA 型のようなクリスタルのようなクリアさがありながら、平面上に整形されたコイルによって駆動することでダイナミック型のような臨場感を両立したサウンドキャラクターを特徴としています。また、プラナー型でありながら BA 型同様のメタルボディのケースに封入することで、従来型のプラナー型では困難であった音響設計の自由度を持たせることを可能にしました。この音響設計の自由度の高さとマルチネットワーク化を組み合わせることで、プラナー型のポテンシャルをより引き出せる設計を実現しました。磁気回路の面ではこのメタルボディのケースに封入することで振動板を駆動する強力な磁石の磁束漏れを低減し振動板のポテンシャルをさらに高めました。「四角形状の振動板を BA 型と同様のメタルボディケースに収めた」のがこのマイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーです。

    1)BA 型と D 型を掛け合わせたサウンドキャラクター
    BA 型のような極めて剛性のある振動板でありながら、ダイナミック型と同様に平面上に整形されたコイルによって駆動を行うため、BA 型とダイナミック型の音の良いところを掛け合わせた方式というのが特徴です。これにより、BA 型にもダイナミック型にもない新しいサウンドキャラクターを実現します。
    2)防磁処理により磁束を封じ込めるメタルボディケース
    マイクロ・レクタンギュラー・プラナーでは、非常に強力な磁石が使われており組立は高度かつ精密に行われています。この強力な磁石をメタルボディで封入することにより磁束の漏れを低減し、磁束密度を高め能率を向上させています。また、磁束を封じ込めることにより漏れ磁束による他のドライバーへの悪影響を低減し高音質化に寄与しています。
    3)小型化された精密なユニットデザイン
    マイクロ・レクタンギュラー・プラナーは BA 型と同様のアーキテクチャで設計可能です。つまり、熟成された開発手法であるマルチドライバー化、サウンドチューブの⾧さや太さ、音響抵抗の組み合わせを利用可能にすることで多様な方法で音質の調整が可能にしました。これらは従来型では大型になってしまうことから困難でありましたが、小型化によって従来の開発手法を可能にし、ドライバーユニットのポテンシャルを大きく引き出すことを可能にしました。また、一般的なプラナー・マグネティックは大型になることが多いためマルチウェイ化の際には耳の近くに置くことが困難ですが、AK ZERO1 のレクタンギュラー・プラナーは小型化を行うことで限りなく耳への配置を限りなく近くにすることを可能にしました。
  5. 最適なクロスオーバーネットワーク
    ハイブリッドドライバーの IEM『AK ZERO1』は、3 つの独自のドライバーテクノロジーのサウンドを 1 つにまとめることに重点を置いています。理想的な周波数特性による新しいサウンドを実現するために、各ドライバーのパラメーターを徹底的に把握した上でクロスオーバーネットワークの設計を行い、Astell&Kern の求める理想的な周波数特性を実現しました。同時に、各ドライバーを最適な位置に注意深く配置し、μm 単位で精密に管理された 3D プリント技術を用いて特別に製造された音響チャンバーに収めました。この精密な筐体により、ドライバーの不要な動きや共振を巧みに排除し、安定したパフォーマンスを実現しています。そして Astell&Kern 独自の高度なアルミニウム精製技術を用いて CNC 機械加工で精密に加工されたメインのハウジングは、内部および外部の振動を低減し、焦点の合った正確なサウンドを実現します。
    hoge画像
  6. Hi-Fi グレードの 4 芯純銀コート OFC ケーブル
    AK ZERO1 のオーディオパフォーマンスをさらに高めるために、取り回しも良くしなやかな 4 芯構造の純銀コート OFC ケーブルを採用しました。高純度の銀メッキと銅、そしてアルミプラグを使用し、オーディオ信号をロスなく伝達するように設計されています。また、精度の高い MMCX コネクターを採用することで、イヤーハウジングとケーブルの接続品質を向上、安定したパフォーマンスを実現しています。
    hoge画像
  7. Astell&Kern のシグネチャーデザイン
    AK ZERO1 のプレミアムサウンドは、今までに体験したことのない新しい世界を開きます。それを象徴するのが、製品を横切る太い斜線であり、AK ZERO1 のアイデンティティを反映しています。「新しい世界への境界線」、このキーワードが AK ZERO1 のデザインを表しています。AK ZERO1 のキャラクターラインが生み出すカット面が、光を受けてキラキラと輝き、製品のプレミアム感を強調しています。形状は、耳にぴったりとフィットするように内耳道に沿って丁寧に設計されています。それぞれの面で光が跳ね返り、イヤーピースがジュエリーのように輝きます。ユニークな形状のノズルは、耳にぴったりとフィットするように細⾧くなっており、AK ZERO1 の 3 つのドライバーを調和させるのに十分なスペースを確保しています。これにより、ハイブリッドドライバー構成による高品位なサウンドを、正確かつ効率的に耳に届けることができます。
    hoge画像
  8. 日本でのハンドクラフト
    AK ZERO1は、日本の経験豊富な技術者によるハンドメイドと、優秀な設備を用い厳しい工程を経て最高の品質を実現しています。
    hoge画像
  9. 充実の付属品
    サイズの異なる 5 種類(XS/S/M/L/XL)のシリコンイヤーピースと 1 種類のウレタンフォームイヤーピース(Free Size)が付属。更にキャリングケースも付属し、持ち運びを容易にします。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ドライバー: ハイブリッド型
ドライバー数: 1PD+2BA+1DD / 4ドライバー
ドライバー構成:
Special Micro Rectangular Planar Dynamic Driver ×1
Custom Balanced Armature Driver ×2
5.6mm Micro Dynamic Driver ×1
インピーダンス 16Ω @ 1KHz
音圧感度 96dB @ 1KHz (1mW)
再生周波数帯域 25 – 30,000Hz
ケーブル仕様 4芯純銀コートOFCケーブル(約120cm)
プラグ:3.5mm3極アンバランスL字プラグ、コネクター:MMCX
本体重量 メーカー情報なし
付属品 4芯純銀コートOFCケーブル、シリコンイヤーピース:5ペア(XS/S/M/L/XL)、ウレタンフォームイヤーピース:1ペア(F)、キャリングケース

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.6

低音の質

4.5

細やかさ

4.8

迫力

4.3

音場

4.2

遮音性

4

音漏耐性

4.5

5人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

飽きの来ない素直な音

試聴環境
iPad Pro→ Earstudio ES100(有線接続)→AK ZERO1

試聴楽曲(Apple Music)
赤い公園 - 消えない
赤い公園 - 衛星
4s4ki - m e l t

Astell&Kernは今まで「T9iE」や「SOLARIS X」といった、他のイヤホンメーカーとのコラボモデルを生み出してきましたが、今回は初のオリジナルIEMということで期待してきた方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか……?

肝心の出音は、「ボーカル域が若干前めの高解像度バランス型」と感じました。

どの帯域も目立って強調されている部分が無く、音楽を1つの集合体として捉えることが出来ました。

その中でも個人的に特に魅力的に感じたのがボーカルの表現でした。かなり近い場所で私の為に歌ってくれているような生々しさがとても素晴らしかったです。

どんなジャンルでもそつなくこなしてくれると思いますが、楽器少なめの女性ボーカルがオススメです!

1つだけ注意点が。ステム部(耳に挿入する部分)が太めなのでイヤピ選びは慎重に行うことをオススメします。
ボーカル域メインで音楽を聴きたい方、是非お試しください!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2021/11/12

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

3.5

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

ただの万能機では終わらない

試聴環境
Xperia 5Ⅱ


試聴楽曲
NAOKI、アークシステムワークス「Hellfire」
               「漉祭-Rock Parade-」


帯域バランス、定位感、解像度に優れいわゆる万能機と表現できる一本です。

強調されている帯域は無く理想的なバランスで楽曲を再現してくれています。

ここまで癖が無いとつまらない音と評されることが多いですが、低域の厚みがしっかりあることとボーカルにある程度の艶感、金物の残響感を適度に残している為、そういった印象は受けません。

むしろ、この素直さのおかげで上記の要素がより濃く出ている気さえします。

装着感は、ステムがやや太めで人によってはフィット感に違和感を感じる場合があるかもしれません。

細かなところまで実直に再生してくれ、様々なジャンルをそつなくこなしてくれます。

Astell&kernらしい音の作り方で高解像度系のサウンドでメーカー推しの方には堪らない一本だと思います。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by かかりちょー   2021/11/10

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

美しき優等生!

メタリックボディで高級感のあるデザインのAK ZERO1!

Astell&Kern 初のオリジナル IEMという事で個人的にもとても楽しみにしていましたが、良い意味で期待を裏切ってくれました!!

細やかさや定位感はもちろんの事、個人的に特に素敵だと感じたのが消える瞬間の音と、音のかすれ具合です!

どこの帯域に音が寄っているという事は無く、全体的にとてもバランスよく鳴らしてくれます。

ボーカルはかなり近く息継ぎや吐息の音までしっかりと表現してくれています。かと言って楽器を邪魔する事は無く、音の輪郭をはっきりとさせているのに自然と体に染み込んでくるような音質です。

Astell&KernのDAPを普段愛用していますが、その音の雰囲気を正しくしっかりと受け継いでいて、様々な再生機器と相性がいい様に感じました!

ポップスやロック、ジャズやクラッシック等、ジャンルを問わずに沢山の方を楽しませてくれるイヤホンだと感じました!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by お嬢   2021/11/09

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

3.0

音場

3.0

遮音性

3.0

音漏耐性

無評価

すごく上手くまとめています

筐体がとにかく軽く、付け心地はかなり良いです。
構成はハイブリッドということですが、音の繋がりに違和感はなく、上手くまとまっています。
一聴するだけだと、インパクトは少なく凡庸な印象を持つかもしれませんが、よく聴き込んでいくと、嫌な付帯音や、ピークが無く、この凡庸な音は自然さを追求した音だとわかります。

続きを読む

ドンポセイドン さん (2021/11/10)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

無評価

astell&kernらしい音づくり

試聴をして元音に忠実で、爽やかな印象でした。デザインもかっこよく、メイドインジャパンというのも地味に嬉しい

続きを読む

パワー さん (2021/10/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

繊細さとバランス

10/23日に行われたAK試聴会での感想です。
DAPはR8を使用。

まず一聴して解像度がすごく高いなと感じました。程よい分離感があり澄んでいる音が特徴的でした。
聞き疲れするよな感じはなく装着感の良さも相まってずっと聞いていられます。
引き締まった低域がキラキラとした中高音域を支えています。
女性ボーカルがイキイキしており、聞いていて本当に楽しいです。
4.4㎜の方でも試聴してみましたが個人的には3.5㎜の方が好みでした。
4.4mmはより中高音域にフォーカスが向き、すこし耳に刺さるよな感じがしました。
試聴している方のすぐ後ろに順番待ちしてましたが、音漏れはありませんでした。
本当にいい音でした。貯金がたまり次第購入したいです!

続きを読む

コーヒー豆 さん (2021/10/27)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

繊細かつ大迫力

パンチのある大迫力の低音と、隠れた音もしっかり描写する繊細さを両立したイヤホン。

続きを読む

山田たかし さん (2021/10/25)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

鮮明さと迫力の両立

2021/10/23 秋葉原店の試聴会にて

・視聴環境
iPhone11Pro→PAW S1→本機

・視聴曲
YOASOBI「怪物」
ビリー・アイリッシュ「bad buy」
ヨルシカ「花に亡霊」

最初の印象は低音寄り・ボーカル近めの印象でした
しかし、聴き込むにつれて、他のイヤホンでは意識することのなかった音が強調されているのがわかります。
「怪物」の65秒あたりの吸い込まれていくような音色も、鮮明に、かつ耳に向かってくるような迫力があります。
最近カスタムIEM選びで、10万円超のイヤホンをよく視聴させてもらっているのですが、そのどれにもないような鮮明さと迫力だなと思いました。

短い時間の視聴でしたが、それでも他との差別化ができるイヤホンでした。
オススメです。

続きを読む

kunpe さん (2021/10/23)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0