• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

SENNHEISER

IE 900

  • 新品

¥161,172 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4044155253405

  • 在庫状況

数量

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥110,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を買った人はこんな商品も買っています

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

ゆずれない「音」を、さらなる高みへ

SENNHEISER IE 900

持てる全てのクラフトマンシップとエンジニアリングを調和させたIE 900が登場。完璧な音質の追求に一切の妥協を排し、デザイン、エンジニアリング、クオリティコントロール、全てにおいて細部までこだわったハイエンドのIE 900は次世代ポータブルハイファイオーディオの新たなフラッグシップとなる一品です。

  1. 豊かでエレガントな音質
    レスポンスの良い低域から、繊細な高域の描写まで、全ての周波数帯域でクリスタルのような透明感あふれるエレガントでニュートラルなサウンドを再現。フラッグシップをさらに進化:中でも高域に関して、IE 900は豊かさとクリアな音質を実現。特に4kHzと10kHz以上の高域においては、人気モデルのIE 800Sからさらに進化し、歪みのないより自然でクリアな音に。ゆずれない「音」を、さらなる高みへ
    hoge画像
  2. クラフトマンシップが織りなす音と精巧なデザイン
    ハイエンドなサウンドを実現する上で、卓越した音響技術、エンジニアリング、設計、素材、クオリティコントロールを高い水準で融合し、見事に昇華させました。
    hoge画像
  3. X3Rテクノロジーという新たな革新
    自社開発を行う世界でも有数のゼンハイザーが生み出す高性能シングルダイナミックドライバーは左右の位相の良さ、全帯域におけるつながりの高さ、存在感のある低域の量感、音の抜け感、高域の高い再現性に優れ、その全てが卓越した技術によるものです。ゼンハイザーが誇る新生フラッグシップTrueResponse(トゥルーレスポンス)トランスデューサーと3つのレゾネーターチャンバー、アコースティックヴォルテックスを搭載した新たなX3Rテクノロジーで、革新的なリスニング体験を提供。一貫した自社開発、製造だからこそ可能なこだわり、トップレベルの音響技術がつまったテクノロジーです。
    hoge画像
  4. こだわりぬいた精巧なデザイン
    厳しい公差基準を設け、アルミブロックの削りだしから作られた高品質のハウジング。このハウジングこそ、新たな革新をもたらすX3Rテクノロジーの重要な骨組み。また長い時を経ても劣化しにくく、長く使える素材と 設計。さらに最大限のリスニング体験を提供するために左右のイヤホンは手作業でマッチングし、重ねて試験を 行う徹底したクオリティコントロール。
    hoge画像
  5. 新開発、トリプルレゾネーターチャンバーをアコースティックヴォルテックス
    寸法のずれもない精巧なアルミブロックの削りだしから作られたハウジングは3つのレゾネーターチャンバーとアコースティックヴォルテックスを搭載。それぞれのチャンバーは各一定の周波数帯域のレスポンスを向上させてマスキングを歪みを抑えます。そしてアコースティックヴォルテックスで自然に広がるサウンドを創出。
    hoge画像
  6. Fidelity Plus MMCXコネクターと耐久性のあるケーブル
    安定感と耐久性、より質の高いサウンド体験を確かなものにするためには、コネクターはゴールドプレートのFidelity Plus MMCXコネクターを採用。さらにケーブルは特殊素材(パラアラミド)により数千回の折り曲げに耐えることができる高い耐久性。*端子周辺部は独自形状のため、他社製ケーブルとの互換性は確認できておりません。
    hoge画像

PR部 はまちゃんのレビュー

IE 900 はまちゃんのレビュー


こだわりぬいた自社開発のたまもの

イヤホン本体はアルミブロックの削りだしです。注目のポイントしてはやはりドライバー部分。新たに開発されたドライバー「TrueResponse(トゥルーレスポンス)トランスデューサー」をはじめとする名門オーディオブランドならではの自社開発。簡単にはマネのできない一流の技術が詰まっています!


SENNHEISER IE 900 画像1


 

充実した付属品

イヤーアダプターセットは、
・標準シリコン S/M/L
・フォーム S/M/L
と、選べる仕様に。すべてのイヤーアダプターに埃や汚れの侵入を防ぐフィルターが入っています。

ケーブルは3種類付属します。うれしいポイントです。
・3.5mmステレオミニプラグ L型
・4.4mm(バランス) L型
・2.5mm(バランス) L型

すべてのケーブルにマイクやスイッチの類は搭載されていません。音楽を純粋に楽しむためそぎ落とされています。


SENNHEISER IE 900 画像2


 

圧倒的なフラグシップのサウンドクオリティ

高い解像度と、低音の質の高さで人気を得たIE800Sから、さらに中音域の情報量を充実させた納得のフラッグシップモデルです。ワイドなレンジと、シルキーなサウンドが特徴的です。1つのダイナミックドライバー(TrueResponse(トゥルーレスポンス)トランスデューサー)が作り出すナチュラルにもかかわらず引き込まれる魅惑の音。音楽鑑賞だけでなく、音楽制作にもお使いいただけそうな非常に高いクオリティです。音楽をより細かく、細密に力強く描き出す、そんなサウンドを可能にしたイヤホンの頂点に迫る逸品です!


SENNHEISER IE 900 画像3


製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ダイナミック
インピーダンス 16Ω
音圧感度 123dB(1kHz,1Vrms)
再生周波数帯域 5 ~ 48,000Hz(-10dB)
ケーブル仕様 長さ:125cm(Y型)
イヤホン端子:MMCX(ゼンハイザー独自形状)
プラグ形状:3.5mmステレオミニプラグ L型、4.4mm(バランス)、2.5mm(バランス)
本体重量 約4g(片側重量、ケーブル除く)
付属品 イヤーアダプターセット(標準シリコン S/M/L、フォーム S/M/L)、ケーブルクリップ、シリアルナンバー入りプレミアムキャンリングケース、クリーニングツール&クロス

商品詳細

ゆずれない「音」を、さらなる高みへ

SENNHEISER IE 900

持てる全てのクラフトマンシップとエンジニアリングを調和させたIE 900が登場。完璧な音質の追求に一切の妥協を排し、デザイン、エンジニアリング、クオリティコントロール、全てにおいて細部までこだわったハイエンドのIE 900は次世代ポータブルハイファイオーディオの新たなフラッグシップとなる一品です。

  1. 豊かでエレガントな音質
    レスポンスの良い低域から、繊細な高域の描写まで、全ての周波数帯域でクリスタルのような透明感あふれるエレガントでニュートラルなサウンドを再現。フラッグシップをさらに進化:中でも高域に関して、IE 900は豊かさとクリアな音質を実現。特に4kHzと10kHz以上の高域においては、人気モデルのIE 800Sからさらに進化し、歪みのないより自然でクリアな音に。ゆずれない「音」を、さらなる高みへ
    hoge画像
  2. クラフトマンシップが織りなす音と精巧なデザイン
    ハイエンドなサウンドを実現する上で、卓越した音響技術、エンジニアリング、設計、素材、クオリティコントロールを高い水準で融合し、見事に昇華させました。
    hoge画像
  3. X3Rテクノロジーという新たな革新
    自社開発を行う世界でも有数のゼンハイザーが生み出す高性能シングルダイナミックドライバーは左右の位相の良さ、全帯域におけるつながりの高さ、存在感のある低域の量感、音の抜け感、高域の高い再現性に優れ、その全てが卓越した技術によるものです。ゼンハイザーが誇る新生フラッグシップTrueResponse(トゥルーレスポンス)トランスデューサーと3つのレゾネーターチャンバー、アコースティックヴォルテックスを搭載した新たなX3Rテクノロジーで、革新的なリスニング体験を提供。一貫した自社開発、製造だからこそ可能なこだわり、トップレベルの音響技術がつまったテクノロジーです。
    hoge画像
  4. こだわりぬいた精巧なデザイン
    厳しい公差基準を設け、アルミブロックの削りだしから作られた高品質のハウジング。このハウジングこそ、新たな革新をもたらすX3Rテクノロジーの重要な骨組み。また長い時を経ても劣化しにくく、長く使える素材と 設計。さらに最大限のリスニング体験を提供するために左右のイヤホンは手作業でマッチングし、重ねて試験を 行う徹底したクオリティコントロール。
    hoge画像
  5. 新開発、トリプルレゾネーターチャンバーをアコースティックヴォルテックス
    寸法のずれもない精巧なアルミブロックの削りだしから作られたハウジングは3つのレゾネーターチャンバーとアコースティックヴォルテックスを搭載。それぞれのチャンバーは各一定の周波数帯域のレスポンスを向上させてマスキングを歪みを抑えます。そしてアコースティックヴォルテックスで自然に広がるサウンドを創出。
    hoge画像
  6. Fidelity Plus MMCXコネクターと耐久性のあるケーブル
    安定感と耐久性、より質の高いサウンド体験を確かなものにするためには、コネクターはゴールドプレートのFidelity Plus MMCXコネクターを採用。さらにケーブルは特殊素材(パラアラミド)により数千回の折り曲げに耐えることができる高い耐久性。*端子周辺部は独自形状のため、他社製ケーブルとの互換性は確認できておりません。
    hoge画像

PR部 はまちゃんのレビュー

IE 900 はまちゃんのレビュー


こだわりぬいた自社開発のたまもの

イヤホン本体はアルミブロックの削りだしです。注目のポイントしてはやはりドライバー部分。新たに開発されたドライバー「TrueResponse(トゥルーレスポンス)トランスデューサー」をはじめとする名門オーディオブランドならではの自社開発。簡単にはマネのできない一流の技術が詰まっています!


SENNHEISER IE 900 画像1


 

充実した付属品

イヤーアダプターセットは、
・標準シリコン S/M/L
・フォーム S/M/L
と、選べる仕様に。すべてのイヤーアダプターに埃や汚れの侵入を防ぐフィルターが入っています。

ケーブルは3種類付属します。うれしいポイントです。
・3.5mmステレオミニプラグ L型
・4.4mm(バランス) L型
・2.5mm(バランス) L型

すべてのケーブルにマイクやスイッチの類は搭載されていません。音楽を純粋に楽しむためそぎ落とされています。


SENNHEISER IE 900 画像2


 

圧倒的なフラグシップのサウンドクオリティ

高い解像度と、低音の質の高さで人気を得たIE800Sから、さらに中音域の情報量を充実させた納得のフラッグシップモデルです。ワイドなレンジと、シルキーなサウンドが特徴的です。1つのダイナミックドライバー(TrueResponse(トゥルーレスポンス)トランスデューサー)が作り出すナチュラルにもかかわらず引き込まれる魅惑の音。音楽鑑賞だけでなく、音楽制作にもお使いいただけそうな非常に高いクオリティです。音楽をより細かく、細密に力強く描き出す、そんなサウンドを可能にしたイヤホンの頂点に迫る逸品です!


SENNHEISER IE 900 画像3


製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ダイナミック
インピーダンス 16Ω
音圧感度 123dB(1kHz,1Vrms)
再生周波数帯域 5 ~ 48,000Hz(-10dB)
ケーブル仕様 長さ:125cm(Y型)
イヤホン端子:MMCX(ゼンハイザー独自形状)
プラグ形状:3.5mmステレオミニプラグ L型、4.4mm(バランス)、2.5mm(バランス)
本体重量 約4g(片側重量、ケーブル除く)
付属品 イヤーアダプターセット(標準シリコン S/M/L、フォーム S/M/L)、ケーブルクリップ、シリアルナンバー入りプレミアムキャンリングケース、クリーニングツール&クロス

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

高音の質

4.3

中音の質

4.4

低音の質

4.4

細やかさ

4.4

迫力

4.1

音場

4.3

遮音性

4

音漏耐性

4.1

40人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

妥協なき、ゆずれない『音』

【試聴プレイヤー】
HibyMusic R8SS

【試聴楽曲】
Awesome City Club - 今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる
七尾旅人 - サーカスナイト
FEMM - 今夜はブギー・バック feat. Lil' Fang from FAKY & Yup'in


アルミブロック削りだしの筐体が簡素すぎず、ゴテゴテしすぎずスマートに輝く様は、SENNHISERのフラッグシップモデルとしても相応しい美しさです。そしてアルミブロックなので筐体自体が重いかと思われますが、ビックリするくらいものすごく軽いです。感覚的にはジュラルミンのような軽さを感じられます。

音質へ入る前に、まず最初に付属のシリコンイヤーピースに関して、かなり傘の部分のシリコンが薄く、個人差はありますが自分の耳ではシャキシャキとした音になってしまいました。その為ご試聴された際にシャキシャキすると感じた場合は、ご自身がお使いのイヤーピースを合わせるか、付属のフォームタイプを合わせるといいと思います。

こうやってしっかりとイヤーピースを合わせたことで得られるものは、IE 800Sからさらに進化した良質な低域。程よい量感に深みがマッチして、迫力ある低域を生み出します。一つ一つの音をしっかりと描写するのですが、ざらつきが全く無く、とてもスムースに耳に馴染んでいきます。さらにIE 800Sと比べると、個人的に中音域が少し豊かに感じられました。IE 800S自体も特に大きく不満はなかったのですが、やはり特徴的なのが低域でした。

今回のIE 900では低域に負けず劣らず、高解像度に中域を余すことなく描写する気概が感じられます。それも余裕を持ちながらパワフルです。そして特徴的な中低域に合わさって、とてもバランスよく伸びあがる高域が心地よい。

個人的にIE 900はかなり優等生なサウンドに感じられましたが、そんじょそこらの優等生とは一線を画す、超・優等生モデルだと勝手に思っております。

ぜひみなさんも聴いてみてください。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by しばちゃん   2021/05/13

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

聴きほれてしまう。

試聴環境 SR15
試聴音源 ススメオトメ
     ミラーボール・ラブ などなど

IE800を過去に使用していた私としてはIE900の発表を聴いた時にうぉぉおおおお!となりました。
IE800と筐体が変わっており、僕の耳の形が悪いせいか純正のイヤーピースだと上手くフィットしなかったので、finalのETypeイヤーピースで試聴しました。

いきなりですが音楽を聴き始めてすぐ、良い音だとわかるほど美しく綺麗な音色でした。また、聴けば聴くほどその音の良さを感じれ、高域・中域・低域なにもかもがとってもいい意味で丁度良いと感じました。当然ですがIE800の時よりも解像度や臨場感などがグレードアップしています。

聴く前に想像してた音をさらに上回る「さすが!フラッグシップ!」と思わせてくれる、そんなイヤホンでした。

このままでも十分に魅力的な音ですが、リケーブルしたらどんな音に化けるのかいつか聴いてみたいです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2021/05/13

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

洗礼された空間表現力

試聴環境:ONKYO DP-X1A
試聴楽曲:ELLEGARDEN/Red Hot

SENNHEISERのNewフラッグシップイヤホンが登場!聴く前から期待が高まります。
ハウジングはアルミブロックの削り出しで装着すると少しひんやりします。
シンプルで無骨なデザインが洗礼されたイメージを醸し出しています。

早速試聴をしてみた感想ですが、解像度がとても高く、クリアで明瞭感があり、中高音域にかけてややエッジの効いた、さっぱり目のサウンドという印象を受けました。
スピード感がありつつも、音1つ1つの情報量は多く、繊細さを兼ね備えた丁寧な鳴らし方をしています。
ギターの弦を弾く音や、ボーカルの息遣いの細かい部分までしっかりと表現されていて情緒的に感じました。
低音域はレスポンスよく、テンポのいい鳴り方です。
音楽的ノリの良さがあり、聴いていて楽しい音だと感じました。

付属品には3.5mm、4.4mm、2.5mmのイヤホンケーブル一式が完備されていますので、お使いのプレイヤーや用途に合わせて選択することが可能です。

真っ白なカンバスの様な澄み渡った空間の中で、音の隅々まで描き切る洗礼されたサウンド。
ご来店の際は是非ご体感くださいませ。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by マロン   2021/05/13

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

3.5

クオリティアップしたIE 800 Sのサウンドに、遮音性をプラス

【試聴DAP】
PAW 6000
(シングルエンド接続)

【試聴アルバム】
Linked Horizon「進撃の軌跡」
下村陽子「Kingdom Hearts Orchestra -World Of Tres- Album」「KINGDOM HEARTS Concert -First Breath- Album」
CAPCON「MONSTER HUNTER WORLD_ICEBORNE ORIGINAL SOUNDTRACK」
澤野弘之「進撃の巨人 Season3 オリジナルサウンドトラック」


 形や大きさは先に発売されている「IE 300」と同程度。アルミニウム製だけあって、金属筐体としては軽いですね。まさにアルミの塊からCNC切削で出てきたらしき無骨な質感が、男心をくすぐります。耐久性も高そうです。

 筐体を見ると、ベントがフェイスプレート側に設けられています。スタッフに隣に立ってもらいましたが、特に音は聞こえないとのことで、思ったよりも音漏れは少ない模様。SENNHEISERのフラッグシップ製品と言えば開放型で音漏れ歓迎なイメージが非常に強かったので、ここは意外な点です。

 音質については、第一印象として「IE 800 S」をさらに進化させてきたなと感じました。ハイハットなどの高音域のリアリティはさらに増しています。特に金物系の楽器について、キンキンさせずに、シャープな音像をしっかり表現しきれるのはIE 900の強みです。

 そして、なにより低音域も充実しています。ここも良いところです。前フラッグシップである「IE 800 S」も部屋で聴く分には、低音域の解像感は非常に高いものでしたが、構造の関係で遮音性が低いので環境によっては量感が物足りないものになる場合もありました。IE 900は2021年の新たなフラッグシップとして、IE 800 Sの良さを継承しながらこの遮音性の点を克服してきているように思います。SENNHEISERの十八番はなんといっても低音のクオリティですから、外でもこれを体感しやすいのは嬉しいところ。


【イヤーピースについて】
 さて、ここまで音に関してはベタ褒めなんですが、実物を触っていて、専門店スタッフとして1つどうしても気になる点がありました。それが「付属のイヤーピース」です。シリコンタイプは、傘が浅いのに幅は広いので、日本人がつけるには装着時に潰れやすく低音域が抜けやすい。フォームタイプは、高音域を減衰させず遮音性もよいが、かなり硬めの質感のものなので長時間の装着にはやや不向き。というように、いずれも一癖あります。(もちろん耳の形にもよるので、個人差は大きいと思います)

 音は良いから是非ともイヤーピースをなんとかしたい!ということで、IE 900にはコレよさそうじゃないかというものをいくつか試した結果、
 ・スパイラルドットSF
 ・スパイラルドット++
 ・ePro Horn-shaped Tips(通常モデル)
 ・SednaEarfit Light Short
の4種類が、個人的には満足できる組み合わせだと思いました。中でもスパイラルドットシリーズはオススメです。

 「スパイラルドットSF」はIE 900本来のバランスを崩さず、なおかつ耳の奥まで挿入できるためか中音域を中心に迫力が増すので、ポップスやロックなど音圧をガツガツ稼ぎたいジャンル向きです。「スパイラルドット++」はIE 900のエレガントな音をそのまま拡張してくれるので、吹奏楽などアコースティック系の楽曲は特に合います。「ePro」は金物系の音圧がさらに上がるイメージ。「SednaEarfit Light Short」はバランス自体はあまり変えずに、ソリッドな(密度濃いような)音の質感になります。(ちなみに、付属外イヤーピースをそのまま使う場合は、フィルタはノズル部分にある粗めのフィルタのみになります。)

 店舗でご試聴の際、もしイヤーピースが合わないときはスタッフにご相談ください。最高の状態で試聴していただければ、SENNHEISERの新たなフラッグシップとしての真価を必ずや体感できるはずです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by のの   2021/05/13

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

4.0

妥協を許さないフラグシップ機

SENNHEISERのフラグシップ機、完璧な音を求め妥協を排したという一本。一聴してそのクオリティの高さに驚かされました。

質の良い低域は豊かでレスポンスが良くダイナミックに表現されています。それでいて中高域は緻密で繊細。曇りもなく見通しが良いです。また金属筐体特有の響きが心地よく体に沁みてきます。

解像度も高く分離感もあり一音一音が手にとるように理解できます。そしてそれを芳醇な低域がまとめあげていて、音のつながりを損なわずしっかりと感じられます。

純正のシリコンイヤーピースは薄く上手く装着しないと魅力的な低域が抜けてしまいます。押し込まず乗っける程度に装着するといい感じになります。
IE 800 Sと違いサードパーティー製のイヤーピースを装着しやすいステムになったのでさらに魅力を引き出すこともできます。

全体的にニュートラルなバランスサウンドでありながら楽曲の持つ熱量や情感を上手く引き出してくれるフラグシップにふさわしい一本です。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by かかりちょー   2021/05/13

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

圧倒的なフラグシップのサウンドクオリティ

イヤホン本体はアルミブロックの削りだしです。注目のポイントしてはやはりドライバー部分。新たに開発されたドライバー「TrueResponse(トゥルーレスポンス)トランスデューサー」をはじめとする名門オーディオブランドならではの自社開発。簡単にはマネのできない一流の技術が詰まっています!

付属品に関して、
 イヤーアダプターセットは
・標準シリコン S/M/L
・フォーム S/M/L
 と、選べる仕様に。すべてのイヤーアダプターに埃や汚れの侵入を防ぐフィルターが入っています。

ケーブルは3種類付属します。うれしいポイントです。
・3.5mmステレオミニプラグ L型
・4.4mm(バランス) L型
・2.5mm(バランス) L型

 すべてのケーブルにマイクやスイッチの類は搭載されていません。音楽を純粋に楽しむためそぎ落とされています。

 高い解像度と、低音の質の高さで人気を得たIE800Sから、さらに中音域の情報量を充実させた納得のフラッグシップモデルです。ワイドなレンジと、シルキーなサウンドが特徴的です。1つのダイナミックドライバー(TrueResponse(トゥルーレスポンス)トランスデューサー)が作り出すナチュラルにもかかわらず引き込まれる魅惑の音。音楽鑑賞だけでなく、音楽制作にもお使いいただけそうな非常に高いクオリティです。音楽をより細かく、細密に力強く描き出す、そんなサウンドを可能にしたイヤホンの頂点に迫る逸品です!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by はまちゃん   2021/05/11

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.5

ゼンハイザーの新フラッグシップイヤホン

最近は流行に乗ってワイヤレスイヤホン ばかり買っていたのですが、久々にフラッグシップの有線イヤホンを購入しました。
ワイヤレスは便利で移動中に手軽に音楽を楽しむという目的は達成出来たのですが、落ち着いた場所でよりしっかりと音楽を聴きたいという時にワイヤレスでは不満が出るというかそもそも聴く気が起こりませんでした。
有線イヤホンで昔みたいに音楽にどっぷり浸かりたいなと思っていたら、ゼンハイザーからie900が発表されて気になっていました。
ゼンハイザーではie800がお気に入りでしたが、破損やケーブル硬化で何個も買う羽目になりました。
ie900の第一印象はモニター的というか昔の禅のヘッドホンみたいな感じで地味な音色だなと感じました。
音の傾向はフラット寄りの弱ドンシャリで少し低域強め。
音に癖が少ないです、イヤホン側で音に個性を付加しないタイプです。突き刺さるような高音域や地割れのような低音域はありませんが、それらの刺激の強い別のイヤホンを使った後にie900を使っても地味に感じるのでは無く、それらの刺激の強い音のイヤホンがいかに癖の強い音を出していたのかを思い知らされます。ie900の音は何といいますか落ち着いた大人の音といいますか奇を衒わなくても真面目にやってれば良い音鳴らせるんだよというのが伝わってきます。
クラシックやロック系のライブ音源では臨場感があり、聴いてるとコンサートホールに居るみたいです。ピアノ、クラシックギター、アコースティックギターもとても良い鳴り方です。寝ホンとしてクラシックを聴く時、ワイヤレスだと最低音量くらいまで落としていたのですがie900だと音が心地良いのか、かなり音量を上げてしまいます。
ボーカルは美音系では無いのですが、声の細かなニュアンスが良く聴き取れます。まったく同じ曲のオリジナルとカバーで、今までずっと数年以上もカバーの方がいいなと思っていた曲があったのですが、ie900で聴くとオリジナルの方が良く聴こえたのです。カバーを歌っていた歌手も声質などが好みで大好きなアーティストだったのですがオリジナルの歌手の歌声に秘められた様々なテクニックや込められた感情の様な物がie900だと感じ取れて評価が逆転しました。これはちょっと不思議な体験でした。
ぶっちゃけ、ie800は高音域が刺さるイヤホンでした。ie800sも同じで刺さり具合は全く変化ありませんでした。ie900は刺さりが無い訳では無いですがie800よりもかなり抑えられており、私的には気にならないレベルに到達しました。
中音域も癖が無く良い感じです。私は自分で演奏することもあり、エレキギターの音にかなりのこだわりがあるのですが、高価格帯のイヤホンでも中音域に癖がありギターの音が台無しの物も結構あります。ストラトをマーシャルに繋いでるのにレスポールをメサブギーに繋いだような音のするイヤホンはマジ勘弁です。ie900は中音域も自然で本来の音色にそこそこ近い鳴り方だと感じました。線の細い中音域は少し補完する気配がありますが。
ケーブルのタッチノイズはありますが耳掛け式の採用によりie800よりは改善しています。
遮音性と音漏れはie800と同程度か、微かにie800の方が良かったかもしれませんが、ie900もダイナミック型にしては良い部類です。
音場はie800より奥行方向に広がっているのを感じます。左右方向はほぼ同じくらいと感じました。ただ、私はie800の音場が広大と思ったことは無いので。
ie900が万人にお勧めかと聞かれると困ります。モニター調で地味系が基本キャラクターで、そこから聴き込むとゼンハイザーの開発者が各音域の欠点を地道に時間を掛けて全て潰した様な真面目な音が見えて来ます。
音色の傾向から、すぐに絶賛を受けるようなタイプのイヤホンでは無いと思いますが、時間を掛けて高評価を勝ち取って行くイヤホンであるのは間違いなさそうだと思います。

続きを読む

よっしー さん (2021/07/27)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

3.5

音漏耐性

4.0

SONYよりこちら!

Z1RやSONYのイヤホンはなぜか耳に全くfitしない。
SONYの殆どのイヤホンを買っては聞き比べしたけど
ほぼ100%耳に合わない。

どんなイヤーピースをはめてもダメ。

でもこのゼンハイザーは小型で軽くしかも剛性があるので
殆どの人にフィットすると思われる。

そしてそのフィット感から得られる、超高音質を
十分に堪能出来る逸品。

耳が痛くなることもなく、イヤーピース選びも楽で非常に満足しています。

全体的に調和の取れた原音好きにはたまらない逸品
ドンシャリ系ややたら高音が刺さることもなく

原音のいい音が、非常に心地よい。
変な加工された音より、素直な音の方が耳にも脳にも良い。

そんな印象を受けたイヤフォンです。
SONYの最上位イヤフォンがメルカリで出品される訳が分かりました。

それだけ耳に合わない人が多い。

続きを読む

かつたん さん (2021/07/27)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

4.5

遮音性

3.5

音漏耐性

無評価

自然な真ん中の音

アンドロメダとTZ700を気分で使い分けしてるのですが、その中間のモニターっぽい音質のイヤフォンを探すべくめぼしいモデルを試聴(DAPはFIIO M15)。これは自分的にかなり気になる音でした。特に突出した音域があるわけではないが、全ての音が互いを邪魔することなく広めの音場に響き渡る。高温の少し柔かめな響きが特に好みだが、特徴のあるモデルが好きな方には物足りなさを感じるかもしれない。フィット感は自分には問題なかった。デザインはもう少しシンプルな方がいいかな。
ケーブル変えて是非バランスで聞いてみたい。。。

続きを読む

うりずんug さん (2021/07/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

3.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

プレミアム低音イヤホン

試聴した感想です。
まず音質面で感じたのは、圧倒的な情報量の多さと
その音の一つ一つが混ざることなく、クリアですっきりとした印象。
ベースやバスドラムの低音域はしっかりとした厚みを表現し、
低音好きでも満足できる重厚感。それにも関わらず低音の輪郭が
ダブついた感じや、他の帯域を邪魔してしまうようなことがありません。
中高域には、クリアで耳に張り付くような滑らかさがあり
自然で、聴いていて非常に心地よいサウンド。エフェクトの残響感や
ボーカルの細かな表情も、はっきりと表現してくれます。
まさにハイエンドに相応しい製品ではないでしょうか。

続きを読む

唐揚げとチャーハン さん (2021/07/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

無評価

ゼンハイザーの究極サウンド

ゼンハイザーは10年以上前にあったCX300という機種から入り、ずっと大ファンです。
学生だったのでIE80などを試聴しては感動するものの手が届かない存在として憧れていました笑

社会人になって真っ先に購入したイヤホンがゼンハイザーのIE800で、それはもう衝撃を受けました。
聴いた瞬間に高域の解像度・低域の迫力に圧倒されました。
今回のIE900ですが、それを遥かにパワーアップさせたような、まさにゼンハイザーイヤホンの究極形です。

まず一聴して驚くのは繊細な中域と広大な音場。
これは今までのゼンハイザーイヤホンでは感じたことのなかったものです。
しかし質の良い低域と、高解像な高域は健在で、そうそうこの音!という感覚もあります。

また近年色々なドライバーを積むようになり巨大化していくイヤホンの中において、これは非常に小さく心地良い装着感に仕上がっています。
1DDを貫き通すゼンハイザー、カッコいいです。

かなり高い音が出る曲だと、若干出しきれていない感覚もありますが、試聴の段階だったのでエージングで解消される可能性も高いです。
長々と書きましたが、ハイエンドイヤホンが20〜30万当たり前になってきた昨今、こちらも10万越えとかなり気合の入った価格になっていますが、それらと戦える・またはそれらを持っていても新たな驚きのある素晴らしいイヤホンに仕上がっていると思います。

事業縮小など苦戦している部分もありそうなゼンハイザーですが、信念のある音作りは変わっていません。
私をオーディオ沼に引きずり込んでくれた(?)存在として、これからもずっと応援していきたいです。

続きを読む

のなか さん (2021/07/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.0

最高級の音!

SONYのNW-ZX507に接続して使っています。最初聞いたときは音がスカスカで失敗したと思いましたが、エージングをしていくと10時間くらいで世界が変わります。高音がとても綺麗に響くようになり、ボーカルがまるでそこにいるような感覚になりました。今ではIE900の音はとても気に入っています。近くに試聴できるような専門店がない場合でも試聴なしで購入しても後悔しない音だと思います。間違いなく最高級の音だと思います。

続きを読む

つりさぁ さん (2021/07/25)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0