• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

ag

TWS04K ホワイト 【AG-TWS04K-WH】

生産終了品

ag

TWS04K ホワイト 【AG-TWS04K-WH】

  • 新品

¥12,800 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4571303221943

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥2,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

”TWS04K”の新カラー&新チューニングモデル

TWS04K-WH

ヒーローイメージ

本製品の最大の特長は、その音質です。左右独立イヤホンの音質はドライバー部分に力を入れられていないことが多く、ソフトウエア上のイコライザーに大きく頼って音質の調整がなされており、特に高音域で聴き疲れする音が発生する原因となっています。
そうした現象を回避するために低域が過度に強調されているなど、バランスの取れていない製品が多いのが現状です。
TWS04K-WHでは、ソフトウエア上のイコライザー無しでも十分満足できる音質になるようにドライバーの音響特性を追求した上で、Bluetoothに起因する高音域の気になる部分のみ僅かにイコライザーで補正するという方法を採っています。
そうした技術的裏付けにより、透明感のあるクリアなボーカルと十分な低音感という両立が難しい音質を実現しております。
また、TWS04K ブラックモデルと音質を比較すると、ホワイトモデルはやや穏やかでリラックスした自然なサウンドになっております。

  1. オーディオブランドfinal監修の高音質仕様
    音質は、日本のオーディオブランドであるfinalが全面監修。Bluetooth特有の聴き疲れしやすい音質を抑え、透明感のあるクリアなボーカルと十分な低音感を両立したサウンド。
    hoge画像
  2. 途切れにくく高音質なaptX対応
    SBCやAACに加え、途切れにくく高音質なコーデックであるaptXにも対応。iPhoneやAndroidの幅広い機種に対応し、ペアリングも簡単。
  3. 防水性能と音質を両立
    新開発の防水機構により、音質を損なうことなく高い防水性能を実現しました。
  4. 最大180時間の音楽再生
    一回の充電で最大9時間の音楽再生が可能。付属の充電ケースを使えば最大180時間もの再生が可能な超ロングバッテリー仕様です。毎日使用しても約1ヶ月は充電不要の超ロングバッテリー仕様です※。
    ※ 1日6時間SBC/AAC接続、ケースで充電しながら使用した際の概算値です(ご使用環境によって誤差がございます)
  5. モバイルバッテリー機能付き
    2600mAhの大容量バッテリーを搭載した充電ケースは、モバイルバッテリーとしても使用可能。
    ※モバイルバッテリーとして使用する際のケーブルは付属しません。
  6. 高い防水仕様 IPX7
    IPX7の防水仕様で、雨天時やスポーツでも安心してお使いいただけます。
  7. 革シボ仕上げを施した充電ケース
    質感の高い革シボ仕上げを施した充電ケースは手触りがよく、また、指紋がつきにくいため汚れが気になりません。
  8. 至上最高の装着感
    完全ワイヤレスイヤホンのために設計された新しいイヤーピース、finalの「TYPE E 完全ワイヤレス仕様」を5サイズ同梱。
  9. 紛失の際は片耳購入可能
    うっかり片耳を紛失した際も、ag公式WEBサイトにて片耳のみの購入が可能です。

製品仕様


■ スペック
通信方式 Bluetooth 5.0
再生周波数帯域 20Hz〜20KHz
対応コーデック SBC, AAC, Qualcomm aptX audio
対応プロファイル A2DP, AVRCP, HSP, HFP
連続音楽再生時間 最大9時間(ケース込み最大180時間)
充電時間 イヤホン本体:2時間/ケース:4時間
バッテリー容量 イヤホン片耳45mAh/ケース2600mAh
付属品 充電ケース、イヤーピース(final TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様)5サイズ、USB タイプC充電用ケーブル

商品詳細

”TWS04K”の新カラー&新チューニングモデル

TWS04K-WH

ヒーローイメージ

本製品の最大の特長は、その音質です。左右独立イヤホンの音質はドライバー部分に力を入れられていないことが多く、ソフトウエア上のイコライザーに大きく頼って音質の調整がなされており、特に高音域で聴き疲れする音が発生する原因となっています。
そうした現象を回避するために低域が過度に強調されているなど、バランスの取れていない製品が多いのが現状です。
TWS04K-WHでは、ソフトウエア上のイコライザー無しでも十分満足できる音質になるようにドライバーの音響特性を追求した上で、Bluetoothに起因する高音域の気になる部分のみ僅かにイコライザーで補正するという方法を採っています。
そうした技術的裏付けにより、透明感のあるクリアなボーカルと十分な低音感という両立が難しい音質を実現しております。
また、TWS04K ブラックモデルと音質を比較すると、ホワイトモデルはやや穏やかでリラックスした自然なサウンドになっております。

  1. オーディオブランドfinal監修の高音質仕様
    音質は、日本のオーディオブランドであるfinalが全面監修。Bluetooth特有の聴き疲れしやすい音質を抑え、透明感のあるクリアなボーカルと十分な低音感を両立したサウンド。
    hoge画像
  2. 途切れにくく高音質なaptX対応
    SBCやAACに加え、途切れにくく高音質なコーデックであるaptXにも対応。iPhoneやAndroidの幅広い機種に対応し、ペアリングも簡単。
  3. 防水性能と音質を両立
    新開発の防水機構により、音質を損なうことなく高い防水性能を実現しました。
  4. 最大180時間の音楽再生
    一回の充電で最大9時間の音楽再生が可能。付属の充電ケースを使えば最大180時間もの再生が可能な超ロングバッテリー仕様です。毎日使用しても約1ヶ月は充電不要の超ロングバッテリー仕様です※。
    ※ 1日6時間SBC/AAC接続、ケースで充電しながら使用した際の概算値です(ご使用環境によって誤差がございます)
  5. モバイルバッテリー機能付き
    2600mAhの大容量バッテリーを搭載した充電ケースは、モバイルバッテリーとしても使用可能。
    ※モバイルバッテリーとして使用する際のケーブルは付属しません。
  6. 高い防水仕様 IPX7
    IPX7の防水仕様で、雨天時やスポーツでも安心してお使いいただけます。
  7. 革シボ仕上げを施した充電ケース
    質感の高い革シボ仕上げを施した充電ケースは手触りがよく、また、指紋がつきにくいため汚れが気になりません。
  8. 至上最高の装着感
    完全ワイヤレスイヤホンのために設計された新しいイヤーピース、finalの「TYPE E 完全ワイヤレス仕様」を5サイズ同梱。
  9. 紛失の際は片耳購入可能
    うっかり片耳を紛失した際も、ag公式WEBサイトにて片耳のみの購入が可能です。

製品仕様


■ スペック
通信方式 Bluetooth 5.0
再生周波数帯域 20Hz〜20KHz
対応コーデック SBC, AAC, Qualcomm aptX audio
対応プロファイル A2DP, AVRCP, HSP, HFP
連続音楽再生時間 最大9時間(ケース込み最大180時間)
充電時間 イヤホン本体:2時間/ケース:4時間
バッテリー容量 イヤホン片耳45mAh/ケース2600mAh
付属品 充電ケース、イヤーピース(final TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様)5サイズ、USB タイプC充電用ケーブル

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

7人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

鮮やかで繊細なサウンド

試聴環境:Galaxy Note20 Ultra
試聴楽曲:billie eilish / bad guy
    :ALI / LOST IN PARADISE
    :女王蜂 / 火炎

TWS04K ブラックのベースモデルとカラーだけでなくサウンドも違うモデルということでブラックと聴き比べてみました。

ブラックの場合は低めだった重心が若干高くなり、明瞭感、浮遊感が増した印象です。かといって音が軽いわけではなく、しっかりと深いところまで縦に広い低域は健在です。
各帯域のバランスは中音域が少し強めで他の帯域が一歩下がって包んでいるようなバランスに感じました。
ボーカルを聴かせるためにボーカルを強調せず、他の音の位置関係をきれいに整えることでしっかりとした土台の上でメインが映えるようなそんなサウンドに感じました。
強い主張はないのに艶やかに、鮮やかに且つ自然に鳴らしてくれていていつまでも聴いていたくなるような気持ちにさせられました。

しっかりとビートを感じてノリノリで聴きたい方はブラックモデルを、鮮やかで繊細なサウンドがお好きな方はホワイトを是非。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ケイティ   2021/03/11

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

私、この子の音質に惚れてしまいました。

試聴プレイヤー:iPhone 11 Pro
試聴楽曲:「ジグソーパズル」まふまふ
     「狼青年」「Muah Muah」Hey! Say! JUMP
     「やさしさの名前」鈴木愛奈
     「花に亡霊」ヨルシカ

まずイヤホンを着けたときの耳への吸いつきがすごい!!
私の場合ピタッと密着してくれてたので、装着感はもちろん遮音性がとても高く感じました。ちょっとやそっとじゃ動いてもとれない感覚があるので、IPX7の高い防水性能の兼ねてスポーツ時にも最適ではないでしょうか(*6ω6*)!

そして、私、この子の音質に惚れてしまいました。

ヴォーカルと楽器のバランスが個人的には完璧!ブラックと比べると楽器の音が前に出るサウンドチューニングになっています。

ヴォーカルが1番近く、そのすぐ後ろで楽器が鳴っている位置関係で、1音1音逃すことなく聞き取れるような音の分離度・音の輪郭の明瞭さが感じられます。今まで気づかなかったハモリや電子音に気づけたときには感動しました...!!

楽器もヴォーカルもそれぞれをしっかり聴きたい!って方におすすめです!

低域のドラムのアタック感はキレが良く、それでいて沈み込みもあって音の余韻も感じられるのでフロアタムの余韻が心地いいです。そしてギターフレーズが結構立体的に聴こえるので、臨場感も感じられてノリよく楽しめました♪ボカロなど高域が激しい楽曲でも耳に刺さることはなかったので、しんどくならずに音楽に没頭できますね。

なんといってもこれだけ楽器を明瞭に鳴らしつつ「声」をすぐそばで色っぽく感じられるところが1番の推しポイント。

ボカロからビートの感じられるダンスポップ、しっとりバラードまで精密にそれでいて表現力豊かに鳴らせる優秀くんです!

動画遅延はiPhone 11 Proだとじっくり観ていてもさほど気にはなりませんが、若干ズレているかな?と感じました。が、全然問題なく動画鑑賞を楽しめます!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ベル   2021/03/09

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

長時間の使用にも

本機はウォーム寄りでバランスが良く、長時間聴いていてもあまり聴き疲れしないかなと思います。また、楽曲の空気感が結構上手く表現されているように感じます。上はそんなに高い所まで出ていないと思いますが、刺さりはありません。下はキックが強めに押し出される感じがあるので、そこに違和感を感じる人もいるかも。
それからやっぱりバッテリーの持ちがケース、本体共に良いので、1万円台のコスパを考えると、かなり使い倒せると思います。正にサブ機に持ってこいという感じ。

続きを読む

春雨 さん (2021/05/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

TWS04K、TWS05Kとの比較

試聴環境

・デバイス
 iPhone 12 Pro Max
・使用アプリ
 iAudioGate
・イヤーピース
 付属のfinal TYPE E ワイヤレス専用仕様
・試聴楽曲
 YOASOBI「夜に駆ける」
 ヤバイTシャツ屋さん「ハッピーウェディング前ソング」
 日向坂46「アザトカワイイ」
 bohemianvoodoo「A seaside hut」
 Official髭男dism「115万キロのフィルム」
 μ's「Snow halation」
 KING OF PRISMよりOP「Shiny Seven Stars!」
・音源
 FLAC(一部AAC-LCをいわゆる"ハイレゾ"にアップコンバートしたものもあり)

秋葉原店にてTWS04K、TWS04K-WHおよびTWS05Kを試聴しました。

・TWS04K
試聴しての第一印象は「低音がかなり支配的」というものでした。
様々なレビューでは「透明感」「バランスがいい」との記載がありますが、自分はあまりそのようには感じることはありませんでした。例えば、「夜に駆ける」ではバスドラムの音が全体の半分以上を占めており、かつ締まりがないように聞こえました。
しかしながら、かといってボーカルや楽器隊の音が埋もれているかと言えばそうではありませんが、低音の後ろ側から聞こえてくるといった印象です。
音場については狭くはないものの、低音がかなりのスペースを占拠しています。
その他楽曲でも同様に低音が支配的であり、長時間聞いていると聞き疲れしてしまいそうな気がしました。

・TWS04K-WH
第一印象は「バランスがいい」というものでした。
TWS04Kと比較して音の重心が中高音に寄り、楽器隊もボーカルも同じ距離感で音を奏でているように聞こえます。
とは言っても低音の迫力がないわけではありません。他の帯域を邪魔しない程度で低音の主張があります。
「夜に駆ける」ではバスドラムが深い位置から聞こえながらも裏側でなっているギターのカッティング音を感じ取ることができます。
重心が中高音に寄ったことにより「アザトカワイイ」や「ハッピーウェディング前ソング」においてはボーカルやギターのリフが少しキンキンするように感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、自分としてはそのキンキンと感じる一歩手前で抑えられているように感じました。
この中高音の鳴り方については好みが分かれるところではないでしょうか。

・TWS05K
第一印象は「思ったよりもすっきりサウンド」というものでした。
ダイナミックドライバを2発搭載ということですが、思ったよりすっきりな音であると感じました。
「115万キロのフィルム」においてはボーカルおよび楽器隊がほぼ同列にいてどの帯域もバランスよく聞くことができます。バランスはいいのですが音場は広くなく、耳の近くで音が鳴っていて平面的であるように聞こえました。
ただ、前者ふたつのイヤホンと比較して「質のいい音」であると感じます。


結果として、自分の一番好み、かつバランスが優れていたTWS04K-WHの購入に至りました。当初はTWS04Kを購入する予定でありましたが、思ったよりも低音がブーミーでした。
これら2つのイヤホンは色が違うだけでなく、それぞれの音は大きく異なります。
ただ、どちらもワイヤレスイヤホンとは思えない音であることには間違いありません。
気になる方は一度試聴することをオススメします!

続きを読む

ジャングル さん (2021/03/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

1万円台で高い完成度を誇る製品の色・音質違い。

試聴レビューとなります。
環境は、Xperia XZ3とのapt-X接続で、音源はロックやJ-PopのFLACです。

まずは音質についてです。
帯域バランスは、中低域と中高域にピークがあるかなという印象ですが、概ねフラット指向です。
先に発売されているブラックと同様で、本機も音量調整が難しいなと感じました。
音量次第では低域過多に感じたりするので、適切な音量探しが肝要だと思います。

低域は沈み込みが深く、ぼわつかずにしっかりと制動しているものの、稀に音源によってはボーカルの位置に被り気味になる事がありました。
中域から中高域にかけては繊細な鳴り方をしていますが、やや刺さりを感じる部分があるので、刺さる高域が苦手な方は試聴が必要です。
同社のTWSの中でも、他の製品と比較すると高域の量感と伸びが本機の特徴となっています。

先に発売されているブラックと本機は、メーカーさんがチューニングが違うと明言されているので、簡単な比較をしたいと思います。
帯域バランス的には、大きな違いをあまり感じませんでした。
各帯域の質感でみていくと、本機は中高域~高域の輪郭が少し丸くなっていて、ブラックは若干のザラつきを感じます。
低域に関しては、本機の方が押し出しが強く迫力がありますが、全体のメリハリと言う点ではブラックの方が感じられます。
○色がモニター寄りだ、リスニング寄りだと判断するのは、モニターの定義にもよるので難しいところではありますが、どちらの機種もバランスが良く、低域を強調したTWSが多い点を考えると、どちらの色もモニター的な傾向を持ち合わせていると思います。

次は音質以外についてです。
デザイン面では、同社のTWSのデザイン的な特徴であるマット加工ではなく、操作ボタンのリングがメタリックでエクセントがつけられていて、ガジェット感のあるデザインですが、白なので男女問わないと思います。
また、大きめの充電ケースは革シボ加工がなされていますが、ブラックと比較するとそれが分かりにくく、さり気ないお洒落と言った感じになっています。

機能面については、私が個人的に「TWSに求める機能性」としている、
apt-X対応
IPX4以上の防水
充電ケース込みの連続再生50時間以上
の3点全てを満たしていて、防水性能はIPX7、充電ケース込みの連続再生180時間と、申し分のない仕様です。

総評としては、1万円代で高い完成度を誇る製品の、色・音質(チューニング)違いで、説明は不要だと感じる素晴らしい製品だと言えます。
音質、デザイン、機能性と申し分なく、ブラックも含めて万人に勧められる素晴らしい製品だと思います。

1万円代でTWSをお探しの方には、本機と色違いのブラックも比較してみて頂きたいです。
音で選んでも、色で選んでも、良き相棒となってくれる事と思います。
是非お試し下さい!

続きを読む

masa さん (2021/03/14)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

コスパ良しの優等生

気になっていたfinal製品、使用した感じバランスは良好です。前に使用したnuarlのnt01aと比べて量感のある音がします。
付属のワイヤレス用イヤピースは個人的には短く、遮音性が今一つのため、個人的にはEタイプの方が相性良く感じます。

総合的には良い買い物でした。

続きを読む

野良歌い さん (2021/03/14)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

長時間リスニングでも疲れない、自然なサウンド

TWS04K(ブラックモデル)の色違いでありチューニングを変更したモデル。ブラックモデルは低音重視のサウンドでしたが、ホワイトモデルはバランスが良く、またウォーム寄りのサウンドになっており自然に音楽を流すことができます。そのため長時間聞いていても疲れにくく、作業しながらBGMを流したり休日にリラックスしながら音楽を聞くのに適しています。
各種操作や使用感はブラックモデルと基本的に同じですので、そちらのレビューも参照すると良いです。またケースや本体はTWS04KもTWS04K-WHも共通のため、それぞれのケースと本体を入れ替えて使用するとひとつオシャレな魅せ方もできます。

続きを読む

のうち さん (2021/03/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

聞き疲れのしないナチュラルサウンド

エージングをした上での感想です。
特定の音域が強調されているような印象はあまりなく、リスニングよりはモニターイヤホンに近いような位置づけという認識をしました。低音が心地よく鳴りつつも前面に出すぎることがないため長時間聴き続けても怠さを感じないことが最大の長所だと思います。

続きを読む

BUFF さん (2021/03/03)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0