• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

63の商品が見つかりました。  1-40件を表示

final

A8000 【FI-A8DSSD】

総合満足度

5.0

高音の質

4.7

中音の質

4.8

低音の質

4.6

細やかさ

4.8

迫力

4.3

音場

4.5

遮音性

3.6

音漏耐性

3.2

すごい

癖がなく、ナチュララルな音、透明度がすごくいい。

マサル さん

(2022/03/25)

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

耳が相当肥えてないと良さが分からない

一聴すると、定位感はまぁあって、どんな音源も刺さりなく素直に鳴らすといったイメージ。

A4000のドンシャリ(特に高域)の方が小音でも定位感が際立って表現されていて分かりやすい。
A8000の定位感の凄さに気付けず最初は手放そうかとも思った。

ドンシャリに飼い慣らされた現代人には良さ(定位感の異常さ)が分かりにくいと思われる。

まだまだ駄耳な私がA8000の本当の凄さに気付くにはもっと経験が必要そう。

kazuma9 さん

(2022/03/07)

3

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

透明性+a

今更ですが、他の方のレビューを読んでいたら自分も語りたくなりました。

角ばった形状が私の耳とは相性が悪く、1時間半ほど聞いていると皮が痛くなるため泣く泣く手放し……結局また聴きたくなり購入、ということを何度かしてきました。
耳が痛くなるのは心地よいリスニングを阻害するため個人的に大きなマイナスポイントですが、それでもまた聴きたくなるのはよほどこの音が好きだからでしょう。

プレイヤーは主にLP6tiです。LPGTやSP2000、Hugo2、その他アナログアンプもいくつか所有していますが、再生機器によって、A8000から出てくる音に他のイヤホンよりも違いがあらわれる気がします。もちろんどのDAPでも良い音を鳴らしますが、もしイマイチということでしたら、それは再生機器側の音がそもそも好みではない可能性があることも考慮した方が良いと思います。

A8000の透明性は、かなりのものです。
これはサラサラしたクリアサウンドな味付けとは意味が全く異なります。DAPなど再生機器の音をイヤホンというフィルターを介さずダイレクトで耳まで届けてくれる、そういう意味での透明性です。
多くのイヤホンには、程度に差こそあれそれぞれ個性があり、再生機器の音を自分の色である程度染めます。DAPによっては抜群の相性を見せてくれることもありますが、逆に言えば、イヤホンによっては知らず知らずのうちにDAP本来の持ち味にヴェールをかけしまい、真の魅力を引き出せなくなっている、ということも起こり得るのです。
特に高価格帯になるほど再生機器の音質差は小さくなります。たとえば1万円と10万円のDAPの音質差と、20万円と40万円のDAPの音質差は、1万円と10万円のDAPの方が大きいように感じます。価格差は前者が10万円であるのに対し、後者は20万円もありますが、音質の違いは前者の方が大きいことが多いと私は体感しています。
もちろん価格は値付けによるところも大きいですし、それを言ったら百均イヤホンも引き合いに出すことができてしまい単純な比較はできませんが、要は高価格帯ほど耳で感じ取れる音の優劣の差は小さくなっていき、わずかな味付けの違いを楽しんでいるのではないかということです。
そしてこれも個人的な考えなのですが、ポタオデ(オーディオ)は、上に行けば行くほど「小さな音質差をどれだけ大きく感じることができ、そこに価値を見出せるか」という話になっていくと思うのです。数十万円のリケーブルなどはその最たるものではないでしょうか。
ですがポタオデも、突き詰めていけば結局ハイエンド帯をうろうろすることになるのがほとんどです。そこに更なる個性を持ったイヤホンという要素までもが合わされば、再生機器の純粋な音の比較というのはかなり難しくなってきます。
A8000の魅力は、まさに、そこにあると思います。
A8000はその抜群の透明性から「個性が無いという究極の個性」を持っており、再生機器の音の在り方を阻害せず、純粋な音を教えてくれるのです。
私の場合、当時LP6tiを購入したのは合わせたいイヤホンがあったのと、DAPの音質自体にも惚れ込んでいたからですが、実際のところその合わせたかったイヤホンでは魅力が十分引き出せていなかったことに、A8000を使い始めてから気付きました。
正直ここまで良い音を出すDAPだとは思っていなかったんですね(価格の割に)。他のイヤホンではなく、A8000で聴いたとき、SP2000等より美しいと感じられる面がより多く見えてきたわけです。
もちろんこれは私が上記DAPの音が好き、というだけの話で、SP2000が音質差で劣るということではないと思います。情報量に大きな差はなく、音色やナチュラルさの違いとでも言いましょうか。
申し上げたいのは、手元にあるDAPやアンプの、まだ知らない魅力を、透明性抜群のA8000が教えてくれるのではないか?という1点です。

尚、透明、無個性などと書きましたが、味付けが全くないわけではありません。
厳密に言えばほのかに上品な響きが付与されていたりと、恐らく完全に純粋な音ではないと思います。
そもそも実際にはイヤホンやケーブルを介して聴いているので全く影響がないなんてことはなく、A8000の個性は存在するでしょう。
しかしそれを感じさせないチューニングのすばらしさや、本来見逃してしまいそうなDAPの隠し味をもしっかり聴かせてくれる基本性能の高さが、無個性という究極の個性を実現しているのです。
加えてその付与されたほのかな味付けも、幸福なリスニングに大いに寄与しています。低位の良さ、独特の浮遊感、開放感があり、誇張ではなく、美しい音のプラネタリウムを体験しているようです。
無個性という言葉以外にA8000の音を端的に表現すると、とても美しい音、と私は言いたいです。

オールマイティなイヤホンというのは存在しません。
A8000もまた上述したような特異性から、全てにマッチングするということはありません。
A8000以外にもハイエンドイヤホンは複数所有していますが、全てにおいてA8000が勝っているわけではなく、同じ1DDで比べてもFW10000やTZ700の方が好きだと感じられる場面も多くあります。
ですがこのイヤホンが座ってしまった椅子は、少なくともA8000以前はたった一つしか存在しなかったものです。
私の再生環境において、この音は他のイヤホンでは真似できていません。
そういう意味で、パラダイムシフトと言っていい製品だと感じました。

最後に音以外のことにも触れると、音漏れ、遮音性は良くありません。
遮音性の低さは、セミオープンのようである意味開放的とも言えるので我慢できるとしても、音漏れは周りに迷惑がかかるため気分的に落ち着いて聴けないのがマイナスです。
また本体はつるつるしており重量もあるため手から零れ落ちやすく、しかも指でちょっと触れただけで傷がつくため、パパっと扱いたい場合は若干ストレスになります。
イヤホンは手軽に使いたい人間なので、製品としては完璧とは言い難い面があります。ただ、音質がそれらを凌駕するほどの満足感を与えてくれたため、満足度は満点としました。

LL さん

(2022/03/04)

6

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

3.5

color:規格なし

視聴レビューです!

ハイエンドのモデルが欲しくなってきて、色々探してる中でこのイヤホンを視聴しました。
音質は凄く自然なサウンドでとても聴きやすく、かつ臨場感等も感じられ、ただただいい音がする素晴らしいイヤホンだと感じました。私にとって、すぐに買える値段ではないため、コツコツ貯めて、買えるようになったら、お迎えしようと思います。

SEAL さん

(2022/03/01)

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

細マッチョな風景写真

見た目が好みではありませんでしたが、試聴するとそんなことはどうでもよくなりました。細かい音質の表現はできませんが、全体的に感じるのは透明感であり、けれども繊細な音にも力強さがあり、勢いのある音には引き締まった芯を感じす。細マッチョな感じでしょうか。

長らく使っていると、細マッチョではあるものの、少し印象が変わってきました。風景写真が、目で見るよりも美しく描写されているのと似た印象です。どこかを誇張しているわけではなく、素の音源の美しさを引き出しているような感じです。こうなると不思議なもので、見た目もかっこよく感じています。

リアルよりも美しさを感じられるイヤホンであり、永く愛用したいです。

もんた さん

(2022/01/15)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

3.5

音漏耐性

4.0

color:規格なし

完成形

限り無くナチュラル。

どうやったらこんな音を再現出来るのか

原音再生

ネオ さん

(2022/01/11)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

良いイヤホンではあるのだが…

音の応答が速く、普段は聴き取れないような細やかな音の変化が手に取るように分かりますが、あまりに音が実直過ぎる点(もう少し楽しい音作りにしてくれても良かった)とあまりに音の応答が速すぎてカリカリした音に聴こえてしまう点が自分には合いませんでした。

伯爵 さん

(2021/05/22)

3

満足度

3.0

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

3.0

細やかさ

5.0

迫力

2.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

所有感・音質、細かいところへのこだわりも感じるフラッグシップ機

とても高価なスピーカーに使用されるトゥルーベリリウム振動板を採用し、同時期に販売されたDUNUのLUNAと比較されることの多い機種。
さすがにこの価格帯ともなると、どんなにすごい音がするのだろうと期待してしまいます。
正直、店頭で最初試聴した際は、”良いけどなんだか普通・つまらない”という感想でした。
しかしそれは、販売直後で十分に鳴らしこみされていない個体でもあるためで、しっかりと鳴らしこまれた個体は音の分離感が素晴らしく、”雑味が全くない透明感のあるリアルなサウンド”
元々の楽曲を味付けせずに最上級のサウンドで聴かせてくれる機種です。
このイヤホンであれば、上流をさらにこだわりたくなってきます。

鏡面加工されたステンレス筐体はとても美しく、傷をつけたくないけどどうしても付いてしまうのがデメリットでもあるけど、それも味。

また、MMCXコネクターということで耐久性に不安もありましたが、強度検証された自社開発のコネクターを採用&MMCX ASSISTが付属されているなど、細かいところまでこだわりを感じるフラッグシップ機。

ゆ さん

(2021/03/15)

1

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

聴いていたのは上流側の音だった ?

知人宅のDUNUのルナとA8000を聴き比べました。同じピュアベリリウム振動板でも全くキャラクターが違いますね。やや硬質感のあるルナのほうが味付けが濃くメリハリが強く感じます。ルナを聴いた後のA8000は大人しく味気ない音色に聴こえます。低音はかなり控えめです。

再び手持ちのDAPにポタアンを挿して聴き比べました。ルナは高音と低音がより強調されてドンシャリ系の音質に変化しました。A8000は不足気味に感じられた低音の量感が向上してバランス良く聴こえます。空間の拡さ解像感はどちらも非常に高いです。また、曲の演奏の切れ間の無音時の緊張した空気感、音の殺気立った気配は凄まじいものがあります。


その他の人のA8000のレビューがバラバラなのは、実はDAPやアンプやケーブル側の味付けされた音色を聴いていただけなのかもしれません。

リファレンスに使うならA8000のほうですね。

あるぺあ さん

(2021/03/15)

満足度

4.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

新体感

ベリリウムは加工の際に一度粉塵状態にする必要があり、毒性が含まれるのでガスマスクをして加工すると聞いたことがあります。
金属の振動版の中では素性(金属の振動版のなかで特に硬くて軽くて内部損失が大きい)が最高峰で良いのに、加工の難しさから業者が限られており(おそらくマテリオン社)、
他の素材の振動版より単価が高いため、蒸着(PET等の振動版にコーティングをしたもの)ではない純ベリリウムを使用しているメーカーは少ないです。
ヘッドホンで採用しているFOCALくらいでしょうか。
国内メーカーだとスピーカーであればPioneerとかがオーディオ全盛期のその昔採用していたと思います。
また、素性の中でも音速が速いという特徴があるためツィーターやスーパーツィーターに使用してる製品の方が多いです。
さて、本製品のレビューですが(試聴のみ)、シングルダイナミック一発構成のでこんなに素晴らしい音が出るのかとびっくりしました。
悪く言えば特徴がないですが、ずっと聞いていたくなるような素直な音です。
ダイナミックに有利な低域と芯のあるボーカルはもちろんのこと、BAに負けず劣らず高域も素晴らしいです。
とにかくバランスの良い音にチューニングされていると思いました。
マイナスポイントは筐体に指紋がつきやすいことぐらいでしょうか。
高価格帯のBA機を購入予定の方も一聴の価値のある製品だと思います。

ゼットン二代目 さん

(2021/03/15)

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

ミキシングルームの音?

特に1DD好きならば絶対にその音を聞いておかなければならないのがこれ。
最初の視聴時はあまりにスッキリしすぎていて正直「うーん・・こんなもんか」と感じたが
イヤーピースを手持ちのFINALのLサイズに変えたところ一変。
低音が今ひとつ・・というレビューも多いが自分的には十分な量感であり、何よりその質が高い。
その良質な低音に乗る中高音がこれまたなんとも美しい。なにも足さずありのままの音が響き渡るこの感じは言ってみればレコーディングスタジオのミキシングルームでスピーカーを通して聞いている感じに近いのかな。 なにせ本当に全帯域のバランスが良い。この音を味気ないと感じる方も多いようだが、逆にいえばこれほどピュアに演者さんの思いを伝えてくれるイヤフォンも少ないのでは。
これでイヤフォン沼を脱することができるかはわからないが、個人的には持っていて損のない逸品だと思う。

うりずんug さん

(2021/03/14)

3

満足度

4.5

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

純粋な音

今現在SONY IER-Z1R使用しています。
A8000は視聴になりますが、
Z1Rと聴き比べてみるとZ1Rはドンシャリ感が強く感じます。高音がキンキンしたり低音が強過ぎる…A8000は音に色付けされずそのまま澄み切った音を鳴らしていると思いました。
ベースやドラム等の低音が好きなら断然Z1R!!
私は総合的にA8000が聴きやすく耳が疲れないと(長時間聴いてないので参考にならないかも)
それとどちらのイヤフォンも少し重量があるのでフィットさせるにはピース選びが重要かな?

ゆーなーん さん

(2021/03/14)

2

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

エージングとバランス化で化けるイヤホン

1DDならではの自然な表現、高い解像度、繊細さも備えつつ、かつベース音などの低域やボーカルや弦楽器などの中域は決して淡白な音ではなく、どちらかというと艶感のある音作りです。
ただし、上記はエージングとバランス化により初めて感じることができる様になります。
パワーが無いDAPやバランス化をせずに視聴すると、物足りない印象を覚えます。
また、欠点があるとすれば、同クラスのイヤホンと比較すると、音場は狭い側に位置します。
ただし、DAPやリケーブルにより改善も可能であるため、本機種を十分に鳴らす環境があれば、手元に持ちたい一品です。

TT さん

(2021/03/14)

満足度

4.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

楽しくて快感。

リファレンスサウンドという名の世界に浸っています。音楽を聴きだすと、没頭してやめられなくなる中毒性のようなもながあり、耳と脳が喜んでる感じです。音の解像感やスピード感が素晴らしく、とても満足です。finalの他の製品も欲しくなってきます。
装着感もよく、見た目もよく、所有欲も満たしてくれる最高のA8000です。

AKs さん

(2021/03/14)

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

一種の完成形

試聴だけでのレビューになります。
まず一聴してこれは値段以上の価値がある、と思いました。生で聴いているかと錯覚するくらいにリアルで、良い意味で尖りのない音です。
また他のイヤホンでは味わったことのない音の定位感も味わうことができます。この定位感こそ本機の魅力の一つだと思いました。
少し厳しめに評価をすると個人的には低域が少し弱めに感じました。しかしそれも気になる程のものではありませんし、それを補って余りあるくらいの魅力が本機にはあると思いました。
総評としてA8000は一種のイヤホンの完成形だと思います。
値段は決して安くはないので購入はしてませんが、いつかは手にしてみたいイヤホンの1つです。

ぴ さん

(2021/03/13)

満足度

4.5

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

完成された音

“生”の音を聴いている感覚です。
これ以上の至高はないでしょう。
全てに於いて完成されています。

loonloon さん

(2021/03/12)

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

高域若干多め

発売当初から評判が良く、気になっていたのでじっくり視聴させていただきました。final社のイヤホンはデザインと装着感が好みのものが多く今まで色々試してみてきたんですがバランスにやや癖のあるものが多く、結局は購入を見送るか或いは一度購入してから手放すことになりました。
さて、今回のA8000はやや高域よりでした。とは言え歯擦音が刺さることはなく、聴き疲れする程ではないかなという印象です。一部バランスが崩壊してしまう楽曲(青山テルマの『帰る場所』等)はあのものの、解像度が高いので殆ど曲は気持ちよく鳴らしてくれます。

あずき さん

(2021/03/12)

満足度

4.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

最高。トップレベル。

桁違いの音場と解像度。
どのジャンルどの楽器の音を聴いても絶対に満足できるであろう素晴らしいイヤホンです。

けんしん さん

(2021/03/12)

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

神イヤホン

これほどまでに完成されたイヤホンは見たことがない…
自分は1時間ほど視聴させて頂きましたが、財布に余裕があれば即購入っと言ったレベルのものでした。約20万もするイヤホンなんだからそれぐらい当然みたいな方もおられると思いますが、そう思う方は1度聞いてみて欲しい。このイヤホンが他のイヤホンよりも100%優れているということがわかると思います。もし、ハイレゾイヤホン欲しくて、最高の音質、最高のバランス、最高の装着感も求めるならA8000はありなんじゃないかと思います!

ひぐはる さん

(2021/03/12)

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

装着感

VR3000から始まり、B3をxperia直挿しで使ってるものです。このシリーズの筐体がめちゃくちゃ合う。
多少厚みが増すので、横になっては使えなくなるかな。
順番的にはそろそろdapを買い替えてまた音を聞きたい。

氷菓子 さん

(2021/03/10)

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

これぞ有線最高音質!

一個人としての使ってみた感想ですが、まず耳に入れたときにしっかり固定されて外れにくい!ずれにくいため遮音性は高く、何時間聴いていても耳が疲れにくいと感じました。
また、音の解像度がとても良く、高温も低温もしっかり聞き取れる、最強イヤホンだと思います。長く使っていないため、エージングがまだまだですが、ボーカルもベースも曲の本質を聴ける値段以上の価値がある物であることに間違いないです。
そして、このイヤホンの外見がシンプルでとても高級感があることもポイントだと思います。
最近ではMMCXイヤホンをワイヤレス化するものが他社から沢山出ているので、有線として使いたい方にもワイヤレス化して使いたい方にもオススメです!

音の旅人 さん

(2021/03/09)

1

満足度

4.5

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

代わりのないイヤホン

筐体は傷つきやすく重さもあります。
人によっては耳に当たる部分が痛く感じるかもしれませんが、個人的にはイヤピースとイヤーフックで収まり良く装着できました。

音に関しては音の描写が細かく、レスポンスが良いのでオーケストラとかも迫力はそこまでですが、奏者の位置が手に取るように分かります。

どの音楽ジャンルでもキチっと鳴らす傾向があり、雰囲気を楽しむというより、落ち着いて分析的にじっくり聴くのに適したイヤホンだと感じました。

色々なイヤホンを持っている方がそれぞれのイヤホンの個性をより理解するのにも良いと思います。

聴き慣れた楽曲の表現に新たな発見があるイヤホンでもあると思います。

また、DAP等を聴き比べての評価をするのにもとても良いと思いました。

かなり高価ですが、この価値に見合う代わりのないイヤホンだと思います。

こう さん

(2021/03/09)

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

超高品質な無個性!!

第一印象はとても原音に忠実なイヤホンだと感じました。
これといった特徴はありませんが、全ての音域を高解像度で聞くことができます。
オールジャンルで、高いパフォーマンスを発揮してくれると思います。

ひとりぼっちマリコ さん

(2021/03/08)

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

やはり原音に忠実

sp2000cpで聞きました

普段はよく比較される事の多いIER-Z1Rで聞いてます。
曲全体の迫力で言うと
IER-Z1R>A8000
と言う感じですが、音の解像度の高さや立ち上がりの速さを比べると
A8000>IER-Z1R
と感じました。

個人的にはIER-Z1Rのヘッドホンで聞いているような包まれる感覚の迫力にSONYの渾身の拘りを感じて選んだのですが、A8000はイヤホンである強みを最大限活かして、細かい音の粒立ちまで綺麗に表現するfinalの拘りに不思議な余裕さを感じました。

もうここまで来ると、どちらのイヤホンの方が良いという問題では無くなり「どっちも欲しい」という状態になってしまいますね(笑)
私はA8000が発売される前にIER-Z1Rを買っていたので購入時に比較する事はありませんでしたが、今からどちらかを買うとなるとかなり迷うと思います。
独自のベリリウム振動板が織りなす楽曲が本来持つスピード感と、finalらしい原音に忠実な表現力が詰まった素晴らしいイヤホンだと思います。

ヨマワル さん

(2021/03/04)

1

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

最高の万能機

全ての要素が高得点にまとまっていて、弱点らしい弱点を感じませんでした。
音の繋がりもとても自然です。
他のイヤホンだと刺さるような高音も上手く処理して聴きやすくしてくれますし、キレよくタイトな低音も素晴らしいです。
どのジャンルもオールマイティに鳴らしてくれますが、私的には特にテンポの早めのロックが心地良く聴けると感じました。
耳へのフィット感も私的にはグッド。

finalのフラグシップに相応しい名機かと思います。

アルルカン さん

(2021/03/03)

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

一つの答え

筐体は鏡面仕上げの関係で汚れや傷がどうしても目立つ
しかし、それは価格相応の見た目を演出するためとも言えよう
音はレスポンスが非常によく、自然に聞くことができる
音楽を頭振って楽しむような物ではなく、落ち着いて優雅に捉えるモノとなっている。
価格帯的に掴みづらいが、試聴して納得できたのならば持っていて良いイヤホンと言えよう

cork RO さん

(2021/03/03)

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

最高

結構値が張って迷ったけど買って後悔はない。
どの音楽を聴いてもすごく楽しい。
素人耳で差なんてわかんないんじゃないかと思ったけど他との差は歴然。素人耳でもびっくりするほどに良い。今のところ一番満足してる

たくそ さん

(2021/03/01)

1

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

淡白を極めた結果の表現力

個人的に、finalのメジャーな製品に共通する余韻が少ない低音(タイトで正確とも言える)によって、スネアなどの音が耳に刺さるような感覚があり、自身の耳と相性が悪くこのA8000も食わず嫌いしていました。

そうした先入観のもとで聞いた本機の第一印象もそれほど良いものではなく、淡々としていて情緒がない、と言ったものでした。finalらしく、スネアが耳に痛い。
しかし、しばらく様々な音源を聴いているうちに、評価は鰻登りに上昇していきました。
まず、単純に性能が高い。解像度、音場、定位感どれを取っても最高クラスで纏っているのです。演者の息遣いまで正確に聞き取れる解像感、やや縦よりだが全体的に広い音場、左右と奥行きが明確にわかる定位。

ただこの辺りについて言えばこの価格帯だといずれの機種も高くて普通。本機がすごいのはそこに余分なものを一切入れない正確さなのです。

本機が音に色付けすることがないため、曲によってガラッと出す音が変わります。同じ楽器が違う鳴り方をしている、ということに気づかせてくれます。音源との相性の良し悪しというものが存在しない。ただひたすら淡々と録音された音を流すだけ。それがいい。

第一印象で淡白な音だ、と思ったことは間違いではなかったようです。イヤホンそのものがつける音色は至って淡白。何の面白みもありません。
しかし、その正確な音出しが高い性能の下で行われた結果、演者の意図を正確に伝える高い表現力に直結していました。
これは凄い、面白いなと思いました。

りたる さん

(2021/03/01)

2

満足度

4.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

オンリーワンって、こういう製品なんだな。

発売から2年遅れで購入しました。いまだに高値で売ってるあたり、強気な姿勢を崩す必要のない製品なんだな~と思います。何故、こんなに遅れて購入したかと言うと、Final Audioの従来の製品が(イヤホンもヘッドホンも)皆クセの強い製品でしたので、じっくり聞いてみないと、これだけ高価な製品の購入に踏み切れなかったためです。ちなみに、Final AudioのイヤホンはHeavenシリーズ、F7200、Make 1、A4000と購入してきて、全て一癖も二癖もある製品でした。(高音特化や響きに特徴ありとか)
A8000の音については感じたことですが、皆様が仰られるとおり、先ず「綺麗だなぁ」と思いました。出音については音場の広さや解像度、キレも申し分なく、個人的に有線イヤホンの中では一番バランスが良いと評価してます。特徴あるFinal Audio製イヤホンの中では、最も個性のない方向性ですが、試聴では分かりづらい基礎のしっかりとした音作りを感じた時、A8000に感服しました。
若干装着感が甘く若干重さもあるため、外部の音に対する遮音だけが弱点に思えます。歩きながら外部で使うよりかは、自宅や比較的静かな新幹線の中なので、じっくり音楽に浸るのに最適です。外部の音が煩い場所では、このイヤホンの特徴を生かせないかな…と思います。一聴して誰もが綺麗な音と感じられるUnique Melody Marverickなどの方が、外出ではいいでしょう。
気になることがもう一つ。シェルに付着する指紋です。絶えずイヤホンを拭いてますw
入院するにあたり、1個だけ持っていくことができるイヤホンという状況ならば、A8000一本持っていけば、入院中は安泰に過ごせるでしょう。

TK1103MKII さん

(2021/02/07)

1

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

究極の"普通"

海外の有名オーディオブランドは殆どが分かりやすい特徴(高音のキラキラ感や低音の量感・質)がある物が多いですが、そういったイヤホンに慣れた耳には初めのうちは良さが分かりづらいイヤホンです
録音された曲を「正しく、届けるべき音を鳴らすことができる」イヤホンがこのA8000です
私自身、最初に聴いた時としばらく経ってから聴き直した時では印象がまるで違っていました
正直初めて聴いた時は「何だこのつまらない音は…」という感想でしたがその後聴いた時には衝撃を受けたのを覚えています
それまでBA機ばかり聴いていた自分には音のまとまりがまず素晴らしく感じましたし、高音寄りのチューニングではありますがDD機ということもあり低音もしっかり出ています
中高音に比べると迫力には欠けますが間違いなく素晴らしい質です
正直、A8000より高いイヤホンは数あれど同じ音は他のメーカー、ブランドでは出せないでしょう
唯一無二の音です
A8000さえ持ってれば、イヤホンは他にいらないと言っても過言ではないでしょう
それだけ完成度が異常なのです
聴いたことのない方は是非とも一聴して頂けると私のこの興奮が分かっていただけると思います

10_0o さん

(2021/01/17)

1

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

至極の「普通」

全体的に優等生の上の生徒会長みたい。この一本でイヤホン沼が終了する方も多いと思います。
アンプに繋ぐと変化がわかるので、いろいろ楽しめるのではないでしょうか。
この値段ですが、いい商品だと思いますよ。

にこちゃん さん

(2021/01/05)

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

初めてのハイエンドイヤホン

昔からboseなどのイヤホン、ヘッドホンを使っていて
こまめに買い替えなどをしていました。
数か月前に2wayスピーカーをもらい聞き、こんな音もあるんだと感動してから
dacやアンプなどそろえてきました。そして一生とは言わずとも5、6年持ってくれそうなイヤホン(ヘッドホンだと髪が崩れそうなので)を探していました。
イヤホンにかけすぎではと思いましたが、試聴して即買いました(笑)
使っていた数万円のイヤホンヘッドホンとはレベルが違いました。
ほんとの音ってこうなんだと教えてくれました。
音の傾向としては
満遍なくなっている印象です、特にどこかが飛び出ているわけでもなく普遍的です。
ただ音がクリアで鮮明でシンバルのくっきりした音やピアノの伸び艶やかとでも言いうのでしょうか聞いてて楽しいです。ただEDM系の電子音がたくさん一気にくると情報量が多く少し戸惑いました。あと曲の質(ハイレゾか否かというより録音の時点)
によりこもった音や音が崩れていたりなどはありました。
このイヤホンは純粋に録音から耳に聞くまでそのまま届けるイメージですが
iphoneなどで聞いてもかなり繊細に心地よく聞かせてくれます。
いろんな曲を程よくならしてくれるいいイヤホンです。
それが仇となりドンシャリなどの特徴的なサウンドではないです。
それでもこの買い物には満足しています。
欲を言うなら最近よく見るプラグだけ交換できるようしてほしかった。
あと一つ、遮音性についてですがあるにはあります、
比べるのもどうかと思いますがbose qc earbodsの
外音取り込みモードの感度が落ちた感じです。
結論を言いますと、オーディオ初心者の僕でも違いがわかるいいイヤホンです。
中古で10万ちょいなので新品が高くても購入候補からは外さないほうがいいと思います。

てくん さん

(2021/01/04)

1

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

気長に付き合う必要あり

他の方が書かれている様にすばらしいイヤホンです。
メタル、ロックなど情報量が多い曲にとても合います。
一点付け加えたいのが、低音がしっかり出るまでに時間が必要という事です。
自分は半年程使用してようやく量がでてきました。(数百時間は鳴らしています)
同じく高域も少し落ち着き更に使いやすくなりました。
良いイヤホンなのは間違いないので気長に付き合ってあげてください。

えぬ さん

(2020/12/23)

2

満足度

5.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

音がとても速い

購入してもうすぐ1年になります。

ずっとこちらを使用してきて感じることは、やはり音の立ち上がりと立ち下がりがとても速いことです。他のイヤホンで聞くと、なんだか音楽がもたついて聞こえます。これがこのイヤホンの最大の特徴だと感じています。

音の鳴り方は自然で、とてもきれいです。

唯一気になるのが、(個人的に)低音域の量感が少なめなことです。私が主に聞くジャンルはロックであり、歯切れよく軽快に鳴らしてくれるのですが、もっと低域や迫力が欲しいなと思うことがあります。リケーブルやDAPで改善を試みていますが、なかなか自分の満足いく量感にならないので、これが満足度を0.5下げた理由です。

イヤホンを変えることも検討しているのですが、しかし、この速くて自然な音は捨てがたいので、悩ましいところです。

タケティ さん

(2020/12/19)

2

満足度

4.5

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

本当の普通

初めて試聴したときは何がすごいのか全然わかりませんでした。しかし、少し聞いてみると音の広がり方がホールと同じようなかんじでイヤホンでここまで自然な音の雰囲気を出せるのかと驚きました。値段もあるかもしれませんが、どこか尖った音があるわけでもなく、自然な音なので器楽が合うと思います。音楽の仕事をされている方にモニター用としておすすめできるかもしれません。

Ryou さん

(2020/12/12)

満足度

4.0

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

流石としか

流石としか言い様がありません、とても素晴らしいです。

ノン さん

(2020/08/21)

満足度

5.0

高音の質

4.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

一聴してズキュン

HA-FW10000を使っていてホールで聴いているかのような素晴らしさにこれを超えるものはねぇと思っていました。
本製品の発売前後の頃、レビューを見ていても心が動かされることはなかったのですが、1月ほど前にザッピングしていた際にいろんなレビューを見直して気になり試聴した途端、ズキュンと撃ち抜かれました。
それからA8000 との蜜月の日々です。
ボーカルを最近聴いていますが解像度の高さはやはりダントツです。
高音の響きやホール感はHA-FW10000に劣りますが、それが何か?と王道の音が染みてきます。
未だHA-FW10000はお休み中です。

yas さん

(2020/08/20)

1

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

3.5

音漏耐性

無評価

color:規格なし

新鮮で臨場感あるイヤホン

【環境】
ポータブルプレイヤー:iBasso Audio DX220 MAX
リケーブル:ALO audio SXC 8 IEM Cable MMCX-4.4mm
イヤーピース:JVC スパイラルドット++
音源:mora qualitas
【コメント】
このイヤホンの特筆する特徴は、音の立ち上がりが鋭く・速く、全体帯域が同時に聞こえることです。
音の立ち上がりが速く鋭く曲がパッと始まり、聞いている音が終わる前に次の音が聞こえてくる感じがして、とてもスピード感及び推進力・高揚感があります。
曲のスピードは同じなはずなのに、他のイヤホンで聞くより曲のスピートが早い感じがします。
通常、スピーカーから発する低音はごくわずかながら遅れて聞こえてくるものですが、
低音のほうが早く聞こえることがあるくらいで、全体帯域が同時にそろって聞こえて音楽の調和が素晴らしく綺麗です。
これらのことが新鮮な感じの音となり、生演奏を聴いているかのような臨場感(高揚感)がある音につながっていると思います。
音質は、購入当初からリケーブルして使用しているため差し控えますが、使用する音源及びプレーヤー・ケーブル等の良い特徴を引き出してくれる
とても優秀なイヤホンと思います。

masa さん

(2020/08/15)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

大変です

購入に至るまで、何回このページを開いたか?第一印象、高いなです。でも、気になって購入することとなりました。
ソニーのZ1,純正ケーブルテレビでバランス接続です。先ずは、気になる点、あまりにもツルツルでしっかりしと、掴めません。年齢のせいかな?純正ケーブルなのにどうして、どうして端子がしっかりはまってくれないの?これもまた、年のせいかな?
次に聞いた感じ、女性ボーカル、ブレスも聴きとれて、とても魅力的、有名なピアノトリオ、アドリブ時、唸り声が、クッキリ。シンバルが綺麗。低音がブーミーにならず、小さな音がマスキングされず聴きとれる。
多分、このイアフォンは足し算、掛け算で作られたじゃないと思うね。低音が足りないとか、色々とあると思います。でも、何故か、これで、音楽聴いてます。多分、他のイアフォンの比較対象機種になるのかな。
イーイヤフォンさんに、お願い致します。EARの対象機種にしてください。そしたら、梅田に又、行きます。
迷ったら、中古品でも、買ってみたほうがいいですよ。

hasemi さん

(2020/06/19)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

万能のイヤホン

【環境】
Astel&Kern SA700-Final 3.5mmシルバーケーブル-A8000
【評価】
オーディオ沼浅めの者ですので、音質等の評価は力不足故詳細は語れませんが、語るとすれば別用途でFinal B3も使用してるので其方と比較してもかなりのレベルが違います。
楽器の細かな音はB3が頑張っている印象ですがそれ以外、特に解像度というか純粋に『音の綺麗さ』がB3と圧倒的に異なります。音の響きといい余韻といい意識して聴かなければならないディティールではなく音源を流すだけで理解できる部分だけでその意味が分かると思います。他レビューでも散見される『癖のないリファレンスな音』も同じく聴くだけで理解できます。どんなジャンルの音楽を聴いても非常に満足度の高いリスニングとなるでしょう。私は主にアニソンとロックを嗜みますが、やはり聴いていて満足感に満たされます。
装着性はハウジングの部分がやや大きく、また形状が角ばっている為、購入前に一度装着して確かめることをお勧めします、私はすんなり装着できました。
遮音性はシュアのような『塞いでいる』ような装着感ではない為、それに比べれば低めですが、イヤーピースで何とかなる範囲です。
音漏れは自己評価出来かねますので省略します。
外見はステンレススチールの鏡面加工仕上げで非常に所有欲を満たす逸品となっております。私も最初はその外見で購入候補に入れた程です。
付属品のアクセサリーは至極一般的で十分なものですが、ケースの仕切りはハウジングに傷がつきにくくなる様配慮を感じられてポイント高めです。
最後に総評としては、非常に高価な製品ではありますが、予算に上限がないのであれば、是非試聴の上の購入候補に入れて頂きたい逸品です。

金属推し さん

(2020/05/28)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

3.0

音漏耐性

無評価

color:規格なし