• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

13の商品が見つかりました。  1-13件を表示

Artio

CR-V1

総合満足度

4.5

高音の質

4.4

中音の質

4.2

低音の質

4.1

細やかさ

4.2

迫力

3.9

音場

4.9

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

シンプルに音がいい

まず、このイヤホンは電気的に特殊な操作をしていますが、その前にイヤホンとしての基礎的な部分で優れていると思います。タイトで力強い低音から煌びやかな高音まで、帯域バランスは良好です。音は硬質でクリアな透明感のある印象です。少し派手目で聞いていて気持ちが良いですね。
その上で「WARPシステム」の効果が生きていると思います。音が頭の周りを取り囲むように広がって臨場感があります。ヴォーカルは顔の前面のあたりに定位します。少し遠くなるので、耳元でヴォーカルを楽しむ方向ではありません。私はCOWON PLENUEシリーズのJet Effectの効果と似ていると思いました。電気信号を操作するのはピュアオーディオ的ではないかもしれませんが、元々、イヤホンで音楽を聴くということが自然な音を聞くことからはかけ離れているので、こういった意欲的な試みは面白いと思います。
なお、ケーブルやプラグ、ハウジングなどのビルドクオリティは非常に高いです。筐体は少し大きめ重めですが、耳掛けすれば装着感は良好でした。(私は耳は大柄な方です)
シンプルに音が良いイヤホンとしてお勧めです。

青パンダ さん

(2021/05/03)

1

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

一目(聞)ぼれ

再生環境
①   iPhone6S→Fiio BTR5→本機
②  Huawei 20pro lite→Fiio BTR5→本機
②  それぞれ直刺しと、BTR5によるBluetooth


スピーカーから聴こえたような音と表現されていますが、それは置いておいて買うつもりがなくても聴いてみてください。面白さ抜群です。
音場、迫力
すごく広いです。迫力は言わずもがなです。
装着性
私が不器用なだけかもしれませんが、チタン製なので重さがあり、つけるのに少し手間取ります。しかし、これを着けるときは没入時のみなのであまり気になりません。
総評
クラファンで資金募るだけのことはあり、物凄い技術だと感じました。廉価版のM1や、最近もっと安いS1が出ましたので比較してみても面白いですよ。こちらはオーケストラ向け、M1はロック向けですかね。

おやつ さん

(2020/12/16)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

3.5

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

color:規格なし

こんな聴こえ方のするイヤホンがあったなんて!

昨日、梅田EST店で購入しました。当方、campfire audioのIOも所有しておりますが、クラシック音楽を多く聴くのでもう少し、自然な音を聴かせてくれるイヤホンを探していました。試聴を重ね、店員さんにもアドバイスを頂きながら、たまたまこの機種の横にあった紹介ポップに目が行き、聴いてみたところ、誇張されていない自然な音、広い音場、ふわっと優しい低音が気に入り、ろくに調べもせず購入しました。購入後、改めて見ると、製品自体のビルドクオリティの高さ、イヤホン側に2.5mmのプラグを採用したその接続の安心感(かつリケーブルの誘惑からの解放 笑)など非常に良い製品だと感じました。音も、試聴した時の感想、また色々な方がレビューされている通り、オーケストラを聴くには非常に合った音色で、大満足です。普段、ライブ音源等の生音をよく聴かれる方には、非常にお勧めです。是非、試聴してみて下さい!
最後に、梅田EST店の店員の皆さん、いつも親切・真剣な御対応、アドバイスありがとうございます。おかげでいつも、思ってた商品とは違う商品を買って帰路に着きます笑笑。でもこれが、店長さんが自己紹介で書いておられる゛新しい発見を。。。。゛って事かもしれませんね。 実は、数日前に中古担当のミツ◯ンさんに相談した時、「それじゃ、これはどうですか?」って中古のこの機種を紹介してくれました。その時は、確かに広い音場だなぁぐらいしか思わなかったのでした。で、結局、購入。さすがですね。
また、新しい発見を求め(笑)、試聴に行きます。
ありがとうございました。

洋平ちゃん さん

(2020/10/18)

1

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

なかなかの変わり者イヤホン

まず形状ですが筐体の大きさは大きくも小さくもなく、ただ耳の形によっては少し乗っかってしまう感じになるかもしれません。
デザインも好みが別れると思いますが、筐体の銀色カラーは鏡面仕上げという訳では無いのでかなり落ち着いた色合いになっています。

そして音ですが、なんと言ってもやはり文句にある通りの音場は広さが第一の特徴だと思います。
迫力がある音という訳ではありませんがとにかく全ての音が一気に押し寄せてくる、そんなイメージ。
階層的か平面的かと言われたら平面的な音でしょう。
価格帯がそもそも違うので比較するべきか迷いましたが、似たようなコンセプトのM360よりも圧倒的に広い分こちらの方が比較的ヘッドホンに近い音なのではないかなと思います。(M360のコンセプトは耳にスピーカーだったのでなんとも言えませんが)
音単体でとるならやはり主張の強いのは高音ですね。
反対に低音は締まったかなりタイトな音を鳴らすので人によっては物足りないと感じるかもしれません。

あざらしP さん

(2020/01/04)

1

満足度

4.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

3.0

細やかさ

4.0

迫力

3.0

音場

5.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

color:規格なし

広大な音場!

クラシック音源で視聴しました。音場がとても広いイヤホンです。本機の最も大きな特徴です。音源的にはコンサートホール等のライブ音源があうと思います。リバーブも感じる事ができます。個人的には解像度もそこそこあり細かい音も拾ってくれるので、クラッシック等の音数が多い音源がオススメです。唯一無二の個性を持ったイヤホンだと思いますので、視聴だけでも是非!

クラシック大好き! さん

(2019/12/27)

満足度

4.0

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

3.5

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

無評価

color:規格なし

うーん

本製品の特徴である音場は確かに広いですが、
定位が好みではなくせっかくの音場を活かしきれていないと感じました。

とびお さん

(2019/12/24)

2

満足度

4.0

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

5.0

遮音性

3.5

音漏耐性

4.0

color:規格なし

確かに音場は広いが…

スピーカーのような音ということで試聴してみると確かに音場は広いなぁと感じました。

と言ってもボーカルは遠いし。うーん…。というのが正直な感想でした。ただ音が遠くから聞こえるのが良いのかと言ったらそうではないというのが実のところでしょう。一方で高域の抜け感は非常に良く、低域の扱い方も上手です。

同社のCU1の方が総合的に優れているとも思いました。もちろん音質の好みがあるので試聴してくださいとしか言えませんが…。

のるん さん

(2019/12/17)

1

満足度

4.5

高音の質

4.0

中音の質

3.5

低音の質

3.5

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

コレはすごい!

音の解像度が高く、高音の抜けがとても良い。
音の広がりが、自分が今まで聴いてきたイヤホンの中でトップクラスでした。
重厚感があり、装着してみるとイヤホンのインパクトが強めでした。
フィット感もよく、長時間聴いていても疲れませんでした。

もっち さん

(2019/12/14)

2

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

「音楽に酔う」というイヤホンでは無さそう…私的に (・・;)

前方定位感としては、なるほどしっかり前面から聞こえるし、広大な音場感は確かに素晴らしい…が、空間表現としては、無駄に左右に広がってサウンドとして…まとまりが無い感じで、ちょっと寂しいです (泣)

それに音の分離感が高い故に、結果的に必要以上に楽器の溶け合う響きが損なわれており、ボーカルやアコースティック楽器も、やや不自然な…なんとなく金属音的な鳴り方が、どうしても受け入れられませんでした (汗)

残念ながら、私個人的には、音色や楽器の質感が (装着感も含め) 好みではなかったですね。

広い音場感で、どこか浮遊感の漂うサウンドが面白いと感じて、「とても良き!」とする方もいらっしゃるかと思うけど…私的にはなんか乗り物酔いした時の気持ち悪さがつきまとって、「音楽に酔うという感じ」には、到底至りませんし、そんな風には聴こえませんでした (泣)

スピーカーサウンドと言っても、モニター系SP、リスニング系SP、プックシェルフ型SP、バックロードホーン型SP、大型システムSP…果てはコンサート会場のPA に至るまで「スピーカーの音」は様々ですから…どれに近いサウンドをイヤホンで実現しているのか?…是非、開発・設計者の方に聞いてみたい!…モノですね (汗)

※ 個人的には、比較的大きな映画館で聴くSPに近い感じで…音楽を楽しむイヤホンとはちょっと異質なサウンドかなって感じました(きっと派手なアクション映画やSFXなんかを大画面で見る時には、きっと合うかもしれませんね)。

◯ 使用環境は次の通り

(1) iMac → audioquest - USB CINNAMON2 (0.75m) → Astell&Kern ACRO L1000 → Artio CR-V1

(2) iMac → audioquest CINNAMON (0.75m光ケーブル) TOSLINK to 3.5mm Mini → RHA Dacamp L1 → Artio CR-V1

(3) iMac → AIM電子 SHIELDIO UM1 USB A-Micro B (1.0m) → CHORD Mojo → Artio CR-V1

(4) MacBook Pro → Artio CR-V1 (直挿し)

(5) MacBook Pro → audioquest CINNAMON (0.75m光ケーブル) TOSLINK to 3.5mm Mini → RHA Dacamp L1 → Artio CR-V1

(6) iPad Pro → Artio CR-V1 (直挿し)

(7) iPad Pro → FURUTECH ADL GT8-A-0.18m (Lightningケーブル) → OPPO HA-2 SE → Artio CR-V1

鼠色の子猫 さん

(2019/12/13)

2

満足度

1.5

高音の質

3.0

中音の質

3.0

低音の質

3.5

細やかさ

3.0

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

2.5

音漏耐性

3.0

color:規格なし

今年のベストバイ

久しぶりに「すごく良い!」と思えるイヤホンでした。
まず中高音がキレイで奥行きも感じられる気持ちの良いイヤホンというのが第一印象、さらに200時間位鳴らし込みましたが印象は変わらずに音の定位や解像感、音場の広さをより感じるようになりヴォーカルのハモりなんかは本当に気持ちいいですね!
マイナス点としては低音が弱いと感じる人もいるんじゃないかな?という所と遮音性の低さでしょうか。個人的にはどちらも気にならなかったのですが外使いメインの方は試聴してからの購入をオススメします。

ビターオレンジ さん

(2019/12/07)

1

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

3.0

音場

5.0

遮音性

3.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

スピーカーにより近い音の広がりと解像度

クラウドファンディングにてかなり気になり試聴機が出た瞬間すぐに聴きました!
驚いたのが、音がどこまでも広がり目を閉じたらステージで聴いているかのようでした。
また帯域バランスが良く、同社のCR-M1よりも解像度が高め(音の立ち上がりが速い)だなという印象を受けました!
楽しく聴ける音場。今までここまで面白い音がないといえるほどの衝撃を受けました!
間違いなく値段以上の最高の製品だと思います。

ロクサス さん

(2019/12/06)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

2.5

音漏耐性

3.0

color:規格なし

これまでにない体験!

クラウドファンディングで購入しました。Ar:tioの製品はCU1も所有していて気に入っていたので、この商品も気になりました。試聴してみたところ、前作で気になっていたところ、中高域のもやがかかったようなもどかしさが払拭されて非常にクリアに聞こえました。つくりも良く、モノとしての存在感もあって、購入を決めました。

まずはつけ心地ですが、耳掛けに慣れている人ならすんなり装着出来ると思います。ハマりやすい部類です。ただ、筐体の重さと、それを支持している場所の少なさで、動くとはずれやすくなっています。IEMの場合、少し外れただけでも低音が抜けてしまいます。この辺はイヤーチップ頼みなのかなと思います。耳穴への圧迫感は我慢して、ダブルフランジを使って対処しています。これで、安定するようになりました。

音ですが、特に高音がクリアでくっきり聞こえます。ここが購入の一番のポイントでした。女性ボーカルの声が、ずっとはっきり聞こえます。低音は、響きも少なく量も控えめ。特に環境音のある出先での使用では、埋もれてしまいます。ダイナミック型ですので、エイジングが進めば伸びてくる可能性はありますが、響きが加わることは無いでしょう。

音質面での一番の欠点は、高音の、上の方が強すぎるところ。そのせいで、高周波の含まれるパーカッションの打撃音が、前面に出てきてしまいます。そうなると、メインの周波数帯が奥に引っ込んで、音楽に没頭出来なくなります。いったい何を聞かされてるのか・・・チューニングの失敗かなと思えるほどです。ここは、イコライザーで一番上の所を下げることで対処しました。これで、ずっと良くなります。イコライザーの無いDAPで、ドラムセットのある音楽を聴く場合、正直本機はオススメ出来ません。

筐体由来の響きが少ないのも特徴です。音源そのものの響きを素直に聴くことになります。レスポンスが良く、素朴な音ということになりましょうか。女性ボーカルはくっきりしてますが、逆に、艶のような物を感じることも少ないです。これはただ、次に述べる本機最大の特徴とのトレードオフという事になるかもわかりません。

WARPシステム、この恩恵を最大限に得られるのがオーケストラやライブ音源です。カラヤン指揮のベートーヴェン第五交響曲を聴いたとき、はっとさせられました。楽器の位置、ホールの奥行き、なにかその場所が目に見えるようです。自分の場合、そこそこのIEMでも、楽器が近いか遠いかわかる程度でした。これは格が違います。二次元どころか、一気に三次元の世界です。その後、ラフマニノフのピアノ協奏曲やブルックナーの交響曲を聴いてみましたが、やはり「目に見えて」違います。ライブ音源ではchemical brothersの「DON'T THINK」を聴きましたが、本当にリアルで、会場と一体化出来ます。気持ちいい。

空間表現のものすごさ。WARPシステムに加え、よけいな響きが少ないことも、この特徴を後押ししているのでしょう。スタジオ録音ではそこまでの恩恵はありませんが、時折、女性ボーカルが耳元で歌っているような気がしてハッとしたり、やはりchmical brothersのアルバムに蜂が飛んでいるサンプル音を使っているものがあるのですが、それまで右から左へとワープしていたのが、頭の後ろを飛び回っている感じに再現されたりと、臨場感については他の追随を許しません。

ただ、様々なジャンルの音楽を聴いていくと、低音から中音にかけての量感の乏しさと、潤いの無さとが少し寂しく感じられてきます。・・・全体的なバランスを少しリスニング方向に調整して、ずれにくいよう着け心地が改良されれば、もっと幅広く使えるイヤホンになるかと思います。

静かな場所でしか本領を発揮出来なかったりと、万人向けとは言いがたいですが、臨場感を重視される方にはオススメ出来ます。とくに、オーケストラやライブ録音では新しい体験ができます。それらを聴かれる方は、これを使わないでいる手はありません。

ひだりうま さん

(2019/11/16)

2

満足度

4.0

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

完全ワイヤレスにいこうかと思っていたけどやめた!

クラウドファンディングで一足早く手に入れました。いろんな新しい技術の解説を前もって頭に入れて聞きましたが、全くその通りの音です。耳の中で鳴っていたのが、目の前数センチの所に移動し、澄みきった音に僅かにリバーブ感があります。今まで聞いた機種とは明らかに違う独特の空気感。いや、こちらの方が自然なのか?完全ワイヤレスにいこうとしていましたがやめます。ワイヤレスにこの音、まだ無理でしょ!イヤピースですが、ハウジングが大きいせいか、いつもよりワンサイズ大きいものがフィットしました。4万円の予算が許せば、即予約!

しょうやん さん

(2019/10/29)

5

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし