• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

1の商品が見つかりました。  1-1件を表示

CHORD

Qutest

総合満足度

4.5

いい音のCD判別マシン!

満をじしての初CHORD製品。
メインで聴いているCDシステム拡張のため購入しました。

CD再生の鍵はデュアルDACであると結論しましたが、
これがなかなかに据え置きを探すのは難しく、
あっても中華製。
どこぞの中華メーカー品のデュアルDACを渋々使っていましたが、
オーディオファイル向けのステレオサウンド誌で、
本機が紹介されていまして、ボーナスも貰ったので、
購入を決意。

環境的には、CDプレーヤーはデノンDCD-1500RE、
ヘッドフォンアンプはソニーのTA-ZH1ES M。
この↑間に、同軸ケーブル接続で本機をかます感じです。
ヘッドフォンアンプとの接続に使うRCAケーブルはキンバーです。
ヘッドフォンはテクニクスEAH-T700(デジタル再生に最適)を、
やはりキンバーケーブルでバランス接続。

以上の環境でCDを再生したところ、
最初の内は正直、中華製デュアルDACと、
そんなに変わんないんじゃないかと疑問視してましたが、
落ち着いてお気に入りの録音のいい(と思っている)CDを20枚ほど聴いていけば、
あれ、あれれれ、続々と離脱していくじゃないですか。
残ったのは5枚。
相性のいい良いジャンルはジャズとポピュラーでした。
※クラシックは室内楽は意外にもダメ、ライブ録音のオーケストラが得意のようです。

特にジャズ。
普通に音質に優れているOJCが、
さらに厳選されていく感じです。
OJCではないですがマイルス『カインド・オブ・ブルー』の
ピッチが間違っている初期盤や、
コルトレーン『ブルー・トレイン』初期盤も、
のけ反りました。

ポピュラーでは、ベビメタのライブ盤、
アイアン・メイデンのライブ盤なんかが、
音場が広く聞こえてきて驚きました。
アニソンだと堀江由衣さんの1stが
とても分離の良い音で聞こえました。

こんな感じで本機をCDプレーヤー環境に組み込んだ場合、、
いい音のCD判別マシンになりますね。
最終結論に極めて近い判別機能だと思います。

ただ、ハイレゾ再生メインだとどうなんでしょう。
オーバースペックのような気もします。

とはいえ、ポータブル環境に興味は失せ、
据え置きメインにオーディオを楽しみたい方は、
本機はまず間違いのない選択になると思います。

My face is finished さん

(2018/07/06)

満足度

4.5

color:規格なし