• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

1の商品が見つかりました。  1-1件を表示

GRADO

RS2e

総合満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

3.5

遮音性

0.5

音漏耐性

0.5

なるほど、

同じ価格帯でPS500eという同メーカーのヘッドホンがあるのですがかなり方向性が違うものなのですね。
GRADOのヘッドホンはどの製品もGRADOらしい音作りなのですが、シリーズによってやはりコンセプトを持って作ってますね。
SR325eの音が好きな人はおそらく主にロックを聴いてるのだとは思いますが、この製品はロックでは最高のパフォーマンスを出せないと感じました。
ロックやEDM、アニソンがメインであればPS500eの方でしょう。
こちらはどちらかというとアコースティックもの、クラシックに合うと思いましたね。
ヘッドホンのデザインがどれも同じなのですが、ハウジングのイメージ通りですね。
PS500eはアルミ、こちらは木製ハウジング、
音に暖かみがありますね。
解像度や音場はどちらもそれ程差がないように思いました。
しかし、完全に好みが分かれます。
視聴出来る環境があまりにも少ないので視聴せずに購入を検討しているかたにはGRADOというメーカーの音の傾向を知るために価格の比較的安い、SR325eかSR225eをおすすめしておきます。
こちらの製品でしたら家電量販店で視聴出来る可能性があります。
どの製品のレビューにも必ず視聴をしてからの購入を、と注意を呼びかけてはいるのですが、GRADOのミドルクラス以上になると非常に難しいのが現実ですので、
それだけ売れていない実態がそうさせていると思うのですが、これ程までに魅力的な製品がこういった状況になっているのも販売店だけでなくユーザーの責任も大きいと思うのです。
売れない製品の在庫を抱えておくわけにはいかない販売店は仕方ないでしょう。
何故音が良いのに売れないか?
カタログスペックの素晴らしいものに飛びついてるユーザーにも責任の一端があるのではないか?
ハイレゾブームなので聴こえもしない音を再生できると優秀なスペックの数値を過大評価してはいまいか?
オーディオ評論家の責任も大きいでしょう、VGP2019が良い例です。
まだ発売されて間もない高額のイヤホンの売却が目立ちます、こういった新製品を早々と売却する方々はおそらく視聴せずに購入した人達であろうと容易に想像がつきます。
何故視聴もせずに高価なイヤホンを購入するか?完成度の高くない製品に金賞など安易に与えてしまうからに他なりません。
実際にレビュー評価を間に受け購入したユーザーはたまったものではありません。
確実に損するとわかっていながら高額なイヤホンの売却が激しいのもそういった背景があります。
特に自分が酷評したあるメーカーのイヤホンの売却が飛び抜けて目立ちます。
中古コーナーに目を通せばわかります。たくさんありますから、
やはり実際に視聴をすべきです。
大手家電量販店でも取り扱いの少ないGRADOのヘッドホンが視聴できるeイヤホンさんはさすがですね。もっと推してくれると嬉しいのですが、笑笑

tam-tam さん

(2019/03/11)

6

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

3.5

遮音性

0.5

音漏耐性

0.5

color:規格なし