• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

24の商品が見つかりました。  1-24件を表示

Chord Electronics

CHORD Mojo 2 Black 【CHO-MOJO2-BLK】【12/25まで!期間限定セール!】

総合満足度

4.5

音質

4.5

携帯性

3.8

バッテリー

3.8

拡張性

3.9

これはもはやHugo2 mini?

店舗で短時間の試聴の感想です。
MojoとHugo2は一時期所有していました。

タップ数が増えたお陰か、一聴してかなりHugo2に近づいたなと感じました。
クリアでSNが良く、全音域が前に迫ってくる音で、外の環境音がうるさい場所でも映える音作りに感じました。
また、バランス接続の必要性を感じさせない左右セパレーションの良さと空間表現にニヤケが止まりませんでした。

UHD DSPは試せませんでしたが、手に入れたら色んなイヤホンやヘッドホンでいじり倒したいですね。

残念な点はPolyとの互換性のためと理解しますが、micro Bが継続された事とラインアウトがなくなった事かな。折角シングルエンド出力が2系統用意されてるので片方をラインアウト専用にしても良かったような気もします。

欲を言えば、iFi xDSD GryphonのようにBTレシーバー機能があれば良かったかも...

ぞくちょ さん

(2022/03/14)

2

満足度

4.0

音質

5.0

携帯性

3.0

バッテリー

3.0

拡張性

4.0

color:規格なし

polyとセットで使いたい

普段から、mojo&poly、Hugo2&2Goをポータブルで使い分けしています。
音質については、ヘッドホン・イヤホンとの相性もあるけれど、mojoと比べてバランスが取れて、Hugo2寄りになったように感じます。
mojo系統は他のポタアンと比べて形状が独特なため、単体での運用は好みではありませんが、polyとセットなら、ちょっと(?)分厚く感じる程度です。
Hugo2&2Goのセットと比べても、イコライザでどんなジャンルも得意分野にしてくれる分、ポータブル運用でのmojo2の満足度が高いです。
ただし、mojo系統は2時間くらいの連続運用でかなり発熱するので、バッテリーが心配になります。
polyとセットで運用する限り、クセに慣れる必要はありますが、セット価格で2倍くらいまでのDAPとも十分勝負できるものと思います。

chichico さん

(2022/03/14)

1

満足度

4.5

音質

4.5

携帯性

4.0

バッテリー

3.0

拡張性

4.0

color:規格なし

純粋に音を楽しむ製品

試聴でのレビューです。

試聴環境
ipad Pro -> Mojo2 -> Vision Ears VE8, IE800

音質は非常に良いです。
女性ヴォーカルの声は非常に生々しく聞こえます。
静寂な環境下から声が出始める瞬間は鳥肌ものです。

音作りは個人的にはフラットなイメージを受けたので、
Mojo2の音が気にいるならあまり楽曲を選ぶこともないのではないかと感じました。

ポータブルアンプですが、現状ドングルのDACが豊富に選べる状況を考えると、どちらかというと据え置きとして使いたいと思いました。

ユウスケ さん

(2022/03/14)

3

満足度

4.5

音質

4.5

携帯性

3.0

バッテリー

3.0

拡張性

3.0

color:規格なし

使い勝手が向上したmojo

USB Type-Cデジタル入力への対応,バッテリ充電システム改良およびミュート機能搭載により,前作と比べて使い勝手が向上しました.
また滑らかな音質と高出力は健在で,音楽に浸りたくなります.

tamagouji さん

(2022/03/14)

1

満足度

4.5

音質

4.5

携帯性

4.5

バッテリー

4.5

拡張性

4.0

color:規格なし

MOJOの進化系

音は基本的に重厚感があり、厚みのある濃い音です。
適度な艶感もあり、合わせるイヤホンにより結構楽しみがありそうでした。

クロスフェード機能やイコライザーなども搭載されていて、楽しく遊べるポタアンだと思います。

イヤホン001 さん

(2022/03/13)

2

満足度

4.0

音質

4.0

携帯性

4.5

バッテリー

5.0

拡張性

4.0

color:規格なし

音質は着実に進化。次はデザインか。

旧mojoのシャープな音に加えて、音の階調が非常に細かく、なめらかになっている印象。イコライザーがかなり細かく調節できるので聴くヘッドホンの特性によって切り替えることができて良い。USB-Cが使えることでAndroidスマホやiPadと聴きやすくなった。

ただデザインがもうちょっとシンプルになれば良いかなと思う。コンパクトで持ち運びしやすいサイズ=人に見られることも多い、と思うので、もうちょっとシンプルでかっこいいデザインになるとさらに持ち運びしやすくなる。

ぽちんき さん

(2022/03/13)

満足度

4.5

音質

4.0

携帯性

2.5

バッテリー

3.5

拡張性

4.5

color:規格なし

前作とは使い分けでもよさそうです

店頭試聴の感想です。
外観については、前作から特徴的なボール部分が小さくなった印象。
ほかにも、USB-Type Cが搭載されたり、進化しているようでした。
音質については、正統進化というより、別路線の方向で考えたほうがよいかもしれません。
以前のモデルがシャキっとした感じだとすると、mojo2はもう少し腰を据えた、音の厚み重視のような感じでした。
イヤホン中心で運用していた人も、mojo2ではポータブルヘッドホンとの組み合わせも面白そうです。
やはり特徴的なビジュアルになっているため、物欲は満たしてくれそうです。
ストリーミングサービスをスマホからデジタルアウトして使うという選択肢ではかなりありなんじゃないかと思います。

R.R さん

(2022/03/13)

満足度

4.0

音質

4.0

携帯性

4.5

バッテリー

4.0

拡張性

3.5

color:規格なし

小型だけど、造りは高品質

ハンドメイドで製造されてるので品質は安心ですね。
デザインは独特な感じですし、好みが分かれそうかな。
バッテリー効率が改善されてて、バッテリー駆動だと8時間
動きます。専門的なことは分かりませんが、小型DACの中では
音質を損なわず、幅広い音源、オーディオ機器と相性良いと思います。

するめ さん

(2022/03/12)

満足度

3.0

音質

4.0

携帯性

4.0

バッテリー

4.0

拡張性

3.0

color:規格なし

ボタンが小さくなったのが意外とつらい

普段スマートフォン+Mojo+PWAudio MOJO TO 4.4で運用しています。
そのままMojo2に置き換えて試聴しました。

携帯性は普段からMojoを使っているので全く苦はありません。
バッテリーもまだMojoが元気なので変化はなく、決してバッテリー持ちが良いとは思いませんが、そこまで長時間連続使用をしないので問題なしです。
拡張性についてはPolyを使う予定がないのでMicroB端子が残ったか…というのはあるものの、現行環境のまま移行できるのでどちらかといえばありがたいです。

音質は高音がかなり鋭くなり、金属音やシンセサイザのシュワっとした音がうるさいくらい聴こえる!というのに驚きました。
中・低音も鮮明になったように感じます。特に低音はどんな音が鳴っているのか聴き取りやすくなりました。
電子音楽を聴く事が多いので、このMojoからの変化はかなり好ましいです。
Mojoからの乗り換えはかなりアリだと思いました。

ただ操作性はかなり難を感じました。機能が強化されて煩雑になった事よりも、単純にボタンが小さくなったのがつらいです。写真で見たよりもかなり小さく感じました。
ボタンの埋まっている筐体の凸凹もかなり狭く、個人差があると思うのですが、指の先端で慎重に押さないといけない感じです。
元々端子構成など個性的な機種ですので、一度は触ってみる事を強くお薦めします。

アクセラレイト さん

(2022/03/12)

満足度

4.5

音質

5.0

携帯性

4.5

バッテリー

4.0

拡張性

4.0

color:規格なし

!?

ぱっと見、前のと見た目かわらんし、バランスまたなし?面白くないな!って思うんだけど、聴いてみるとビックリ。そんなもんいらんわ!って思わされるやつ(笑)2人で聴けるリア充モードもモチロンついてますよ。ぜひ(^^)

sin さん

(2022/03/12)

満足度

3.5

音質

3.5

携帯性

3.0

バッテリー

3.0

拡張性

3.0

color:規格なし

イコライザー(UHD DSP)機能がとても良い

今までDAPのイコライザー機能を使っても自分の思い通りに調整できず、イコライザーをオフにして音楽を聴いていました。
Mojo2にイコライザー機能が付いて発売されることを知り、eイヤホンで試聴させてもらいました。
実際に使ってみて、低域、中低域、中高域、高域の4つの帯域を調整できるのですが、音の劣化を感じず、自然に音を調整できました。

SHURE SE846とSENNHEISER HD660Sを使って試聴しましたが、SE846ではイコライザー無しで高域の抜けが少し悪く感じられたので、中高域、高域を上げてみると、SE846に付属しているノズルをバランスからブライトに変えた時のように違和感なく抜けの良い音になりました。
SE846の場合、低域と高域を調整してもあまり変化を感じませんでした。

HD660Sでは手持ちのDAPと比較して、スカスカな音にならず音に厚みがありました。
また試聴機のiFi xDSD Gryphonと比較して、Mojo2は音が近く、様々な音が解像度高く聞こえ、Gryphonはサウンドステージが広大な印象を受けました。

バランス接続用のケーブルを使いたい場合変換アダプターが必要になる事と、充電端子がUSB Micro-BでUSB-Cに統一できない事以外はポータブルアンプの中でトップクラスだと思います。

こーや さん

(2022/03/11)

満足度

4.5

音質

5.0

携帯性

4.0

バッテリー

無評価

拡張性

3.5

color:規格なし

外に持ち出すのに邪魔なんて言っちゃイカン

特に男性。外出時にできるだけ荷物は少なくしたい気持ちは十分わかる。がしかし出先でこの音質を味わえることを考えたら、このMojoのサイズなんて微々たるもの。

eイヤにお世話になり始めたのは5年ほど前だったと記憶しています。その頃このMojoの初代が発売されて話題になっていました。今日まで絶対的地位を守り続けたMojoが更にグレードアップとなれば、その価値も更にあがることでしょう。

音質の詳しいレビューは皆さんにお任せします。この贅沢な音質を味わえるだけに価格も手軽に手が出せるものではありませんが、これだけの価値と人気を考えると思う存分使った後にも十分なリセールバリューが期待できるはず。ひょっとしたら今一番手堅い先行投資かもしれませんね。

全くマッスル さん

(2022/03/08)

満足度

5.0

音質

5.0

携帯性

4.0

バッテリー

4.5

拡張性

5.0

color:規格なし

やっぱりMojoが好き

初代Mojo購入が日本でリリースされて間も無く、2015年11月。

途中Hugo(Hugo2だったかも)の試聴会があって、かなりグラっときましたが、流石にあのサイズと価格に躊躇して思いとどまった記憶があります。

で、少し前にYouTubeでMojo2のリリースを見つけ、日本での発売はまだ先だろうと思っていたところ、思いのほか早くのリリース。数ヶ月前に、iFi audioのhip-dac 2を購入したこともあって、「とりあえず試聴だけ」のつもりが、デジタル機器の進歩に6年の経過は大きかった。

まだ、購入から1週間と数日。すっかり虜です。で、今朝方ちょっとした不満に出会いました。バッテリー切れの際に、かなり大きな「バチッ」というノイズが出ます。使っていたイヤホンはDUNU studio SA6。高効率のイヤホン繋いでる時は特に注意が必要。バッテリーランプの色が「黄色」の状態で出かけて2時間もちませんでした。音源は、44.1kHz/16bitのFLAC、Polyより先に落ちました。初代Mojoを使っていた時は、Polyの方がバッテリー消費が早い印象でしたので、ちょっと意外。
新しく設定された「menu」は、ディスプレイの無いMojo2にはUI的にどうかな、と思っていましたが、基本的にイコライザーもクロスフィードも使わないし、ですぐに慣れました。初代Mojoにあったラインアウトモードがなくなったのは、ちょっと残念ですが、据え置きアンプに繋ぐ際は、ボリュームLEDの色で判断することにしました。昨今のデジタルカメラの様に、何種類かのカスタム設定を保存できるといいのですが、UI的には厳しいでしょうね。


最近のお気に入りのアルバムは:
Marvin Gaye「What's Going On」(96kHz/24bit MQA)
Melody Gardot「Sunset In The Blue」(96kHz/24bit FLAC)
milet「visions」(48kHz/24bit FLAC)
NO NUKES JAZZ ORCHESTRA「NO NUKES JAZZ ORCHESTRA」(DSD64)
阿部芙蓉美「沈黙の恋人」(44.1kHz/16bit FLAC)
宇多田ヒカル「BADモード」(96kHz/24bit FLAC)
カネコアヤノ「よすが」(48kHz/24bit FLAC)
泣き虫「rendez-vous」(44.1kHz/16bit FLAC)
七尾旅人「リトルメロディ」(44.1kHz/16bit FLAC)

碧 聲 さん

(2022/03/08)

満足度

5.0

音質

5.0

携帯性

4.5

バッテリー

3.0

拡張性

4.5

color:規格なし

超贅沢

DAPは、Astellを使用しております。

端的にいうと非常に迫力が増したイメージです。
ホワイトノイズが気になるというレビューを見かけましたが、自分は気になりませんでした。

音圧が凄くボワつく。なんて事は全くなくクリアで纏まった音を出しながらも
濃厚な楽しめるサウンドに変化します。

金額的には、安くありませんので手が出ませんが間違えなくおすすめできるアンプです。

T さん

(2022/03/07)

満足度

5.0

音質

5.0

携帯性

2.5

バッテリー

無評価

拡張性

5.0

color:規格なし

音はかなりいい。

試聴した感想です。

音質はかなり良く、初代と比べて違いは感じられますが、同価格帯でグリフォンなどが買えることや、初代の中古が35000円以下で買えること、やはりなんやかんや今の時代4.4mmを使えるに越したことはないことを考えるとやや微妙な位置付けになってしまったような気がします。

それに駆動力もかなりあるにヘッドホン用の6.3mmも搭載していないことや、充電端子もtype-cにしたほうがよかったと思います。

音はかなりいいですが上記の点を踏まえると少し不満が残ってしまったのも事実です。
もう少し今の時代に合った製品にできたのではないかと思います。

Mojo3に期待します。

カイザータオ さん

(2022/03/06)

1

満足度

3.5

音質

5.0

携帯性

4.0

バッテリー

4.0

拡張性

4.0

color:規格なし

便利になって復活

音質も良く、バッテリーも負荷が少ないシステムが
追加され安心です。

いえねこ さん

(2022/03/05)

満足度

5.0

音質

5.0

携帯性

無評価

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

color:規格なし

流石の音質

接続方法:XperiaよりのTypeC有線出力
視聴曲:YOASOBI「怪物」、peg「あとのまつり」、ONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」、各種ライブ音源

音質だけでは星5
ハードウェアとしては星4
なので星4.5としました。

音質に関しては言うことがありません。
すべての帯域がバランス良く強調され、音場も広く迫力も増します。
本機はバランス出力がありませんが、必要ないと思えるくらいの分離感・臨場感です。
現行で販売されているポータブルUSBDACの中では音質としては頭一つ抜けていると思います。
もうDAPは要らないと思わせてくれます。

音質以外の面でいうと
本体は小型で軽量はではありますが、厚みはあります。
充電が入力と別れている利点がありますが、充電がmicroUSBという難点があります。
約8万円という金額は@ポータブルUSBDACとしては高額です。しかし、バランス出力が必要ないと思える音質のため、リケーブルの費用が掛からないのはメリットかも知れません。

10万円超のDAPを検討している人には、ぜひとも一度この商品も試してほしいです。

kunpe さん

(2022/03/05)

満足度

4.5

音質

5.0

携帯性

4.0

バッテリー

無評価

拡張性

4.5

color:規格なし

限界も感じる進化

6年半ぶりの後継モデルですが、ボタン部分以外、見た目的にはほとんど初代同様です。ただ何故か前作よりコンパクトに感じられますし、唯一無二の見た目は、質感も相まって個人的にはあまり古さを感じないです。

音質的には、解像度が高いながらも、良い意味で強調された部分のない滑らかな音という印象です。前作は音に迫って解像する感じがありましたが、今作は空間感をより感じられる音作りだと感じました。
多くの人は進化したと感じると思いますが、傾向が異なることもあり、手放しで褒められるほどではないと言うのが正直なところです。

また、デスクトップモードの導入やバッテリーの改善などは嬉しいですが、使い勝手としては初代同様で、USB-Cの充電端子非搭載など、ユーザー目線で言うと痒いところに手が届いていないもどかしさがあります。
初代が当時としては出色だったため、比べると色々な事情による制約ありきで物足りない一方で、chordならではの魅力はまだまだ健在だとも思います。

ooo さん

(2022/03/04)

満足度

4.0

音質

4.5

携帯性

3.5

バッテリー

3.5

拡張性

4.0

color:規格なし

mojo旋風、再び

大ヒットした初代mojoから6年半ぶりの刷新とのことで、早速店舗に足を運び試聴させていただきました。見た目的にはほぼ初代を踏襲しつつも、今回のリニューアルで注目すべき一番のポイントはUSB Type-C端子の搭載だと思います。これにより汎用性が格段にアップし、より幅広い機器に対応できるようになりました。
また、肝心の音質も確実にグレードアップされている印象で、階調豊かでスピード感溢れるサウンドを楽しむことができました(Appleロスレス、Spotify、YouTubeなどで試聴)。
そして新たに19段階ものイコライゼーション機能も搭載されており、より細かい好みを追求することが可能になっています。
初代mojoファンはもちろんのこと、自分のように今回新たに興味を持った新規ユーザーを取り込む訴求力を十分持った製品であると感じました。

HATT さん

(2022/03/02)

満足度

5.0

音質

4.5

携帯性

4.0

バッテリー

4.0

拡張性

4.0

color:規格なし

正統進化しつつ課題も

名古屋にて視聴しました。
前作のmojoに比べ高域の伸びがあるように感じます。
中低域はブラッシュアップしたかなという印象!
3.5mm2個搭載とmicroUSBからの変更がなく残念。

りん さん

(2022/03/01)

満足度

3.5

音質

4.0

携帯性

3.0

バッテリー

3.5

拡張性

2.5

color:規格なし

旧機種を進化させ据え置きモードとしても使えて便利

旧機種と比べて音はHIFIな感じでジャンルを選ばず
どんな曲でもいい音で聴けるような調整だと感じました
イコライザーで各音域の個性付けも出来るように設計されており
どのようなイヤホンヘッドホンでも上手く鳴らせそう
そこそこパワーもあるようで、一部の大型ヘッドホン以外なら鳴らせる
インテリジェントデスクトップモードが追加され
バッテリーレス駆動で据え置きのように使えるのは
現行ライバル機種のIFI AUDIOグリフォンと差別化になっていいんじゃないでしょうか
設定を表示するモニターやバッテリーレス駆動時に使用できる
ACアダプターが付属されていれば満点をあげてもいい出来だと感じました

オク さん

(2022/03/01)

満足度

4.5

音質

4.5

携帯性

4.0

バッテリー

4.5

拡張性

4.0

color:規格なし

確かに音質は素晴らしい

個人的に前作と比べて劇的な変化があったとは感じなかった。
更に洗練されたようなブラッシュアップ感を感じました。

雪だるま3L さん

(2022/03/01)

2

満足度

4.0

音質

4.5

携帯性

3.5

バッテリー

3.5

拡張性

4.0

color:規格なし

過去製品に引っ張られた仕様

あいかわらずのmicroUSB端子、個人的には使い道のないシングルエンド×2端子仕様がご愛敬というくらい音質向上しています。
前作からの正当進化というよりは、音は丁寧に繊細に描き出すキャラクターになった印象を受けました。

機能面は進化していて、HD品質の信号処理、とくにHD品質でイコライザーを使えることと、クロスフィード機能が搭載されているのがツボでした。

BABYMETALGEAR さん

(2022/03/01)

満足度

4.0

音質

4.5

携帯性

5.0

バッテリー

4.5

拡張性

3.0

color:規格なし

待ちに待った後継機

mojoが数年ぶりにモデルチェンジしました。
従来に比べてEQやボタンロックなど嬉しい機能が追加されました。
もちろん音質もアップ。
USB-Cが付いたことで最新のスマホとの接続もしやすくなりました。
また従来の端子もついているのでpolyとのドッキングもmojo同様に可能となっています。
バッテリーの持ちも良くなりより隙のないモデルに生まれ変わりました。
非常にオススメです。

天玉うどん さん

(2022/03/01)

1

満足度

4.0

音質

4.5

携帯性

4.0

バッテリー

4.0

拡張性

4.0

color:規格なし