• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

2の商品が見つかりました。  1-2件を表示

NUARL

N6 mini series2 SE

総合満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.8

細やかさ

5.0

迫力

4.3

音場

4.3

遮音性

4.3

音漏耐性

4.0

ただの寝ホン用のつもりが・・これならメイン使用もあり!です。

初代miniも寝ホン用として愛用していましたが、外での使用時にケースごと道脇の側溝に落としサヨナラしました。縁が無かったのかと諦めましたがやはり寝ホン用途は欲しい!と2SEに食指が動き購入しました。
以下、稚拙な感想です。

・安っぽくない上品なカラー。
前作もカッパーの色味が大人の男性の使用にも耐え得るカラーで気に入ってました。今回新色"ロイヤルブルー"と"シルバーホワイト"、ギリギリまで悩みましたが公式サイトでモデル女性の装着姿を見て"抜け感"のある白は確かに爽やかで良いがブルーの肌馴染みの良さが気に入りブルーに決めました。結果正解だったと思います。原色を塗りたくったようなチープさが無く、マットと艶感を織り交ぜたハウジングの造り、プラスチックと思えない上質感があります。
・"小さい事"は"大きい事"です。
Pro2のレビューでも言いましたが「スタイリッシュな筐体デザインとスタイリッシュな装着姿は比例しない」。Pro2は一見とてもスタイリッシュで好きでしたが少し耳から浮いた見た目がとうとう馴染めなかったのですが2SEはまさにスタイリッシュ!正面から見ても全然浮いてないし、横から見ても耳の淵のなかに収まってやはり完成された良いデザインです。
筐体のモジュール化はされてないようですがよくぞHDSSも搭載し小さな筐体に高い技術を詰め込む、しかもロングバッテリー(単体で8時間、ケース込みで32時間)はありがたい!改めて"小さい"ことは"大きい"ことを実感しました。
不謹慎と思われるかもしれませんが、昼食後やデスクワークに煮詰まった時ソファにゴロ寝して30分ほどの仮眠を取るのを習慣にしている者にとって寝ホンで音楽視聴ができる、は大きな要素です。

・一聴してその音の良さに驚きました。
単にクリアと言うより"音が澄んでいる!"
箱出し状態でも「えっこれってN6Pro?」と一瞬戸惑いと驚きを感じました。
おそらくブラインドテストでこれを6Proだよ、と言っても疑わない方も結構いるのではないでしょうか。
もちろんよーく聞き比べると広さや余韻、そして音のゆとり感は6Pro、6Pro2が上だとは思います。
前作miniがメリハリがありつつエネルギッシュな音作りながらも高域がシャカシャカして少し窮屈さがありました。ちょっとチープな音、と言いますか。それでも小さい故の使い勝手の良さは気に入っていました。
しかしこのmini2SEは見通しも良くなり奥行きも出て変に強調した高域でないのに落ち着きと綺麗さが両立しています。
そしてこの低音、ドスっドスっともブンブンとも違う"タン!"とキレもあって沈み込みも感じるやはり上品な低音。そしてベースの量感も増した気がします。
おそらくこの低音にN6Proとの共通性を感じたのかもしれません。

・微妙な点
を粗探しの如くじっくり探しましたがこれと言った短所がありません。
強いて上げるならアルミで上質感のあるケース、蓋を開けて筐体を取り出すとパタン、パタンと倒れてなかなか落ち着きません。まあ、これだけ軽ければ重心バランスが崩れて倒れるのもやむなし、と前作でも感じた事なので致し方のない事ですね。蓋自体がパタンとしないのは6Pro2よりポイント高いです。

・総評
正直今までの殆どが箱出し二、三時間のファーストインプレッションで特にN6Pro2は「NUARL史上最高音質を求めて」の言葉を必要以上に誇大に受け止め期待値を上げすぎたばかりにエージングもしない状態を感情的な気持ちと辛辣な言葉で並べ立てたレビューを投稿した事を自分なりに反省し、このminiSE2に関しては一応30時間を目処に鳴らし込んで聴いてからの感想を述べました。
極めて個人的な私見ですが本機は今年度のTWSベストランキングに入れても恥ずかしくないプロダクトだと思います。
耳穴にBlockEar +で深めに入れるため(本当は苦手なのですが)パッシブの遮音性もあるのでANCの換装も必要としません。外音取り込みはホワイトノイズ多めであまりレベルが高いとは言いませんがこの小ささの中に付けてくれたそのものを評したいと思います。
確かにNUARLというブランドイメージを勝手に決めつけるのはいかがなものか、ですね。いろいろなものがあって良いと思います。
4万前後のハイエンド機でも機能の欠如、不具合が当然の如くある中で、こんなにミニマムでエントリー機レベルの価格なのに2万クラスのハイエンド機にも劣らない音質、ソースに忠実な描写、タップだけで完結する操作系を実現してくれるので苦言を呈しつつもNUARLは嫌いになれない、気になるブランドだと思います。
Jazz/Fusion、JPop、Rock、R&B、インスト系もヴォーカルものどちらも聴きましたが不得意な分野はあまり感じませんでした。できたら前作のカッパーでなく、N6Proのレッドカッパーを再現してもらえたら追加で購入したいですね。
寝ホン用途で購入しましたが、メイン機の座を譲っても不思議でないくらい高い完成度です(けどやはりGeminiが一番は揺らがないかな笑)。
満足度では(現時点で)本年度1位です。

issy さん

(2021/09/14)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:ロイヤルブルー

初代miniとは異なるキャラクター

初代N6 miniを使用して満足度が高かったことから今回2SEも購入してみました。
初代はN6と同じドライバー構成だったものが2SEはN6 proのドライバーへ変更されているため、初代と2SEではキャラクターが異なります。
初代は高音域が煌びやかな派手目な印象で、低音域はアタック感が強く、元気なサウンドです。
対して2SEは高音域の明瞭さは維持しつつも落ち着いた印象で、低音域も初代よりは控えめになり、N6 proのように深いところで鳴っている印象です。
この辺りの変化はまさにN6とN6 proの音質の違いと同様の印象で、聴く音楽ジャンルによって初代と2SEで好みが分かれるかと思います。
miniシリーズは耳の奥まで差し込む形状というのもあり、同じドライバー構成のN6、N6 proとも聴こえ方が異なり、より音のダイレクトさが増す印象です。
どれもNuarlらしい中高域の明瞭さを持ち合わせながら、それぞれキャラクターが異なる音質のため、実際に試聴して好みのサウンドを見つけるのも楽しみの一つかなと思います。

YS さん

(2021/09/09)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.0

color:ロイヤルブルー