• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

3の商品が見つかりました。  1-3件を表示

HIDIZS

DH80

総合満足度

4.5

音質

4.0

携帯性

5.0

バッテリー

4.5

拡張性

3.0

シャープで迫力ある音に

購入しての感想です。
AP80SSと組み合わせて使用しています。AP80SSは元々かなり音が良いと思っています。
DH80と組み合わせた場合、さらに解像度、音の分離が向上し、明瞭かつ輪郭のはっきりした迫力のある音になると感じました。
また、バランス接続が使えるようになるメリットは大きいです。バランス接続の場合には、左右の分離が良くなり水平方向の音の広がりが向上すると感じます。ヘッドホンを使う場合に出力が大きくなることもメリットです。

シングルエンドでの音の変化は、全体的な印象としてキレが良くなると言えますが、言い方を変えると音が硬くなるとも言えます。暖かい音、柔らかい音という特徴のあるイヤホンでは、その良さを打ち消してしまうかもしれません。
そこは使い分けられる良さがあります。ここまでは、イヤホンでの感想です。
ヘッドホンでは例えばウルトラゾーンのHFI-750の場合、AP80本体だけだとちょっと眠い音に感じるのですが、DH80を追加すると、本来のキレのある音が楽しめます。ちょっと鳴らしにくいAKG K7XXでも、ハイゲインでとても迫力のある音になりました。

DH80はAP80シリーズ専用だけあって、汎用性はありませんが一体感があって見た目も良いし、使いやすいです。厚みは二倍になりますが、平面積がほとんど変わらないので、コロコロとコンパクトな印象です。
あとは装着したままAP80とDH80両方を同時に充電できれば言うことなしですが。
AP80シリーズを使っている方にはとてもおすすめの製品だと思います。

2022.02.13 追記
FOSTEX T60RPで聞いてみました。
AP80本体アンバランスとAP80+DH80バランスで比較すると、DH80を通した方が低域の土台がしっかりとして、低中域を中心に厚みのある音に感じます。解像度も高くなった様に感じました。音量はアンバランスハイゲイン80、バランスハイゲイン45で聴きました。DH80でも鳴らし切れているかどうかはわかりませんが、明確に違いがわかりました。駆動力が音質の向上に寄与しているという感想です。

青パンダ さん

(2022/01/15)

1

満足度

5.0

音質

4.0

携帯性

5.0

バッテリー

4.5

拡張性

3.0

color:Black

コンパクトハイパワー 強すぎるのも難点?

AP80Pro 普通のモデルの物にくっつける予定で購入。
DACチップは同社のものであるが、AP80Pro本体の物よりグレードが上がってるせいか、音の出は同程度ながら確実にランクアップしている模様。
バッテリー仕様となるため本体のバッテリーをセーブしながらの運用となります。

まぁ出力がでかいです、音量がもともと取れるようなイヤホン等だとボリュームの調整に一癖あるかも知れません。本当にもう一段低いゲインがほしい…。

音には満足、合体してもまとまりがよく満足、ただゲインに一癖。
あえてAP80等を買ってこれをくっつけてコスパよく運用ってのが賢いかも知れませんね。

ふみの さん

(2021/07/05)

1

満足度

4.5

音質

無評価

携帯性

無評価

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

color:Black

AP80/Pro専用アンプとして

1年前に購入したAP80Pro CP Limited Edition用に発売当日購入。

再生環境は以下の構成です。
AP80Pro CP→ DH80→ DJ44A→ SH-TB 2Pin-2.5mm→ A3H+(Universal Fit)

使用し始めて30時間ほどたったところです。音はAP80Pro単体よりもパワフル、音場は上下に一段広くなり解像感・分離感がアップした印象です。AP80Proと同じESS社製のDACなので、発音の傾向は同じですから素直にAP80Proからレベルアップした出音かと思います。

AP80Proとドッキングすると厚みは2倍になりますが、それでも十分小さい。元から重いAP80Pro CPと合わせてもそれほど増量感は無いです。
カラーは、シャンパンゴールドはAP80Pro CPよりゴールド感が薄い(店頭で確認)ので、敢えてブルーにしました。本体と違う色にするのも楽しいかと。

商品ページに磁気吸着設計とありますが、付属品の500円玉サイズのスチールシールをAP80Pro裏面に貼らないと磁気吸着しません。貼る前にシールがDH80のどの部分に吸着するかを確認してから貼りましょう。貼る位置がずれると吸着性が落ちます。

不満点は出力が大きすぎる点です。12ΩのA3H+ではボリューム3では少し小さく、4では少し大きいです。(バランス4.4mm出力)
32ΩのKXXSでも1ボリューム上げれる程度。これではスーパーローゲインが欲しくなります。
因みにAP80Pro本体ボリュームからも音量が操作でき、DH80のボリュームを操作してもAP80Pro側のボリュームが連動します。

他の機器とも接続してみました。windows10のPC、SH-RM12のスマホとはDACとして機能しましたが、arrows RXはダメでした。アンドロイド端末では相性があるようです。

再生中はDH80が結構発熱するので、背面はふさがない方が良さそうです。
3.5mm出力横の充電用USBポートは本体のみ充電なので、ドッキング中のAP80Proは充電出来ません。別々に充電が必要です。

以上、購入2日後の使用感レビューでした。

くまたくれ さん

(2021/06/13)

5

満足度

4.0

音質

無評価

携帯性

無評価

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

color:Blue