タイトル

イヤホン専門店おすすめ!コスパ最強!エントリークラスイヤホン【5000円以内編】

「コストパフォーマンスが良くて音質も良いイヤホンが欲しいけど、どのイヤホンにしたらいいのか分からない!」
そんな方に 5000円以内に収まるコスパ最強のおすすめエントリークラスイヤホンをご紹介!
e☆イヤホンの売上ランキングやお客様から評判から、人気度の高いものをチョイスしたオススメイヤホンです。 ※同価格帯の商品と比較した評価になります。

おすすめ商品一覧

final

E1000

エントリーと侮るなかれ

finalから待望のE1000!
ただのエントリークラスと思ってはいけません。
非常にサウンドクオリティの高いイヤホンです。

この価格でここまでシングルダイナミックを楽しめるのかと驚きます。
低域はパワフルですがボーカルの近さ、高域の伸びは流石final。
解像度もそこそこ高く、全体的にかなりレベル高いです。
アニソン、ゲームのサントラ、郷ひろみ(これは外せない)。
どれを聴いてもた〜のし〜!イヤホンです。

更にイヤピースが5サイズ追加してるのもすごい。
個人的にfinalのイヤホンは小さめのサイズでちょい奥まで入れて聴いてほしいです。
ピタッと装着できて遮音性もかなり高いです。

ちょっといいの買おうかなって人の「ちょっと」を想像以上に越えてくるイヤホンです。
是非ご試聴ください。

  • Youtube
    youtubeサムネイル
  • ブログ
    ブログサムネイル
注目度
高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感
ケーブル
着脱不可

カラー
バリエーション

    MACKIE

    CR-Buds

    現場から生まれたハイコスパモデル

    アラウンド3,000円は各社趣向を凝らしたエントリーモデルが多い、ある意味では高価格帯よりも熾烈な戦いが繰り広げられているジャンルではありますが、音響機器メーカーであるMACKIEから画期的なニューフェイスがやってきました!

    この価格帯だと需要との兼ね合いもあってかボーカルなどの中域に重きを置いたモデルが多くみられるのですが、CR-Budsは中高域のサウンドバランスとそのバランスでもボロが出ない高解像度が特徴的。

    それぞれの音に余分な低域やプレゼンスがついてこないのでタイトかつクリア。サウンドステージは決して作り物感がなく定位の表現に徹しているようで、この価格帯でこんな真面目な鳴り方をするイヤホンには個人的に初めて出会いました!いやあ素晴らしい。

    価格をできるだけ抑えて解像度の高いイヤホンが欲しいという方は勿論、この値段なら初めてスマホ付属イヤホン以外を購入しようとする方にも胸を張ってオススメできますね。低域は少し量感もありますが、下方にぐっと重みを感じる深みのある鳴り方でこれがジャンルを選ばずグッと臨場感を生んでくれて◎

    唯一価格帯の「らしさ」が出ているポイントとしてはリモコンマイクが付属している点でしょうか。

    なので、普段リファレンス系のイヤホンを使用している方が通話もできる気軽なサブとして購入するのもいいかなと思います(自分のことです)

    MACKIEと言えばPA・レコーディング現場で確固たる地位を築くメーカーですが、製品に共通するのはその価格に対する圧倒的な誠実さだと思います。僕もMACKIEのミキサーは個人的に所有していましたが、安価で頑丈なだけではなく音が良い。

    CR-Budsも価格の中で「リファレンス系」としては敵なしのサウンドと、チープさを感じさせないしっかりとした作り。

    価格の中でも最大限コストパフォーマンスに優れているし、上位モデルには上位に当たる理由がしっかりと明記されている… そんな業務用ブランドとしての信頼感が詰まったとても素晴らしいエントリーモデルになっています!

    注目度
    高 域
    中 域
    低 域
    解像度
    遮音性
    装着感
    ケーブル
    着脱不可

    ADVANCED

    Elise

    • セラミックハウジング
    一本持っとく?

    なんてついつい思ってしまうこのイヤホン。

    A3000円の製品群の中でも比較的低域に偏重したバランスではあるのですが、定位としては低域が下方向に鳴るような感じでマスキング感が少なく、中高域の分離間は意外にもいい。

    少し近未来的なデザインは極限レベルで左右へのはみだしが少なく、そのまま寝転んでも耳に圧迫感がないのでベッドタイムのお供(いわゆる寝ホンですね)としても音質含めてオススメ出来る一本になっていると思います。

    ステムカラーで左右が分かりやすい、ケーブルが絡みにくい加工によって仕上げられている、再生停止/曲送り戻しが可能なリモコン兼マイクが口から絶妙な位置に設けられていて、メーカー説明にある「ボーカルを聴き取りやすい」サウンドとも相まってポッドキャストや通話にバッチリです。

    まさに生活に寄り添ってくれるイヤホンといった感じですので、こだわりのイヤホンと一緒に使い分けたくなってしまうような魅力が満載となっております!

    注目度
    高 域
    中 域
    低 域
    解像度
    遮音性
    装着感
    ケーブル
    着脱不可

    intime(アンティーム)

    碧(SORA)-Light

    • Vertical Support Tweeter
    一体どこが『Light』というのか!?

    intimeの大ヒット商品『碧(SORA)』。
    今までantiqueやMidnightと数量限定の商品などが発売されてきましたが、
    今回のこのモデルも大変すばらしい仕上がりとなっています!
    まず元々使用していた「セラミックツイータVST」に新たにチューニングを施し、
    前モデルに感じていた高帯域の音の刺さりなどが丸み帯び非常に聴きやすくなっています!
    今までは真鍮にコーティングを施している筐体オンリーでしたが
    さらに樹脂筐体を組み合わせより軽量化したことにより、
    固めだった部分が気持ち柔らかくマイルドになっているので聴き疲れもないですね!
    またイヤーピースがSpinfitを使用しているため程よい低音と高音が出てくれているので
    これがまたこのイヤホンの良さを引き出してくれています(^▽^)/
    「碧SORA」と聴き比べをしましたが、音の広さはほぼ一緒で残響感は通常のほうが
    一枚上手だとは思いますが全く引けを取らないサウンドだと思います。
    『Light』とはなっていますが、決してサウンドは『Light』ではありません(笑)

    • ブログ
      ブログサムネイル
    注目度
    高 域
    中 域
    低 域
    解像度
    遮音性
    装着感
    ケーブル
    着脱不可

    カラー
    バリエーション

      KINERA

      SEED

      • MMCX
      • 1DD+1BA
      お手軽ハイブリッドの新たな刺客

      ハイブリッド&高音質で話題となったKINERAからSEED登場です。
      価格に見合わぬ高級感あふれる見た目で所有欲を満たします。
      耳掛け部分がフレキシブルでぴったりと耳に這うように装着できます。
      軽量で装着感がよく、タッチノイズなども感じられません。

      同社Bd005Eと比較してかなり低域は抑えられています。
      同じハイブリッド型ですが、こちらは線の細めな細かい表現に長けている印象です。
      ハイの分離がよく、ギターやボーカルのディテールが捉えやすいチューニングです。
      全体的にカリカリとドライめな鳴らし方をしているので、EDMやメタルのようなずっしり低域が欲しい楽曲よりは、アップテンポなアニソンやROCKの方が得意だと思います。

      初のリケーブル対応モデル、とかハイブリッドをお手軽に、という方はぜひ聴いてみてください。
      オーディオ人生に新たな種を撒いてくれると思います。SEEDだけに。

      • ブログ
        ブログサムネイル
      注目度
      高 域
      中 域
      低 域
      解像度
      遮音性
      装着感
      ケーブル
      着脱可(MMCX)

      おすすめ関連リンク

      • エントリークラスイヤホン特集 1000円以内
      • エントリークラスイヤホン特集 3000円以内
      • エントリークラスイヤホン特集 10000円以内
      • エントリークラスヘッドホン特集

      週間ランキング

      line@お友達登録ページ