King Gnu
×
NW-A100

  1. King Gnu × Walkman

    Androidを搭載したストリーミング対応ハイレゾWalkman「NW-A100」シリーズのプロモーションとしてKing Gnuの新曲「Teenager Forever」とタイアップ。

    Androidを搭載で、あらゆるメディアをハイレゾ級高音質で視聴可能に。

  2. NW-A100シリーズとは

    • Android9.0を搭載し、ストリーミングに対応。あらゆるメディアをDSEE HXでハイレゾ級高音質に変換し、「ウォークマンの圧倒的高音質」で楽しめます

      さらに詳しく見る。
  3. King Gnuとは

    東京藝術大学出身のクリエイター・常田大希(Vo, G)が率いるミクスチャーバンド。常田、勢喜遊(Dr, Sampler)、新井和輝(B)、井口理(Vo, Key)の4人体制になったのち、2017年4月にバンド名をSrv.VinciからKing Gnuに改名した。

    同年10月に1stアルバム「Tokyo Rendez-Vous」を発表し、2018年1月に初のワンマンライブを開催。同年7月には配信シングル「Flash!!!」をリリースしたほか、フジテレビ系ノイタミナ枠で放送のテレビアニメ「BANANA FISH」にエンディングテーマ「Prayer X」を提供した。2019年1月にアリオラジャパンよりメジャーデビューアルバム「Sympa」をリリースし、翌2月には日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌『白日』を配信リリース。2019年最大級のロングランヒットを記録中。

    春に初の全国ツアー「King Gnu One-Man Live Tour 2019 "Sympa"」を開催した。

    さらに詳しく見る。

製品詳細

  1. Android 9.0を搭載し、ストリーミングに対応

    • Android 9.0を搭載したことで、様々なストリーミングサービスやアプリに対応。PCレスで簡単に楽曲を入れることができます。

      また、A50シリーズとほぼ同じサイズにもかかわらず、画面サイズは3.6インチ、画面解像度はHD(1280×720)へと進化し、TypeC端子を採用するなどAndroid端末としての使い心地も追及されています。

      さらに詳しく見る。
  2. ハイエンドモデルの高音質パーツを継承

    • ZXシリーズで採用されているフィルムコンデンサーや押出材から削り出しのアルミキャビネットを搭載し、伸びがある自然な音質を実現。さらに、フラグシップモデルのWM1Zにも採用されている「Fine Sound Register」を使用し、透明感のある艶やかな音質を追及。オーディオ性能を一新しています。

      また、オーディオブロックと電源・デジタルブロックを分離することでデジタルノイズの影響を低減しています。

      さらに詳しく見る。
  3. あらゆるメディアをハイレゾ級高音質で視聴可能

    • 圧縮音源などを補完してハイレゾ相当にまでアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載。ストリーミングサービスやネット動画などにも自動的に適用されるため、「あらゆる音がウォークマンの圧倒的高音質」で楽しめます。

      さらに詳しく見る。
  4. カセットテープスクリーンセーバー機能を搭載

    • walkman純正アプリの再生中にカセットテープのビジュアルを表示可能。再生中の音楽により、圧縮音源はノーマルポジション、CD音質はハイポジ、フェリクローム、ハイレゾはメタルのようにテープイラストが変化。

      ソニーの初代ウォークマン「TPS-L2」のデザインを模した専用ソフトケースを装着することで、カセットテープウォークマンの見た目を実現できます。

      さらに詳しく見る。
  5. Walkman40周年記念モデルが登場

    • ウォークマン生誕40周年を記念して、A100シリーズに限定刻印、初代ウォークマンを模したケース、限定パッケージ、ステッカーの入った期間限定のアニバーサリーモデルが登場。

      さらに詳しく見る。
line@お友達登録ページ