• Lotoo
  • 優れた製品を適切な価格で提供し続ける
    オーディオメーカー

FiiO Electronicsは中国広東省広州市に本社を構える、総合オーディオブランドです。James、Kevin、Kean、Allenの4名により2007年4月19日に設立されました。創業者の4人は、OPPO mobile社でポータブル関連機器の仕事に従事していました。

ブランド名「FiiO」は、Fi (Fidelity) と iO (1 and 0, Digital)に由来しており、最も優れた製品を適切な価格でお客様にお届ける事、そのためにお客様の声に代表されるニーズに根差したものづくりを目指し、優れた設計開発と高い製造品質への取り組みを絶え間なく続けています。

ポータブルヘッドホンアンプやデジタルオーディオプレーヤーのイメージが強いですが、イヤホンからBluetoothケーブルまで、幅広い製品ラインナップを持つ総合オーディオ機器ブランドです。

Founder (創業者)
  • James

    President

    James
  • Kean

    Vice President

    Kean
  • Allen

    Administration Manager

    Allen
  • Kevin

    Factory Director

    Kevin
  • 高い設計品質と安定した製造品質
    ポタアンブームを牽引

    創業から間もない2009年に日本での本格的な展開を始め、同年に発売されたポータブルヘッドホンアンプ「E5」は、ポータブルオーディオプレイヤーの音質を手軽に向上させるアイテムとして、ポータブルヘッドホンアンプブームを牽引する程の人気を集めました。手が出しやすい価格ながら高品質なICチップを搭載するなど、現在のポータブルヘッドホンアンプやデジタルオーディオプレイヤーなどの礎となったブランドと言っても過言ではありません。

  • ハイクラス・エントリーの決定版も登場
    ニーズに応えた製品ラインナップ

    ユーザーの使用用途・環境に合わせてアンプモジュールの交換で機能拡張が行える機構を採用した「X7]、「Q5」、スマートフォンの利便性を損なわずに、小型のサイズにバランス出力を搭載した「Q1 Mark II」、手持ちのイヤホンをBluetooth対応させる「RC-BT」、「BTR3」など、ユーザー視点に立った製品ラインナップを揃えています。ポータブルオーディオ黎明期から製品を手掛け、ユーザーのニーズに応え続けてきたブランドです。

  • ハイクラス・エントリーの決定版も登場
    ISO9001規格に準拠した品質管理

    近年の技術的な専門性の進歩に伴い、FiiOは“プラクティカル(実用性)、コンビニエント(利便性)、クリエイティブ(創造性)、リライアブル(信頼性)”の4つを主たる指針として、25年以上に渡り音響機器を設計してきたキャリアを有するエンジニアを含む70名以上の規模に及ぶ専門の開発チームを配備しています。製造品質と価格競争力を兼ね備えた製品をお客様にお届けするために、品質管理におけるISO9001規格に厳密に準拠するなど、不良率を最低限に抑える継続的な取り組みを実施しています。

e☆イヤホン厳選!イチオシ商品

その他fiio製品はこちら

M9
  • プレイヤー

M9

小型サイズに欲しい機能が全て詰め込まれた新世代機

小型サイズながら優れた音質はもちろん、バランス出力、apt X HDやLDACまで対応したBluetooth機能、デュアルDACにUSB Type-Cまで欲しい機能が全て詰め込まれた注目の新世代DAP

  1. あらゆる機能を詰め込んだ万能機。

    5.6MHzのDSDデータのネイティブ再生可能、apt X/apt X HD/LDAC/HWA(LHDC)のBluetoothコーデックに対応、2.5mmバランス出力、USB Type-C、「AK4490EN」を2機搭載!

  2. カスタマイズAndroid OSを搭載し、より優れた操作性を実現。

    FiiOが独自にカスタマイズしたAndroidオペレーティングシステムを搭載。より優れた操作性を実現しています。

  3. Bluetoothレシーバー機能も搭載予定

    ファームウェアで機能追加も予定されています。対応機種の少ないBluetoothレシーバー機能にも対応予定です。

X7 Mark II
  • プレイヤー

X7 MarkII

Fiioラインナップ中ハイレゾ対応DAP売上No.1

Fiioのラインナップ中、売上ランキング1位を保ち続けているハイレゾDAPが「X7 MarkII」です。人気の理由は、優れた音質はもちろん、アンプモジュールでアンプ部分を自由に交換でき、それぞれの環境に合わせて出力を選べる点。発売以降高い人気を誇るFiioのフラッグシップDAPです。

  1. 交換式のアンプ・モジュールで2.5mm/4.4mmのバランス出力に対応

    アンプ・モジュールを交換することで出力端子を選択でき、様々な設計のアンプを使用することが可能です。

  2. 最大576GBを実現!デュアルMicro SDスロットを搭載

    2基のMicroSDカードスロットを搭載し、それぞれ256GBまでのMicro SDに対応。内蔵メモリ64GBと合わせて最大576GBを実現可能です。

  3. 384kHz/32bit、11.2MHzのDSDデータ再生に対応

    Fiioフラッグシップハイレゾ対応DAPの名に恥じない、最高峰のオーディオ性能、機能性、利便性を実現した製品です。最大384 kHz / 32 bitのPCMデータおよび11.2MHz(DSD256)のDSDデータのネイティブ再生に対応します。

  • お客様レビュー

    満足です

    2年前に購入したFiiO X5 2ndから乗り換えです
    使っていて気になった点は

    ・ボリュームを回すとカチカチと音がなる
    ・ケースを装着するとmicroSDを取り出しができなくなる
    ・再生ボタンを押してすぐは曲の頭が再生されないことがある

    こんなところです.

    以前使っていたDAPと比べて,低音が豊かになり,輪郭がはっきりしつつも柔らかさがあり聴きやすいように思います.画面がきれいでジャケット写真を眺めながら曲を聴くのも楽しいです.

    アンプモジュールの取り換えが可能で今後4.4mm5極のプラグにも対応するらしいので,私のようにこれからバランス接続を始めようとしている方にもおすすめです.

    操作性
    画面表示(UI)
    音場
    音の解像度

    お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

FiiO Q1 MarkII
  • DAC

FiiO Q1 MarkII【FIO-Q1MK2】

2018年ポタアン売上ランキングNo.1

2018年スマートフォンと合わせて使いやすい小型サイズに、2.5mmバランス出力に対応。手の出しやすい価格ながら、はっきりと音の違いがわかるポタアンです。


  1. Apple社MFi認証による、iOSデバイスとの高い互換性

    Apple MFi認証プログラムは非常に厳格で、MFiプログラムを申請したデバイスの約2%のみ認証を付与されます。Q1 Mark IIはiOSと互換性があるだけでなく、製品としての高品質さを保証してます。

  2. 2.5mmバランス出力端子を搭載

    Q1 Mark IIには、3.5mmシングルエンド出力端子と、2.5mmバランス出力端子が装備されています。小型サイズでスマートフォンなどの操作性を損なわずに、2.5mmバランスに対応した高音質なイヤホンやヘッドホンをご使用いただけます。

  3. ネイティブDSD再生に対応した、USB DAC内蔵ポタアン

    iOSなどのスマートフォンでの使用はもちろん、PCと接続しUSB DACとしても使用可能です。

  • スタッフレビュー

    値段と性能のギャップに驚く!!

    私はGalaxy s7 edge+Onkyo HF Playerで使用しています。正常に動作したのでGalaxyシリーズでは大体動くものと思います。その他のAndroidでは十分に注意が必要だと思います。
    デジタル接続で使用しているので、バッテリーは無評価にさせていただきます。
    音質面では、スマホのジャック出力に比べて情報量が格段に向上し、音の輪郭がはっきりしました。この価格でこれほど変化するのかととても驚きました。
    また、Bass Boost機能ですが、低音がとても上品だと思います。「ドンドン」といった感じではなく、音の厚みが増す感じがします。また、ONにしても高音がきれいに出てくれます。
    出力はアンバランスとバランスがあるので、幅広く使うのも可能です。また本体は小型軽量ながら重厚感もあり、外でも気軽に使えるので買って満足する商品だと思います。

    音質
    携帯性
    バッテリー
    拡張性

    お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

BTR3
  • Bluetoothレシーバー

BTR3

2018年10月Bluetoothレシーバー売上No1

2018年10月に発売したばかりの新製品!他機種ではあまり見かけない機能としてNFCやUSB DACに対応しています。
またマイクを内蔵しているので通話にも対応可能です。
高い音質と多くのワイヤレスオーディオコーデックに対応し、注目を集めている製品です。

  1. 高音質ワイヤレスオーディオコーデック全てに対応
  2. 1.5時間の充電で11時間の連続再生が可能
  3. マイク機能搭載
  • スタッフレビュー

    Bluetoothヘッドホンアンプの新定番!

    手持ちのiPhoneと、NW-ZX300に接続して使用してみました。 はじめは、有線のイヤホンを使っていながら手の中の端末からケーブルが伸びていないということに少し奇妙な感覚があったものの、少し使っているとすぐに慣れ、むしろその取り回しの良さはBluetoothイヤホンにも引けを取りません。
    途切れもほぼ感じず、アンプ本体を手で覆っても問題なく再生を続けてくれるので、接続強度の信頼性はかなり高いです。

    傾向としては若干柔らかめでシルキーなサウンド。 やや丸めの輪郭でゆったりとした音でありながら、解像度はなかなかに高く、LDACやaptX HDなどの再生にも高いレベルで応えてくれる性能があると思います。特に横方向の広がりは自然に心地よく響き、空間の広さが感じられます。
    バランスはやや低音寄りですが、極端に振ってはおらず、楽曲ジャンルによる向き不向きはそこまで色濃く出ないように思います。ポータブルでのリスニングでも外の喧騒に埋もれること無く、しっかりと音楽を楽しめるチューニングになっていると思います。

    また、iMacとの接続で、USB-DAC機能も試してみました。
    ケーブル1本のバスパワー駆動で使える手軽さももちろん、そのコンパクトさからは想像も出来ないほどクオリティの高い再生に驚きました。
    高出力が必要な大型のヘッドホンなどには向いていないかもしれませんが、イヤホンなどで簡単に高品質な音楽を楽しみたい方にはもってこいの組み合わせではないでしょうか。

    【試聴環境】
    プレイヤー:iPhoneXSMax / NW-ZX300 / iMac
    イヤホン:IER-M9
    【試聴音源】
    『BELIEVE』 / 石川綾子(24bit/96kHz)
    乙女よ大志を抱け!! / 天海春香(24bit/96kHz)
    Fly Me to the Star / スタァライト九九組(24bit/48kHz) 他

    音質
    携帯性
    バッテリー
    拡張性

    お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

RC-BT with FH1
  • イヤホン
  • ケーブル

RC-BT with FH1

Fiioの人気BluetoothケーブルRC-BTに、ハイブリッドイヤホンFH1がバンドルされた超お買得イヤホン!

2018年10月売上ランキング1位を取ったBluetoothケーブル「RC-BT」に、10mm径チタン製ダイナミック・ドライバーと、Knowls製バランスド・アーマチュア・ドライバー「33518」で構成されたハイブリッドイヤホン「FH1」がセットになった商品です。「利便性」と「音質」のどちらも妥協したくない方にぴったりのイヤホンです。

  1. ダイナミックドライバーとバランスド・アーマチュアドライバーを用いたハイブリッドイヤホン
  2. MMCXコネクタ採用で、Bluetooth接続はもちろんバランス接続まで幅広く対応!
  3. SBC、AACはもちろんapt-Xまで対応!
RC-BT Bluetoothケーブル
  • ケーブル

RC-BT Bluetoothケーブル

2018年10月BTケーブル売上本数 第1位

2018年10月Bluetoothケーブル売上本数No.1の大ヒットケーブルです。約5千円という手の出しやすい価格ながら、AptX、マルチペアリング、iOSからのバッテリー残量確認が可能など、性能面に妥協のないBluetoothケーブルです。

  1. MMCX端子搭載のリケーブル対応イヤホンをワイヤレス化
  2. マルチペアリングに対応
  3. iOSデバイスから電池の残量の確認が可能