1. TOP
  2. Jabra 完全ワイヤレスイヤホン

関連記事

シリーズ特徴

Jabraの完全ワイヤレスイヤホンシリーズ

業務用ヘッドセット・補聴器・聴覚計測機器企業ならではのこだわり。
ユーザーのニーズに応える、機能性と最高のサウンドを。

Jabra Elite 75t

大ヒットイヤホン「Elite 65t」の
次世代モデル登場

コンパクトで快適

安定したフィット感を追求したデザインで、どんな動きでも安心。
新しいコンパクトデザインは、人間工学に基づいた形状であらゆる耳の形に理想的なフィット感と快適性を提供します。
また、強化された 4 マイク通話テクノロジーにより邪魔な周囲の雑音を消去し、優れた通話体験を可能にします。
路上や駅のような騒がしく、風の強い環境でも、問題なく通話に応答できます。

保証された耐久性

運動して汗をかいても、急な雨でもIP55 認定で埃や水から保護してくれるので安心です。
Jabra Elite 75t には、水と埃による故障に対する2年間保証が付加されているので、運動したり急な天候の変化にも対応できます。

鮮明且つ迫力のある深い低域
スタッフ写真
  1. 秋葉原店
  2. ケイティ
  3. @eear_katy

試聴プレイヤー:Galaxy S9+

前作elite65tと比べて若干小ぶりになった印象です。シンプルでシックな外観はシーンを選ばず使用できそうです。
装着感は抜群で、装着しただけでかなりの遮音性があります。
音楽を聴く前にいろいろいじってみましたが周りの音を取り込む「HearThrough」があまりに自然で驚きました。イヤホンをつけていることを忘れそうな感覚です。電話している同僚の声がいつもと同じように聞こえました。
自分の耳で聞くときと比べてある程度の雑音も大きくなってしまいますがオフィスでの使用ではほとんど気になりませんでした。
動画の視聴もしてみましたが遅延も体感ではほとんど感じず、ワイヤレス技術の進歩をひしひしと感じます。
サウンドに関しては前作のelite65tと比べて低音のクオリティが格段に上がった印象です。量感が多いわけではないのですがズンとくる深い部分のビートを鮮明に且つ迫力をもって鳴らしてくれます。
個人的に若干ボーカルが遠いかなと感じましたが専用アプリのイコライザーでそれも調節できたので特に不満も出ませんでした。
特に低音好きの方におすすめしたいサウンドです。是非に。

高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感

Jabra Elite 65t

実証済みの接続性
あらゆるリスニングのニーズに対応

多機能 × 高音質、完全ワイヤレスの最先端

デンマーク発のイヤホンブランド、Jabraが放つ「Elite 65t」は、まさに完全ワイヤレスイヤホンの最先端と呼ぶにふさわしい完成度を誇ります。高音質で優れたサウンドは音楽リスニングだけでなく、ビジネス向けヘッドセットや会議用システムなどを手掛けるメーカーならではのストレスフリーな通話を可能にします。 最大再生時間5時間という完全ワイヤレスイヤホンとしてはトップレベルのバッテリーで、充電ケースを使用すれば最高15時間の仕様が可能。 更に、15分の急速充電で最高1.5時間の再生ができ、一日中あらゆるニーズに応えます。 また、Bluetooth 5.0に対応した安定した接続性を誇り、途切れにくいNFMI(近距離磁界誘導)技術が採用されています。

jabra_65t

アプリを使いこなして、さらなる可能性を

「Elite 65t」を最大限楽しむ上で、是非とも導入してほしいのが「Jabra Sound+」アプリです。 基本的なイコライザー機能はもちろん、音楽を聴きつつ環境音も同時に聞ける「Hearthrough」機能を搭載。 「Hearthrough」の効果はスライダー型式で調節可能。周囲の状況に応じて必要な音を取り込めます。設定をプリセットで保存することも可能です。Siri®/Google Assistant™/Amazon Alexaの3つにも対応し、まさに生活ツールの一部として申し分ない機能性を持ち合わせています。

どんな場面でもおすすめのイヤホン!
スタッフ写真
  1. 秋葉原店
  2. IPPO

Jabraさんの新型トゥルーワイヤレス、最初に申し上げておきますと超!おすすめです。
まずはデザイン。マットなシルバーの筐体がカッコよく、メーカーロゴだけシンプルに入っているのもGood。昨今のトゥルーワイヤレスと比べるとやや大きいのですが、つけてみるとフィット感が良くむしろ安心感があります。
次に機能。本体自体のバッテリーが5時間と長めで使いやすく、雑踏の中でも接続が安定しています。 一般に広く流通している音声アシスタント3種に対応しており、ちょっと確認したいことならスマホを取り出さなくてもOK! IP55に対応しているのでスポーツにも安心して使え、専用のアプリを使えば外音の取り込みやイコライザーなど昨日はかなり豊富です。
そして肝心の音質。値段を見ると少し高いと感じるかもしれませんが、音を聴けば納得できるはず。 大体トゥルーワイヤレスはどこかしらの音域の輪郭が甘くなるイメージが個人的にあるのですが、この機種はそんなことが無く、リスニングライクでありながらもフラットな音で非常に聞きやすく完成度が高いです。 パワーでゴリ押すような雑さは感じられず音場も広めで、音にこだわる方にもご納得いただけるかと思います。 いろんな方におすすめです!

高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感
最高です…(*’ω’*)
スタッフ写真
  1. 秋葉原店
  2. よこ

装着感は抜群によく、正面から見ても耳から本体が飛び出る こともないのもあり、IP55という水や埃に強い設計になってるため ランニングなどの使用にも快適です!!
ヒアスルー(外部音取込)機能も搭載してますので周りの音を聞きたい 時にイヤホンを外す手間もないので快適です。 Bluetoothの通信も途切れることもほぼなく、快適です(^^) YouTubeなどの鑑賞は若干ですが体感にはなりますが0.3秒ほどラグがあるように感じました。 ですが、ストレスを感じるほどではありません。
音質に関してはもう全体的に軸がしっかりしており、バランスがいいのでどのような音楽の ジャンルでも合います! 是非、まずはご試聴してみていかがでしょうか。

高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感

Jabra Elite Active 65t

Elite 65t をブラッシュアップ
あらゆるシーンで隙のないイヤホンに

強化された防水性能とデザイン

こちらのモデルは「ELITE 65t」の防塵・防水等級 をさらに高めた IP56 に対応しています。 防塵性能だけでなく、強力な水流にも耐える防水性能を持ち、装着時の汗や急な雨も完全に防ぎます。 また、筐体の素材にも改良が施されており、サラサラした肌触りの材質で耳へのなじみも良好。長時間装着することも多い イヤホンだからこそ、快適な装着感は非常に重要です。

アプリでエクササイズを管理

「Elite Active 65t」でのみ使用できるアクティビティトラッキング機能で、歩数やタイムを記録可能。 優れた防水性能とモーションセンサーで、よりアクティビティに適したアップデートが施されています。 もちろんその他の機能は共通で使用いただけます。

迷うこともなくコレ!音のカスタマイズもできちゃう!
スタッフ写真
  1. 秋葉原店
  2. ヒロ
  3. @eear_hiro

JABRA完全無線イヤホンの第3世代「Elite 65t」の近未来的な外観から一転。文字通りアクティブなイメージが強い外観に変更されました。
変更点は付属のイヤピースや、防水能力とフィット感の向上となっています。IP56となったことで直接噴流に対する保護が盤石になり装着しつつシャワーなども安心ですし、イヤホンのボディをマットな質感に変更したので滑りづらく手によく馴染む。
そのおかげで装着感がとんでもなく良いです。上下左右に激しく頭を振ってもズレないうえ、 しっかりハマった状態ですとノイズキャンセリング機能がついていないのに全く外の音が聞こえてこないので、音楽に容易に集中できます。
その音がまた立体感の強いいわゆるハイレベルな音なんですね。 各帯域の音がしっかりと分離していて、どこからどれくらいの強さでなっているのかがよくわかる。「Elite 65t」と比べても低音の量感は少なめで、ちょっとドライな印象ですが、見通しがよく輪郭は濃いので、ふとした瞬間に自分が聴いていた音楽にはこんなにも情報量が多く内包されていたのかと気づかせてくれます。
動いているときは足裏の骨を通ってきてしまう音があり、少し派手に鳴らしたほうが聴こえが良いなんて方もいると思います「Jabra Sound+」という専用のアプリを使うことで自分好みにサウンドチューニングできるので、環境や用途で自分の最適にしましょう。
片側に音量、曲操作のボタンが集約されているうえに、通話の際は周りの音をカットしてくれる高性能マイクがついていてプライベートや、ワーキング、マルチに使う方もこれで満足できるはず。オススメです

高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感

関連コンテンツ

コンテンツをもっと見る

line@お友達登録ページ